まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


目元は顔の印象を決める重要なパーツ!

「目は口ほどにモノを言う」といいますが、まさに目はその人の印象を決める大きなポイントになります。年齢を感じる場所でもあります。

まぶたは、顔の中でも特に肌が薄く、表情の動きによって酷使されているパーツです。ですが、ほかの部分よりゴシゴシ擦ったり、保湿クリームをしっかり塗れてなかったり、日焼け止めを塗り忘れたりと、知らず知らずケアを怠ってしまっている場所でもあるのです。

年齢を重ねるとと目が小さくなる!?

昔の写真と見比べると目の印象がぼんやりしたような気がしませんか? 事実、目の大きさは15年で20%縮小するそうです。20代後半から小さくなりはじめて、50代でより顕著になり、縦だけでなく横幅も狭くなるのだそうです。

年齢を重ねると唇が内側に巻き込まれてしまうのはご存知ですか? お年寄りの口元を思い浮かべてみてください、そんな感じになっているように思いませんか?

まぶたの内側も唇と同じ粘膜なので、まぶたのハリがなくなると、内側に入っていってしまうのです。

【ここがポイント!目元ケア】クレンジング

まぶたのケアで一番見直したいのがクレンジングです。

最近はお湯で落とせるタイプのマスカラが主流になってきたこともあり、アイシャドウやアイラインも目元用のリムーバーを使わずファンデーションと一緒に落としている方が多いのではないでしょうか。ですが、アイメイクとファンデーションを一緒に落とすと、マスカラの繊維やアイシャドウのラメが顔全体に摩擦をかけてしまい、大きな負担になってしまいます。

また、アイシャドウのラメやウォータープルーフのアイラインは、落ちにくいメイクなので、一見落ちているように見えても実は肌に残ってしまいがちです。

そこで専用リムーバーをたっぷりとしみこませたコットンを目元に乗せ、メーカーが推奨する時間置くことをおススメします。急いでしまうと、アイメイクが浮いてこず、何回もこすってしまい肌に負担を与えることになってしまいます。

もともとデリケートな部分に強い刺激を与えると、本来持っているはずのバリア機能が失われ、外部からの刺激にも対応できなくなり、乾燥やくすみの原因につながります。

【ここがポイント!目元ケア】UVカット

目がしみて日焼け止めクリームがつけられないという方も多いと思います。皮膚が薄く、目に近いので、水っぽい日焼け止めだと目に入ってしまう事もあるんですね。

ですが、まぶたも日焼けしますので必ずまぶたもUVケアしましょう。日焼け止めより密着力の高いBBクリームやファンデーションを薬指でトントンと置くようにつけます。その上からパウダーをはたいておくと、より崩れにくくなり、しっかりと紫外線カットできます。サングラスや帽子も上手に利用してくださいね。

【ここがポイント!目元ケア】保湿

目元専用の美容液やクリームが出ているので悩みが深刻化している場合はアイケア専用のものを使うのが改善の一番の近道です。

ですが、アイケア商品は価格が高いものが多く、プラスワンするのが難しい事もあります。その場合は、いつもお使いの保湿クリームの使い方を工夫してみましょう。

まず、まぶた・おでこ・ほほ・あごの6点に保湿クリームをつけ、両手で中央から外に向けて顔全体に伸ばしていきます。はじめにまぶたにのせておくことで、つけ忘れがなくなります。クリームを伸ばす際に目周りのすべりがよくなるので摩擦による刺激もふせいでくれます。

さらに、目元だけはパール半分くらいの量を最後にもう一回塗布し、両手で5秒間目を覆い温めます。このひと手間で、まぶたへのクリームの浸透がグンとアップします。目の周りは皮脂腺が少なく油分が不足しがちなので、クリームでしっかり補ってあげましょう。

まぶたの乾燥は、くぼみやシワだけでなく、目の大きさまで変えてしまいます。「目元は特別」な場所と意識して、ひと手間をかけてあげてくださいね。

スキンケアアドバイザー 松瀬詩保



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまで自分が実践してきたスキンケアや経験をもとに、正しいスキンケアとは何なのかブログで配信中。

関連する投稿


年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

40代、フェイスラインのたるみの原因は骨や筋肉の老化!?もはや原因は肌だけではない!その理由と改善方法をスキンケアアドバイザー松瀬詩保さんに聞きました。肌ケアだけでは対策できない40代のフェイスラインのたるみ改善法です。


気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

40代のスキンケアのお悩みを専門家が解決!ブルドックフェイスやほうれい線が気になっている40代女性へ、スキンケアアドバイザー松瀬詩保さんが線撃退法を教えます。


見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

乾燥の季節、お肌だけでなくくちびるの荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。くちびるは体調が悪いとカサカサになってしまったりもするので、日々のケアが欠かせません。そこで今回はスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにくちびるのケアについて教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピー”という言葉を聞いたことがありますか? 近年注目を集めている腸内環境を整えるセラピーのようです。コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんへお話を伺いました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google