夫婦喧嘩 仲直りする時やってはいけないこととは?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #96】 | 大人のワタシを楽しむメディア
夫婦喧嘩 仲直りする時やってはいけないこととは?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #96】

夫婦喧嘩 仲直りする時やってはいけないこととは?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #96】

夫婦喧嘩の仲直り方法が知りたい! 結婚生活を続けていれば、夫とケンカすることもありますよね。仲直りする時はお互いの気持ちを伝え合うのが大切なことですが、素直になれず余計なことを言ってしまうと、せっかく穏やかになりかけた夫の心も冷めてしまいます。元のような愛情あふれる夫婦に戻りたい時に、やってはいけないNGな態度について、ご紹介します。


仲直りするとき、やってはいけないこと

たとえば、食事の後のお皿洗いは夫がすることになっているのに、してくれなかった。放置したままでソファに座ろうとする夫に「お皿は?」と訊いたら「うるさいな。気になるならそっちがやれよ」と返されて口喧嘩になってしまう。些細なことでも、カッとなるとついケンカまで発展するのを止められません。

それでも、話し合えば何とか仲直りはできます。この時に気をつけたいのは「言わなくてもいい言葉を口にしてしまう」こと。悔しまぎれであっても、嫌味のような言い方は収まりかけていた夫の怒りをふたたび燃やすことになり、決して良い終わりにはなりません。

夫が悪かったとしても、謝ってくれたり反省してくれたりしたなら、それをきちんと受け止めることが肝心です。逆の場合に、自分が非を認めているのに蒸し返されたりしたら嫌な思いをしますよね。小さなつまずきでも、仲直りするときはお互いの気持ちを拒否しないことでしこりを残さずに生活を続けていくことができます。

そのためにも、言いたいことはしっかり伝える、夫の言い分を聞く耳を持つ姿勢が重要です。どちらかが我慢して終わるような衝突ではなく、その後も繰り返さない解決法を得ることが大切です。

その“良い解決”を妨げるのが、「言わなくてもいい言葉を口にする」態度です。夫の気持ちが離れていくような言葉は絶対にNGです。では具体的に、どんな態度が良くないのでしょうか。

夫婦喧嘩の仲直り NGな態度(1)謝罪を受け入れない

お皿を洗わずに放置しようとしていた夫が、「悪かったよ、お風呂に入るまでには洗うから少し休ませて」と謝ってくれたとき。「うん、お願いね」で終われば良いのに、「さっさとしてよね」とか「こっちがやれとか失礼だよね」とか、追い打ちをかけるようなことを言っていませんか?

夫自身も、自分の分担である家事をやらないことを良いとは思っていません。後で手をつけようと思っていたら妻につっこまれてしまい、それでカチンときただけ、というのはほかの場面でもよくあることです。

謝るのは、悪いと思っているからです。ですが、妻が気に入らないのは「そっちがやれよ」とこちらに放り投げられたことです。だから洗わないことを謝罪されても気が晴れず、つい嫌みを“追加”して溜飲を下げようとします。

「悪かった」と言ったのに「さっさとしてよね」と返されてしまったら、夫のプライドが傷つきます。非を認めたのに受け入れてもらえないのは理不尽だと感じ、そんな態度をとる妻への信頼が揺らぐことになります。

夫が謝ったのなら、「わかった」で済ませる妻の寛容さが「次からは後でやるってすぐに言おう」という気持ちを育てます。まずは夫が謝罪する姿を拒否しない姿勢が絶対に不可欠です。

夫婦喧嘩の仲直り NGな態度(2)過去のケンカを持ち出す

Getty logo

ケンカの最中に、「この間もそう言って結局私がやったじゃない!」と言いたくなるときもありますよね。同じことを繰り返されるのはストレスだし、反省していない夫に余計に怒りを覚えてしまいます。

ですが、昔のことを持ち出すのはNGです。過去の「失敗」を口にされると反発する思いが強くなり、「だったらもうお前の分担にしろよ」など引っ込みのつかなくなった夫がヤケを起こすことがあります。

こうならないためには、まずケンカはその都度納得いくまで話し合うことが大切です。「じゃあ、今日は私がするから次からお願いね」としてしまうと、夫によっては「俺がやらなくてもどうせ妻が折れる」と甘えに繋がることもあります。「やらないなら次の食事は作らない」など、遂行しないと困るようなルールを作るのも、夫の怠惰を防ぐには有効なときがあります。

同じことを繰り返すのは、「何とかなる」と夫が思ってしまうからです。過去のケンカを持ち出すのは、実は解決できていないことと思いましょう。

夫婦喧嘩の仲直り NGな態度(3)身内を巻き込む発言をする

たとえば、「やってられないから、あなたのお母さんに相談しようかな」「これでいいのか母に訊いてみる」など、身内を登場させるのはもっとも夫が嫌がることです。

もちろん、やるべき家事を放置する夫が悪いのですが、それでも夫婦の問題はまずふたりで解決するべき。周りの人間を巻き込もうとする姿は無責任に感じられ、また余計に追い詰められて嫌な感情しか湧きません。

夫婦間のことを身内に知られたくないのは、干渉されたりネガティブな自分を把握されたりするのが嫌だから。「夫なのに」「ちゃんとしなさい」と責められたらプライドが傷つきます。

身内を持ち出せば慌てるだろうと妻は思っても、夫が抱くのは嫌悪感です。謝罪する気持ちも失せ、愛情も薄れる一方なので、むやみに口にするのはタブーだと心得ましょう。

第三者に相談するのは、本当に困っていて夫婦だけでは解決ができそうにないときだけ。まずは夫婦でしっかり向き合う姿勢を忘れず、ふたりで変えていく気持ちで話し合いたいですね。

ケンカはストレスですが、不満を解消するチャンスでもあります。繰り返さないやり方を探し、お互いに納得できる道を得ることが最善であることを覚えていてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり

==========

【関連記事】
心からの笑顔で仲直りするコツ教えます
夫婦ゲンカはもうイヤ! 笑顔で仲直りできる裏技 5選
https://wome.jp/articles/910

ケンカをしていてもいなくても、夫に絶対に言ってはいけないNGワード
それは禁句! 夫の逆鱗に触れてしまうNGな言葉
https://wome.jp/articles/940

ケンカをしたくないからって無言や無視でやり過ごすことが一番よくありません! ではどうすれば?
夫婦喧嘩はしない方がいい? 無言や無視でやり過ごさない方法
https://wome.jp/articles/1059



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯住宅に両親と同居している夫婦の夜の営み事情。自分の親であれ夫の両親であれ、いるとなかなかリラックスして抱き合えないという話はよく耳にします。気を使うことに疲れてセックスレスになる可能性もあり、二世帯住宅でのセックスは難しい⁉ 実際問題どんな感じなのか、実例を元にお話しします。


自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

子どもが産まれても、自分のやりたいように物事を進めてしまう夫。お出かけのときも自分だけ準備ができたら「まだ?」と訊いてくる姿にイライラ……。マイペースな夫に協調性を持ってもらうには、具体的にお願いして動いてもらうこと、それを認めることで、意識を広げてもらいましょう。「助かる」は夫の心を動かすキーワードです。


子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもの相手をしていると、「俺もほめて!」と構ってアピールをしてくる夫。いやいや、どうがんばっても子どものほうが可愛いんですけど……。こんな夫は、家庭の中での存在感を認めてあげるとおとなしくなります。さらにもう一歩進んで、みずから家事や家事をやりたくなる「イクメン」に育ててしまいましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google