「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「ぐっすり眠ったのに疲れが取れない」「昼間なのに、眠くてやる気が出ない」。これの症状はもしかしたら更年期によるものかもしれません。今回は、「疲れやすい」「やる気が出ない」ときにオススメの心とカラダのケア方法をお届けします。


どうして更年期には疲れやすくなるの?

「これまでだったら、休んだり、睡眠をとると疲れが取れていたのに、この頃ずっと疲れが取れない。」そんなふうに感じる事はありませんか? 更年期に実感する症状でとても多いものが「疲れやすい」というものです。

では、どうして更年期には疲れやすくなるのでしょうか?

更年期は女性ホルモンの低下から、自律神経が乱れます。そうすると心や体に実に様々な症状が出てきます。睡眠の質が浅くなり、眠ったと思っていても熟睡はできていない。血流がいつもよりも滞りやすくなるので、代謝が落ちてしまう。このようなことから疲れやすく感じてしまうことがあるのです。

更年期の「疲れ」の特徴は寝ても休んでもなかなか疲れが取れないことです。

その疲れは「カラダから?」「アタマから?」

一言に「疲れ」といっても、種類はさまざまです。体を動かしすぎて疲れていると言う場合は、横になってゆっくりカラダを休めればいいでしょう。しかし一方で、体はあまり動かしていないのに考え事や悩みがあったり、パソコンやスマホなどで目を酷使して脳が疲れているという場合があります。現代女性の比率では、後者の疲れを感じることが多いようです。

この場合は、できるだけこまめに休憩の時間をとり、軽い体操やストレッチを行い、こまめにケアすることがオススメです。

自律神経を制するものは「疲れ」を制する。

更年期の疲れやすさ対策としては「自律神経を整えること」が一番です。
自律神経の乱れを整えるためになによりも、手っ取り早く効果がある方法は、運動です。

内容は、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動がオススメです。
運動する時間がないという方は、買い物の時に少し早めに歩いてみたり、移動の時にはエスカレーターではなく積極的に階段を使ったりということでも十分。
体を動かすと自律神経が整うだけではなく、体力や心肺機能も向上しますよ。
体を動かすと交感神経が優位になり気持ちまでシャキッとします。

「疲れやすい」と間違いやすい病気

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

疲労感が長引くとき、または、やる気が出ない日々が続く場合、病気が隠れている可能性があります。

更年期で疲れやすいのだと思っていたら、実は貧血だったり、甲状腺の病気、うつ病が隠れていることもあります。甲状腺は更年期症状と非常によく似ているのと、発症時期も40歳以上で増えてきます。素人の判断はとても難しいです。

こうしたことも頭の隅に置いて、不調が続く場合は婦人科等の医療機関を受診する事。それは自分を守るための、とても大切な選択肢の1つです。

人に委ねて感謝する度量を身につける時期

更年期は、体の中で女性ホルモンがダイナミックに変化をしている時期で生きて入れば全員が通る道です。時には、心や体が自分の思い通りにならなくなることがあります。

これまでだったら、テキパキとこなせていた仕事や家事が、思う通りにできなくなって、自信を失ってしまうことだってあるんです。そんな時に自分を責めるのではなく、更年期のことを正しく知ることが大切です。そして更年期の時期は1人で抱え込まないようにすることがなにより大切です。

更年期には必ず終わりがあります。なので、更年期の時期くらいは人にお願いしたり任せたり、というような「委ねて感謝する」度量を身につける期間として捉えると、気持ちが楽になるかもしれません。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

ホットフラッシュとは? 夏でもないのに滝のような汗をかく、突然体がカーッと熱くなるというホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)の症状は、更年期中の女性の6割が経験すると言われています。今日は、そんな更年期の代表的な症状ホットフラッシュの予防法、対策とケア方法をお伝えします。


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

「手に力が入らない」「肌がピリピリする」「最近手や足がしびれるようになった」思う通りに動かないカラダにショックを受ける方も少なくない更年期。一体、わたしのカラダはどうなっちゃているの?!今回は、更年期症状の1つ「知覚の異常」についてです。かんたんな対策ケア方法もあるので、ぜひ実践してみてください。


更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

若いときはもりもり食べてもへっちゃらだったのに、この頃は食欲があまりなくなってきた。そんなことはありませんか? 更年期に、食欲が減ってしまったり、胸やけや胃腸の不調で悩む方も少なくありません。今回は、更年期によくある食欲不振や、胃腸の不調のケア方法についてお伝えします!


更年期の「不安・気分の落ち込み・うつ」の予防&ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #34】

更年期の「不安・気分の落ち込み・うつ」の予防&ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #34】

不安になったり、気分が落ち込んでうつうつとしたり、涙もろくなったり、外に出ることや人に会うことが億劫と感じたり・・・。特にこれという理由がないのにどうして? と思うことはありませんか。今回は、更年期によくある心の不調や改善方法を紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター