【WOMe 新春特別企画】マンネリ夫婦の「今年はセックスレス解消にトライ!」

【WOMe 新春特別企画】マンネリ夫婦の「今年はセックスレス解消にトライ!」

マンネリ夫婦の重い課題…セックスレス問題。気にはなっているものの、そのまま放置してしまってるアラフォー夫婦は多いのではないでしょうか。セックスレス解消は簡単なことではありませんが、今年は少しずつ意識することから始めてみませんか?


【セックスレス解消:その1】そもそもセックスレスになってしまう原因とは?

Getty logo

よく、「子どもを産んだらセックスしなくなった」という声を聞きます。多くの妻は産後、ホルモンの関係や子育てに追われ、セックスをしたいと思わない期間があります。それが夫は理解できず、ただ拒否されていると感じてしまい、次第に夫婦間に性的なものがなくなってしまった。というのが多いパターンでしょう。

子育てがひと段落して、ふと気が付けば3年セックスしてない…このままじゃいけないと思うけど、どうしたらいいのか分からない。そんな妻も多いかもしれません。

また逆に夫が出産に立ち会ったところ、あまりにも衝撃的でそれ以来、妻を女性として見られなくなってしまいセックスする気がなくなってしまった。というケースもありますね。これは夫のタイプによりますから、無理やり立ち合い出産をするのではなく、夫婦でよく話し合う必要があります。

さらに、「セックスは子どもを作るためのもの」と考えている人もいるようです。「欲しい人数、子どもが生まれたからもうセックスはしなくていい」と考えてその後は一切セックスをしていない。というパターンですね。夫婦ともにその考え方だと問題はありませんが、一方だけがそう思っていた場合にとても辛いことになってしまいます。


この記事は過去の記事を参考にセックスレスになってしまう原因と対処法について書いています。自分たちはどのパターンかまずはチェック!

なぜ夫婦はセックスレスになるのか 原因や改善・解消法をご紹介【特集】

https://wome.jp/articles/1929

WOMeでは今まで数多くのセックスレス記事を公開してきました。そこには人生100年時代といわれる今、生涯女性として輝き幸せな時間を過ごしてほしいという想いがあるからです。“たかがセックス”と思わないでください。人間の三大欲の一つである性欲は人として生きる上でとても大切なものなのです。

【セックスレス解消:その2】ラブラブな夫婦ってどんなことをしているの?

Getty logo

【とある事例 その2】
果耶さん(43歳仮名 夫43歳)の場合

果耶さんは中学生の二人の子供の部活と塾に振り回されるかたわら、ネット関連の在宅ワーカーをしています。忙しすぎてセクシースイッチがはいらなくなり、旦那さんのお誘いにすべてNO出し。自室でパソコン仕事をするので寝室も別です。またたくまにセックスレス歴2年。ある日、旦那さんがエッチなグラビア付きの雑誌を買っていたのを見つけたので「やだあーエッチー」と言ってしまいました。すると「俺、まだ枯れてないし。果耶とできないなら五反田の回春マッサージ行くからな」とふてくされてしまいます。ギャグで返してくれない旦那さんを見て、ハッとしました。「まずい、私の方こそ枯れてきてる。旦那が風俗や浮気に走ったらいやだ」と反省し、週末の夜中に旦那さんの部屋に忍び込み、旦那さんに乗っかりました。そこで見事セックスレス解消。2年ぶりのセックスは新鮮で、意外にも燃え上がり「こんなによかったっけ?」と果耶さん自身がびっくりするほど滴りました。その日を復活祭と名付け、今では子供が塾に行ってる早い時間でもチャンスがあれば旦那さんの部屋に遮光カーテンをひいて励むことになりました。


ラブラブな夫婦っていったいどんなセックスをしているのか気になりますよね? 夫婦仲相談所 所長 三松真由美さんが豊富なデータベースからとっておきの実録エピソードを掲載してくれました! まずはラブラブ夫婦の寝室事情をチェック!

ラブラブ夫婦は寝室で何をしているのか? 40代からのセックス観【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#7】

https://wome.jp/articles/1848

「幸せな夜の夫婦生活」とはいったいなんでしょう? やはり愛ある“感じる”セックスを“定期的”にすること? 必ず挿入しなきゃダメ? すずね所長の見解は少し違うようです。

【セックスレス解消:その3】何度も求められる女性ってどんな人?

Getty logo

付き合い始めの頃は、ダイエットやムダ毛の処理など、彼に愛されるための自分磨きに励んでいたはず。しかし、付き合いが長くなると、つい“慣れ” や“気のゆるみ”が出てしまうもの。女性として必要なケアを怠ってしまうと、彼はあなたに女性としての魅力を感じなくなり、だんだんとセックスする気がなくなってしまうかもしれません。

特に注意すべきなのがデリケートゾーン。男性の多くは女性のデリケートゾーンを、清潔で美しくあるべきものと捉えがち。下着を脱がした時に理想とかけ離れた状態では幻滅して、それがセックスのトラウマになって、誘わなくなってしまうことも……。


付き合っていた頃はあんなにセックスしていたのに今じゃ全然…なんていうのは当たり前ですが、もしも全然誘われなくなってしまったのなら、他に理由があるかもしれません。その理由のひとつとして、こんなことも考えられます。

「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?

https://wome.jp/articles/2079

彼の方から積極的にセックスに誘われていますか?どんなに容姿が美しくても、セックステクニックがあっても、それだけでは男性の心を繋ぎとめることはできません。実はセックスにおいて、男性が絶対に外せないと思っているポイントがあります。「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?!

【セックスレス解消:その4】思いきって誘ってみたら断れた。そんな時は…

Getty logo

カウンセリングの現場でも、「子どもが生まれてからセックスレスになってしまいました」「子どもがほしいのに、夫はまったくその気になってくれません」「私は性欲があるのに、夫は淡白です」など、セックスレスに関する妻からの悩みをよく聞きます。

セッションの際「男女の脳の違い」についてよくお話するのですが、セックスに対する考え方も、男女で異なるようです。
男性は、もともと狩猟体質で、子孫繁栄の本能が組み込まれています。自分と同じ血を受け継いだ子どもを大勢残したいという本能があるため、セックスは子作りのための手段。一方、女性は受け身で、受精によって胎内で時間をかけて生命を育みます。
男女の身体の造りもそのようにできていますよね。

男性は女性が考える以上にシャイでデリケートなところがあり、「そんな気分じゃない」とか「面倒だからイヤ」といった妻からのちょっとした言葉に深く傷つき、セックスに対して積極的になれずにいるケースや、家事育児に忙しくしている妻から、長い間、性生活を拒否され続け、自信を失っているケースもあります。


思い当たる妻は多いのではないでしょうか? 男性は女性が思っている以上に繊細でとても傷つきやすいんです。こんな状態になってしまったらどうしたらいいか? 夫婦仲カウンセラー 渡辺里佳さんに教えていただきました。

【セックスレス解消:その5】壇蜜さん曰く「セックスレスだと言っておけば嫉妬されずにすむ」

―友達同士でもリアルなセックス観や恋愛観をマウンティングし合わずに話すことってなかなかできないですものね。

そうですよね。自分の性的なことをリアルに話すことはなかなかできないですよね。そもそも表にだしてどうどうと話すことじゃないし…。それに他人と比べてセックスレスだからって落ち込むんじゃなくて、お金があって家族がいて雨風しのげる家があるなら十分幸せだって感じて欲しいですね(笑)それにですよ、セックスレスだって言っておけば妬まれなくてすみますよ。

―え!どういうことですか?

「あの家セックスレスなのね。うちは月一でセックスしてるわ。弾んでないわね。私より不幸ね」って(笑)



さすが壇蜜さん! といった語録が満載のインタビューです。ぜひお読みください。

【#FocusOn】豪華女優陣勢揃い!映画『食べる女』出演・壇蜜さんインタビュー/後半

https://wome.jp/articles/2078

豪華女優陣の共演も話題の『食べる女』。夫に不倫の末、別居されシングルマザーとして生きるツヤコを演じた壇蜜さんに夫婦の在り方やセックスレス問題についてお話を伺ったインタビューの後半をお楽しみください。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

アラフォークライシスに苦しむアラフォー女性はセックスレスにも悩んでいる!?数万組の夫婦のセックスのお悩みを聞いてきた、すずね所長こと夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにアラフォーセックスレスの現状について教えてもらいました。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター