【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


助産師でも自分の外性器を見たことがない人が多い

前回までの記事はこちらから

―先ほど助産師さんでさえ自分の外性器を見たことがある人は少ない、と仰っていましたが、そもそも自分のカラダについて知らない女性たちが多いと感じますか?

やまがたさん:本当にそう思います。例えばセルフプレジャーに関してだって、はしたない、とか、寂しいからするんだ、とかいうじゃないですか。でもセルフプレジャーってリラックスして自分のカラダを緩めて自分で自分を幸せにしてくれる素晴らしいものですよね。大人の女性がセルフプレジャーを否定しているから、自分の子どもがセルフプレジャーをしていると驚いて精神的におかしいんじゃないかとか思うんですよね。でも小さな女の子だってふつうにセルフプレジャーをします。だって気持ちいいんですもん(笑)美味しいものを食べたり楽しく遊ぶのと同じように気持ちが良いことは普通にしたいですよね。でもなんとなく堂々とするものではないということは分かっていてコッソリする。それを親に見つかって酷く怒られたりしたらショックですよね。セルフプレジャーをやめられない自分を否定してしまうかもしれません。

―やまがたさんにWOMeの連載でもそのお悩みに答えていただきましたよね。ぜひそちらを読んで欲しいと思います。

大貫さん:そうなんですか! 読んでみます。

自尊感情を傷つけられてセックスができますか?

―しかし日本の夫婦のセックスレス問題は根深いですよね。

やまがたさん:男性の働き方の問題も大きいですよね。夫が忙しすぎて疲れていて勃たないということも多いと思います。体力が下がっていますよね。

大貫さん:家にいる時間がそもそも少なそうなイメージです。

やまがたさん:ちゃんと「まぐわい」ができる時間がないんですよね。講演をすると色々と相談を受けるんですが、もう酷いですよテレビを見ながらセックスされるとかあります。

―最低ですね…

やまがたさん:最低ですよ。潜在的なDVですよ。妻もそんなんじゃあ自己価値を高められないですし、セックスをするのが嫌になって当然です。

大貫さん:大事にされていないのにセックスだけすりゃあ良いってもんじゃないですよね。ちゃんとコミュニケーションがあった上でのセックス!

やまがたさん:男性ってそもそもコミュニケーション能力が女性より低いといわれていますよね。得意不得意あると思いますが、女性が愛情を注いでコミュニケーションをとることが大切だと思うんです。そういうことを言うとね「めんどくさい」と仰る方もいらっしゃいますが、でもそもそもそういう夫を選んだのは誰ですか? という話で。お互いさまですよね。生活費を稼いでくれるただのATMじゃないんですよ夫は。共に生活する人として感謝して、立てるところは立ててしっかり妻の側からコミュニケーションをとっていく必要性があると思います。以前、娘に「一番大切な家族は誰?」って聞いたんです。そしたら「パパ。命の種をママにあげて私たちが生まれたから」って答えたんです。

―素晴らしい!!

やまがたさん:性のお話し会などでは、おちんちんのことを“JOYスティック”って呼んで敬っているんです(笑)

(一同爆笑)

“性の話”はユーモアを交えてポジティブに! おちんちんは“JOYスティック”

喜びの棒!(笑)すごいです。

やまがたさん:それでね、先ほど女性器の名称について話をしましたが “おまんこ”って私はズバリ言っています。私はおまんこって悪くないと思うんです。だって万(マン)の子(コ)ですよ。ここには万の子のエネルギーがある。そして子宮はパワースポットって呼んでいるんですが、JOYスティックがお万子に入ってパワースポットでビッグバンが起こって赤ちゃんが宿る。

―なるほど…それはなんかすごく良いですね。

やまがたさん:ええ。「JOYスティックありがとう!」と言ってみんなで拝んだりしてね。

(爆笑)

やまがたさん:ユーモアが大切なんですよね。性について語る時には必ず。

大貫さん:本当にそう思います! 眉間にしわをよせて、怖い事のように話すからネガティブなイメージがついてしまうんですよね。

やまがたさん:本当にそう。子宮がパワースポットっていうのはね、卵を宿しているでしょう。神社をパワースポットって言って婚活女子や受験生が行くじゃないですか。でもね、神社のお宮には何が祀られていますか? 御霊ですよね。魂です。同じです、子宮と。女性はみんな自分のカラダにパワースポットを持っているんです。なので、わざわざ神社に行かなくてもね、自分のデリケートゾーンを愛でるために丁寧なケアをして清浄に保ってあげればいいんです。荒れ果てた神社なんて運気が悪そうで行きたくないですよね。同じですよ。荒れ果てたデリケートゾーンにJOYスティックもやってきたいとは思わない(笑)なので、自分の女性器を見るのが怖いなんて言ってないで、しっかり確認をしてケアをしてキレイな状態を保つ。それからね、この神社は一見さんお断りです。常連さんしかこれません(笑)

―最高ですね(笑)

おじさん世代への性教育

大貫さん:大人の男性もアダルトビデオのせいで間違ったセックス観を持ちすぎていると思います。この前おじさんばかりを集めてセックスの話をしたんですけど、みんな本気でアダルトビデオでしていることで女性が感じて悦んでいると思っています。少し乱暴にした方が良いんだろうとか、潮吹きしたらイッテるんだろう、とか、本気でアダルトビデオを再現しようとする。なので全部否定してきました(笑)でもそういうと心の底から驚いているんですよ。本気で女性が良いと思うセックスを知りたかったら女性向けのアダルトビデオを見てくださいって話をしました。

やまがた:いかに女性がセックスにコミュニケーションを求めているかわかるよね。セックスは強引に始まって射精で終わるものじゃないってことがよくわかる。

大貫さん:本当にそうですよね。あと女性は太くて長いおちんちんを望んでいると本気で思っている男性も多いですね。

やまがたさん:そうそう(笑)実は大きさが合わず痛くて夫とセックスしたくないって相談に来る人もいますよ。まったくねえ…間違った男性のセックス観もどうにかしないと。

―大貫さんがされているおじさんへのセックス講座は本当にセックスレス大国日本に必要なものですね。すべての男性が大貫さんのセックス講座に行って欲しい!

大貫さん:皆さん私が話をすると真剣に話を聞いてくださって、その場でメモをとったりして真摯に受け止めてくださって本当に嬉しいなっていつも思います。

―そういう場に来る時点でもう男性として素晴らしいですね。

大貫さん:本当にそう思います。

やまがたさん:夫婦が安心なコミュニケーションと心地よいセックスができていたら、子どもたちにも良い性教育ができると思います。やっぱり根幹は家庭。家庭から始まるんです。三大欲求の性=セックスやセルフプレジャーは隠すものでも恥ずかしい事でもない。歯磨きと同じことです。

―やまがたさんのJOYスティック話に爆笑し、大貫さんのおじさん達へのセックス講座に感心し…おふたりとの対談はいよいよ次回が最終回。妊活と自己肯定感についてです。お楽しみに。※1月17日(木)12時公開予定

文/和氣恵子、撮影/鈴木志江菜

(写真左)助産師・看護師 大貫詩織さん
助産師/思春期保健相談士 神奈川県立保健福祉大学 看護学科卒業。 総合病院産婦人科にて勤務ののち、現在は精神科児童思春期病棟に勤務し入院患者への性教育プログラム立ち上げに従事。 また学校での性教育に関する出張講座や、若者向けの性と命の語り場イベント『イノチカタルサロン』の主催も務める。
Twitter
公式サイト

(写真右)助産師・バースセラピストやまがたてるえさん
助産師 、看護師、バースセラピスト、JADP上級心理カウンセラー、NPO法人ちぇぶら 更年期ライフデザインアドバイザー
臨床経験をした後、妊娠出産を経験。産後に地域の育児支援活動にかかわりながら、BLOGでのライフワークを発信。BLOGをきっかけに5冊の本を出版。等身大の母から伝える「いのち こころ からだ」をテーマとした講演、保護者向け講演、お話し会や、雑誌などメディアにも取り上げられている。「心が軽くなる」育児のアドバイスが好評。子育て学講座講師、産前産後ケアに携わり、セラピストとしての個別カウンセリングなども行っている。
やまがたさんの記事はこちらから



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター