自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


【お悩み】自己中でオレ様な夫。気を遣うのが嫌になりました

夫は常に自分が中心にいなければ嫌なタイプ。友人夫婦が集まるホームパーティでも自分が会話の中心にいないと不機嫌になります。私が一生懸命フォローして場を盛り上げて、夫を中心にしなくてはなりません。家の中でも子どもたちより自分を優先してくれないと怒ります。ほとほと疲れました。どうしたらいいのでしょうか。(Wさん・43歳)

人生最初の集団生活は幼稚園

Getty logo

結婚生活は集団生活の最小単位。

パートナーは結婚して入籍する、いちばん身近な他人です。長い間別々に過ごしてきて生まれも育ちも違う二人が、ひとつ屋根の下で、共同生活を送るというのは、改めて考えてみると、すごいことですよね。

人生最初の集団生活は、幼稚園(保育園)です。家にいるときは、ママやパパの庇護のもと、多少のわがままも聞いてくれたかもしれませんが、入園したら、自分勝手は許されません。昼食は、お友達全員のお支度が揃うまで待っていなければなりません。そして全員で「いただきます」のご挨拶をします。

幼稚園→小学校→中学校→高校→大学→会社→結婚

私たちは生きている間、基本的にはずっと集団の中で生活し、他人と関わりながら暮らしていきます。

シェアハウスでも、細かいルールに従って生活していますよね。

人が2人以上集まる共同生活は、規則やガイドラインが必要で、最低限の気遣いとマナーも大切です。そのことに、ご主人がもう少し気づいて配慮してくれたら嬉しいですよね。

なぜ「自己中」や「オレ様」になってしまうのか

自分勝手な人。
マイペースな人。
わがままな人。
好き勝手に行動する人。

世界は自分中心に回っているかのような感覚で、自分中心に考える人、いますよね。
思い通りにならないと、不機嫌になったり、怒ったり。
そんな人とつきあうのは振り回されてたいへんです。

どうして、自己中心的になってしまうのか、その心理を探ってみました。

「自己中」というのは、自分の考えややり方が正しいと信じて主張すること。
Wさんのご主人に当てはまるとは限りませんが、そのやり方で、今まで過ごしてきて、許されてきたのでしょう。「主張すれば思い通りになる」と、ご主人の中で成功体験としてインプットされてしまったのです。

また、生育歴のなかで、親や周囲が「自分を認めてくれなかった」という経験があるために、自己肯定感が低いのかもしれません。

会話の中心にいたいというのは、「もっと僕を見て」と主人公になりたがっている証拠。自分の存在を認めてもらうことで、優越感を感じたり心地いいと感じるのでしょう。

必要以上に気を使う必要はない

Wさんは、「夫に気を使うのがほとほと疲れた」と嘆いていますが、常にパートナーの顔色を伺って過ごしているのだとしたら、疲れるのも無理はありません。

「夫は常に自分が中心にいなければ嫌なタイプ」とあります。自分にスポットライトがあたっていないとご機嫌斜めになるのですね。
でも、だからといって妻のWさんが、必要以上に夫を立てなくてもいいのではないでしょうか。

たとえば「友人夫婦たちとの集まりでも自分が会話の中心にいないと不機嫌になる」と仰っていますが、中には、そんなご主人の言動を面白がっている人もいるかもしれませんよ。

考え方、価値観、性格は人それぞれ。いいか悪いかは、周囲の人が判断します。Wさんが疲れるほど気を使うことはありません。
それでも夫の態度が気になって仕方がないのなら、「ごめんなさいね、夫ばかり目立っちゃって~」とユーモア交えながらさり気なくフォローすれば大丈夫。

また「家の中でも子どもたちより自分を優先してくれないと怒ります」という場面では、そんな子どもっぽさも、大して悪影響がないのであれば、夫を立ててあげてもいいのではないでしょうか。

子どもたちは、両親の姿を見ています。わがままな父親を立てている母親を尊敬し、いずれ子どもから父親に進言するときがくるかもしれません。

夫に振り回されずに毅然と

夫婦になると、配偶者の言動は、自分の責任だと捉えがちなのですが、そんなことはありません。Wさんに責任はありませんから気を使いすぎる必要はないのです。

必要以上に相手に合わせたり、顔色伺いをすると、ご主人がそれは許されることだと勘違いして、さらに助長させてしまう可能性があります。

行き過ぎた「自己中心的な態度」を自覚してもらうためにも、ご主人自身が自分の言動を振り返ることが必要です。

そのためには、Wさん自身がご主人の言動に振り回されないことです。

私が相談者さんに、よく話していることは、「相手を変えようとしている間は、期待通りの答えは返ってこない」ということです。

イヤダイヤダと思い込むとさらにその思いが膨らんでいきます。Wさんは、自然体で接していれば大丈夫。我慢せずに毅然とした態度を貫いてほしいと思います。

自分でできる範囲を定めて、無理なく接することでイライラも半減しますよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳

==========

【関連記事】
自己中心的な夫は妻の意見に耳を貸さない人も多い!
私の言うことにことごとく反対する夫。どうしたら私の意見を認めてくれるでしょうか?【夫婦問題お悩み相談室 #7】
https://wome.jp/articles/1691

自己中心的? もしかしたらそれ、大人の発達障害かもしれません
うちの夫もしかして “発達障害”?と思った時は… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #72】
https://wome.jp/articles/1873

言葉の暴力はモラハラです。関係を改善するにはどうしたらいいか?
もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】
https://wome.jp/articles/2257

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳

https://wome.jp/users/129

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

梅雨の季節、朝起きて雨が降っているとつい憂鬱な気分になってしまいますよね。ですが!夫婦仲相談所所長 三松真由美先生は違います。「雨は好き。雨だとわくわくする」と仰るのです!その理由を聞いて納得。雨の日は“濡れる日”、濡れを意識すれば膣は劣化しないのであります。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

福田和子さん、山本和奈さんに注目!「女性活躍」が国の政策として掲げられ、働く女性は増加し、男性が育児休業を取ろうという動きがどんどん活発になっている日本。ですが、世界から見れば、ジェンダーギャップ指数が110位など、まだまだ遅れているのが現状です。そんな中ふたりの日本人女性が、世界最大級のジェンダー平等や女性の健康と権利に関する国際会議「ウーマン・デリバー(Women Deliver)2019」に参加しました。そこで得た最も新しい世界の情報や報告も交えつつ、女性のエンパワーメントやセクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関して議論する院内集会が開催されたので取材してきました。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター