もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】 | 大人のワタシを楽しむメディア
もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


自分を生きるコトに遠慮はいらない

いよいよ幸せな妊活の連載も最終回となりました。今まで書いてきた考え方は他の妊活の考え方とは違うと思います。それはゴールが「妊娠」ではなく、「幸せな人生を歩む」ということだからです。妊活をしていると、しんどくなることが多いように思います。それは「期待」という目に見えないものを追いかけるような、まるで宝くじを自分の体で実践するような感覚だと思うんです。医学的なサポートはもちろんのこですが、それ以上に「授かりもの」という言葉に代表されるように、「縁」のようなものを感じます。

何事も自分の努力で思うように手に入れてきた経験がある人ならば、「どうして思い通りにならないの!」と叫びたくなる気持ちでいっぱいだと思います。妊娠できない自分はまるで「欠けた人間」という感覚に陥り自暴自棄になる人もいるでしょう。ですが、まったくそんなことないのです!

「妊娠」は本当のゴールか? ということをきっと今までの記事を読んできた方たちならば違うと感じているのではないでしょうか。みんな違う視点をもっていいのです。

とにかく「幸せな人生」を生きる事。「自分を生きるコト」には遠慮はいりません。自分の人生を大きく振り返り、アラフォー世代だから感じる自分の人生を全体的に見て味わってみて下さい。

今日という日は自分の生きた証

いろんなコトに一喜一憂する日が妊活の時期って多いです。月経がきたらため息と涙でぐちゃぐちゃになって「なんで!」と叫びたくなるくらい張り裂けるような気持ちになる。そんな感情の波と体調の不調で何をしているのかわからなくなるくらいの気持ちを味わった人も沢山いると思います。「ゴールはどこ? 妊娠がゴールであることが本当に自分の人生のすべてなのか?」今改めて自分自身の心の中に問てもらいたいと思います。

何よりも大切なことは「今生きている自分自身のその存在の受容」です。自分を見失うくらいにぐちゃぐちゃな感情になるくらい今を一生懸命に生きている自分「こんな毎日で本当にいいの?」と疑問に思いながら、この記事に目を通して立ち止まっている「今ここ」を生きている貴女のその存在のすばらしさをもっと感じてみて下さい。

どうしてもアラフォー世代は「勝ち組、負け組」的な二極化な考えがぬぐえません。そういう時代を生きてきた証でもあるけれど、すでにその時代は終わり、別の時代が訪れています。平成の冬も最後です。自分自身を生きることに前を向くためにも、できるできないにこだわらない「今日」という一日を大切にしてみましょう。

一度きりの人生だから思いっきり楽しもう

Getty logo

色々な女性たちと言葉を交わすなかで、「もっと遊んで!」と言うのが私の鉄板ワードになっているように思います(笑)今日という一日を生きる中で、いつも「マスト感」いっぱいで生きている。息抜きもせず、必死にゴールに向かうような生き方は終わりのないマラソンを走り続けているような感覚です。そんな走り方をしていたら心身ともにボロボロになっていきます。

もっと息を抜いて、もっと遊んでほしい! 妊活中こそ夢の国に行って遊んでほしい! 周りの目を気にせずにパートナーと大爆笑して、笑って、笑っておなか痛くなるくらい、「楽しい!」心地を感じてほしい。そこに自分の人生を「思いっきり楽しむ」という決断と「自分の人生への信頼」を持ってほしい。大丈夫、今日までこうして、苦しくて明日もないような気持ちの日々もこなして生きてこれたのですから、もっともっと「自分を信頼」してほしいです。究極の答えは「自己信頼」というキーワードであると私は思っています。自己信頼こそ究極の「自愛」かもしれません。

妊娠はゴールではなく、プロセス。そのプロセスが必要な人も必要としない人もいます。あくまでも「経験」という自分の人生のパズルのピースの一つです。

人生を振り返り、最後の時を過ごすとき「あー!楽しかった」と目を閉じる人生にするのか「できないことばかりで悔しい、悲しい」と嘆くのか…すべて自分が握っています。時代は大きく変わろうとしている今だからこそ「今の自分」を心の底から愛すること。そして、その愛が溢れた時に新しい扉が開くのです。それが妊娠かもしれないですし、また別な人生の出逢いかもしれません。

貴女が心からあなたを愛して人生を信頼して、「一度きりの人生を思いっきり楽しむ。」と決断することが、幸せの妊活の結びにふさわしい言葉と思いこの連載を終えたいと思います。妊活=妊娠?? 本当にそうでしょうか?そもそも「妊娠は誰のため」という問を持ちながら人生全体の「クオリティオブライフQOL」を見つめ直してください。クオリティとういう言葉よりも、POL「プレジャーオブライフ」もっと楽しい人生を! 新しい時代に向けて私は提案していきたいです。

笑顔の花がたくさん咲いて
幸せの実りますように

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

夫婦問題カウンセリングのご相談の中で、多くを占めているのが「妊活」に関する悩みです。金銭面、体力面、精神面で負担が大きく、一人で抱えるにはとても重たい妊活問題。今回は、そんなケースに直面している妻からの相談です。


妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

同年代で妊活に励む仲間は時に励まし合い、悩みや愚痴が言えるかけがえのない存在でもあります。しかし、誰かが自分より先に妊娠という希望を叶えた時…どんな気持ちになるでしょうか? 逆に自分が妊娠した時には友人は…? 妊活仲間との距離の取り方やコミュニケーション法について教えていただきます。


【#FocusOn】40代の苦しさに向き合ったからこそ、今の私がある キャリアカウンセラー朝生容子さんインタビュー/最終回

【#FocusOn】40代の苦しさに向き合ったからこそ、今の私がある キャリアカウンセラー朝生容子さんインタビュー/最終回

WOMeでアラフォーのキャリアについて連載いただいたキャリアカウンセラー朝生容子さん。2014年にあることがきっかけで『子供のいない人生を考える会』という会を立ち上げました。そんな朝生さんが考える子どもを持つということ、40代の過ごし方についてお話いただきました。最終回です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

子どものことでも世間話でも、話しかけても気のない返事しかしない夫。「どうしてちゃんと聞いてくれないの!?」と不満は積もりますが、「結末のない話を聞くのは苦手」という男性は多いのです。 耳を傾けやすい話し方を心がけることで、スムーズに会話を楽しめるようになります。「ながら聞き」する夫に有効な策についてご紹介します。


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google