女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


男性も絶倫俺様系ばかりが不倫するのではない

脳科学的に不倫遺伝子を持っている人がいたり、幼少期の環境で不倫しやすい人がいる事実は脳科学者の中野信子先生の教えでよくわかりました。過去複数の調査結果で男性のほうが女性より不倫する割合が高いことも周知の事実。夫婦仲相談所で話を聞いていると、芸能人や政治家ではない一般人ではガッツリ仕事に打ち込む俺様系夫の不倫に悩む主婦たちの声が目立ちます。

男性ホルモン値が高いので仕事欲も恋愛欲と比例するかもしれません。とは言え、「うちの夫に限って」系不倫もあります。純朴、まじめ、控えめ、おとなしい‥おまけにお酒も弱い。到底そんなことはするとは思えぬ夫の「魔が差した」案件もめずらしくないのです。不倫は性格や男性ホルモン高い体質に限らず突発的に起こる場合もあるということです。では女性の不倫動機はどこにあるのか。

「なんでそんなにセックスしたいの?」と夫から言われたら女心はカチコチに凍る

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

こんな場面があります。男性にも知っておいていただきたいと思います。

すべて夫婦仲相談所に寄せられた寝室でのやりとりです。ノンフィクションです。

「1年近くセックスレスなので夫を誘ったら、女から誘うなんて冷めると言われた」
「毎月、自分から誘っていたら淫乱と言われた」

そのほかにも「○子、そんなにしたいの? なんで? 病気じゃない」
「そんなしたいなら外でやってよ、僕はもう、こういうことはしたくない」

などなど聞いているこちらの胸が痛くなるような夫側の反応…“言葉のDV寝室編”と言えるかもしれません。妻は性欲が溢れてウズウズしているからその解消のために夫の下半身を使っていけないわけはないのですが。

こんな対応をされ続けた妻はだんだん元気がなくなります。家族としては好きだけど女性として見られていないという感覚。性の欲は一生封印しろと告知された気分で暮らしてゆくわけです。

そんな時に職場で斎藤工タイプの男性にやさしい言葉をかけられたといたしましょう。(注:イケメンである必要はなく、癒し系の加藤諒さんでもムロツヨシさんでももちろんあり)妻の心はジワリとあたたかくなります。この時「亭主がしてくれないからこの人とセックスしたいわ」と相手の下半身を妄想する女性はそれほどいません。そこが男性と違うところです。不倫を社会問題と捉えた著書「はじめての不倫学」(光文社新書)の中で坂爪真吾先生もおっしゃっています。

女性の不倫はまず性欲ありきではなく、相手ありきで、自分の性欲ではなく、相手との関係性によって不倫に対するモチベーションが変化する傾向がある、と。まったく同感です。
セックスのことが頭の中になくとも、「誰にも愛されていない私のことを、こんなやさしいまなざしで見つめてくれるなんて。缶コーヒーくれるなんて・・ズドン」。ズドンというのは、2メートルの穴の中にお尻から落ちた音です。それくらいの始まりなのです。スマホを見ながら道路を歩いていたら穴があって落ちるイメージ。妻たちがそっちの世界に落ちる瞬間は、そんなささいな出来事がきっかけなのです。よって恋愛体質であろうがなかろうが、過去のセックス遍歴が夫一人きりであろうが、セックスは奥手であろうが、オルガズム経験がなかろうがまったく関係ありません。

恋愛に関するアンケートで肉食系ゴーコン主婦、出会い系アプリで隔週デートしている主婦ばかりが「不倫をしていますか? イエス」と回答しているという認識は間違いです。また生活費や子供の塾代のためにライブチャット等で仕事をする妻たちが「不倫をしていますか? イエス」と回答するか、これは筆者には計り知れません。

極上不倫に身を置くと結婚できないと感ずいているなら穴から上がらねば

オバフォー未婚もたくさんいるのが日本社会です。仕事の場で女性が昇進できる、マンションを買えるなど昔のひとが聞いたら驚くでしょう。ではセックス界ではどうなんでしょう。

女性の若さが重要視される日本セックス界。オバフォーの方々も、はちきれん若さを満喫していた頃に不倫体験した方はいるのではないでしょうか。過去「20代女性が40代男性にはまる時代」がありました。これは現代も脈々と継がれています。人生経験が多く、話題も豊富で人脈も経済力もある。未知の体験をさせてくれる。同世代男子と付き合うよりずっと自分が成長できる。

セックスも20代男子ではかなわない。現在はバイアグラやシアリス、レビトラなどED治療薬が充実。エディケアというサプリも人気があります。体力ではヤング男子にかなわないけれど勃起力はカバーできるし、手技に至っては匠の技。

年上男性との不倫は極上で、同世代の男性と結婚なんかしたくなくなる。そして…ずっと独身。

不倫に寄って男性の理想度が上がってしまうと次のステップに進みにくいという定理。アラサーも必ずオバフォーになる。結婚、出産希望があるならば、穴から上がるのは早いにこしたことはない。

オバフォーの不倫経験と未婚観については次の機会に一緒に考えましょう。

参考:光文社「はじめての不倫学」

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

WOMeでインタビューした中野信子さんの著書「不倫」を読み反論の余地なし! と断言する三松真由美先生。不倫願望が盛り上がるのはなぜなのか? 今回も夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の筆がスパークします!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター