セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


お互いを気にして言えないセックスレスの不満

一度セックスから遠ざかると、ふたたび抱き合う機会を見つけるのが難しい、と感じる妻は多いかもしれません。夫婦であっても、セックスはやはりデリケートなもの。交際していた頃なら何とか誘えたけれど、夫婦となった今は距離が安定しているので積極的にアピールできない、ということもあります。

「私からお願いするなんて、性欲が強いと思われたら恥ずかしい」「ガツガツしているように見られるのがイヤ」など、こちらから誘うことは抵抗があり、夫がその気になってくれたらな、と思いますよね。

一方で、夫のほうも「期間が空いてしまうと声をかけづらい」と感じていることがあります。夫婦となってからは何となく「流れ」で抱き合えていたけど、しばらく間が空くと改めて誘うのが恥ずかしいと思うのは夫側も同じです。特に男性の場合はプライドが傷つくのが嫌なので、「誘っても断られたらどうしよう」と思うと手が出せません。

お互いに、セックスがなくても何とも思わないような様子を装ってしまいますが、それが不安を誘います。「抱き合いたいと思っているのは自分だけかも」と思うのが、セックスレスを加速させる原因にもなるのです。

平気な顔をしていても、実はまたセックスをふたりで楽しみたいと思っている。ただ、どうやってその流れを作れば良いかわからない。こんな風に夫も感じているかもしれません。

では、ふたたび自然に抱き合うようになるには、何から始めれば良いのでしょうか。


この記事もおすすめ:ずっとセックスしてない!淋しい我慢できない!だったら浮気してもいい?【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#12】

小さなスキンシップで「照れ」を解消する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お互いに手を伸ばせないのは、「照れ」があって恥ずかしいと思うことが原因です。いきなり「今夜、どう?」なんてストレートに言えないし、だからといって何かメッセージを送るのも気持ち悪いと思われそうで怖い……。

いきなりセックスを匂わせるような行動より、まずはスキンシップを重ねていくことでお互いの「照れ」を解消できます。遠回しに触れたい気持ちを伝えれば、お互いに受け止めやすくなり、その気になっていることを確認しやすくなります。

ふたりが怖いのは、「ガツガツしている」と自分の性欲を否定的に思われること。「セックスがなくて不満」な自分を知られることで、馬鹿にされたり敬遠されたりするのが嫌で手が出せなくなってしまっています。

なので、まずは小さなスキンシップで触れ合うことの喜びを思い出すのが有効です。

【照れを解消するスキンシップ 1】ふたりきりの時間を盛り上げる

たとえば、子どもが寝た後で夫の好きなお酒を出し、ふたりでゆっくり楽しむ。おつまみを出してみたり映画を流したり、ふたりきりで過ごす時間を少し盛り上げてみると、リラックスして楽しめます。

心が安らぐと、触れたい気持ちが湧き上がるもの。「最近、疲れてるでしょ。肩でも揉もうか?」と簡単なマッサージをするのもおすすめです。こちらから体に触れることで、夫からも手を伸ばしやすい状況を作りましょう。

【照れを解消するスキンシップ 2】一緒にお風呂に入る

夫婦になっても、夫が男であることには変わりません。一緒にお風呂に入り、裸を見せることで視覚から興奮させるのも一つの方法です。

「お風呂なんて、もう何年も一緒に入っていない」夫婦の場合、いきなり「私も入る」と言うとわざとらしく感じられそうで怖いですが、「今日は最後にお風呂掃除をしたいから、手伝って」など“理由”があると不自然になりません。

一緒に入ったら、夫の背中を流してあげたり逆に洗ってもらったり、体に触れる時間を作ってくださいね。

【照れを解消するスキンシップ 3】ふたりきりのデートで腕を組む

家の中だとどうしても触れるのが恥ずかしいときは、外でデートを楽しんでみましょう。ランチをふたりで食べに行ったり買い物に出たり、短い時間でもふたりきりの外出は恋人同士だった頃の気持ちを味わえるのでおすすめです。

歩きながらさり気なく腕を組んでみる、くっついてみるなど、距離を縮めるスキンシップは夫もドキッとするものです。家の中では、子どもの目を意識してしまって気軽に触れないこともありますが、外なら気にせず過ごせますよね。

付き合っていた頃のふたりを思い出すことで夫の愛情を刺激するきっかけになるかもしれません。

自分だけの考えでセックスレスを乗り越えようとすると、片方がその気になれなかった場合、余計に気まずい思いをすることがあります。

幸せな気持ちで抱き合うには、ふたりの気持ちが揃っていることが大切です。セックスからは遠い小さなスキンシップを重ねることで、少しずつお互いの「その気」を増やしていくことがスムーズにベッドまでたどり着くコツです。

「自分だけだったらどうしよう」と不安にならず、まずは愛情を伝えるスキンシップで夫の気持ちをくすぐってみてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


“性欲がない”と決めつけないで! ○○○○スイッチを探せば世界が変わる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

“性欲がない”と決めつけないで! ○○○○スイッチを探せば世界が変わる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

年齢を重ねるうちに性欲がなくなった、と感じている女性も多いのではないでしょうか。ですが、実はそんなことはないのかもしれません。忙しい日々の生活の中で無意識のうちにセクシースイッチをオフにしちゃっているのかも…そんなオフスイッチをオンにする方法を夫婦仲相談所所長 三松真由美さんが教えてくれます。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第三回>

あなたは自分のカラダについて正しい知識をもっていると思いますか? 『あなたも知らない女のカラダ』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さんは不妊治療専門クリニックの先生でもあります。インタビュー最終回は船曳さんが思う子どもを持つということ、パートナーとの関係についてお話を伺いました。


膀胱炎の予防法を知ってもう繰り返さない【更年期は人生が輝くチャンス #40】

膀胱炎の予防法を知ってもう繰り返さない【更年期は人生が輝くチャンス #40】

【膀胱炎の予防法は? 再発して繰り返さないためには?】アラフォー世代から増え始める悩み、それは「膀胱炎」。ほとんどの女性が一生のうちに一度や二度は経験するといわれています。排尿トラブルは、肉体的にも精神的にもダメージを受けます。そこで今回は、膀胱炎にならないために、また膀胱炎を繰り返さないための対策ケア方法をご紹介します。


“性欲がない”と決めつけないで! ○○○○スイッチを探せば世界が変わる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

“性欲がない”と決めつけないで! ○○○○スイッチを探せば世界が変わる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

年齢を重ねるうちに性欲がなくなった、と感じている女性も多いのではないでしょうか。ですが、実はそんなことはないのかもしれません。忙しい日々の生活の中で無意識のうちにセクシースイッチをオフにしちゃっているのかも…そんなオフスイッチをオンにする方法を夫婦仲相談所所長 三松真由美さんが教えてくれます。


やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第五回目はやさしい気持ちになりたい夜に読みたい心がじんわりあたたまる絵本です。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター