【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回> | 大人のワタシを楽しむメディア
【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


保険をかける気持ちでまずは卵子凍結

前回の記事はこちらから

―パートナーがいてもいなくても妊娠を将来望むなら一刻も早い卵子凍結を先生がおすすめするのはなぜでしょうか?

先ほども話しましたが閉経の10年前くらいから自然妊娠をするのは難しいと考えられています。ということはアラフォー女性は自然妊娠をするのはかなり大変なわけです。でも今はアラフォーで結婚する方も多いですよね。ご自身のキャリアを積まれて社会的に評価も得て、ようやく結婚に踏み切れた…という女性も多いと思うんです。そんな素晴らしい女性たちの卵子が老化していて妊娠しづらい状態になっているというのはとても残念なことです。

なので、できれば20代や30代前半にパートナーがいてもいなくても卵子凍結をして欲しいと思っています。元気な卵子をいくつか凍結しておけば、パートナーができたのが40代だったとしてもお相手に「元気な卵子を凍結しているから自然妊娠が無理でも赤ちゃんはできるよ」って話すことができます。

―なるほど! 保険をかけるようなものですね。

ええ。実際に婚活中だという女性たちが卵子凍結をしにきます。非常に合理的ですよね。それに結婚への見方が変わって早く結婚できる気もします。

―どういうことでしょうか?

愛があって子どもが生まれる、というシンデレラ的な見解から現実を見られるようになるのではないでしょうか。

―なるほど! シンデレラ願望に囚われて恋愛をして結婚をしなきゃいけないという呪縛に苦しんでいる女性もいらっしゃるでしょうから、そういったものを断ち切るためにもカラダの老化の事実を知ること、そして晩婚や不妊の可能性に備えて卵子凍結をしておくという考え方はいいですね。

ええ。凍結していても、結果的に自然妊娠された場合は、それはそれでいいわけですし。

―本当にそうですね。現代は結婚と妊娠の順番が逆になるのも当たり前になってきましたが、 “将来子供が欲しいと思っているならまずは若いうちに卵子凍結”という情報を多くの女性に知ってもらいたいですね。女性自身の選択の幅も広がるし、年齢のリミットからくる焦燥感を感じながら日々過ごさなくても良くなると思います。

ええ。女性は自分たちのタイムリミットをひしひしと感じながら生きていますよね。でも本当はそうじゃない、閉経したって女性は女性です。でも、このクリニックにいらっしゃる妊娠を希望される女性たちの中にはそうは思えず妊娠できない自分を女性として欠陥がある、などと感じている方もいらっしゃいます。それはとても悲しいことです。女性のカラダがどんな仕組みになっていて今の最新医療で妊娠についてどんなサポートができるのか、ということを正しく知ってもらうことでそういった悲しい思いをする方々を一人でも多く救うことができると思っています。

―素晴らしいですね。それこそ真の女性の自由に繋がっている気がします。凍結した卵子で妊娠・出産しようと思うと体外受精になるのですよね?

そうです。卵子がもつ妊娠力は32歳頃から減少しはじめます。37歳頃には減少速度は2倍に。45歳を超えるともうほとんどないと言えるかもしれません。なので、一刻も早く若い卵子を凍結してほしいんです。40代の卵子で体外受精に成功する確率は15%だと言われています。45歳を過ぎると半分が流産してしまいます。

―そうなんですか…やはり受精するのは卵子の力が大きいのでしょうか?

もちろん妊娠するには男性と女性、半分ずつ影響があります。ですが、こと受精卵の妊娠力に関して言えば9割が卵子の力です。

―卵子を元気にする、若返りさせる方法は何かないんでしょうか?

残念ながら若返りの方法は見つかっていません。ですが、抗酸化力を高めることでなるべく老化させないようにすることはできます。適正体重を守って、良質な睡眠をとり、ストレスフリーな状態にして、緑黄色野菜をちゃんと食べる。…でも現代女性にとってストレスフリーな状態をキープするなんて至難の業ですよね。

―そう思います。しかし、良質な睡眠は妊娠力にも関わってくるんですね。つくづく睡眠は大切ですね。

そうなんです。睡眠中に分泌される“成長ホルモン”は卵子にとってとても大切なものです。

男性不妊の可能性も。パートナーと目線を合わせて不妊治療に取り組んで

―不妊治療の現場についてお話をお伺いしたいのですが、妻は不妊治療に積極的だけど夫がそうでもなくて悩んでいる、というような話をよく聞きます。先生は現場で見ていらしてそういうことを感じたことはありますか?

そうですね…不妊治療の一連の流れの中で精子の検査をするんですが、抵抗感があるという男性もいらっしゃいます。自分に責任があったらどうしよう、と思われるかたもいらっしゃいます。ですが、男性が不妊の原因になることも半分くらいありますが、治療法は確立しています。なので、夫婦で話し合って納得して不妊治療にあたって欲しいなと思います。

―不妊治療が上手くいかないケースというのはどういった場合が考えられるのでしょうか?

いろいろなケースがありますが、妊娠するかどうかは7割が染色体の問題です。不妊治療って先が見えないんですよね。みなさんその苦しさに精神的に参ってしまって嫌になってしまう。必要以上に落ち込みすぎてしまうんです。けれど不妊治療の道筋って決まっています。

「この段階でこの治療を選択した、ダメだった、じゃあ次はこの段階」って選択して決めてトライしていくことの繰り返し
なんです。なので感情のアップダウンになるべく振り回されることなく淡々と進めて行って欲しいと思います。とても難しいことではありますが…辛くなったらその気持ちを主治医の先生などに話してください。そういうコミュニケーションが取れるクリニックにぜひ行っていただきたいです。

―不妊治療に苦しんでいる人が周りにいる場合、どんな風に接してあげたらいいでしょうか?

ご本人が望むように寄り添ってあげて欲しいと思います。「ぜったい大丈夫だよ!」などやたら楽観的な発言をすると反発感が出てしまうと思うので、ただ話を聞いてあげる。ほっといて欲しいと思っているなと感じるならそっとしておいてあげる。その人の気持ちはその人にしかわからないし、もしかしたらご本人も自分がどういう気持ちなのかどうしたいのか分からないかもしれません。

―不妊に関する情報を教えてあげるのはやめた方がいいのでしょうか? こういう治療法があるよ、とかこういう話をテレビでしていたよ、とか。

それは良いと思います。自分でリサーチしているとどうしても偏ってしまいますし、視野も狭くなってしまいます。色々な意見や考え方、治療法があるということを知ることはとても良いと思います。

―卵子の老化による卵子力が減少することで受精が難しくなる…そう聞いて今すぐ卵子凍結しよう! と思われた方もいるかもしれません。女性が自由に生きるための術が現代医療のなかにあるのだとしたらそれを有効に活用することもひとつの選択肢です。最終回は船曳先生が考える“子どもを持つ”ということについてです。※2月23日(土)12時公開予定



船曳美也子さん
日本生殖医学会生殖医療専門医、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医。1983年神戸大学文学部心理学科を卒業後、医師を志し、1991年兵庫医科大学医学部を卒業。兵庫医科大学病院、西宮市立中央病院、パルモア病院を経て、医療法人オーク会にて不妊治療を専門に診療にあたっている。自らも体外受精を行い、43歳で初めての妊娠、出産という経験を持つ。著書に、「婚活」「妊活」など女性の人生の描き方を提案する「女性の人生ゲームで勝つ方法」(主婦の友社)、女性の身体について正しい知識を知ってもらえるよう執筆した「あなたも知らない女のカラダ―希望を叶える性の話」(講談社)がある。2014年、健康な女性の凍結卵子による妊娠に成功。出産に至ったのは国内初とされる。(出産は2015年)

あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話

¥ 1,296

自分のカラダ、わかっていますか?生理はなぜ起こるのか?出産の適齢期とは?基礎体温の正しいよみ方を知っていますか?女性は“産む”性なのか?基礎知識から最新医療まであなたらしく生きるための「性」の話。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。日本では子どものころからネガティブなセックスのイメージを植えつけられているのではないか、と問題提起をいただきました。セックスがポジティブなイメージになれば、もっと楽しめ、性暴力の排除や避妊への主体的な行動につながるのでは、と、熱い想いをお伺いしました。最終回です。


【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」プロジェクトを立ち上げた福田和子さん。性への姿勢、お互いの関係の築き方、若者の声が反映される仕組みや若者への配慮など、日本との違いを実感し、「日本人ももっと知らなければ!」と強く感じて活動をはじめました。セックスをポジティブに捉え、性について普通に話せる社会にしたい、と熱く語る福田さん。第一回目は性先進国スウェーデンの性事情についてお話を伺いました。


“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

2005年、医学生の頃から中高生や大人に性教育を行い、現在は精力的にアフターピルや日本の中絶方法について情報発信を行い続ける産婦人科医 遠見才希子さん。その活力の源はどこにあるのか? 産婦人科医になろうと思ったきっかけや現在の取り組んでいる活動などについてお話を伺いました。


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

人は、食べなければ生きていけません。あなたの身体はあなたが食べたものからつくられている。だからこそ日々の食事で、自分の健康状態やライフスタイルに合わせた食材や調理法を選ぶことが大切。同じ食材といえど、目的や用途によって最適な下ごしらえは変わります。今回は、とにかく時間がない!という人への下ごしらえのコツをご紹介します。


ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

「なんかピンと来なくて」とピンと来るのを待って気が付けばアラフォー。受け身で好きになれそうかどうかを待っていたらあっという間におばあちゃんになります。出会ってビビビと恋に落ちる方とあなたは違うの。出会う男性を彼氏になりえるかどうかで仕分け続けて男友達もいない女性にビビビは来ません。


【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

便秘によい食材というと食物繊維がたっぷりの「ごぼう」や「バナナ」が思い浮かぶのでは? 薬膳では便秘を、「熱タイプ」「冷えタイプ」「貧血タイプ」「ストレスタイプ」「元気不足タイプ」の5つに分けて考えています。そこで今回は「山椒」と「ニラ」を使い、女性に多い冷えタイプの便秘におすすめの薬膳レシピをご紹介します。


「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

ドラマに名台詞はつきものですよね。人気ドラマの放送日の翌日には、学校でシーンを再現して盛り上がったものです。ひょっとしたら実生活でも使ったことがあるという人もいるかもしれません。そこで今回は、「アラフォーならシチュエーションとセットで今でも完コピできる!」くらいの名台詞が登場するなつかしドラマを振り返ってみましょう。


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google