【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


いくつになっても子宮をキュンとさせて

前回の記事はこちらから

講演で全国を回るのんですが、あらゆる年代の方が腟まわりのお悩みをもって話を聞きに来てくださいます。講演の最後には質疑応答の時間があるんですけど、やっぱり皆さんの前で悩みを告白するのは恥ずかしいという気持ちがあるのでしょうね、本のサイン会をする時まで皆さん残ってくださってその時に悩みを打ち明けられます。

―どんなお悩みがあるんでしょうか?

セックスレスのお悩みが圧倒的に多いです。いらっしゃる方の9割がセックスレスと言えるほど。セックスしていたとしても良いセックスができていない。パートナーの一方的な欲求を押し付けられてしまい痛くてただれてしまった、なんてお話もよく聞きます。

―酷い…

そもそも「したいという感情がわかない」「愛情が感じられない」という女性たちも多い。

「気持ち良くない」と言われてショックだったという女性もいます。20代で「セックスが痛いです」という悩みを持っている女性もいます。そういった方々のお話を良く聞いてみると、ご自身の腟まわりを見てきちんとケアをしてきていないんです。自分の腟まわりを見たことがなく、どんな状態かわかっていません。他の人のものを見ることもできないから、状態が良いのか悪いのか判断できない。

―痛みの原因に潤いが足りないということはありますね。セックスをしたくない、という女性のなかには疲れてそんな元気がない、やる気がわかないという人も多いと思います。

そうですね、アラフォー女性は仕事に家事に育児にとっても忙しいですものね。

そんな気が起きない、ということはあると思います。でもね、男性器を受け入れてエクスタシーを感じることだけがセックスのゴールではないと思うんです。そこをゴールにしてしまうと年齢を重ねて体力が衰えるにつれてセックスするのが億劫になるのは当然だと思うんです。

そうじゃなくて、肌と肌が触れ合って子宮がキュンとする。まずはそこからではないでしょうか。心の交流がきちんとあった上でセックスをする。そうすればきちんと子宮はキュンとしてくれますよ。食欲、睡眠欲、性欲が人間の三大欲求です。つまり、死ぬまでこの欲求は湧き起こるということですよね。性欲だけないものにはできない。なので、その時々の自分たちに合う方法でキュンとしたりエクスタシーを感じたりすればいいんだと思います。いくつになっても気持ちいいと感じる感受性、肌の触れあいが人には必要ですから、セックスも大切なことです。

女性の感度は60代以降に最高潮を迎える!?

―そう思うとセックスへのハードルが下がって心が楽になる女性は多いと思います。パートナーとそういう話をすることも大切ですね。

ええ、パートナーあってのセックスですからね。心と体が満たされていない、大切にされていないと感じてしまえば男性でも女性でも他のところへ行ってしまうこともあるかもしれない。しかし大切なパートナーと心の通ったコミュニケーションとしてののセックスができれば、他の人といたいなんて思わないんじゃないかなあと思います。

―そのためにもきちんと腟まわりのお手入れをして潤わせておかないとですね。年齢を重ねるにつれて肌と同じで乾燥してハリや弾力、潤いが減ってしまいますものね。感度も潤いに関係するのでしょうか? あと、そもそも感度って年齢を重ねると悪くなったりしますか?

いえいえそれがね、世界では60代以降に子宮口の快感がもっとも強まる時期がくると言われているんです。Gスポットの感度も上がるとか。

―ええ! それは驚きです。そう思うとますます腟まわりのケアをしていつまでもセックスができるような状態であることが大切ですね。人生100年時代ですものね。

そうですね。エクスタシーを感じたことがないという女性はとても多いですが、女性がエクスタシーを感じるには挿入から15分はかかるんです。男性は3~4分で射精することができますが、女性はそうではない。3~4倍の時間がかかるものだということを男性も女性も知らないから「私は感度が低い」と悩んだり、男性の「君は感度が低い。普通はみんなこれで感じるのに」という暴言にショックを受けたりする。アダルトビデオなどの誤った情報しか知らないのと、女性も男性に配慮して“オーガズムに達したふり”をしていることが多いのが原因だと思います。

そうではなくて、お互いのためにもきちんと自分がどうしたら気持ちがいいのか、エクスタシーを感じるのか、ということを話すことが大切です。

―60代以降に感度が高まるという衝撃の事実。つくづく自分のカラダのことなのに知らないことばかりだと思います。セックスに関する男女のコミュニケーションはなかなかハードルが高く、言葉にするのは難しいし恥ずかしいことだと思います。そもそも女性がそんなに男性に譲歩して色々しなければいけないものなのか? 森田さんの答えに目から鱗が落ちました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。

文/和氣恵子、撮影/鈴木志江菜

植物療法士 森田敦子さん
日本における植物療法の第一人者。 CA時代にダストアレルギー気管支喘息を発病したことがきっかけで、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、劇的に改善。帰国後は、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するためサンルイ・インターナショナルを設立。女性のためのケアブランド「INTIME ORGANIQUE
(アンティーム オーガニック)」の商品開発などを手掛ける。腟まわりのケアの重要性を説いて話題となった著書『潤うからだ』は発行部数5万部を突破。
森田敦子さんの記事はこちらから



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


【#FocusOn】子育てはホームステイのホストマザー気分で!『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】子育てはホームステイのホストマザー気分で!『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<最終回>

ご自身の妊娠・出産の経験から「誕生学」を確立、普及させてきた大葉ナナコさん。5人のお子さんを育てた経験と、多くの女性を支えてきた立場から、親の役割、そして子育てしながら自己実現をするための秘訣を教えてもらいました。著書である『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基にしたインタビュー、最終回です。


【#FocusOn】“ゆるむ”ことは“ゆるす”こと『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】“ゆるむ”ことは“ゆるす”こと『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<第二回>

幸せの秘訣「ゆるむ」ためには、自分と向き合って自分を「ゆるす」ことが大切です。第二回のインタビューではそのためのコツをお話いただきました。数多くの妊娠、出産に関する本を出版され、妊娠前、妊娠中、産後の多くの女性を支えてきた大葉ナナコさんに、著書である『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基にお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

【40代からの生き方】40代にもなれば「周りの目なんて気にしない。私は私」と自分軸を持って自立して生きたいですよね。ですがなかなか難しいのも事実です。いったいどうすれば自立して自信を持って生きられるのでしょうか? アメリカからお届けします。


結婚適齢期って何歳? アラフォーで結婚できる女性のタイプとは【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #40】

結婚適齢期って何歳? アラフォーで結婚できる女性のタイプとは【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #40】

【専門家が解説・婚活はアラフォーが適齢期?】結婚の適齢期は何歳でしょうか。20代?30代?いえいえ、アラフォーでも適齢期の女性がいます。そんな女性のタイプとは?


宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

【東條知美の大人の絵本シリーズ】人との別れはいつも寂しいものですよね。そんな時、この絵本を読むと心がほっこりあったかくなるかもしれません。大人に読んで欲しい絵本の紹介です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター