大切なのは透明感 くすみをなくして年齢を感じさせない美しい肌へ | 大人のワタシを楽しむメディア
大切なのは透明感 くすみをなくして年齢を感じさせない美しい肌へ

大切なのは透明感 くすみをなくして年齢を感じさせない美しい肌へ

40代のお肌はゆらぎやすくちょっと調子を崩すと、なんとなく顔が暗く見えてしまったり、全体的にくすんだ印象になりがちです。気になるくすみを除去し、明るい肌色を取り戻すには、くすみの原因とその生成のメカニズムを知ることが第一歩です。


まずは『くすみの原因』をチェック

お肌にくすみが生じてしまう原因として、まず挙げられるのは「メラニン色素の沈着」でしょう。メラニン色素自体は、もともと肌に存在しているものですが、その量が過剰になり、沈着してしまうと、シミやそばかす、くすみの原因となります。

メラニン色素が増えてしまう要因の代表的なものは、やはり紫外線によるダメージです。紫外線を浴びたお肌は、細胞を守るために、メラニン色素の分泌を活発化してしまいます。増えすぎたメラニン色素が、顔全体のお肌を暗く、くすんだ印象に見せてしまうのです。
 
もう一つ大きな要因と考えられるのが、お肌に発生している細かい「シワ」です。一つ一つは目立たないごく小さなシワであっても、くぼんでいる部分に影が生まれ、光が反射されにくくなり、全体的に暗い肌色に見えてしまうのです。
 
この2つに加えて、肌の新陳代謝機能が低下することで、メラニン色素とシワが定着し、顔のお肌を暗く、くすませてしまうと考えられます。

夏だけじゃない!年中したい紫外線対策

美白の第一歩として、まず一番気をつけておきたいのが、紫外線防止対策です。

紫外線による乾燥肌やメラニン色素の増加を防ぐことが大切。紫外線量のピークは、6月から7月頃といわれていますが、それ以外の期間も注意してください。

日焼止クリームを使用したり、UVカット効果のある化粧下地などを選んで、日常的に紫外線ダメージから、お肌を守りましょう。仕事をしているとなかなか難しいですが、できればこまめに塗り直しをした方が、より効果的です。
 
紫外線が強まる時間帯は、午前11時から午後5時頃だとされています。日中はほぼ、常に強い紫外線が降り注いでいるわけですから、気が抜けません。

屋内にいても、窓からの日差しなどで紫外線ダメージを受けることがあります。いつでも日差しからお肌を守れるよう、UVカット加工のカーディガンなどを持っておくと安心かもしれません。様々な対策アイテムを駆使して紫外線をきちんと防ぎ、健康で明るいお肌を保ち続けましょう。

保湿ケアでお肌にうるおいを!

乾燥したお肌は、内部の水分が不足し、キメの乱れや小じわを発生しやすくします。お肌のキメは肉眼では見えにくいものですが、これが乱れると見た目の明るさが下がってしまいます。しっかりとした保湿がくすみの除去と美白効果につながるのです。
 
お肌にうるおいを与える成分として、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが効果的です。
これらの成分が配合されたクリームが多数発売されていますので、保湿力が低下が気になる方は、こうした保湿性の高い成分に注目して、スキンケア製品を選ぶのが良いでしょう。

しっかりとうるおいを保持しているお肌は、ターンオーバー機能も正常化しやすくなりますので、すでにくすんでいるお肌の改善にも効果的です。
 
水分不足は様々な肌トラブルにもつながりますので、年齢に合わせた保湿性の高い化粧品に切り替えていくことも大切です。お肌のうるおいは健康なお肌の基礎ですので、美白を目指すのであれば、まずはお肌の健康を整えることが重要です。

美白効果のある成分を取り入れましょう

美白効果の高い成分とはどのようなものでしょうか。

今大きな注目を集めている成分が、トレチノインとハイドロキノンです。これらの成分は、肌のターンオーバーを促進させ、古い角質の除去に効果を発揮します。

また、肌内部に染み込んでいるメラニン色素を浮き上がらせ排出を促進する効果があるので、美白効果が期待できます。お肌の再生を助けるとともに、コラーゲンの分泌も活性化してくれるため、お肌に弾力性をもたらすともいわれています。
 
しかしながら、注意点もあります。美白に良いとして人気の成分ですが、肌が弱っている時には、適していないともいわれています。乾燥が気になる場合などは、まず保湿ケアでしっかりと調子を整えてから、これらの成分を試してみるのが良いでしょう。

鏡をのぞいたとき、顔色がぱっと明るいと、気持ちも上向きになり、良い気分で過ごせるものです。しっかりとくすみ対策をして、お化粧が楽しくなるような、透き通るお肌を手に入れましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないようにスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

「世間の目なんて関係ない」頭ではそう思っていても気になってしまう。こんな服でおかしくないかな、子どもに変なもの食べさせてると思われないかな、夫は会社で馬鹿にされていないかな…など思い当たることはありませんか? 人の目を気にしない自分になるにはどうしたらいいのでしょうか? 脳神経外科医の山下あきこ先生に教えてもらいましょう。


「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。基本の洗浄・保湿のケアをはじめたら、次にぜひチャレンジして頂きたいのが膣マッサージです。オイルをつかった膣マッサージのスペシャルケアで粘液力のある膣を手に入れましょう!


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google