一度もセックスしてない相手と結婚してもいい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】 | 大人のワタシを楽しむメディア
一度もセックスしてない相手と結婚してもいい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

一度もセックスしてない相手と結婚してもいい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

付き合って一度も身体の関係がないまま結婚してもいい? アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


付き合って1年、未だ体の関係がないのに結婚してもいい?

【お悩み】彼と付き合って1年になります。先日「結婚しよう」とプロポーズされました。ですが、実はまだ彼とセックスしたことがないのです。キスやハグはあるのですが、旅行に行っても泊まっても彼が私を求めてくることはありません。私は41歳で彼は38歳です。性欲が無い年齢ではないと思うのですが…結婚したらセックスしてくれるのかな?と思って、結婚したら解消するかなとも思うのですが、このままセックスがなかったらどうしようと不安に思ったりもします。子どもは欲しいみたいな話はするのですが…「なんでセックスしないの?」なんて結婚してないのに言うのも貞操観念が無い女だと思われそうで怖いですし…。彼の事は好きなので別れる気はありません。どうしたらいいでしょうか?

男性は女性が思っているよりもずっと繊細

セックスについてはナイーブな問題ですので、なかなか悩むところですね。
しかも付き合って1年で彼のことが好きならば、女性も自然と彼を受け入れたいと思うでしょう。

カウンセリングをしていて思うのは、10年ほど前までは「体だけが目当てなのでしょうか」とか「私をあげたのに」なんて言うお悩みばかりでした。

しかし最近は全く逆で、セックスレスで女性がストレスを感じていたり、求められないことで自分を否定されている気がしたり、女性が求める気持ちを伝えられない、といったお悩みに変わってきました。

「男性が求めてくるもの」と思う女性と「断られたらどうしよう」と思う男性のギャップもあるのかもしれません。

それこそバブル時代の男性は声をかけることにも断られることにも抵抗がなく、さらりと好みの女性にアプローチしていました。今でもその時の男性像があるようですね。女性は積極的に男性が求めてくるもの、女性はそれを受けるかどうかを決める立場だと思っている方が多いのです。

男性は大変ナイーブです、欲求があっても特に好きな女性に拒まれたらどうしようと言う気持ちが強かったり、好きだからこそ手を出せないと言う古風な考え方の男性もいることも確かです。一年も付き合ってあなたを大切に思うあまりに関係を持てない彼であれば、誠実さも期待できます。

あなたに対してそこまで我慢ができるのであれば、それはそれは誠実な人でしょう。

仕事の忙しさやストレスから性欲があまりない男性も増えています

Getty logo

以前、婚活講座の時にアンケートを取ったところ「理想的な付き合いの始まり方」の問いに対して男女共に「相手から告白して欲しい」がダントツ1位の回答でした。

それはなぜか?

「断られて傷付きたくないから」

女性のイメージの中にある積極的な男性像は今や過去のもののようです。お互いに相手の出方を見て、待っているわけだからお付き合いも始まりにくい。

セックスに関しても同じです。

また30代後半からは、男性も仕事の責任が増すときです。ストレスが多く対処できないと男性ホルモンであるテストステロンの分泌が弱まってくる傾向にあります。あまり知られていませんが男性にも更年期障害があり年々低年齢化してきています。その人の普段の生活習慣、仕事、食事、精神状態、過去のトラウマから、機能障害が起きていることもあります。

浮気の原因でもある男性ホルモンのなせる業「あちらこちらに遺伝子を残したい」も抑えられているので、結婚後も他の人に興味を持つなどの心配は少ないでしょう。

Fさんだけ、と確信できるのは女性としても彼への安心と信頼になると思います。

しかし、Fさんは「結婚したらセックスしてくれるのかな?」と期待しているのですから、もしかしたら不満に思う結果にもなりかねません。早くわかれば治療をしたり、二人それぞれでカウンセリングに行くなどの方法もあります。また、結婚してから性の相性が合わないと分かるのも残念なことです。

彼と向き合って気持ちを正直に伝える

あなたが希望するのであれば、直接的な表現でなく、いつもよりセクシーな彼の好みそうな香りをつけてみるとか、じっと目を見つめてみるとか(心の中であなたが好きよ、と繰り返しながら見つめてみましょう。瞬きを我慢すると目が潤んできて魅力的です)
態度で「あなたを受け入れたい」と伝えてみてください。

男性に“自分が行動を起こしても拒否されないんだな”という安心感を与えてあげることです。

それでも無理ならば

「自分から言うなんて恥ずかしいけれど、あなたと結ばれたいな」

なんてかわいい表現で聞いてみてはいかがですか??

年齢的に見ても、子供が欲しいのであれば、あまり猶予はありません。結婚してみて、理想と違ったと悩む時間も惜しいでしょう。

いま遠慮して聞けない事は結婚してからも聞けませんよ。

疑問に思うこと、自分が不満に思う事は、言葉を選びながらも相手に気持ちを伝えてみましょう。

いきなりセックスの話をするのではなく、普段から伝える練習、そして受け止めてくれた時に嬉しいという態度で表現することです。

普段は何も言わないのに、言わなきゃ! 言わなきゃ!といきなり言うと不自然になってしまいます。

貞操観念のない女と思われそうで、と心配されているようですが貞操とは男女がお互いに性的な純潔を守ることを意味します。

ですからお互いに真面目に結婚を前提にお付き合いしていて、宗教的な問題がないのであれば、当てはまらないと思います。

お互いにセックスにあまり興味がなく、子どもも望まず、心の繋がりや共通の趣味などで十分に愛を確かめ合っている夫婦もいます。

しかしお互いの欲求が噛み合わない時、どちらかのストレスになってきます。

特に女性は男性から求められることによって自分は愛されているという実感を抱きます。ですから、女性に欲求がある場合は大変なストレスになります。

実際にセックスレスでカウンセリングに来られる方は、とても追い詰められており、イライラし、自分を否定されているような感覚を持ち、他に誰かいるのではないかなどと言う妄想までしたりしてしまいます。ここまでくると、セックスレスの問題だけでなく二人の関係もこじれています。

そして、求められないのであれば誰か他の人と、なんて言う話まで行くこともあるのです。

セックスはとても大切な2人の問題です。

セックスは千差万別。
お悩みを受けていて感じますが、まるでスポーツを楽しむように積極的な人もいれば、Fさんのように貞操観念に囚われて動けない人もいます。

離婚原因の上位にもなっているのがセッスクレス。

結婚し、彼と生活していくのはあなたです。

結婚し普通にFさんの期待する関係が築ければよいのですが、そうでない場合、モヤモヤしたまま過ごしていきますか?

心から幸せな気持ちで彼と結婚するためにも、行動を起こしてみてはいかがでしょう。

おふたりの幸せな未来を応援しています。

心理カウンセラー 鹿屋由佳

==========

【関連記事】

みんな悩んでます!
セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

女性も性欲は年齢を重ねると衰えるもの?
“女の性欲”はアラフォーから衰える?「ラグジュアリーセックス」のすすめ【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#2】

エッチじゃないマッサージなのに男性がその気になる!?
パートナーの愛を深めるラブマッサージ【大人のラブ♥パートナーシップ#15】



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

東京・福岡を拠点に講座や面談カウンセリングを行う。ボイスマルシェ電話カウンセラー、テレビ番組のコメンテーターなど幅広く活動中。

関連する投稿


“再決断療法”で心の奥底に隠されている“想い”を解放する 心理カウンセラー鹿屋由佳さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“再決断療法”で心の奥底に隠されている“想い”を解放する 心理カウンセラー鹿屋由佳さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

恋愛心理カウンセラーとして2,000人以上カウンセリングを行い、女性に圧倒的な支持を得る鹿屋由佳さん。その慈愛に満ちた優しい眼差しと絶対にクライアントをサポートするという強い意志で多くの人の心を救ってきました。日本ではまだまだ一般的ではない、心理カウンセリングの世界についてお話を伺いました。第一回です。


セックスレス解消の糸口はまず“傾聴”すること 恋愛心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

セックスレス解消の糸口はまず“傾聴”すること 恋愛心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

恋愛カウンセラー鹿屋由佳さん。2,000人以上の女性たちのお悩みを解消してきた鹿屋さんは何かを押し付けるのではなく、クライアントの心の奥そこに隠れている苦しみに光を当て、解放し、幸せへと導きます。インタビュー最終回は悩みの根底に隠れている“トラウマ”からの自律、そして鹿屋さんがなぜ恋愛カウンセラーと呼ばれるのかについてです。


怒りを上手に発散する方法は100均にあり! 心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

怒りを上手に発散する方法は100均にあり! 心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

美しく華やかな容姿とは裏腹に確固たる信念をもち、クライアントのカウンセリングにあたる鹿屋由佳さん。恋愛カウンセラーとして多くの女性たちを救ってきた鹿屋さんにインタビューした第二回目は、鹿屋さんのオリジナル色が強いカウンセリング方法についてです。


付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

人生の酸いも甘いも噛分けてきたアラフォー女性なら付き合ったらセックスするもの、と思っている人が多いのではないでしょうか。今回は優しい彼と付き合いはじめてキスやスキンシップはあるけど、その先に進まないというお悩みです。心理カウンセラー鹿屋由佳さんのカウンセリングに癒されてください。


38歳初めての彼氏 でも実は一度も男性経験がないんです…【オトナの幸せ恋愛心理術 #21】

38歳初めての彼氏 でも実は一度も男性経験がないんです…【オトナの幸せ恋愛心理術 #21】

年齢を重ねているのに性体験がない、ということにコンプレックスや不安を感じている人もいると思います。今回は38歳で初めて彼氏ができたという相談者さんが自分が処女だということで彼がひいてしまうのではないか、というお悩みです。心理カウンセラー鹿屋由佳さんのカウンセリングに癒されてください。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google