【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


“病人を治す”より“新しい命を手伝う”仕事がしたかった

―『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』拝読いたしました。知らないことも多くてぜひ大人の女性に読んで欲しい本だと感じました。特に不妊治療をしている女性、更年期など女性特有の疾患に悩まれている人は読むと心が楽になりそうですね。

船曳美也子さんの著書 あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話

自分のカラダ、わかっていますか? 生理はなぜ起こるのか? 出産の適齢期とは? 基礎体温の正しいよみ方を知っていますか? 女性は“産む”性なのか?基礎知識から最新医療まであなたらしく生きるための「性」の話。

ありがとうございます。そう言っていただけるととても嬉しいです。みなさん案外自分のカラダについて知らないんですよね。不妊治療をしている方でも妊娠の仕組みやご自身のカラダについて知らない場合も多いです。

―わかります。避妊せずにセックスをすればすぐに妊娠すると思っている人も多いですよね。ちょっと話は変わりますが、先生は大学で心理学を専攻し卒業後は一般企業でOLをして、その後また大学に入り直して医師免許をとられていますよね。

もともと占いにはまったことがきっかけで心理学を専攻したんですが、大学で学ぶうちに精神疾患を患った方々を治療するのは自分に合ってないな、と感じたんです。それでOLになったんですが、親が医者だったこともあってやはり医学の道に進もうと医大に入り直しました。

私の母はすごくパワフルな人で、いわゆるガラスの天井なんて感じさせない女性。その影響か私も自分が面白いと思うことを追求すること、自分で自分の人生を決めることが当たり前だと思っていました。なので「医者になりたい!」と思った後は迷わず医大に入学しました(笑)

―その行動力、すごいです! どうして産婦人科専門医になろうと思われたのでしょうか?

私がお世話になった教授が不妊専門医だったんです。なので情報もとても充実していました。病気の方を治療する医者ではなく、新しい命のお手伝いができる産婦人科専門医になりたいって思ったんですね。

性教育は生物学の延長であればいい

―先ほど、自分のカラダを知らない女性が多い、と言う話をされていましたが、なぜそうなってしまうのだと思いますか?

性教育が偏っている気がします。避妊法や性感染症ばかり教えるとか。卵子の老化や妊娠の仕組み、など知らなければいけない情報はたくさんあるのにまったく教えてくれない。親子間で性教育をしている家庭も少ないですし。そして成長して大人になって、妊娠出産を経験している年上の女性が積極的なアドバイスをするかというと、言い方によればパワハラになってしまったりするので話せない。そしていよいよ結婚して妊娠したいのにできなかったりした時に「どうしよう」となる。

―日本の性教育は世界でも最低レベルだと聞きます。

そうですね。本当に問題ですよね。道徳的なことを入れようとし過ぎておかしなことになっている気もします。シンプルに生物学の延長として自分たちのカラダについて正しい知識を持とう、で良いと思うんですよね。

―なるほど…そういう背景もあってこの本を書かれたのでしょうか?

ええ。もしも妊娠・出産したいと思っているなら自分のカラダについて一刻も早く正しい知識を持って欲しいと思っています。

―先生が一刻も早く、と言われるのにはなにか理由があるのでしょうか?

はい。現状、結婚年齢が上がっているのですが、残念ながらカラダはその分老化しています。卵巣の状態は個人差が大きいので何とも言えませんが、30代で閉経してしまう人も1%くらいいます。40代前半では約10%。50歳前後で閉経する人がほとんどだと思いますが、閉経の10年くらい前から自然妊娠は難しいと言われているんです。

―30代で閉経してしまう人もいるんですか…驚きました。

そうですね、個人差がとても大きいですけどね。女性はみんな胎児の時に卵子がすでに卵巣の中にできていてそこから増えることはありません。排卵されなかった卵子は卵巣の中で消失していくわけですが、そのスピードが年齢を重ねるにつれてドンドン早くなっていくんです。毎月1000個くらいの卵子が起きだしては消失しています。その消失のスピードを速めるのは老化だけではなく、喫煙なども影響があります。

―そういう意味でもタバコは「百害あって一利なし」なんですね。

そう思います。こういう状況があるので、女性が妊娠を望むなら一刻も早く妊娠するための努力をすべきだと思うんです。

―子どもが欲しいと思っていてもそもそもパートナーがいない場合は無理ですし、パートナーがいてもすぐ授かるわけでもない…焦るばかりですね。

そうです。それで私はひとつの手段として一刻も早い“卵子凍結”をおすすめしています。

―“卵子凍結”言葉は聞いたことがありますが、それはとても遠い存在のように思っていました。ですが、パートナーがいてもいなくても将来子どもが欲しいと思っている女性に船曳先生が卵子凍結をすすめる理由を聞いてとても納得しました。第二回をお楽しみに。※2月16日(土)12時公開予定



船曳美也子さん

日本生殖医学会生殖医療専門医、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医。1983年神戸大学文学部心理学科を卒業後、医師を志し、1991年兵庫医科大学医学部を卒業。兵庫医科大学病院、西宮市立中央病院、パルモア病院を経て、医療法人オーク会にて不妊治療を専門に診療にあたっている。
自らも体外受精を行い、43歳で初めての妊娠、出産という経験を持つ。

著書に、「婚活」「妊活」など女性の人生の描き方を提案する「女性の人生ゲームで勝つ方法」(主婦の友社)、女性の身体について正しい知識を知ってもらえるよう執筆した「あなたも知らない女のカラダ―希望を叶える性の話」(講談社)がある。2014年、健康な女性の凍結卵子による妊娠に成功。出産に至ったのは国内初とされる。(出産は2015年)

あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。


育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「夫をイクメンにしたい!」と思っている妻は必読。多くのイクメンを育成してきたファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんにインタビューした第二回目。家事育児は“手伝う”ものではなく“手を取り合って共にする”もの。これを読めば“家事育児を手伝う”意識の夫をアップデートさせる方法がわかります。あなたの夫もイクメンに!


一晩中オムツを握りしめて考えた 「父親をする」という考え方 ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー【#FocusOn】

一晩中オムツを握りしめて考えた 「父親をする」という考え方 ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー【#FocusOn】

夫が家事・育児をしてくれないとお悩みの方、必読!ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんに「夫をイクメンにする方法」をお伺いしました。自身も3児の父である安藤さんが子育てを通して気づいた「父親をする」とは一体どういうことなのでしょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

膣のトラブルは他人ごとではない!現代女性が加齢と共に直面する“腟トラブル”とは。膣が痛くて歩けない、子宮脱だけではない。更年期以降に訪れるあらゆる体の不調は膣が乾燥している等の状態にも現れています。長年、日本人女性の膣を見続け『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんにお話を伺いました。


フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

40代、フェイスラインのたるみの原因は骨や筋肉の老化!?もはや原因は肌だけではない!その理由と改善方法をスキンケアアドバイザー松瀬詩保さんに聞きました。肌ケアだけでは対策できない40代のフェイスラインのたるみ改善法です。


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォー婚活最前線!それが原因であなたの婚活は上手くいかない!アラフォー女性が陥りがちな婚活の罠についてスパルタ婚活コンサルタント菊乃さんに教えていただきます。「なぜか婚活が上手くいかない…」そう悩んでいるアラフォー女性の皆さま、必読です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター