田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

【TVチャンピオン せんべろ選手権出場!酒場ライター中沢文子】今宵、酒場ライターの中沢文子さんが教えてくれる、女性がひとりで行けるとっておきのお店は田町にある日本ワインにこだわったバル「かくはち」。どんなお酒とつまみが待っているのかな。


再開発が進み、新店ラッシュの田町駅界隈に、2018年7月「日本ワインの店 かくはち」がオープンしました。女性オーナーが厳選した日本のワインのみを置く店で、価格も500円~のリーズナブルさ。ビルの3階にあり隠れ家的雰囲気で、大人の女性が気軽に立ち寄れるように空間もモダンに。今夜、日本のワインを嗜みに出かけてみませんか?

日本のワインのすばらしさを伝えるお店

ワインといえば、フランス、イタリア、チリなどの海外産をイメージしがちですが、日本のワインも年々レベルがアップして注目されています。そんな日本のワインのおいしさを広めているのが「日本ワインの店 かくはち」です。お店は、マンションや新しい店が続々と誕生している田町駅芝浦口にあります。

また、日本のワイン=山梨県と思ってしまいますが、こちらではオーナー二村恵子さんが試飲会などに足を運んで探した、北海道、岩手県、広島県をはじめ、全国各地のワインを楽しむことができます。

価格は500円から、飲みごたえある銘柄を

ワインは、定番から新種、他店ではおめにかかれない銘柄までグラスで約15種ほど置いています。「年ごとにぶどうの味も違いますので、慎重に選ぶようにしています」とは二村恵子さん。

また、気軽に飲めるようにと、500円の一升瓶ワインから高いものでも1000円以内におさめています。なかでもお試しいただきたいのが、500円のワインです。

山梨県矢作洋酒の「矢作ワイン」、岩手県エーデルワインの「純情わいん」など赤白で6種ほどあり、どれも500円とは思えないほどの味わい。陶器の器に注がれるのもおしゃれですね。

そのほか、ファッションメーカーのJUNが手掛ける山梨県シャトージュンの「甲州スパークリングワイン」(700円)もあり、こちらは少し甘さもありデザートワインとしても飲める泡。さらに、日本で開発されたぶどうの品種「ブラッククィーン」を使用した長野県アルプスの「ミュゼドゥバン ブラッククィーン」(850円)といった珠玉の銘柄を取りそろえています。

ワインに合わせた和テイストの創作料理

料理は、「自家製漬物」(500円)をはじめ、“”家庭の味”をテーマにワインに合わせたものを用意していますが、和の素材を取り入れているのが特徴。

人気の「ポテトサラダ」(500円)は、ジャガイモ、ハム、ニンジンなどシンプルですが、マヨネーズを控えて、ワインの味を邪魔しないようにあっさリ味に創意工夫。フライドオニオンを忍ばせ、食感にもメリハリを与えています。

「国産しらすのたっぷり和風ピザ」(850円)は、ワサビをまぜた海苔の佃煮、モッツアレラチーズ、シラスの組み合わせが絶妙で、こちらもワインにマッチ。お好みでゆずすこをかけて味わいます。

「いぶりがっこチーズ」(500円)は、クリームチーズといぶりがっこをサンドしたものが多いですが、刻んだいぶりがっこをクリームチーズにまぜて、食べやすいよう一口サイズにアレンジされています。

毎月ワンコインイベントやワイン会を開催

みなさんに日本のワインのすばらしさを少しでも知ってもらおうと、さまざまなイベントを実施しています。毎月、有名ワイナリーやソムリエの方を招いた「ワイン会」では、市場にあまり出回っていないワインを口にできるうえ、ワインについていろいろな知識を深めることができます 。会費制で人数制限があるので申し込みはお早めに。さらに毎月最終土曜日14:00~は「かくはちワンコイン日本ワイン祭り」をおこなっています。こちらは、店に通常出していないワインを500円均一で飲むことができる、かなりお得な会。人数制限もなく誰でも参加できます。
日本のワインについてまだよく分からない方、もっと知識を広げたい方、ぜひ訪れてみてください。

「日本ワインの店 かくはち」
住所:東京都港区芝浦 2-16-10 ラナビル3F
TEL:03-6271-9618
営業時間:11:30~14:30(LO14:00※木曜・金曜のみ営業)、17:00~24:00(LO23:30)
定休日:日曜・祝日
http://kakuhati-nihonwine.com/
https://www.facebook.com/kakuhatinihonwine/



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

お酒が大好きなグルメライター。女性が楽しく飲める酒場を発信。

関連する投稿


野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

中沢文子の女・酒場巡礼第8回は、センベロの聖地「野毛」にある「ぴおシティ」。赤い提灯が目印の立ち飲み店「国民酒場じぃえんとるまん」は、昼12時から営業し、なんとサッポロの赤星大瓶が400円のうえに、料理は100円~楽しめる正真正銘の「せんべろ」店です。しかも女性店長で、女性一人でも安心して立ち寄れるのも魅力です。


銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

中沢文子の女・酒場巡礼第7回は、銀座「バー堀川」。全国に名を馳せる一流のバーが集う東京・銀座。世界大会などで優勝した保志雄一さんが手掛ける「バー保志」の右腕として活躍していた妙手・堀川賀正さんが独立し、2017年8月銀座6丁目に店を開きました。これまで築き上げた技を礎に生み出される美しいカクテルに、今宵、酔いしれませんか?


横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

中沢文子の女・酒場巡礼第5回は、横浜・お加代。日本ならでは食のひとつ「焼鳥・モツ焼き」。焼く芳しい香りにそそられ、ついついお店に入って飲んでしまった…なんてことがありませんか? 代名詞のしろはもちろん、アイデア光る創作串を味わうなら、横浜駅で昭和28年から続く焼鳥の「お加代」です。ご主人も常連さんも温かく、女性も1人で気軽に飲むことができます。


あなたは持ってる? 料理別 揃えておきたいプロ仕様の調理器具

あなたは持ってる? 料理別 揃えておきたいプロ仕様の調理器具

基本の調理器具が揃っていれば、ひととおりの調理ができますが、ワンランクアップを目指すならプロ仕様の調理器具を買い足しましょう。とはいえ、安易に買い足してキッチンの肥やしになってしまったらもったいないので、好みのメニュー、作ってみたいメニューなどに応じて少しずつ買い足しましょう。上手に使えばググッとプロの味に近づきます。


和包丁・洋包丁・三徳包丁… 意外と知らない包丁の種類と使い分け

和包丁・洋包丁・三徳包丁… 意外と知らない包丁の種類と使い分け

料理をするとき欠かせないのが、そう、包丁。「そんなこといっても、三徳包丁1本あれば十分でしょ?」という方がほとんどかと思いますが、包丁の世界は実に魅惑的! 包丁の種類を知って、用途に合った使い分けをすると、効率よく、美しく調理できるようになります。包丁を知ることで、あなたの料理もワンランクアップ!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


2019年5月 後半編(5/15~5/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年5月 後半編(5/15~5/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。5月後半の運勢のポイントを要チェックです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター