【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<最終回>

あなたは自分のカラダについて正しい知識をもっていると思いますか? 『あなたも知らない女のカラダ』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さんは不妊治療専門クリニックの先生でもあります。インタビュー最終回は船曳さんが思う子どもを持つということ、パートナーとの関係についてお話を伺いました。


子どもを持つことは人生の振幅が大きくなること

前回の記事はこちらから

―男性と女性がいなければ子どもはできません。今は同性婚も認知されつつありますが…船曳先生は夫婦とは何だと思いますか?

法的な義務をもって生活をする相手ですかね(笑) 恋愛感情は4年で終わるといわれていますが(笑)、そのあとは感情ではなく現実が待っています。子どもがいるなら一緒に子どもを育てていく相手ですね。

―なるほど(笑) 法的に生活をする相手を得た後は子どもを授かるものだと思っている人がほとんどだと思います。それが当たり前だと。なのでそれが叶わないと苦しむし、治療しなければならない、となる。先生はそれについてはどう思われますか?

自分の人生ですからね。自分が納得するようにしたらいいと思います。自分にとって子どもを持ったら人生がどうなるのか? 一概に子どもを持ったからって良いことばかりじゃないですよね。私も育てているから分かりますが、子どもを育てるということはとても大変です。感情や人生の振幅がとても大きくなります。ひとりや夫婦だけなら感じなかったような感情をたくさん持つことになります。お金もかかりますしね(笑) プラスのこともたくさんあるけど、同じようにマイナスも増える。いないほうがずっと楽だと考えることもできます。

だって一人の自由って、それはそれでプライスレスですよ! 自分が“こうしたい!”って思ったらすぐにできる。だけど、メディアの打ち出す幸せのカタチは“夫がいて子どもがいてマイホームを持って”…だから、そこと比較してズレを感じると不安になるんでしょうね。

―それは本当にそう思います。

TVCMや雑誌を疑った方がいいですね(笑) なぜそういう幸せ感を押し付けてくるのか?

―商品やサービスをプロモーションするためには、そうしたイメージを作る必要があるのかもしれませんよね。

ええ(笑) そういうこともあるかもしれませんね。

子どもを持つという価値観をもっと広げても良い

―子どもを持つ方法として、今、日本では卵子提供者を得て出産することや代理母は認めらえていませんよね?

そうですね。そういったことをしたい方はネットで情報を検索されたり、海外に行かれますね。本当に「子どもが欲しい!」と思った場合には、養子縁組もあるんですけどね…日本で今のように家族が血縁重視されるようになったのって近年なんです。昔はたくさん養子縁組がされていましたよね。

妊活で苦しんでも妊娠出産ができればいいですが、そうでなかった場合どうするのか? 自分の納得のいく形で楽しく生きられるのが一番です。そういう人生を歩めるように情報は正しく得て、自分が望むものを見つめて歩んで行って欲しいと思います。しかしまずは性教育をどうにかしなきゃですね! そもそも“性教育”って言う言葉に抵抗感がある人が多いと思うんです。私はとても抵抗感があります。なにか別の言葉がないかなあって思います。

―先ほど先生が「性教育は生物学の延長で良いんじゃないか」と仰いましたけど、とても腑に落ちました。なので、“カラダ学”なんてどうでしょう?

良いですね! 性教育はこれから“カラダ学”。新しくカラダ学で本も出せるかな(笑)

―ぜひ読んでみたいです! 今日はありがとうございました。

ありがとうございました。

―不妊治療専門クリニックの先生でありながら、不妊治療が授かることのすべて、ではなく様々な選択肢があるということを教えてくれた船曳美也子先生。不妊治療をしている方もそうでない方も自分の人生の幸せをもう一度見つめてみませんか?

==========

【関連記事】
女優・加藤貴子さんの42歳からの不妊治療~出産インタビュー!
【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第一回>
https://wome.jp/articles/2096

いばらの道になるかもしれない40歳からの妊活。始める前に考えて感じて欲しいこと
40代妊娠希望「妊活の前に」考えて感じて欲しいこと【幸せな妊活のススメ#1】
https://wome.jp/articles/2060

不妊治療の果てに子どものいない人生を考える。キャリアカウンセラー 朝生容子さんインタビュー
【#FocusOn】『子どものいない人生を考える会』主宰・朝生容子さんインタビュー<第一回>
https://wome.jp/articles/2101



船曳美也子さん
日本生殖医学会生殖医療専門医、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医。1983年神戸大学文学部心理学科を卒業後、医師を志し、1991年兵庫医科大学医学部を卒業。兵庫医科大学病院、西宮市立中央病院、パルモア病院を経て、医療法人オーク会にて不妊治療を専門に診療にあたっている。自らも体外受精を行い、43歳で初めての妊娠、出産という経験を持つ。著書に、「婚活」「妊活」など女性の人生の描き方を提案する「女性の人生ゲームで勝つ方法」(主婦の友社)、女性の身体について正しい知識を知ってもらえるよう執筆した「あなたも知らない女のカラダ―希望を叶える性の話」(講談社)がある。2014年、健康な女性の凍結卵子による妊娠に成功。出産に至ったのは国内初とされる。(出産は2015年)

あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話

¥ 1,296

自分のカラダ、わかっていますか? 生理はなぜ起こるのか? 出産の適齢期とは?基礎体温の正しいよみ方を知っていますか?女性は“産む”性なのか? 基礎知識から最新医療まであなたらしく生きるための「性」の話。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


【#FocusOn】子育てはホームステイのホストマザー気分で!『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】子育てはホームステイのホストマザー気分で!『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<最終回>

ご自身の妊娠・出産の経験から「誕生学」を確立、普及させてきた大葉ナナコさん。5人のお子さんを育てた経験と、多くの女性を支えてきた立場から、親の役割、そして子育てしながら自己実現をするための秘訣を教えてもらいました。著書である『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基にしたインタビュー、最終回です。


【#FocusOn】“ゆるむ”ことは“ゆるす”こと『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】“ゆるむ”ことは“ゆるす”こと『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<第二回>

幸せの秘訣「ゆるむ」ためには、自分と向き合って自分を「ゆるす」ことが大切です。第二回のインタビューではそのためのコツをお話いただきました。数多くの妊娠、出産に関する本を出版され、妊娠前、妊娠中、産後の多くの女性を支えてきた大葉ナナコさんに、著書である『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基にお話を伺いました。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

【40代からの生き方】40代にもなれば「周りの目なんて気にしない。私は私」と自分軸を持って自立して生きたいですよね。ですがなかなか難しいのも事実です。いったいどうすれば自立して自信を持って生きられるのでしょうか? アメリカからお届けします。


結婚適齢期って何歳? アラフォーで結婚できる女性のタイプとは【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #40】

結婚適齢期って何歳? アラフォーで結婚できる女性のタイプとは【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #40】

【専門家が解説・婚活はアラフォーが適齢期?】結婚の適齢期は何歳でしょうか。20代?30代?いえいえ、アラフォーでも適齢期の女性がいます。そんな女性のタイプとは?


宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

【東條知美の大人の絵本シリーズ】人との別れはいつも寂しいものですよね。そんな時、この絵本を読むと心がほっこりあったかくなるかもしれません。大人に読んで欲しい絵本の紹介です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター