つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】 | 大人のワタシを楽しむメディア
つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


“○○すべき”の前提になる「主語」があるはず

・母親は、子供と過ごす時間を優先すべき
・部下は、上司にだまって従うべき

などなど、“○○すべき”という思考に主語をつけてみると、その前提となるものが見えてきます。前提とは、その人の役割と言い換えることもできます。つまり、人はそれぞれが多くの顔、役割をもって生きていて、それに合わせて自分で枠を作っているのです。
例えば

・自分の親から見た子供という顔、自分の子供から見た親という顔
・夫から見た妻という顔、姑から見た嫁という顔
・上司から見た部下という顔、部下から見た上司という顔

ほかにも、友人、客、指導する人、学ぶ人など、本当に多くの顔や役割を持っていることがわかります。

その役割に対する世間の意見や自分の信念に合わせようとするから、“○○すべき”という考えが湧き上がってくるのです。“○○すべき”という心のつぶやきに気付いたら、主語をつけてみましょう。自分に対してあるいは他人に対して、「こんな役割を持つ人はこうするべきだ」という考えやこだわりを、無意識のうちにたくさん持っていることに気づくでしょう。

“○○すべき”ができなかったら本当にNGなのか?

枠に当てはめようと頑張る傾向がある人は、「それができれば合格、できなかったら不合格」というように、できなかった場合に厳しくダメ出しをしているかもしれません。

自分のいくつもの顔と、それぞれに作り出した枠や縛りに気づいたら、本当に“○○すべき”なのかを改めて考えてみましょう。「あれをしないといけない」と思っていることについて、それをしなかったらどうなるのか? 絶対必須のことなのかという観点で見てみると、“○○すべき”と思っていた事を「しない」選択もありかもしれません。必要以上に自分を追い込んでいないか、客観的な視点から物事を見てみましょう。

“○○すべき”の陰に隠れている“不安”

Getty logo

なぜ、自分で作った枠にあてはめようと頑張るのでしょう? 枠に入っていれば、少なくとも陰口を叩かれたり、批判されたりしないで済むからかもしれません。つまり「ちゃんと役割をこなしている人」として承認されたいという欲求があるので、枠に入っておくと安心感を覚えるのです。

批判されることや認めてもらえないことへの不安が、枠に入るための行動を加速させます。

しかし残念ながらその枠は思い込みで出来ており、簡単に変えることはできません。時代や地域が変われば世間の枠組みも変わります。若い世代が常識外れに見えたり、他国の人たちの振る舞いを批判したりするのは、長い間自分で持っていた枠組みから外れているからです。その集団に初めから入っていれば、あなたの枠組みは全く異なったものになっていたはずです。

大切なのは、行動の基準があなたの気持ちや信念に沿ったものであるかどうかではないでしょうか。“○○すべき”にとらわれてるなと感じたら、以下の2つを自問してみましょう。

・よく思われるためだけに、必要以上に苦労していないか?
・これからもずっとそれを続けて幸せなのか?

少しだけ自分を緩めてみる

今まで“○○すべき”と思っていたことを急にやめたり変えたりすることは難しいものです。

そこでまず、少しだけ心のつぶやきを変えてみましょう。

「○○するほうがよい。」
「○○するとなおよい。」

そしてもし、「それをしたら誰かが喜ぶ、自分が嬉しい」ということに気がついたら、“○○すべき”という義務感で自分を追い詰めることなく自然に行動できるかもしれませんし、「しなくても誰も困らないし喜ばない」ということに気づいたら、そのこだわりを手放せるかもしれません。

自分に対する強固な枠組みをたくさん持ち続けていると、その考え方で他人を見て批判的な気持ちになり人間関係に影響が出ることがあります。自分を苦しめ、相手も苦しめる結果にならないように、少し縛りを緩めてみませんか?

株式会社マインドフルヘルス代表山下あきこ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

医学博士、脳神経内科・内科医師。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。

関連する投稿


他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他の人が気になってしょうがないってことはありませんか? 同僚やママ友がどんなことを考えているのか、どんな生活を送っているのか、知ったところで別にどうということはないけれどワイドショー的に気になっちゃう! けれどそれに疲れる自分もいる…どうしたら気にならなくなるのか、脳神経内科医の山下先生に教えていただきました。


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

「世間の目なんて関係ない」頭ではそう思っていても気になってしまう。こんな服でおかしくないかな、子どもに変なもの食べさせてると思われないかな、夫は会社で馬鹿にされていないかな…など思い当たることはありませんか? 人の目を気にしない自分になるにはどうしたらいいのでしょうか? 脳神経外科医の山下あきこ先生に教えてもらいましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google