女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】 | 大人のワタシを楽しむメディア
女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


男性も絶倫俺様系ばかりが不倫するのではない

脳科学的に不倫遺伝子を持っている人がいたり、幼少期の環境で不倫しやすい人がいる事実は脳科学者の中野信子先生の教えでよくわかりました。過去複数の調査結果で男性のほうが女性より不倫する割合が高いことも周知の事実。夫婦仲相談所で話を聞いていると、芸能人や政治家ではない一般人ではガッツリ仕事に打ち込む俺様系夫の不倫に悩む主婦たちの声が目立ちます。

男性ホルモン値が高いので仕事欲も恋愛欲と比例するかもしれません。とは言え、「うちの夫に限って」系不倫もあります。純朴、まじめ、控えめ、おとなしい‥おまけにお酒も弱い。到底そんなことはするとは思えぬ夫の「魔が差した」案件もめずらしくないのです。不倫は性格や男性ホルモン高い体質に限らず突発的に起こる場合もあるということです。では女性の不倫動機はどこにあるのか。

「なんでそんなにセックスしたいの?」と夫から言われたら女心はカチコチに凍る

Getty logo

こんな場面があります。男性にも知っておいていただきたいと思います。

すべて夫婦仲相談所に寄せられた寝室でのやりとりです。ノンフィクションです。

「1年近くセックスレスなので夫を誘ったら、女から誘うなんて冷めると言われた」
「毎月、自分から誘っていたら淫乱と言われた」

そのほかにも「○子、そんなにしたいの? なんで? 病気じゃない」
「そんなしたいなら外でやってよ、僕はもう、こういうことはしたくない」

などなど聞いているこちらの胸が痛くなるような夫側の反応…“言葉のDV寝室編”と言えるかもしれません。妻は性欲が溢れてウズウズしているからその解消のために夫の下半身を使っていけないわけはないのですが。

こんな対応をされ続けた妻はだんだん元気がなくなります。家族としては好きだけど女性として見られていないという感覚。性の欲は一生封印しろと告知された気分で暮らしてゆくわけです。

そんな時に職場で斎藤工タイプの男性にやさしい言葉をかけられたといたしましょう。(注:イケメンである必要はなく、癒し系の加藤諒さんでもムロツヨシさんでももちろんあり)妻の心はジワリとあたたかくなります。この時「亭主がしてくれないからこの人とセックスしたいわ」と相手の下半身を妄想する女性はそれほどいません。そこが男性と違うところです。不倫を社会問題と捉えた著書「はじめての不倫学」(光文社新書)の中で坂爪真吾先生もおっしゃっています。

女性の不倫はまず性欲ありきではなく、相手ありきで、自分の性欲ではなく、相手との関係性によって不倫に対するモチベーションが変化する傾向がある、と。まったく同感です。
セックスのことが頭の中になくとも、「誰にも愛されていない私のことを、こんなやさしいまなざしで見つめてくれるなんて。缶コーヒーくれるなんて・・ズドン」。ズドンというのは、2メートルの穴の中にお尻から落ちた音です。それくらいの始まりなのです。スマホを見ながら道路を歩いていたら穴があって落ちるイメージ。妻たちがそっちの世界に落ちる瞬間は、そんなささいな出来事がきっかけなのです。よって恋愛体質であろうがなかろうが、過去のセックス遍歴が夫一人きりであろうが、セックスは奥手であろうが、オルガズム経験がなかろうがまったく関係ありません。

恋愛に関するアンケートで肉食系ゴーコン主婦、出会い系アプリで隔週デートしている主婦ばかりが「不倫をしていますか? イエス」と回答しているという認識は間違いです。また生活費や子供の塾代のためにライブチャット等で仕事をする妻たちが「不倫をしていますか? イエス」と回答するか、これは筆者には計り知れません。

極上不倫に身を置くと結婚できないと感ずいているなら穴から上がらねば

オバフォー未婚もたくさんいるのが日本社会です。仕事の場で女性が昇進できる、マンションを買えるなど昔のひとが聞いたら驚くでしょう。ではセックス界ではどうなんでしょう。

女性の若さが重要視される日本セックス界。オバフォーの方々も、はちきれん若さを満喫していた頃に不倫体験した方はいるのではないでしょうか。過去「20代女性が40代男性にはまる時代」がありました。これは現代も脈々と継がれています。人生経験が多く、話題も豊富で人脈も経済力もある。未知の体験をさせてくれる。同世代男子と付き合うよりずっと自分が成長できる。

セックスも20代男子ではかなわない。現在はバイアグラやシアリス、レビトラなどED治療薬が充実。エディケアというサプリも人気があります。体力ではヤング男子にかなわないけれど勃起力はカバーできるし、手技に至っては匠の技。

年上男性との不倫は極上で、同世代の男性と結婚なんかしたくなくなる。そして…ずっと独身。

不倫に寄って男性の理想度が上がってしまうと次のステップに進みにくいという定理。アラサーも必ずオバフォーになる。結婚、出産希望があるならば、穴から上がるのは早いにこしたことはない。

オバフォーの不倫経験と未婚観については次の機会に一緒に考えましょう。

参考:光文社「はじめての不倫学」

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


【35歳からのリアル 私たちのホンネ#5/後半】夫が一番のママ友と不倫そして離婚…娘たちとの3人の暮らし

【35歳からのリアル 私たちのホンネ#5/後半】夫が一番のママ友と不倫そして離婚…娘たちとの3人の暮らし

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

奥さんとは離婚すると言いながら離婚しない不倫男…。ついその言葉を信じて待ってしまい泥沼に。よく聞く話ですが不倫をしている男性はいったいどんな心理で不倫をしているのでしょう? 不倫の果てに何があるのか…恋愛コラムニスト神崎さんにぶった切っていただきました。


もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

「不倫は文化」という石田純一の名言がありましたが、ここ数年は「不倫」「婚外恋愛」がある種カテゴリ化されている風潮があります。映画やドラマ、小説などのフィクションならいいですが、現実となると失うものが大きいですよね…。そこで、いろいろな立場、視点から不倫の疑似体験ができる小説を5つ紹介。果たして不倫の恋の結末は…。


不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

【不倫がバレたらな失うものとは】ドラマに映画に不倫があふれかえっていますね。そして現実世界でも多くの女性が不倫を経験しているようです。不倫を一概に“いい”“悪い”とはいえませんが、これだけは言えます。「不倫がバレたらなにかを失う」。世の昼顔妻の皆様に恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと切り込みます。


無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

相手への愛情が冷え切っていても、見せかけの関係を続ける「仮面夫婦」。相手が何をしていようと関心がありませんが、浮気や不倫なども黙認、または公認になっている家庭もあります。そんな仮面夫婦の実態とはどんなものなのでしょうか。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google