紫外線が多い季節がやってきた! 春からしっかりシミ対策しよう | 大人のワタシを楽しむメディア
紫外線が多い季節がやってきた! 春からしっかりシミ対策しよう

紫外線が多い季節がやってきた! 春からしっかりシミ対策しよう

女性にとってシミ一つない透明感あふれる肌は憧れですよね。いつまでもきれいな肌を保ちたい、もっときれいな肌になりたいと考えている方も多いことでしょう。その為にはまず、紫外線とシミの関連性をよく知り、適切な対策をとることが大切です。


紫外線が体に及ぼすダメージ

Getty logo

紫外線がからだに悪い影響を与えることは、今や常識。しかし、具体的にどのようなダメージを引き起こすのでしょうか。

よく知られているのはシミやそばかす、日焼けといった肌へのダメージです。肌の老化を促し、保湿力を低下させるのでシワやたるみの原因にもなります。ひどい場合には皮膚がんなどを引き起こすことも。

紫外線をできるだけ浴びないようにするために、UVケアの化粧品でお肌のケアをする、日焼け止めをこまめに塗る、日傘や帽子の利用、簾やカーテン、サンシェードを使うといった様々な工夫をされているのではないでしょうか。

紫外線対策は一年中する必要がありますが、特に紫外線が多くなり始めるのは3月ごろから。そしてだんだんと紫外線レベルは高くなります。紫外線が一番強いのは6月、紫外線の量が多いのは8月です。

シミやそばかす、しわが出来る仕組みとは

Getty logo

紫外線と一言で言っても実は種類があり、私達の体に届くものは一般的に紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)というタイプのものです。

紫外線A波は最も波長が長く、物質を透過しやすいため、肌の奥の方まで届いてしまいます。コラーゲンなどのタンパク質を破壊してしまうので、それによって肌の保水力が失われ、乾燥肌やシワ、たるみが引き起こされるのです。

紫外線B波はA波よりも波長が短いものですが、肌への影響が早く出やすいという特徴があります。いわゆる日焼けやシミといった色素沈着を起こすのはこの紫外線B波。メラノサイトを活性化させるのでメラニンが過剰に生成されてしまうのです。季節や天候などによって差はありますが、特に春〜夏場は念入りに紫外線予防に心がけましょう。

日焼け止めは用途やテクスチャーで上手に選ぼう

Getty logo

普段の生活の中で全く紫外線を受けずに生活するということはできませんが、できる限り影響を受けないように工夫することは出来ます。

最も簡単なのは、日焼け止め。日焼け止めにはSPFやPAといった表記がありますが、目的によって使い分けましょう。SPFというのは紫外線B波を予防する数値を表しており、数値が高いほどその予防力が高いことになります。そしてPAというのは紫外線A波に対する予防力を示しており、+マークの数で表記されています。日常のお買い物程度ならPA++で充分です。

また、日焼け止めにはクリーム状、スプレー状、ジェル状のものなど色々なタイプのものなど様々。プールや汗をかくシーン用のウォータープルーフタイプ、子供でも安心して使えるようなマイルドタイプのものありますので、自分の肌状態や仕様場面に合わせて使い分けるようにしましょう。

受けてしまったダメージは早めの対策を

Getty logo

ついうっかり紫外線を長く浴びてしまったときには、できるだけ早く、適切な処置を施すことでダメージを軽減させることが大切です。

まず、たっぷりと水分補給をし、いつもより念入りにスキンケアをしましょう。美白効果のある化粧水や乳液などを使用するとより効果的です。浸透度を高めるフェイスマスクなどを併用して、しっかりと保湿をしてあげましょう。
 
海などで日焼けをしてしまって火照ってしまっている場合にはまずクールダウンして、いずれも十分に保湿をしてあげることが大切です。ひどい日焼けの場合には炎症を起こしてしまったり水ぶくれが出来てしまう場合がありますので、その場合には医師による適切な処置を受けるようにしましょう。

また、ビタミンCにはメラニンの生成を押させてくれる作用がありますので、普段から積極的に摂取するようにしましょう。ただ、ビタミンCは熱に非常に弱いので、調理方法などによってはあまり効果が得られない場合もあります。より高い効果を得るにはサプリメントなどを併用することもおすすめです。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

予想外の陽射しに真っ赤に日焼けしてしまった…そんな経験をされた方も多いと思います。若い頃ならいざしらず、アラフォーでこの体験は正直ツライですよね。そこで今回は日焼けでダメージを受けた肌の応急ケア方法について教えていただきます。


美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

一年中しっかり日焼け止め対策をしている優秀なアラフォー女性も多いと思いますが、実は季節や場所によって使い分けた方がいいってご存知ですか? 漫然と同じ日焼け止めをつけていればいい…という簡単はものではないようです。


紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

「日焼け止めは夏だけでいいのよね?」と、誤解してはいませんか? 確かに、夏場の紫外線は凄まじいものがありますが、秋になったからといって、紫外線がゼロになっているわけではありません。紫外線対策に手を抜きたくなる季節ですが、実は対策ゼロはとっても怖い! もしかして、「日焼け止めは夏だけ」なんてこと、ありませんよね?


髪の質を左右する!栄養不足にならない食事の取り方教えます【アラフォーからのヘアケアレッスン #7】

髪の質を左右する!栄養不足にならない食事の取り方教えます【アラフォーからのヘアケアレッスン #7】

最近、髪のハリやコシがなくなりボリュームダウンしてしまった。抜け毛が増え、髪が薄くなり、分け目などが気になる。そんな悩みがではじめたら、一度、毎日の食事を見直してみてはいかがでしょうか? 毎日口にするものから私たちの体は作られています。それは髪の毛も同じなのです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

「もしかしたら私の母親は毒親…?」「私自身が毒親になってる…?」最近メディアでよくとりあげられるようになった毒親。いったいどんな行動や発言をする親のことをいうのでしょうか。具体的な例を通して紹介します。


自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

小林聡美さん主演でドラマ化もされた群ようこさん著『パンとスープとネコ日和』シリーズ。現在4冊の本が出版されていますが、どれもほっこりおいしくて人々が優しく丁寧に暮らしています。愛されて奔放に暮らす猫にも注目! ドラマが先でも本が先でも楽しめて、何より癒されますよ。


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性のカラダにいいと言われている「豆」。でも、「具体的にはなにがいいの?」という方や、「なかなか料理に取り入れるのはめんどくさい…」という方が多いのではないでしょうか。そこで、いろいろな料理に使える簡単な豆調理法と豆の魅力をたっぷりご紹介。これであなたも豆の虜♡に…!?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google