野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

中沢文子の女・酒場巡礼第8回は、センベロの聖地「野毛」にある「ぴおシティ」。赤い提灯が目印の立ち飲み店「国民酒場じぃえんとるまん」は、昼12時から営業し、なんとサッポロの赤星大瓶が400円のうえに、料理は100円~楽しめる正真正銘の「せんべろ」店です。しかも女性店長で、女性一人でも安心して立ち寄れるのも魅力です。


サッポロ赤星大瓶が400円、酒は150円~のリーズナブルさ

「国民酒場じぃえんとるまん」は、二俣川や横須賀にもある神奈川では有名な立ち飲み店です。本店は上大岡にありますが、元々酒店だったことから、お酒の価格が驚くほどの安さ

「サッポロ赤星」の大瓶が400円というリーズナブルさ。冷蔵庫にずらりと並ぶ赤星の大瓶は圧巻の一言! そのほかにも「焼酎」(150円~)、「酎ハイ」(250円~)、「日本酒」(250円~)、「樽出しスパークリングワイン」(300円)、「ホッピーセット」(380円)、「バーボン」(300円)とあげればきりがないほどの低価格設定でビールからカクテル、洋酒までバラエティー豊かにそろえています。

料理は100円~、オーダーが入ってから焼く鉄板焼きが大人気!

料理に関しても100円~の安さで、メニュー表に連なっている定番から、黒板に書かれている本日のおすすめまで50種以上ラインアップ! また、立ち飲みと言えども料理に手を抜かないのがこのお店。すべて手作りでお酒が進むよう味に工夫が凝らされています。

たとえば、「ポテトサラダ」(250円)はポテトをゆがいてすりつぶし、ハムやキュウリなど具だくさん。味が調整できるようマヨネーズがのっているのも心憎いはからいです。

さらにニンニク醤油ベースの特製ソースが味のアクセントになっている「山盛もやし」(200円)

文字通りネギがてんこもりの「ネギだく厚揚げ」(250円)は、バーナーで焦げ目を付けて香ばしさをプラスしています。

「コブクロ焼き」(300円)は塩、胡椒で炒めたシンプルな料理ですがモツの鮮度の良さが分かる一品。

おすすめは鉄板焼きで、オーダーが入ってからスタッフが鉄板で焼くので熱々がサーブされます。なかでも人気なのが「とん平チーズ焼き」(350円)。湯気を上げる作り立ての玉子焼きを箸で割れば、中には豚肉とキャベツ、チーズがたっぷりで、トロトロ玉子とチーズのハーモニーに、リピート間違いなしです。また、「アジフライ」(150円)といった揚げ物も、揚げおきせずに注文が入ってから揚げるので、出来立てを味わうことができます。

支払い方は便利なキャッシュオンデリバリー

支払いのスタイルは、その都度ペイする「キャッシュオンデリバリ―」。各テーブルには、お金を入れる専用容器が置いてあるので、その中にお札や小銭を入れましょう。

酒、料理を運ぶ際に、スタッフがその代金をピックアップしてくれるのでとっても便利。また、立ち飲みなので、お札はできれば1000円札を用意しましょう。

ちなみに今回ご紹介している料理と酒の合計金額は驚きの2430円でした!

店長は女性! 女性一人でも安心の「大人の社交場」

店のコンセプトは、女性が気軽に立ち寄ることができる「大人の社交場」。そのため、女性店長の「止部かえで」さんを筆頭に、女性スタッフが多いのも特徴といえます。また、スタッフが店中をまわって目を光らせているので、女性一人でも臆せず安心して入店できます。実際に、まわりを見ると、女性の一人客、二人客がいて、楽しそうに飲んでいました。店内は一人客が飲めるカウンターと、大勢で囲めるテーブルがあり、訪れる人数により選ぶことができるのもうれしいですね。

まだ立ち飲みしたことがないビギナーさんから、短時間でサクッと飲みたい黒帯クラスの方まで、1000円札を手に飲みにでかけてみませんか? 「こんなに安く飲めたり、食べたりできるなんて!」とこれまでの概念がくつがえるかもしれません。

「国民酒場じぃえんとるまん 桜木町店」
住所:神奈川県横浜市中区桜木町1-1 ぴおシティ B2F
TEL:045-264-8857
営業時間:12:00~21:30、日祝~21:00(LO鉄板焼きは30分前、その他の料理・ドリンクは15分前)
定休日:なし
http://sakaman.com/



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

お酒が大好きなグルメライター。女性が楽しく飲める酒場を発信。

関連する投稿


銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

中沢文子の女・酒場巡礼第7回は、銀座「バー堀川」。全国に名を馳せる一流のバーが集う東京・銀座。世界大会などで優勝した保志雄一さんが手掛ける「バー保志」の右腕として活躍していた妙手・堀川賀正さんが独立し、2017年8月銀座6丁目に店を開きました。これまで築き上げた技を礎に生み出される美しいカクテルに、今宵、酔いしれませんか?


堀切菖蒲園「のんき」もつ焼きと下町ハイボール 人々に愛されて70年以上【中沢文子の女・酒場巡礼#6】

堀切菖蒲園「のんき」もつ焼きと下町ハイボール 人々に愛されて70年以上【中沢文子の女・酒場巡礼#6】

中沢文子の女・酒場巡礼第6回は、堀切菖蒲園でもつ焼き!全国からのんべえが訪れるほど京成立石をはじめ下町エリアの酒場巡りが流行中ですが、酒好きがひそかに通い、名店が揃い踏みしているのが堀切菖蒲園。なかでも、もつ焼きなら「もつ焼 のんき」です。名物「しろたれ」や下町ハイボールの味わい深さ、アットホームな雰囲気にノックアウトです!


横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

中沢文子の女・酒場巡礼第5回は、横浜・お加代。日本ならでは食のひとつ「焼鳥・モツ焼き」。焼く芳しい香りにそそられ、ついついお店に入って飲んでしまった…なんてことがありませんか? 代名詞のしろはもちろん、アイデア光る創作串を味わうなら、横浜駅で昭和28年から続く焼鳥の「お加代」です。ご主人も常連さんも温かく、女性も1人で気軽に飲むことができます。


上野「遊食家 Boo」キャラクター“ウアモウ”に心癒されながら飲める洋風居酒屋【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #3】

上野「遊食家 Boo」キャラクター“ウアモウ”に心癒されながら飲める洋風居酒屋【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #3】

中沢文子の女・酒場巡礼第3回は、上野・遊食家 Boo。「食べて飲んで遊べる楽しい家」をコンセプトにバール×居酒屋を組み合わせた「遊食家 Boo」キャラクターのウアモウちゃんがお出迎え。雰囲気よし! 味よし! コスパよし! で、女性ひとりでも心置きなく楽しむことができます。


田町「丸長」女性一人でも安心 紳士が集うセンベロ立ち飲み店【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #1】

田町「丸長」女性一人でも安心 紳士が集うセンベロ立ち飲み店【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #1】

中沢文子の女・酒場巡礼第1回は、田町「丸長」。サクッと飲みたい、ひとり飲みしたい愛飲家におすすめの立ち飲み。でも女性だと気が引けてしまうケースも多々。そんな方も安心して飲める、スマートなサラリーマンや学者が集う激安立ち飲みを酒場放浪歴うん十年の酒場ライター中沢文子がご紹介します。一人で、仲間同士で、ぜひ立ち寄ってみませんか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター