40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】 | 大人のワタシを楽しむメディア
40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


更年期の「記憶力の低下」や「もの忘れ」はどうして起こる?

「最近、忘れっぽくなってしまった」
「うっかりミスが多くなった」

更年期には誰もがこのような経験をするでしょう。

脳の働きは、誰でも加齢とともに少しずつ衰えていきます。しかし、女性ホルモンが急激に低下する更年期は「記憶力の低下」や「もの忘れ」がさらに激しくなる場合があります。それは、女性ホルモンが脳の記憶や認知を保つ役割を果たしているためです。また、女性ホルモンは血管の柔軟性を保つ役割もあるため、それが低下する更年期は、通常よりも脳への血流が悪くなることもあります。また、更年期症状によって眠りが浅くなったり夜中に何度も目が覚めてしまったりと睡眠の質が悪くなると、脳にも影響を及ぼします。

「もの忘れ」と「認知症」の違い

Getty logo

「もの忘れ」を頻繁に経験すると、「もしかして私は若年性の認知症なのかしら?」と不安になりますよね。そこで、更年期によるものと認知症の場合の「物忘れ」の違いを見て行きましょう。

▼更年期の「もの忘れ」の特徴
・「もの忘れ」をしているという自覚がある
・日時や場所、家族の顔が分かる
・ものごとの一部分を忘れるので、何かヒントやきっかけがあれば思い出す
・「もの忘れ」は進行しない

▼認知症の「もの忘れ」の特徴
・「もの忘れ」をしているという自覚がない
・日時や場所、家族の顔などが分からなくなる
・ものごと全てを忘れてしまうので、ヒントやきっかけがあっても思い出せない
・「もの忘れ」が進行する

このような違いがあります。
「最近、忘れっぽくなってしまった」という自覚があるということは、更年期によるものかもしれません。

脳を鍛えることはできるのか

筋肉は使えば鍛えられ、カラダを若々しく保ってくれます。

実は脳も一緒で、脳の若さを保つためには、脳を働かせることが非常に大切です。最近では「脳は鍛えれば一生成長し続ける」という研究もあります。
逆に、脳は使わなければ、どんどん萎縮してしまうことも報告されています。

「もう年だから忘れっぽくなるのは仕方がない」とあきらめてしまうのは危険です。

実際に脳は使えばどんどんよくなるのですから、頭を働かせて脳の機能を向上させていきましょう!

「記憶力の低下」や「もの忘れ」に対する3つの予防トレーニング

日々受けるさまざまな刺激に対して、反応をすることで脳は鍛えられます。

その1:表現する
脳を鍛えるトレーニングでおすすめなのは「表現すること」です。日記を書く、文章を書く、声に出して本を読むなど。これらを行うには、自分の頭で考えて、思い出し、整理し、判断して、筋肉を動かすことが必要です。自分の考えをまとめて表現するのは脳にとって非常にいいトレーニングです。

その2:積極性を持つ
料理や裁縫など自分の頭で考えながら集中してできる趣味を持つ。パソコン操作や携帯電話やテレビの録画などを人まかせにしないで、自分で使いこなす努力をする。苦手だからといって人任せにしないで、「脳を成長させるチャンス!」と思ってぜひチャレンジしてください。

その3:十分な睡眠をとって脳を休ませる
脳の働きを活発にするためには休ませることも大切です。そのために十分な睡眠を取りましょう。

脳を鍛えるには運動すること

カラダを動かすと血流が良くなります。すると、脳への血流もアップします。

また、筋肉を動かすことは脳にとって非常にいい影響を与えます。忙しい生活の中に運動の時間をプラスするのは大変だし現実的ではない! という方は、日常生活の中に運動習慣を落としこんでしまいましょう。

例えば、仕事に行く時や買い物に行く時はできるだけ大またで早歩きで歩く。エレベーターやエスカレーターではなく階段を使って移動する、などです。毎日の習慣の一工夫で、脳の若さを保っていきましょう。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期以降、約50年は続くと言われる人生100年時代。ならば、健康に豊かにイキイキと生きたいものです。そのためには更年期の過ごし方がとても大切だそう。女性の健康と更年期問題に寄り添うメノポーズカウンセラーに女性が人生100年時代を幸せに生きるためのヒントを教えてもらいました。


更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期は髪の毛にも大きな影響を与えます。女性ホルモンが減少することによって起こる更年期症状のひとつに薄毛などの悩みも含まれるのです。そこで、更年期による髪の毛の悩みを解消する対策法について、更年期の専門家であり毛髪診断士でもあるメノポーズカウンセラーの元井里奈さんに教えていただきました。


自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

あなたは“いきがい”をもっていますか?“いきがい”を持っている人は、更年期症状が軽く、健康寿命が長いということがわかっています。今回は、更年期に自分と向き合い“いきがい”を見つける方法について、アラフォー世代向けにオリジナル方法をご紹介します。さて、あなたの“いきがい”はなんですか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

子どものことでも世間話でも、話しかけても気のない返事しかしない夫。「どうしてちゃんと聞いてくれないの!?」と不満は積もりますが、「結末のない話を聞くのは苦手」という男性は多いのです。 耳を傾けやすい話し方を心がけることで、スムーズに会話を楽しめるようになります。「ながら聞き」する夫に有効な策についてご紹介します。


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google