【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回> | 大人のワタシを楽しむメディア
【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


いくつになっても子宮をキュンとさせて

前回の記事はこちらから

講演で全国を回るのんですが、あらゆる年代の方が腟まわりのお悩みをもって話を聞きに来てくださいます。講演の最後には質疑応答の時間があるんですけど、やっぱり皆さんの前で悩みを告白するのは恥ずかしいという気持ちがあるのでしょうね、本のサイン会をする時まで皆さん残ってくださってその時に悩みを打ち明けられます。

―どんなお悩みがあるんでしょうか?

セックスレスのお悩みが圧倒的に多いです。いらっしゃる方の9割がセックスレスと言えるほど。セックスしていたとしても良いセックスができていない。パートナーの一方的な欲求を押し付けられてしまい痛くてただれてしまった、なんてお話もよく聞きます。

―酷い…

そもそも「したいという感情がわかない」「愛情が感じられない」という女性たちも多い。

「気持ち良くない」と言われてショックだったという女性もいます。20代で「セックスが痛いです」という悩みを持っている女性もいます。そういった方々のお話を良く聞いてみると、ご自身の腟まわりを見てきちんとケアをしてきていないんです。自分の腟まわりを見たことがなく、どんな状態かわかっていません。他の人のものを見ることもできないから、状態が良いのか悪いのか判断できない。

―痛みの原因に潤いが足りないということはありますね。セックスをしたくない、という女性のなかには疲れてそんな元気がない、やる気がわかないという人も多いと思います。

そうですね、アラフォー女性は仕事に家事に育児にとっても忙しいですものね。

そんな気が起きない、ということはあると思います。でもね、男性器を受け入れてエクスタシーを感じることだけがセックスのゴールではないと思うんです。そこをゴールにしてしまうと年齢を重ねて体力が衰えるにつれてセックスするのが億劫になるのは当然だと思うんです。

そうじゃなくて、肌と肌が触れ合って子宮がキュンとする。まずはそこからではないでしょうか。心の交流がきちんとあった上でセックスをする。そうすればきちんと子宮はキュンとしてくれますよ。食欲、睡眠欲、性欲が人間の三大欲求です。つまり、死ぬまでこの欲求は湧き起こるということですよね。性欲だけないものにはできない。なので、その時々の自分たちに合う方法でキュンとしたりエクスタシーを感じたりすればいいんだと思います。いくつになっても気持ちいいと感じる感受性、肌の触れあいが人には必要ですから、セックスも大切なことです。

女性の感度は60代以降に最高潮を迎える!?

―そう思うとセックスへのハードルが下がって心が楽になる女性は多いと思います。パートナーとそういう話をすることも大切ですね。

ええ、パートナーあってのセックスですからね。心と体が満たされていない、大切にされていないと感じてしまえば男性でも女性でも他のところへ行ってしまうこともあるかもしれない。しかし大切なパートナーと心の通ったコミュニケーションとしてののセックスができれば、他の人といたいなんて思わないんじゃないかなあと思います。

―そのためにもきちんと腟まわりのお手入れをして潤わせておかないとですね。年齢を重ねるにつれて肌と同じで乾燥してハリや弾力、潤いが減ってしまいますものね。感度も潤いに関係するのでしょうか? あと、そもそも感度って年齢を重ねると悪くなったりしますか?

いえいえそれがね、世界では60代以降に子宮口の快感がもっとも強まる時期がくると言われているんです。Gスポットの感度も上がるとか。

―ええ! それは驚きです。そう思うとますます腟まわりのケアをしていつまでもセックスができるような状態であることが大切ですね。人生100年時代ですものね。

そうですね。エクスタシーを感じたことがないという女性はとても多いですが、女性がエクスタシーを感じるには挿入から15分はかかるんです。男性は3~4分で射精することができますが、女性はそうではない。3~4倍の時間がかかるものだということを男性も女性も知らないから「私は感度が低い」と悩んだり、男性の「君は感度が低い。普通はみんなこれで感じるのに」という暴言にショックを受けたりする。アダルトビデオなどの誤った情報しか知らないのと、女性も男性に配慮して“オーガズムに達したふり”をしていることが多いのが原因だと思います。

そうではなくて、お互いのためにもきちんと自分がどうしたら気持ちがいいのか、エクスタシーを感じるのか、ということを話すことが大切です。

―60代以降に感度が高まるという衝撃の事実。つくづく自分のカラダのことなのに知らないことばかりだと思います。セックスに関する男女のコミュニケーションはなかなかハードルが高く、言葉にするのは難しいし恥ずかしいことだと思います。そもそも女性がそんなに男性に譲歩して色々しなければいけないものなのか? 森田さんの答えに目から鱗が落ちました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。

文/和氣恵子、撮影/鈴木志江菜

植物療法士 森田敦子さん
日本における植物療法の第一人者。 CA時代にダストアレルギー気管支喘息を発病したことがきっかけで、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、劇的に改善。帰国後は、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するためサンルイ・インターナショナルを設立。女性のためのケアブランド「INTIME ORGANIQUE
(アンティーム オーガニック)」の商品開発などを手掛ける。腟まわりのケアの重要性を説いて話題となった著書『潤うからだ』は発行部数5万部を突破。
森田敦子さんの記事はこちらから



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


感情的になってはダメ。離婚は慎重に計画を立てて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #2】

感情的になってはダメ。離婚は慎重に計画を立てて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #2】

こんにちは。行政書士であり、離婚カウンセラーの阿部貴子です。夫婦の話し合いで夫が家庭に戻ってきた。夫と愛人の関係が自然消滅した。ようやく嵐が過ぎ去り平穏を取り戻せるかと安堵した妻。しかし、夫の浮気という危機は再び訪れる可能性があることは前回お伝えしました。今回は、その後、離婚に向ってしまったケースについてお伝えします。


【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。日本では子どものころからネガティブなセックスのイメージを植えつけられているのではないか、と問題提起をいただきました。セックスがポジティブなイメージになれば、もっと楽しめ、性暴力の排除や避妊への主体的な行動につながるのでは、と、熱い想いをお伺いしました。最終回です。


【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」プロジェクトを立ち上げた福田和子さん。性への姿勢、お互いの関係の築き方、若者の声が反映される仕組みや若者への配慮など、日本との違いを実感し、「日本人ももっと知らなければ!」と強く感じて活動をはじめました。セックスをポジティブに捉え、性について普通に話せる社会にしたい、と熱く語る福田さん。第一回目は性先進国スウェーデンの性事情についてお話を伺いました。


“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

2005年、医学生の頃から中高生や大人に性教育を行い、現在は精力的にアフターピルや日本の中絶方法について情報発信を行い続ける産婦人科医 遠見才希子さん。その活力の源はどこにあるのか? 産婦人科医になろうと思ったきっかけや現在の取り組んでいる活動などについてお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

巷で圧倒的に多いのは、夫の方が年収が高く、資産もある。離婚時には、そのような夫からいかに多くの養育費と財産分与を勝ち取るか! が重要ポイントとなるケースです。しかし、割合は少ないですが、妻の方が夫より稼いでいるケースもありますね。周りに参考例が少ないため、いろいろと情報収集に困る方も多いと思います。今回は、そのような妻


時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

人は、食べなければ生きていけません。あなたの身体はあなたが食べたものからつくられている。だからこそ日々の食事で、自分の健康状態やライフスタイルに合わせた食材や調理法を選ぶことが大切。同じ食材といえど、目的や用途によって最適な下ごしらえは変わります。今回は、とにかく時間がない!という人への下ごしらえのコツをご紹介します。


ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

「なんかピンと来なくて」とピンと来るのを待って気が付けばアラフォー。受け身で好きになれそうかどうかを待っていたらあっという間におばあちゃんになります。出会ってビビビと恋に落ちる方とあなたは違うの。出会う男性を彼氏になりえるかどうかで仕分け続けて男友達もいない女性にビビビは来ません。


【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

便秘によい食材というと食物繊維がたっぷりの「ごぼう」や「バナナ」が思い浮かぶのでは? 薬膳では便秘を、「熱タイプ」「冷えタイプ」「貧血タイプ」「ストレスタイプ」「元気不足タイプ」の5つに分けて考えています。そこで今回は「山椒」と「ニラ」を使い、女性に多い冷えタイプの便秘におすすめの薬膳レシピをご紹介します。


「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

ドラマに名台詞はつきものですよね。人気ドラマの放送日の翌日には、学校でシーンを再現して盛り上がったものです。ひょっとしたら実生活でも使ったことがあるという人もいるかもしれません。そこで今回は、「アラフォーならシチュエーションとセットで今でも完コピできる!」くらいの名台詞が登場するなつかしドラマを振り返ってみましょう。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google