【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


消極思考になってしまうのは体調が悪いから

――『養生思考を身につける』拝読させていただきました。改めて無意識にしていた呼吸の大切さに気が付かされました。なぜこの本を書こうと思われたのでしょうか?

多くの人はカラダになんらかの不都合を抱えていると思うんです。私のところには毎日多くの患者さんがいらっしゃいますが、カラダのどこかが悪いと皆さん消極思考になっています。

――消極思考というと?

例えば「病気にならいために何をしたらいいか」「嫌われないようにするにはどうしたらいいか」など、マイナス方面の考え方になってしまっているんですね。その考え方自体を否定はしませんが、“何を何回すれば病気にならない”とか“こういう態度でいれば人から絶対嫌われない”などの答えがあるわけではないんです。けれど体調が悪いことでそこに囚われてしまう。それはすごくもったいないなあと思います。

――なるほど…確かに自分自身カラダの調子が悪いとネガティブ思考になってしまうのでよく分かります。体調が悪くて整体に行ったりするとつい、「あと何回通えばよくなりますか?」とか「どんな運動をしたらこういう風にならないですか?」とか聞いてしまったりもします。そして、そんなに努力をしなきゃいけないのか…とか、通うのは面倒だな…と思ってしまいます。

頑張らなくても努力しなくてもカラダは健康になる

そうなんです。ですが、本来、健康になるのって、頑張ることでも努力することでも、大変なことでもないんです。自分のカラダと日々コミュニケーションをとっていれば自然と「あ、今は休まなきゃいけない時だ」とわかるようになります。カラダが休みたいタイミングにきちんと休むことができれば不調を起こすことはありません。

ですが、現代の人は本当に頑張り屋さんで、カラダは「休ませてください、しんどいですー」とアラートを出しているのに「何いってんだ! もっと頑張れ!」と鞭を打ち続ける。もう超ブラック企業ですよ(笑)そんな風に働かされたら誰だって倒れてしまいます。多くの人が自分の大切なカラダに過酷な労働を強いているんです。それにカラダが絶えられなくなり悲鳴を上げて病院や整体などを訪れる…そんな悪循環をもう繰り返して欲しくない、そう思ったのが『養生思考を身につける』を執筆した理由です。

毎日3万回繰り返す呼吸を見直すだけで健康になる

――森田さんは“呼吸整体師”と名乗っていますが、カラダのアラートに気が付くために呼吸が大切だ、というお考えなのですよね?

そうです。健康のためにご飯を食べない日をつくる、と言う人はいますが、健康のために呼吸をしない、と言う人はいないですよね。人は毎日呼吸をし続けているんです。ところで人間が一日でどのくらい呼吸をするかご存知ですか?

――何千回…何万回…

約3万回です。ものすごい数ですよね。それを産まれてから死ぬまで続けるわけです。人は様々な動作を行いながらずっと呼吸し続けています。その一つ一つのアクションの際に自分がどんな呼吸をしているか意識をすることからまずは始めて欲しいと思います。

――パソコンに向かって仕事をしている時に、気が付いたら息が止まっている時があります(笑)

そうです! “息が止まっている”それはダメな状態ですよね。そのままだと死んでしまいます(笑)ですが、息が止まっていると意識することで「ああ、今、自分は自然じゃない状態になっている。自然な呼吸をしなきゃ」と気が付くことができます。呼吸は嘘をつかないんです。感情や感覚はその時々によって変わるし環境によって左右されますが、呼吸は違います。常に自然なフラットな状態の呼吸があって、それ以外の状態になっているとしたらそれは何らかカラダに不調が起こっているということです。なので、呼吸を知れば、今、自分がどんな状態なのか分かります。

――確かに具合が悪い時って深呼吸ができないと思ったことがあります。

体調が悪い時は息が浅く止まりやすくなっていますね。そうなってしまったらもう自分ではどうすることもできません。木に例えたら、枝葉がボーボーに生い茂ってしまって、自分の手で整えることができなくなってしまった状態。そうなると、業者に頼んで不要なものを刈り取ってもらわなければなりません。その前に「不調の芽が出そうだな」と思ったら呼吸とカラダの状態を整えていけば、不調を起こすこともなくなるんです。

――未病の考え方ですよね。わかってはいるけど、“休む”ということは正直なかなか難しいと思います。WOMeの読者であるアラフォー女性たちはたくさんの役割を担っていて、とても忙しい日常を過ごしています。

私も子どもがいながらたくさんの患者さんを診ているので、忙しいのはよく分かります。だからこそ、呼吸法を変えるだけで病気にならないというのは一番すぐ出来て時間もとられない健康法なんです。自然な呼吸ができるようになれば、カラダに無理が生じることもないのでわざわざ休まなくても良くなります。

――たしかにそうですね。

体調不良がどういうカタチで表に出るかは人それぞれです。ですが必ず“それまでの過ごし方”があって、カラダに無理をし続けているから不調となって表に出てしまうわけです。

――毎日し続ける呼吸。この質を改善すれば自ずと体調が良くなる。言われてみたらその通りです。後半はなぜ森田さんが呼吸に着目するようになったのか、自然な呼吸をするにはどうしたらいいか、などについてお伝えします。お楽しみに! ※3月16日(土)12時公開予定

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜



森田愛子さん

K-Raku Style代表、呼吸整体師、鍼灸師、ヨガ・インストラクター
2008年、呼吸に重点を置いた渋谷鍼灸理学治療室(K-Raku Style)を開業、そのわかりやすい指導から口コミによって予約がとれないほどの話題に。延べ4万人以上の施術及び指導実績があり、女性の体質改善や出産前後のケアだけでなく幅広い世代の悩みに応え、経営者、俳優、アーティストなど様々な分野でも信頼が厚い。
2013年より取材や監修といったメディア活動を始め、2014年には「深呼吸のまほう」を出版。以後、現在に至るまで六冊の本を出版し、ラジオやTV出演、企業研修や親子向けのワークショップなど呼吸に関する活動を精力的に行なっている。一児の母。

養生思考を身につける - 呼吸のプロが伝える「健康ながいき」のコツ - (正しく暮らすシリーズ)

¥ 1,296

1日3万回くり返す「呼吸」こそ、人生の後半戦を守る盾なのです。多くの女優、経営者、スポーツ選手がこぞって通うNo.1呼吸整体師の最新刊!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者の大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さん。男性学の第一人者である田中先生からお話をお伺いしてきたインタビュー最終回は現代社会の結婚についてです。


更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期以降、約50年は続くと言われる人生100年時代。ならば、健康に豊かにイキイキと生きたいものです。そのためには更年期の過ごし方がとても大切だそう。女性の健康と更年期問題に寄り添うメノポーズカウンセラーに女性が人生100年時代を幸せに生きるためのヒントを教えてもらいました。


日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!社会問題を個人の問題に転換する恐ろしさ<第三回>【#FocusOn】

日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!社会問題を個人の問題に転換する恐ろしさ<第三回>【#FocusOn】

日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者の大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さん。男性学の先駆者である田中先生に男性の育児休業率の低さなどについてお話を伺いました。インタビュー第三回目です。


更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期は髪の毛にも大きな影響を与えます。女性ホルモンが減少することによって起こる更年期症状のひとつに薄毛などの悩みも含まれるのです。そこで、更年期による髪の毛の悩みを解消する対策法について、更年期の専門家であり毛髪診断士でもあるメノポーズカウンセラーの元井里奈さんに教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

福田和子さん、山本和奈さんに注目!「女性活躍」が国の政策として掲げられ、働く女性は増加し、男性が育児休業を取ろうという動きがどんどん活発になっている日本。ですが、世界から見れば、ジェンダーギャップ指数が110位など、まだまだ遅れているのが現状です。そんな中ふたりの日本人女性が、世界最大級のジェンダー平等や女性の健康と権利に関する国際会議「ウーマン・デリバー(Women Deliver)2019」に参加しました。そこで得た最も新しい世界の情報や報告も交えつつ、女性のエンパワーメントやセクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関して議論する院内集会が開催されたので取材してきました。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター