家事分担のコツ 稼ぎをタテに家事をしない夫の攻略法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #97】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
家事分担のコツ 稼ぎをタテに家事をしない夫の攻略法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #97】

家事分担のコツ 稼ぎをタテに家事をしない夫の攻略法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #97】

家事分担について悩んでいる妻は多いと思います。妻が専業主婦であったりパート勤務であったり、またフルタイムで働いている場合でも、収入に差があることを持ち出して「俺のほうが稼いでいるんだし」と家事を放棄する夫。しかし、共同生活者なのですがから家事を分担するのは専業主婦であっても当然です。家事分担を嫌がり家事を放棄する夫には、「あなたのため」と意識を向けさせるのが効果的です。そこでどんなやり方が良いかご紹介します。


家事分担問題:“収入の低いほうが家事をするべき”は間違い

夫婦ともに外で仕事をしていれば、家事を妻ひとりで回すのは大変です。フルタイムで勤務しているのに、家に帰れば食事の支度に後片付けに洗濯物にと、すべてこなしていれば息をつく暇もありません。

それでも、「俺のほうが稼いでいるから」と収入の差を理由に家事をやらない夫。理不尽だと思っても、何を言い返しても「じゃあお前も俺と同じくらい稼げよ」と言われたら黙るしかない……という妻もいると思います。

「誰のおかげで生活ができていると思っているんだ」。

口にしなくても、夫がそう思っていることがわかるとまるで自分が“格下”に見られているような気持ちになりますよね。

ですが逆に「誰のおかげで仕事ができているのか」ともいえます。妻が作ったご飯を食べ、妻が洗濯した服を着て、妻が掃除した部屋でくつろげるから、夫は仕事を頑張れるのです。収入の差を持ち出す夫はこの視点が抜けています。

「家庭の中で自分は優遇されるべき」と無意識に思い込む夫は多く、確かに働いてくれることは感謝するべきですが、だからといって家事の負担をすべて妻に押し付けるのは筋が通りません。

仕事の有無や収入の違いに関係なく、夫婦とは本来、対等な関係のはずです。仕事が忙しくて家事に手が回らないなら、妻に「負担させてばかりでごめん」と夫はひとこと声をかけるべきですし、妻が疲れているときは「お風呂掃除を代わってくれたら助かる」と正直に夫に伝えるべきです。

「収入の低いほうが家事をするべき」は、夫だけに都合のいい言い訳でしかありません。今すぐにはどうしようもないことを持ち出されて悔しい思いをしている妻は、まずその夫の考えが間違えていることを改めて思い出してください。

【夫に家事を分担させる方法 1】小さなことでも褒める

Getty logo

とはいっても、そう口にしたところで夫の意識はすぐには変わりません。「自分が家の大黒柱だ」と自覚を持っているからこそ家事の放棄を当然とするのであって、それならそのプライドを利用して家事をさせるやり方を考えましょう。

まず、夫が何かしてくれたらすぐに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えます。洗濯物を入れただけで放置していても、「取り込んでくれたんだ、ありがとう」と言うことで、夫は自分の“家事”を認めてもらえたと思います。

褒められると、人間は次もそうされたいと思います。仕事で大変な思いをしている男性ならなおのこと、「認めてもらえる」ことは自信を育てる気持ちにつながり、自然と「またやろう」という気になれるのですね。

「それくらいのことでありがとうなんて」と思うかもしれませんが、何も言わなかったら夫は次に手を出すことはなくなります。無反応が一番味気なくつらいことであり、自分のしたことを見てもらえないのは、夫の反発心を養うだけです。

些細なことでも、きちんと認めてあげること。それは夫自身にも妻への感謝を思い出す機会になる、と思いましょう。

【夫に家事を分担させる方法 2】「あなたのため」の家事と思わせる

たとえば、お風呂掃除が大変だなと思うとき。夫に向かって「あなた、腰が痛いって言っていたから、腰痛に効きそうな入浴剤を買ってきたの。せっかくだからお風呂場を綺麗にしたいんだけど、大変だから手伝ってくれない?」と声をかけます。

「あなたのために」と言われると、夫は無視できません。妻が自分のために用意してくれたものがあると知れば、それを楽しむために動こうという気になれます。

同じように、「寝室をあなたが寝やすいように模様替えしたいんだけど、ベッドを動かしてくれる?」など、「あなたのため」と思わせることで夫は家事への抵抗をなくしていきます。実際はたいした模様替えはなくただ掃除しただけで終わっても(それが狙いであっても)、「手伝ってくれて助かったわ」と笑顔で言われれば、夫も悪い気はしないでしょう。

「自分のために考えてくれる」妻の姿は、夫のプライドを前向きに満たします。「俺を応援してくれている」「大事にしてくれている」、この実感が自然と家事をする自分を肯定し、妻への感謝にもつながるのですね。

実際にふたりで家事をやっていれば、「ふたりで進めるほうが効率的だな」と夫は気が付きます。分担することは自分にとってもプラスであり、そのほうが妻の機嫌も良く、健やかな暮らしができるとわかってもらうことで、家事は「手伝う」のではなく「協力してやる」ものだと理解します。

夫婦は対等な関係だからこそ、夫に知ってもらいたいのは「収入の差は家事に関係ない」ということです。夫を褒める、「あなたのため」と行動する姿を見せるのは決して卑屈になることではなく、お互いがストレスなく暮らすための方法なのだと、もう一度考えてみてください。

一方的な負担を妻が我慢する必要はありません。「あなたもやってよ!」と怒りを前面に出すと夫は反発しますが、そうではなく「これはあなたのため」と思わせることで、プライドをポジティブに刺激するやり方を工夫してみてくださいね。

【関連記事】
家事をしたらしたで中途半端…イラッとくる前に対処法を知っておけば安心です
家事分担 中途半端な夫にイライラ… 【夫婦問題お悩み相談室 #11】


「なんで私ばっかりやらなきゃいけないの!」ストレスが爆発する前に
もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】


家事でギクシャクするくらいなら、家事代行サービスを上手に取り入れてみたらどうでしょう?
家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり

https://wome.jp/users/88

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

【WOMe編集部おススメ!】家事分担のコツ 3選

家事分担のコツ(1)家事の中身と工程を理解してもらう

平日夜遅くまで仕事をして、休日は寝てばかり、なんていう夫だといったい妻がどんな家事をどのくらいしているか、ということがわからないものです。家事と言えば、掃除・洗濯・食事作り、そんなもんでしょう。なんて真剣に思っている夫も多いと思います。ですが、実際には食事を作るという家事の中身は1、献立を考える 2、冷蔵庫の中身を確認 3、足りない食材や調味料を買いに行く 4、帰って来たら買ったものをしまう 5、食事作りをスタート 6、食事ができたらテーブルを整える 7、お皿に盛り付ける 8、子どもが小さければ食べさせる 9、食べ終わったら流しに下げる 10、食器をしまう。と、すべてが完了するまでに10もの工程があるのです。

ですが、夫はこれをまったく分かっていません。男性は女性のように察することができません。「見てればわかるでしょ」ということは通用しないのです。きちんとすべてをわかりやすく論理的に伝えなければ、妻がどれだけの家事量をこなしているのか、ということはわかりません。ですが、家事の大変さ、どれだけ何をしているか、ということを口頭で言っても頭には入りせん。そこで可視化することが大切なのです。

家事分担のコツ(2)伝える時は数字とグラフで可視化

妻が夫を“つかえない”と思っていても、夫は会社では仕事をきちんとこなしているはずです。つまり、伝え方さえ間違えなければ男性も家庭で“つかえる”夫になるはずなのです。そこで、ビジネスライクに紙に家事の頻度や内容を書きだし、整理し、夫が担っている分が全体の家事の何%なのか、グラフなどに可視化して伝えてみてください。

目で見ることでどれだけ自分が何もしていないか、ということを夫が知って初めて同じラインに立つことができます。同じラインに立って初めて“分担”という発想になるのです。

そうすればこっちのもの!「どれならできそう?」と優しく聞いてあげながら夫の家事を増やしていきましょう。そして分担を決めたらもうひとつ大切なことがあります。

家事分担のコツ(3)やり方・方法を工数化 具体的に伝える

Getty logo

家事をこなす方法もきちんと教えてあげましょう。例えば、“食器を洗う”という家事も“食器だけを洗う”と思っている夫は多いです。ですが本当は“調理に使ったすべてのもの”を洗わなければいけません。フライパンやフライ返し、炊飯器が空っぽなら炊飯器も。そして、洗い終わったら流しの周りに飛び散った水もキレイに拭く。ここまでを多くの妻は“食器を洗う”と考えているのではないかと思います。しかし多くの夫はそうではなく、食器だけを洗ったり、フライパンを洗っても炊飯器は洗ってなかったり、飛び散った水はそのまま、ということも多いでしょう。

妻から見たら“中途半端”と思う家事の状態は見ていてイライラすると思います。ですが、夫もせっかく洗ったのに妻がイライラしていては「もうやりたくない!」となってしまうかもしれません。なので最初から“食器を洗う”という家事の内容についてきちんと説明する必要があるのです。これも紙に工程を書いて伝えた方が良いかもしれません。

ほとんどの夫が妻が家でニコニコしていることを望んでいるはずです。お互いがニコニコ気持ち良く生活するために、お互いが努力をする。最初からうまくいくことなんてありません。夫はオトナですが、家事は初心者です。もしくは夫には夫なりの家事のやり方があるかもしれません。それをお互いが納得するカタチに納めるためには、初めて家事をする子どもだと思って辛抱強く温かい目で接してあげることが大切です。ぜひ一度しっかり夫と向き合って家事問題を解決してくださいね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


旦那をその気にさせる方法が知りたい! マル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

旦那をその気にさせる方法が知りたい! マル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

夫をベッドに誘っても断られる…。このままだとレスになってしまうかも。こんなとき、焦りから迫ってしまうと余計に夫は引いてしまいます。肝心なのは、自然な形で抱き合えること。さり気なくその気にさせることを考えましょう。


仮面夫婦を続けていたら将来どうなると思いますか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #36】

仮面夫婦を続けていたら将来どうなると思いますか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #36】

お互い愛情も関心もないけれど、夫婦という体裁だけは保っている仮面夫婦。30代40代は仕事や趣味で何とか生活はできるけど、その後は? 必ず訪れる老後、仮面夫婦のふたりはどんな人生を送るのでしょうか。実際のケースもご紹介しながら、仮面夫婦のその後についてお話します。


最近ご無沙汰… 愛情あふれるセックスを取り戻す方法 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #34】

最近ご無沙汰… 愛情あふれるセックスを取り戻す方法 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #34】

1週間に1度だったセックスが、10日に1度、ついに2週間何もない…。「このままじゃセックスレスになる!」 と感じたときは、早めに手を打って夫の心を引き戻しましょう。その時は、まずスキンシップの気持ちよさを実感してもらうのがポイント。愛情あふれるセックスをふたたび楽しめるように、リラックスできる時間を用意しましょう。


嗜好を変えて…今日からできる♪ マンネリセックス脱却法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #33】

嗜好を変えて…今日からできる♪ マンネリセックス脱却法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #33】

夫とのセックス、決して不満はないんだけど、最近ちょっとマンネリ気味…。でも夫には言いづらい。愛する夫だからこそセックスの話はデリケートに感じますが、そんなときは言葉でなく態度でこちらから変化を見せていきましょう。積極的になる? いいえ、肝心なのは「求める」心を見せることなんです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

早く早くと思いながら、まだ将来のお金に関する取り組みができていない…「今年こそは必ずお金対策をするぞ!」と新年の抱負を心に誓った皆様。今年こそは本気でやりましょう! というわけで、東京で開催されているカリスマ ファイナンシャルプランナー 廣瀬友二さんの無料マネーセミナー『【カリスマFP廣瀬友二】ゼロから学ぶ もっと輝くための美マネーセミナー』に全国のアラフォーずぼらさんを代表してWOMe編集部員が参加しました! どんなお金の話が聞けるのかワクワクドキドキです。


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google