不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】 | 大人のワタシを楽しむメディア
不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

WOMeでインタビューした中野信子さんの著書「不倫」を読み反論の余地なし! と断言する三松真由美先生。不倫願望が盛り上がるのはなぜなのか? 今回も夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の筆がスパークします!


「不倫やむなし。後天的に良い環境を私がつくる」べし

「不倫」という文字がメディアを踊らない日はないほど人気の漢字です。我々は賛成反対どちらにしても、不倫についてもの申したい性質を持っているのでしょう。

WOMeでインタビュー記事が掲載されている中野信子先生の書籍を読みました。痛快です。「それなら不倫してもしかたないよね〜」と思わず首を縦に振ってしまうほどの脳科学論です。

不倫型の遺伝子を持って生まれれば、不倫しやすい。ドーパミンなんとかかんとかの関係で一夫一妻制に向かないひともいる。反論の余地なし!

しかし遺伝子だけで決まるのではなく後天的要因、環境もある、となると話がややこしくなります。

「夫は不倫遺伝子を持っていないけれど、泥酔するときがある。その時、膝の上にボイングラマーのウッフン美女が座った」

となると、私がよく使う“魔が差す”というシチュエーションができあがるのです。

中野先生は教えてくださっています。アリルなんとかという遺伝子を持つ男性は浮気率未婚率が高い、なんとかという前頭皮質の機能が低い人は性的にアクティブ。

「え!? それを考慮して夫を選ばねば結婚失敗するの!?」と思ってしまいがちです。待ってください。あなたもそうだと指摘される可能性もあるわけです。女性である自分も不倫遺伝子を持っているのか・・。ということです。

結婚相手が見つからない今の時代に、不倫遺伝子まで気にするとますます結婚などできません。ならば、指輪を差し出された時に「不倫やむなし、後天的によい環境を私が作る」と、あげまんスピリッツで臨むのが正解です。

夫が最近怪しいと思っているかた、あるいは自分の衝動が抑えられないかた、“不倫願望が盛り上がるのはなぜなのか”ちょっと考えてみましょう。

公式夫とはイマイチセックスの理由(公式彼氏にも当てはあまる)

Getty logo

不倫をするのは男性の特権という時代は終焉を迎えました。ワーキング主婦が増え、経済的にも社会的にも「ワタシ」が承認されている昨今です。自立したワタシ。夫とはセックスレス、あるいはイマイチセックス。

ならば非公式な異性とベッドをともにしてストレス発散をしてもいいのではないか、こう考える妻が現れても不思議ではありません。ささいなことで喧嘩した、夫の家事協力が不適切、夫にバカにされた、などのネガティブ状態の時、非公式異性から甘い誘いがあったら乗ってしまうでしょう。公式夫とはまったく違う形式の行為。身体も、匂いも声も、ベッドトークも違うのですから胸がドキドキするのは当たり前。そしてそれほど関係が密ではない相手には、気を遣いヨイショするものです。そのうえ「恥ずかしい」という感情もあります。恥じらいと、予測不可の驚きで、夫とのマンネリ行為より胸が高鳴るのは当然。新鮮極まりない。これは経年差です。非公式彼氏との行為も継続するとマンネリになります。

よって、一夜の過ちをしたなら「この人ともいつかはときめかなくなる」と冷めた目で見てください。

非公式彼氏に走る女性は多くはありません。「ほかの女性はどうなの?」の現実も知っておきましょう。相模ゴムが実施した2013年調査がよく引用されています。

結婚相手、交際相手がいるひとで、相手以外にセックスするひとがいるかという設問の答えは男性26.5%、女性16.3%が「YES」でした。
私が夫婦仲相談所で行った調査でも妻側の不倫率は約2割でした。多くはないと言いましたが、世の中の倫理に照らし合わせるとゼロ%でなくてはならない数値でした。失礼いたしました。

2018年AERAでは森川友義先生が「男性の74%、女性の29.6%は不倫をする」と述べておられます。多いのか少ないのか、もはや混乱しています。読者の皆さんの価値観に委ねます。

不安型妻は夫ともするけど非公式異性にも走りやすい

夫婦仲相談所のセックスレス相談で「夫とうまくいっていない。私はセックスしたくないけれど夫が求めるからしかたなくする」と言われる妻が非常に多いです。これについては、中野先生の著書を読んでよくわかりました。幼少期の母子関係やオキシトシン受容体の数により愛着スタイルが安定型・回避型・不安型に分かれるということです。不安型女性は求められるといたしてしまう。

相手の愛情がなくならないためのセックス。それに夫は気がつきます。「ずっと私を愛して。抱かせてあげるから。私はあなたのことそれほど好きじゃないけど」としがみつかれるイメージです。夫婦仲のこじれの根本に向き合わずにセックスだけはする。セックスレスではないけれど脆い夫婦。

そして、不安型女性は非公式彼氏とも愛がないセックスをする可能性は高い。愛を求めてさまよう。幼少期の原因はどうしようもありません。

夫婦仲改善、セックス充実、不倫防止にスクワットは重要

女性は不安型が多いから感情的になるそうですが、改善する方法がある!テストステロン(男性ホルモン)増強です。筋トレをしてテストステロンを増強させると不安がやわらぐ。活力が出現する。

以前、夫と一緒にスクワットをしようと提案しました。まさに「やる気一発! ホルモン」を自己生産するのです。そうすれば夫に不安を感じなくなり、不倫もしにくくなる。夫とのセックスもよくなること間違いなしです。女性も筋肉トレーニングをしなくてはならない時代の幕開けです。Mast to doです。

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


“女性の性欲”は40代から強くなる?「ラグジュアリーセックス」のすすめ【オトナ夫婦の寝室事情#2】

“女性の性欲”は40代から強くなる?「ラグジュアリーセックス」のすすめ【オトナ夫婦の寝室事情#2】

夫婦仲の専門家・三松真由美先生による【40代夫婦の寝室事情】。女性の性欲はアラフォー、特に40代から衰えると思っていませんか? 三松真由美先生によれば、40代、50代からどんどん良くなっていくとのこと! さて中高年のセックスはどんな風に良いのでしょうか。


40代 セックスはどんどん良くなる!もっと楽しむために 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

40代 セックスはどんどん良くなる!もっと楽しむために 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

夫婦関係の専門家・三松真由美さんに「40代のセックス事情」について教えていただきます。「セックスなんかもう興味ないし」と、40代でセックスを卒業しようとしているあなたへ、多数の専門書の執筆経験もある三松真由美さんの愛あるひと言をお届けします。


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


良いセックスですべて上手くいく!?『夫婦のセックス再入門』三松真由美さん著【特集:たまには本でも#01】

良いセックスですべて上手くいく!?『夫婦のセックス再入門』三松真由美さん著【特集:たまには本でも#01】

夫婦仲相談所 所長 三松真由美さんの最新刊『夫婦のセックス再入門』(2019年8月1日発売/kindle版)のご紹介です。WOMeでも夫婦の寝室事情の連載が大人気、数万組の夫婦のセックス相談にのってきた三松真由美さんだからこそ書ける中身がぎゅうぎゅうに詰まった一冊は、夫婦仲に悩むすべての夫婦の永久保存版です。


欲しがるカラダ満たされないココロを女性向け風俗は癒やしてくれるのか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#39】

欲しがるカラダ満たされないココロを女性向け風俗は癒やしてくれるのか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#39】

最近メディアでも目にするようになってきた“女性向け風俗”。しかし興味がある人は多いと思いますが、まだまだ女性にとって身近なものとはいえませんね。そんな“女性向け風俗”について夫婦仲相談所 所長 三松真由美さんが解説!これを読むと女性向け風俗のハードルが少し下がるかもしれませんよ。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

おふくろの味としてみんなが大好きな肉じゃが。少し残ってしまったときに使える、簡単便利な変身レシピを2品お届けします。


いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

今、高視聴率のドラマが話題になっても、「いやいや、あの頃のドラマの衝撃に比べたら…」と感じているアラフォーは多いはず! 今回はタイプの違うなつかしドラマ3選をピックアップ。いろいろな意味でハラハラドキドキした作品たちです!


「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

化粧品でもすっかりおなじみの言葉になった「ヒアルロン酸」。保湿力に関係あるものだとは思うけれど、いったいどんなもの? と思う人も多いのではないでしょうか。そこで、改めてヒアルロン酸を徹底分析。お肌の中でのヒアルロン酸の役割や、40代のお肌ではヒアルロン酸がどうなっているのかを調べてみました。


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

40代後半くらいになると女性の多くは、今までに感じたことのないような体の不具合を感じることがあります。この症状は更年期障害と呼ばれ、人によってばらつきはあるものの、大体5年程度で落ち着く症状だと言われています。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google