『私がオバさんになったよ』 ジェーン・スーさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
『私がオバさんになったよ』 ジェーン・スーさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『私がオバさんになったよ』 ジェーン・スーさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

新刊『私がオバさんになったよ』幻冬舎/作詞家でコラムニスト、ラジオパーソナリティのジェーン・スーさんインタビュー! 『私がオバさんになったよ』で対談された方々とのエピソードをお伺いしました。


作詞家でコラムニスト、ラジオパーソナリティのジェーン・スーさんの著書『私がオバさんになったよ』が3月14日(木)発売されました。

光浦靖子さん、山内マリコさん、中野信子さん、田中俊之さん、海野なつみさん、宇多丸さん、酒井順子さん、能町みね子さん8名とジェーン・スーさんとの対談をまとめたものです。

アラフォー世代ならタイトルから「ムフフ」と笑ってしまうに違いないこの本について、スーさんからお話を伺いました。

ポジ過ぎずネガ過ぎず『私がオバさんになったよ』

――タイトルを見てもうプッと笑ってしまいました(笑) どうやって決めたのでしょうか?

ありがとうございます(笑)

担当編集者と色々考えて、最初は真面目に“新しい私たち”とか“楽しい中年”とか言ってたんですが、どうもひっかからない…そのうちふたりとも疲れ果てて、最後にもう今際の際みたいな状態で、私が、「私がオバさんになったよ」と言ったら「それだ!」ってなったんです。私は、タイトルは編集者が決めた方が良いと思っているので、これに決まりました。

でもね、最初は怒られたらどうしようって思ってたんですよ。

――え? 森高さんにですか?(森高千里さんの『私がオバさんになっても』にひっかけて…)

いや(笑)同世代の女性にですね。「自虐的だ」とか言われちゃうかなあって。

――実際、自虐なんですか?

いえいえ違います。なので帯に「ポジ過ぎずネガ過ぎず」って入れました。意図が伝わらずに自虐や「オバサンだって生き生きしてるわよ!」っていう、遠吠えに思われちゃったらどうしようかと思ってました。ですがタイトルを発表した直後から“面白い”という声がたくさん聞こえてきて、ああよかった、と思ってます。

――先ほどつい反射的に質問してしまいましたが、やはり森高千里さんの『私がオバさんになっても』にインスパイアされて出てきたものなんでしょうか?

そうです。今日ラジオで本の話になったんですが「私がオバさんになったら、海には一人で行くから大丈夫。ディスコにも一人で行くから大丈夫。あなたと一緒に行かなくても大丈夫。趣味が合わなくても大丈夫。たいていどこでも一人で行けるし、オバサン最高!」って(笑)

――分かります! そういう意味ではオバサン最高ですよね(笑) 本を読ませていただいて本当に内容が濃くて色々な角度から読めるし、大変勉強になるし、一度で何度でも美味しいと感じました。そこでスーさんにそれぞれのお相手と対談をして特に印象に残っていることについてお伺いできればと思っています。まずは一人目の光浦靖子さんからお願いします。

光浦靖子さん対談:お笑い界は特殊な世界のようで実はそんなことはない

雑誌やWEBの対談企画って、たいていは先にテーマが決まっていて、そのあとテーマを語るのに適任と思われる人に声が掛かるんです。対談してめちゃめちゃ盛り上がって「あー今日は最高に楽しかった!」って思う場合と、盛り上がったんだけど「もっと別のテーマでも話してみたい!」となる場合があって、今回対談した7人は後者です。最後の能町みね子さんだけは今まで一度も対談したことがなく、じっくりお話してみたいと思っていたのでお声がけさせていただきました。

同世代の光浦さんには、彼女が作った女性のお笑い芸人の文化についてお話を聞きたいと思いお声がけしました。

――光浦さんがつくった女性お笑い芸人の文化とはどういうことでしょうか?

メイクや衣装で身体的特徴をデフォルメした笑いではなく、“非モテ”というキャラに擬態して言いたいことを言って笑いをとる。それまでの“ブスだけど明るい”とか“デブだけど性格が良い”とかいう世間の勝手な期待からは全く外れた、人間らしい生々しさで笑いをとって、私たちをある種、救ってくれた人だと思うんです。

その光浦さんが、50歳の背中が見えてきた今、自分についてどう思っていらっしゃるのか、お話を聞いてみたかった。

――お会いしてみていかがでしたか?

「お笑い界と女性である自分」という、なかなか他では聞けないお話をざっくばらんにしてくださいました。お話を伺うまでは、お笑い界って特殊な社会のような気がしていましたが、そうでもないんじゃないかと思いました。男性優位な環境で働く、光浦さんと同世代、もしくは少し下の世代の女性で、かつ、蝶よ花よとはてはやされてこなかった人たちの処世術の話でもあるなあと。個人的には自分と重なる部分もあって、このタイミングで伺えて本当に良かったですね。

――どんな点が良かったと思われたんでしょうか?

当事者として、女の人がその場所でどうやって生きていくか、働きざまを含めて話してくださったので勇気づけられました。

――光浦さんが「恋をしたい」と仰った時にスーさんが「すごい年下か、年上じゃなきゃ」と仰って、その理由が「45歳同士だとおじさんおばさんだということが目に付く」と(笑)

45歳同士は良い友達にはなれると思うんですよ。でも、なんらかのきっかけがないと「恋」は始まらないと思うんですよね。一見超えるのが難しそうなハードルがあったほうが、非日常の「恋」として認識できるように思います。

――“恋”ってなるとそうなんですかね。「ドキドキしたい!」ってなると。

そうそう。「どうして私がこんな若い子に」とか「どうしてこんなおじいちゃんに」とか、ややトリッキーな初期設定がないと始まらないかなと(笑)

山内マリコさん対談:真逆なのにお互いを責めずに面白く話ができる稀有な人

私は東京生まれ東京育ちで帰省する場所もない。山内さんは地方都市で生まれて東京に移ってきた。私たちはある意味真逆なんです。だけど、お互い腹を立てずに「東京と地方」の話ができる…お互いを責めずに「なるほどね」って面白く話が聞ける数少ない人だと思います。

――それはなぜなんでしょう?

年齢が少し離れているからっていうのはあるかもしれないですね。山内さんの小説を通して、私は東京に出てきた人たちの抱える甘い空洞みたいな…地元は過疎化しているけれど、大切な場所でもあって、でもそこから出ないと自分の未来が…っていう複雑な気持ちを少しだけ追体験できた。山内さんと東京について、地方についての話をもっとしてみたくて。

――スーさんが地方出身の人たちの気持ちを知りたいって思われたのはなぜなんでしょうか?

私には、いま住んでいる東京以外に帰る場所がない。だから、東京以外に地元がある人たちの気持ちはやっぱりわからないんです。以前書いた『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎)のなかで、「呼んでないのに来て『東京は冷たい』と文句を言う」みたいなことを書いたら「こんだけ地方から人を吸い取っておいて何を言うんだ」と言われてビックリしたんですよ。「東京が人材を吸い取っている」という視点は私にはなかった。まったく違うものが見えてきたぞ、と思ってもっと知りたくなったんです。

今回、山内さんから聞けて良かったのは、「一昔前、東京に出てくるのはクラスの人気者だったけれど、今ではクラスの人気者は地元から出なくなった」という話です。

――クラスの人気者は地元に残り続けると。

彼らのリアルを充実させる施設はもう地方に十分備わっているからだそうです。だから地元から出る必要がない。そんな状況で「この先、日本はどうなっていくんだろうね」なんて話をするのがまた楽しいです。

――ラジオから流れてくるそのままのトーンでざっくばらんにお話をしてくださるジェーン・スーさん。次回は、脳科学者の中野信子さん、男性学を研究する田中俊之さん、漫画家の海野つなみさんとの対談についてです。お楽しみに。第二回はこちらから

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

プロフィール

ジェーン・スー
1973年、東京生まれの日本人。コラムニスト、ラジオパーソナリティ。
現在、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」のMCを務める。
『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』で第31回講談社エッセイ賞を受賞。
著書に『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』、
『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』、『生きるとか死ぬとか父親とか』などがある。

私がオバさんになったよ

¥ 1,512

人生、折り返してからの方が 楽しいってよ。 考えることをやめない。 変わることをおそれない。 間違えたときにふてくされない。 ジェーン・スーと、わが道を歩く8人が語り尽くす「いま」。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn

ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープジャーを使った美味しいスープ弁当の作り方のコツや、ご自身のことについてお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

体調管理は、乳酸菌たっぷりのぬか漬けで免疫力アップです! 今回はGWということで…みなさんがお困りになっている、旅行に行く際や、長期で家をあける時の、ぬか床の保存方法をこっそり教えちゃいまーす☆


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google