エイジングだけじゃない!ほうれい線ができる意外な生活習慣とは? | 大人のワタシを楽しむメディア
エイジングだけじゃない!ほうれい線ができる意外な生活習慣とは?

エイジングだけじゃない!ほうれい線ができる意外な生活習慣とは?

気付いたら出来てしまっているほうれい線…。たるみや乾燥以外にも、ある生活習慣によってほうれい線を出来やすくしてしまっている場合があります。生活習慣が原因のほうれい線は、意識を少し変えるだけで予防することが出来ますよ。さっそくチェックしていきましょう!


ほうれい線の意外な原因その1 猫背

ほうれい線と猫背、一見関係なさそうですが、両肩あたりの筋肉と顔の筋肉はつながっているため、姿勢が悪ければ悪いほどほうれい線を作ってしまう原因に…。

背中が猫背になっていると、真正面をみるよりも顔が下向きになりがちですよね。
そうすると、顔の筋肉も徐々に下に下がってきてしまい、口元で止まってしまいます。
そこに溜まったものがほうれい線となって刻まれてしまうのです。

逆に、猫背にならないように背筋を伸ばし、姿勢をよくすることを心がけていれば、ほうれい線を予防することが可能ですよ。
猫背をなおすということは、美姿勢を手に入れること以外にほうれい線対策としても有効なのですね。

ほうれい線の意外な原因その2 噛み癖

利き手、利き足があるように、噛み癖も人により左右で異なります。

これは、無意識に行っているものですが、左右の歯の噛み具合が偏っていると、片側のほうれい線が目立ってきてしまう原因につながってしまうのです。要は、片側の筋肉は使っているのに、反対側の筋肉は使われていないということなのですね。

意識して噛んでみると、どちら側でよく噛んでいるのかわかりますので、意識して反対側で噛む癖をつけ、バランスを整えるようにしましょう。

いきなり注意するのは難しいかもしれませんが、日々の積み重ねがほうれい線に影響してくると考えれば、より「意識しよう!」と思えますよね。

基本的に、よく噛む側の筋肉の方が鍛えられているので、ほうれい線の深さは浅いはず。

鏡で自分の口元を確認し、ほうれい線がくっきり表れている側で噛むよう意識して、バランスよく噛むようにするのもオススメですよ。

ほうれい線の意外な原因その3 喫煙

老化の原因の1つに活性酸素というものがあります。

活性酸素は、肌の奥にあるコラーゲンやエラスチンを傷つけて、肌の弾力を低下させたり、シミが出来やすい肌にしてしまうのですが、喫煙によってその活性酸素が体内にたくさん発生するようになってしまいます。

また、喫煙をするとコラーゲンを生成するのに必要なビタミンCをも失われていってしまいます。喫煙は、健康にも美容にも害を与えるもの。なるべく早い段階でやめることが理想です。

かといって、急に禁煙をはじめてストレスをためてしまい、また逆戻り…なんてこともありますので、まずは1日の吸う本数を減らすことからはじめていくのが良さそうです。

タバコは、百害あって一利なし。
ほうれい線のためにも、タバコ以外の嗜好品を探してみましょう。

ほうれい線の意外な原因その4 横向き・うつ伏せ寝

横向きやうつ伏せで寝ているという場合も、ほうれい線が出来やすくなってしまいます。

それはなぜか…。

横向きで寝る場合、頭の傾きによって下側になっている顔に大きな負荷がかかってしまうのです。
人間の睡眠時間は平均7~8時間。その間中、ずっと顔に負荷がかかっている状態でいるということになります。そして、顔に負荷がかかってしまうと、骨格が歪んでしまい、それによって片側にだけほうれい線が出来てしまうのです。
ほうれい線対策には、出来るだけ仰向けで寝るよう心がけるようにしましょう。

また、横向きが心地良い、仰向けだと首から肩が痛くなるなど、仰向けの状態で安眠出来ない場合は、枕が高いという可能性があります。自分に合った枕を準備するようにしましょう。

少し気を付けるだけ!小さな積み重ねが大きな効果に!

生活習慣によっても、ほうれい線が出来やすくなっているだなんて驚きですよね。

毎日、常にこれらを注意しながら生活するのは難しいとは思いますが、ふと思い出したときだけでも気を付けるようにしてみてください。そのためにも、まずは自分の生活習慣を見直すところから始めてみませんか?

小さな積み重ねが大きな効果に繋がりますので、是非気にしてみてくださいね♪



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


ほうれい線 消す 生活習慣

関連する投稿


まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

30代までは化粧で隠せたほうれい線。40代に入ってしまうと更に深く根強くなっていき、化粧だけでは隠せないほどに。ほうれい線の解消・予防のために必要なのは、顔のたるみの解消、肌の保湿力アップ、肌にハリや弾力を与える など。ほうれい線にしっかりアプローチ出来る化粧品を使って、いつまでも若々しい肌を保っていきましょう。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

40代のスキンケアのお悩みを専門家が解決!ブルドックフェイスやほうれい線が気になっている40代女性へ、スキンケアアドバイザー松瀬詩保さんが線撃退法を教えます。


【エモまと】一日の始まり! 元気を出したいあなたへ

【エモまと】一日の始まり! 元気を出したいあなたへ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

日本女性の平均的な閉経年齢と言われている50歳に向けて、40代半ばあたりから体調の変化を少しずつ感じ始める女性が多いようです。生理不順、イライラ、ホットフラッシュなど、更年期障害には心と身体に影響を与える様々な症状があります。いざという時にその症状に悩むことのないよう、今からしっかりと更年期の症状を知っておきましょう。


肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

おふくろの味としてみんなが大好きな肉じゃが。少し残ってしまったときに使える、簡単便利な変身レシピを2品お届けします。


いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

今、高視聴率のドラマが話題になっても、「いやいや、あの頃のドラマの衝撃に比べたら…」と感じているアラフォーは多いはず! 今回はタイプの違うなつかしドラマ3選をピックアップ。いろいろな意味でハラハラドキドキした作品たちです!


「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

化粧品でもすっかりおなじみの言葉になった「ヒアルロン酸」。保湿力に関係あるものだとは思うけれど、いったいどんなもの? と思う人も多いのではないでしょうか。そこで、改めてヒアルロン酸を徹底分析。お肌の中でのヒアルロン酸の役割や、40代のお肌ではヒアルロン酸がどうなっているのかを調べてみました。


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google