【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


消極思考になってしまうのは体調が悪いから

――『養生思考を身につける』拝読させていただきました。改めて無意識にしていた呼吸の大切さに気が付かされました。なぜこの本を書こうと思われたのでしょうか?

多くの人はカラダになんらかの不都合を抱えていると思うんです。私のところには毎日多くの患者さんがいらっしゃいますが、カラダのどこかが悪いと皆さん消極思考になっています。

――消極思考というと?

例えば「病気にならいために何をしたらいいか」「嫌われないようにするにはどうしたらいいか」など、マイナス方面の考え方になってしまっているんですね。その考え方自体を否定はしませんが、“何を何回すれば病気にならない”とか“こういう態度でいれば人から絶対嫌われない”などの答えがあるわけではないんです。けれど体調が悪いことでそこに囚われてしまう。それはすごくもったいないなあと思います。

――なるほど…確かに自分自身カラダの調子が悪いとネガティブ思考になってしまうのでよく分かります。体調が悪くて整体に行ったりするとつい、「あと何回通えばよくなりますか?」とか「どんな運動をしたらこういう風にならないですか?」とか聞いてしまったりもします。そして、そんなに努力をしなきゃいけないのか…とか、通うのは面倒だな…と思ってしまいます。

頑張らなくても努力しなくてもカラダは健康になる

そうなんです。ですが、本来、健康になるのって、頑張ることでも努力することでも、大変なことでもないんです。自分のカラダと日々コミュニケーションをとっていれば自然と「あ、今は休まなきゃいけない時だ」とわかるようになります。カラダが休みたいタイミングにきちんと休むことができれば不調を起こすことはありません。

ですが、現代の人は本当に頑張り屋さんで、カラダは「休ませてください、しんどいですー」とアラートを出しているのに「何いってんだ! もっと頑張れ!」と鞭を打ち続ける。もう超ブラック企業ですよ(笑)そんな風に働かされたら誰だって倒れてしまいます。多くの人が自分の大切なカラダに過酷な労働を強いているんです。それにカラダが絶えられなくなり悲鳴を上げて病院や整体などを訪れる…そんな悪循環をもう繰り返して欲しくない、そう思ったのが『養生思考を身につける』を執筆した理由です。

毎日3万回繰り返す呼吸を見直すだけで健康になる

――森田さんは“呼吸整体師”と名乗っていますが、カラダのアラートに気が付くために呼吸が大切だ、というお考えなのですよね?

そうです。健康のためにご飯を食べない日をつくる、と言う人はいますが、健康のために呼吸をしない、と言う人はいないですよね。人は毎日呼吸をし続けているんです。ところで人間が一日でどのくらい呼吸をするかご存知ですか?

――何千回…何万回…

約3万回です。ものすごい数ですよね。それを産まれてから死ぬまで続けるわけです。人は様々な動作を行いながらずっと呼吸し続けています。その一つ一つのアクションの際に自分がどんな呼吸をしているか意識をすることからまずは始めて欲しいと思います。

――パソコンに向かって仕事をしている時に、気が付いたら息が止まっている時があります(笑)

そうです! “息が止まっている”それはダメな状態ですよね。そのままだと死んでしまいます(笑)ですが、息が止まっていると意識することで「ああ、今、自分は自然じゃない状態になっている。自然な呼吸をしなきゃ」と気が付くことができます。呼吸は嘘をつかないんです。感情や感覚はその時々によって変わるし環境によって左右されますが、呼吸は違います。常に自然なフラットな状態の呼吸があって、それ以外の状態になっているとしたらそれは何らかカラダに不調が起こっているということです。なので、呼吸を知れば、今、自分がどんな状態なのか分かります。

――確かに具合が悪い時って深呼吸ができないと思ったことがあります。

体調が悪い時は息が浅く止まりやすくなっていますね。そうなってしまったらもう自分ではどうすることもできません。木に例えたら、枝葉がボーボーに生い茂ってしまって、自分の手で整えることができなくなってしまった状態。そうなると、業者に頼んで不要なものを刈り取ってもらわなければなりません。その前に「不調の芽が出そうだな」と思ったら呼吸とカラダの状態を整えていけば、不調を起こすこともなくなるんです。

――未病の考え方ですよね。わかってはいるけど、“休む”ということは正直なかなか難しいと思います。WOMeの読者であるアラフォー女性たちはたくさんの役割を担っていて、とても忙しい日常を過ごしています。

私も子どもがいながらたくさんの患者さんを診ているので、忙しいのはよく分かります。だからこそ、呼吸法を変えるだけで病気にならないというのは一番すぐ出来て時間もとられない健康法なんです。自然な呼吸ができるようになれば、カラダに無理が生じることもないのでわざわざ休まなくても良くなります。

――たしかにそうですね。

体調不良がどういうカタチで表に出るかは人それぞれです。ですが必ず“それまでの過ごし方”があって、カラダに無理をし続けているから不調となって表に出てしまうわけです。

――毎日し続ける呼吸。この質を改善すれば自ずと体調が良くなる。言われてみたらその通りです。後半はなぜ森田さんが呼吸に着目するようになったのか、自然な呼吸をするにはどうしたらいいか、などについてお伝えします。お楽しみに! ※3月16日(土)12時公開予定

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜



森田愛子さん

K-Raku Style代表、呼吸整体師、鍼灸師、ヨガ・インストラクター
2008年、呼吸に重点を置いた渋谷鍼灸理学治療室(K-Raku Style)を開業、そのわかりやすい指導から口コミによって予約がとれないほどの話題に。延べ4万人以上の施術及び指導実績があり、女性の体質改善や出産前後のケアだけでなく幅広い世代の悩みに応え、経営者、俳優、アーティストなど様々な分野でも信頼が厚い。
2013年より取材や監修といったメディア活動を始め、2014年には「深呼吸のまほう」を出版。以後、現在に至るまで六冊の本を出版し、ラジオやTV出演、企業研修や親子向けのワークショップなど呼吸に関する活動を精力的に行なっている。一児の母。

養生思考を身につける - 呼吸のプロが伝える「健康ながいき」のコツ - (正しく暮らすシリーズ)

¥ 1,296

1日3万回くり返す「呼吸」こそ、人生の後半戦を守る盾なのです。多くの女優、経営者、スポーツ選手がこぞって通うNo.1呼吸整体師の最新刊!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター