傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


ドライバーの酷い態度に落ち込む私にアメリカ人の友人がかけてくれた言葉

先日Uber(アメリカではタクシーと同じくらい一般的です)に子どもと乗ったら、ドライバーがかつてないほど対応が悪くて閉口しました。渋滞にイラついていたのかもしれないし、子どもがニガテなのかもしれないし、アジア人が好きではないのかもしれません。理由はわかりません。ずっと続く暴言に途中で降りようかと何度も考えましたが、アメリカは日本と違い、ハイウェイが続きます。

冬の寒い日、治安の悪いところで子どもと2人降ろされたりするのもイヤなので、受け流す、聞き流すことで乗り切ると決めました。ただ何より悲しかったのは、子どもも暴言を理解できてしまうこと。タクシーを降りてから、改めてとても悲しくなりました。 日本にいてもアメリカにいても、人と人とが交流すると「何か」が起こります。摩擦や誤解や衝突、めんどくさい付き合いやできれば避けたいことなど…。私たちは交流しなければ傷つきませんが、人とまったく交流せずに暮らすことはほぼ不可能です。アメリカには、さまざまな人種、宗教、考え方の人が暮らしています。

「言葉の壁」と言われますが、アメリカで暮らして感じるのは言葉の壁ではなく「習慣の壁」です。言葉は勉強し続けたらいつか乗り越えられる日がくるかもしれませんが、積み重なった価値観における「習慣の壁」。それは時に面白くもあり、勉強にもなるのですが、薄くて頑丈であり、そう簡単に乗り越えられるものではないように思います。

あまりに悲しい出来事だったので、アメリカ人の友人に「あなたならどうする?」と聞いてみました。彼女は教員をしている1歳の女の子のママ。「あなたはどういう権利があってそういうことを言うの!? と言うかもね」と言った後、彼女は「私はあなたの戦いを誇りに思うわ」と言いました。

「戦っていないわよ」と私が言うと、「大切なもののために怒っていいのよ。でも、あなたは大切なもののために怒らなかった。それもいいのよ。戦い方はたくさんあるのよ。戦う相手はドライバーじゃないわ。戦う相手はいつも自分でしょ」と。「あなたのことは小さなことではないけど」と、前置きをしたうえで彼女は「小さなことで傷つかない自分でいることって大切よね」と言い、「数少ないあなたを傷つけようとする人のために、あなたが傷つかないでね。神様がいるわ」と言いました。

神様というところがクリスチャンの多いアメリカ人らしい発想だと感じますが、私たちは心ない非難にさらされるとつい、それがすべてのような気がしてしまいます。時に必要以上に落ち込んでしまうこともありますよね。ですが自分を非難する人以上に、自分を大切に思ってくれる人がいることを忘れずにいたいと、彼女の言葉で思いました。最後に彼女はこう言ってくれました。「You are brave.(あなたは勇敢よ)」 「自分がどうしたいか、どうすべきか、それを考えて行動できたあなたは勇敢よ」彼女が言ってくれたように私が勇敢なのかはなんとも言えませんが、「勇敢」という言葉で、ふとタイ人の友人と話したことを思い出しました。

いつも心に“小さな勇敢な私”を

彼女はアメリカでアジアンレストランを経営する経営者で、年に数回、香港やプーケットなど世界中を飛び回る、小学1年生の男の子のママです。彼女は面白いことを言いました。「私の友人は語学が堪能でネイティブスピーカー並みに話せるんだけど、アメリカ人の友達とか、ひとりもいないのよ」と。「なぜ?」と驚いて私が尋ねると、彼女は笑いながら「難しい英文読めたから、ネイティブスピーカー並みに話せたからって友達ができる? いくら話せても話しかけなきゃ友達なんてできないわよ」と。「人付き合いが上手な人は、笑顔で“Hi!”って言える人よね。ひとりぼっちの人がいたとき、あなたも輪に入らない? って自分から誘える人。自分から声をかけられる、自分から行動できる人。チャンスを待ってる人じゃない。つまり“勇敢”な人ね」と。

日本人の私たちには「察する文化」があります。それはとても素晴らしい習慣で、20代の頃からずっとVIP接遇に従事してきた私は、その大切さを身に染みて知っています。企業研修や講演でもその大切さについて、何度も何度も話しています。 ただ時々、空気を読みすぎるあまり、「日本人特有の同調圧力」を感じる時があります。

同調圧力は、少数意見を持つ人に対して暗黙のうちに多数の意見に合わせるよう強いることを指しますが、そんな同調圧力に負けて、自分の意見が言い出せなかったり、まあいいかと我慢してしまったりするんですね。そして時にその圧力は、大きな異常な圧力となって、誰かを身動きできなくさせてしまうこともあります。おそらく私たちは、人と交わらず何もしなければ傷つかずに済みます。

ですが、傷つくことを恐れて、行動できなくなったり、同調圧力に負けてしまったりしていいのでしょうか? それを本当の自分だと、胸を張って言えるのでしょうか? 小さな殻を破ることは、いつも勇気がいることです。「勇敢でいる」ということは、スーパーヒーローが地球を救うような大きなことではなく、“小さな勇敢な私”をいつも忘れないで持っておくことです。シャイだから、人見知りだから、そんな状況ではないから・・・。言い訳はいくらでも作れてしまいます。ですが、「言い訳をしない」「自分から声をかける」「いつでも勇敢な私でいる」 そんなことを心に誓いながら、私は今日もアメリカで暮らしています。

リサ・コミュニケーションズ代表 大網理紗

大網 理紗

リサ・コミュニケーションズ代表
世界の王室・皇室・政府要人といったVIP接遇業務に従事した後、全国アナウンスコンクール優秀賞、国際優秀賞受賞などの経歴を活かし、話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。
独自のメソッドを開発しコミュニケーションスペシャリストの育成を行なう。大学、教育委員会、企業等で数多く講演。また、宮内庁・王室主催の舞踏会などで社交界の経験を積む。

著書
『人生を変えるエレガントな話し方(講談社刊)』
『大人らしさって何だろう。(文響社刊)』



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。国際基準マナー講師。

関連するキーワード


大網理紗 自分軸

関連する投稿


今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

あなたが何かを言ったり行動したりする時に“周囲の視線”を気にしてはいませんか?私たちはついつい周りにどう思われるか、ということを基準にした言動をしがちです。ですが、“それは本当のあなた”なのでしょうか?アトランタ在住の国際基準マナー講師の大網理紗さんはもっと自由に身軽に解放的に、周囲の視線を気にせず生きてもいいのではないか、と言います。今年の夏のテーマは“ワガママ宣言”。そんな自分になってみませんか?


小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

私たちは朝起きてから夜眠るまで、小さな選択を繰り返します。着ていく服は? メイクの色は? 朝ご飯は? 何の仕事から取り掛かる? ランチは? 誰とのアポを優先する? …小さな選択すべてが一日をつくり、自分自身を創り上げます。ですが、その“小さな選択”に私たちは敏感でしょうか? 選択にきちんと向き合っているでしょうか? 国際基準マナー講師の大網理紗さんがアトランタから発信するエッセイ第8回目です。


小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第4回目はアメリカは小さな子どもにも自分の意見を求め“I(私は)”発信をする国である、というお話です。


アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第3回目はアメリカのイクメンパパ事情について。アメリカのパパたちはとってもコミュニケーション上手のようです。


アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アトランタ在住、国際基準マナー講師の大網理紗さん。日本を行き来しながらお仕事を続けている大網理紗さんに、アメリカの暮らしの中で感じたこと、アメリカに住む女性の考え方や暮らしぶりについてエッセイを連載していただきます。今回はその1回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピスト”という職業をご存知でしょうか? お湯を使って大腸を刺激し大腸を洗浄する“コロンハイドロセラピー”を行う資格を持った人のことです。日本では医療行為となっているので病院でしかうけることができないコロンハイドロセラピーですが、具体的にどんなことをするのか教えていただきました。


「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

クリストフ・ルメール率いるパリR&Dセンター(リサーチ&ディベロップメントセンター)のデザイナーチームが手がける「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」の2019年秋冬の新作が登場しました。


付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

人生の酸いも甘いも噛分けてきたアラフォー女性なら付き合ったらセックスするもの、と思っている人が多いのではないでしょうか。今回は優し彼と付き合いはじめてキスやスキンシップはあるけど、その先に進まないというお悩みです。心理カウンセラー鹿屋由佳さんのカウンセリングに癒されてください。


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google