【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回> | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


ケアをしなければ腟痛で歩けなくなることも

―森田さんこんにちは! 今日はお話を伺うのを楽しみにしておりました。さっそくですが、デリケートゾーンのケアがなぜ大切なのか教えていただけますでしょうか?

こんにちは。今日は来て頂いてありがとう。せっかく撮影もあるのに、綺麗にメイクができていなくって、ごめんなさいね。実は今日はアトピーが出ちゃって肌が荒れていて…。

―え! スッピンですか⁉ すごいツルツルで全然スッピンだと思いませんでした…。すごい。

そんなことないの。ほら、ここ触ってみて、カサカサでしょう。

―うーん…ツルツルで美しいです。シミしわが全然ないし透明感もすごい…。

ありがとうございます。話がそれちゃいましたね(笑) デリケートゾーンのケアの大切さについてでしたね。デリケートゾーン、つまり「腟まわり」は女性の健康、美容、毎月ある月経や妊娠出産、そして介護に至るまでかかわってくる大切なパーツ。だからこそ、その大切さを知って頂きたいんです。

腟まわりには不要なものを尿や便として体外に排出する尿動口、肛門、そしておりものや月経血を出す腟があります。そして、腟はセックスをする時は男性器を受け入れ、出産する時は産道を通って赤ちゃんが生まれ出る場所。女性として多くの役割を担っている腟まわりが潤っていないと私たち女性のカラダは乾燥気味になってしまうんです。

腟が乾燥しているとセックスをするときに痛みをともなうことも。腟がやわらかく潤っていてきちんと挿入できる場所でなければ素敵なセックスは難しいんです。乾燥した腟で痛みを伴うセックスをしていたら、セックスを遠ざけてしまうのは当然です。セックスレスまっしぐら! になってしまうのです。

―なるほど…腟まわりが潤っていないということもセックスレスのひとつの原因なのですね。

ええ、そうです。お顔や髪と一緒で加齢によって潤いがなくなっていくんです。だからこそ、WOMeの読者であるアラフォーの皆さんこそ、腟まわりのケアを始めるべきなんです。腟には気持ち良さを感じるポイントがあり、そこから得られる快感によって女性らしさや健康、やさしさ、アンチエイジングに有効な幸福ホルモンと呼ばれるものがでるんです。素敵なセックスをすると美しくなるというのはそういうことです。良いセックスはアンチエイジングにもなる。

―すごい…他に腟まわりのケアが必要な理由はありますか?

腟周りのケアをしないとムレて匂ったり、かゆみの症状が起こる場合もあります。またホルモンのバランスが崩れてPMS(月経前症候群)が酷くなったり、尿漏れを起こしたり、子宮が外に飛び出る子宮脱という症状を引き起こすことになります。腟痛といって、歩けなくなるほどの痛みを感じる方もいらっしゃいます。そういった痛みなど症状が出ているときは、まずは病院に行くことをおすすめします。

―歩けないほどの痛み…腟痛って初めて聞きました…そんな状態になってしまうんですね。恐ろしいです。

そうです。子宮脱の可能性を持つ女性は日本だと60%以上と言われています。知らなかっただけで、実は母親が子宮脱だという方も多いと思いますよ。皆さん恥ずかしいから言わないんです。

―そんなに高確率なのですか…知らなかったです。

日本人女性は自分の腟まわりを見ていない人もいて、自分のカラダのことを知らない人が本当に多いです。腟周りを丁寧にケアして潤すことでさらに幸せな満たされた人生を送ることができるのに。

―どういうことでしょうか?

潤った腟を手に入れたらセックスレスだった夫が「君ともっといたい」と嬉しい一言を!

WOMeさんの記事でセックスレスに関するものが良く読まれていると聞きましたが、私が講演会を行って集まってくださる女性たちのほとんどがセックスレスに悩んでいます。でもね、腟が潤って弾力があれば男性はその女性から離れられなくなるはず。そういえば最近、嬉しい報告を頂きました。40代の夫婦でセックスレスになってから夫は不倫をしていて「君の腟がゆるいから勃たない」と言われた方がいました。大変傷ついたものの、何とかしなければと思って妻がデリケートゾーンのケアを始めてみたそうです。しばらく経って、そのことを夫に話したら求めてきたそうなんです。

―酷い夫ですね。

そう!本当に酷いですよね。でもねセックスをしたら「前とぜんぜん違う! もう君から離れられない!」と言われたそうなんです。今では前よりも仲良くなって大切にされるようになったと喜んで連絡をくれました。

―すごい話です!

ええ。彼女に初めて会った時はご自身のことを「オニババ化してきている」とおっしゃっていたんです。腟まわりが潤ってないと全体的に潤いを感じられないんですよね…。なので腟まわりのケア方法についてお教えしました。とても良い結果になって本当に嬉しいです。連絡をいただいた時は嬉しくて泣きそうになりました。

彼女の例からもわかるようにアラフォーだからって遅くないんです。きちんとケアをすれば皮膚も粘膜もちゃんと潤ってくれる。潤ったらセックスレスが解消するかもしれない。そして夫またはパートナーに優しくされて、気持ちのいいセックスができて幸せホルモンが出て、アンチエイジングで美しくなる。最高じゃないですか?

―最高です! これはもう絶対に腟まわりのケアをしなければいけないですね。先ほど、ニオイの話がでましたが、デリケートゾーンが臭うのはしょうがない、と思っている人もいますよね。ですがケアをすれば臭わなくなるということでしょうか。

そうですね。恥垢(ちこう)というのがあって、クリトリスや大陰唇や小陰唇のところにドロッとした垢が溜まるんですね、特に夏場とか蒸れる時期に。それをきちんと落としてあげないと雑菌が繁殖してニオイの元になってしまいます。菌が腟に入って病気になってしまう可能性もありますよね。

20代でも潤っていない性交痛のある女性が多い

―たしかにそうですね。ですが、石鹸で洗うとしみるのでササっと洗ってしまう、という声も聞きます。

ええ、なのでデリケートゾーン専用のソープで洗うことが大切です。専用ソープもいろいろなものがあるので、きちんと吟味する必要がありますが、自分に合ったものでケアをすればしみるということはありません。しっかりと恥垢を落とせば特有の臭いはしなくなり、健康的で清潔な匂いになります。

もちろんそれだけすればOKというわけではないですが、腟まわりをしっかりとケアしていたらモテますよー何歳になっても! 今ね20代でも過激なダイエットなどで肌は乾燥し、腟まわりも乾燥してしまって粘液力も低い女性も多いんです。食事や睡眠をしっかりとっていれば特別にケアしなくても腟は潤っていて大陰唇はぷっくりと弾力があるはずの年代なのにね。

―そうなんですか…それはセックスも出産も大変そうですね…

そうなんです。腟の状態が悪いとセックスも痛みを伴いますし、本来幸せなはずのお産も大変です。あとケアといえばデリケートゾーンの脱毛ですね。私はすべて脱毛していて毛がないのですが、脱毛することで自分の状態を把握しやすくなりますし、清潔に保つことも簡単になります。やはり毛があるとムレやすいですし、月経血や排せつ物が付いたりもしますからね。ぜんぜんケアをしていなかった子が脱毛をすることで自分の状態を知ってケアをスタートした、なんて話もよく聞きます。

すべては意識の問題ですが、腟まわりを汚い、いやらしい、恥ずかしい場所、と思うことをやめることからまず始めて欲しいと思います。大切な愛すべき場所として顔や髪、他のボディパーツと同じように洗ったり保湿をしたり、手をかけてあげるのが当たり前の場所だと思っていただければと思います。

―森田さんのあたたかく柔らかな物腰と口調で、刺激的なお話もすべて角が取れてまあるく聞こえます。いかにデリケートゾーンのケアが重要なのか、ということが分かります。次回はセックスとパートナーシップと潤いについてのお話です。お楽しみに。

文/和氣恵子、撮影/鈴木志江菜

植物療法士 森田敦子さん
日本における植物療法の第一人者。 CA時代にダストアレルギー気管支喘息を発病したことがきっかけで、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、劇的に改善。帰国後は、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するためサンルイ・インターナショナルを設立。女性のためのケアブランド「INTIME ORGANIQUE
(アンティーム オーガニック)」の商品開発などを手掛ける。腟まわりのケアの重要性を説いて話題となった著書『潤うからだ』は発行部数5万部を突破。
森田敦子さんの記事はこちらから



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

著書『「指プレス」でシワのばし』がビューティ感度の高い芸能界や美容業界の人たちの間で話題のスピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さん。モデルやタレントさんなど、多くの顧客を抱える田中由佳さんが自宅でできるシワのばしのメソッドをまとめた一冊はシワが気になるアラフォー女性は必読! 田中由佳さんにシワ改善の秘訣をインタビューしました。


将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

快適なナプキンやタンポン、月経カップに月経ディスク、快適なショーツ、と生理用品はどんどん進化を遂げています。“生理を快適に”といいますが、これからは生理自体がなくなる世の中が来るかもしれないと歴史社会学者 田中ひかるさんは言います。インタビュー最終回です。


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

2005年、医学生の頃から中高生や大人に性教育を行い、現在は精力的にアフターピルや日本の中絶方法について情報発信を行い続ける産婦人科医 遠見才希子さん。その活力の源はどこにあるのか? 産婦人科医になろうと思ったきっかけや現在の取り組んでいる活動などについてお話を伺いました。


顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。前回は「洗い方」をお伝えしましたが、今回はデリケートゾーンの基本ステップその2<洗い方>についてです。丁寧に洗った後は、しっかり保湿してハリ・ツヤのある膣を手に入れましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

ついついカッとなった衝動に任せて怒鳴ってしまう…そんな経験誰しもありますよね。ただし、怒りのピークはたった6秒。その間どうにかやり過ごせば、落ち着いて自分の感情を相手に説明することができるんです! そこで日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにその方法を教えていただきましょう。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。「眠れない」という悩みがある一方で「眠っても眠ってもひたすら眠い」というお悩みを持っている方も多いのです。そこで今回は、更年期の「眠気やだるさ」の対策方法をお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google