ジェーン・スーさんインタビュー<第二回> 自分に後ろめたくなく生きる【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
ジェーン・スーさんインタビュー<第二回> 自分に後ろめたくなく生きる【#FocusOn】

ジェーン・スーさんインタビュー<第二回> 自分に後ろめたくなく生きる【#FocusOn】

『私がオバさんになったよ』(幻冬舎)ジェーン・スーさんインタビュー!第二回は中野信子さん、田中俊之さん、海野つなみさんとの対談について。本には書かれていない対談中のエピソードです!


ジェーン・スーさんインタビュー 第一回はこちら

作詞家でコラムニスト、ラジオパーソナリティでもあるジェーン・スーさんの著書『私がオバさんになったよ』が3月14日(木)に発売になりました。

光浦靖子さん、山内マリコさん、中野信子さん、田中俊之さん、海野なつみさん、宇多丸さん、酒井順子さん、能町みね子さん、8名との対談が納められています。

本についてスーさんにインタビューした第二回目は、脳科学者の中野信子さん、男性学を研究する田中俊之さん、漫画家の海野つなみさんとの対談についてお伺いしました。

中野信子さん対談:人は“気持ち”のために生きているんじゃない

――どの方との対談も読みどころが満載で、濃くて、置いていかれないように必死でしたが、特に脳科学者の中野信子さんとの対談はもう圧巻でした。対談の中で、中野さんと頻繁にLINEのやり取りをしていると仰っていましたが、今回お話されているような内容もLINEでしているんでしょうか?

そうですね。しょっちゅうやり取りをしている中野さんと改めて対談したいなと思ったのは、LINEをしている時に「この話をここでお終いにしちゃうのってもったいなくない?」って話が出て。コピペしてどこかで伝えたら面白いって言ってくれる人がいるんじゃないかって話になって(笑)

――とても面白かったです! ただ…難しかったです(笑)

ああいう話って私にとっても難しいんですけど、その分、理解できたときの快感が大きい。パッとお金で買えるものじゃない。自分の頭で考えないといけない。こういうことが中年期の私には楽しいんですよね。

――中年期だから楽しいんですかね?

頭の良い人はもっと昔から楽しめているんだと思うんですけど(笑) この歳になると夜遊びもそんなにできないし体もそんなに動かなくなるので、頭だけ動かしてこういう話をしているのは娯楽として非常に贅沢だなと。

例えば、対談の中で出てきた「心という機能は脳のなかにはどこにもない」というお話。心っていって私たちは心臓のあたりをさしてるけど、そこに心なんてものは実態としてないし、じゃあこの感情はどこにあるの? 脳なの? じゃあ脳と気持ちって一緒なの? と。でもそれはなんだか違う気がする…っていう話を永遠する贅沢。

――“意識は体が動いた時にでる産廃だ”っていうお話が理解できた時は「うわー!」ってなりました(笑)

そうそう、あれはね本当に面白い! 体をベストコンディションに保つために生きているわけで、気持ちのために生きているんじゃないんですよね。でも間違えがちじゃないですか。

30代頭に自分のバランスが悪いなって感じたことがあったんです。体が脳の入れ物みたいになっちゃって。脳が欲求することを満たすために体を動かすようになっていたんですね。例えば「観たいものがあるからあっちに行く」「あれが食べたいからあそこに行く」というように。脳が司令塔みたいになって、体を動かしている。「これはバランスが悪いぞ」って思いました。体を動かすために頭を使ってなかったから。

じゃあ体を満足に動かすために脳を使おうとすると、ぜんっぜんできないんですよ。その時はボクシングを習ってたんですけど、脳がどう指令を出せば体が思うように動くのかがわからなかった。「これは両方の通りを良くしておかなくちゃダメだ」と思いました。体を主にする時間を持つ必要を感じました。今回、中野さんと話をして、「生まれた時点ですでに80点。そこからの人生はボーナスステージのようなもの。ならば、できるだけ身体機能を傷つけず生きることが使命なのかもしれない。だとすると、身体が機能した結果に生まれてくる感情なんて言う産廃みたいなものに左右されて、体のパフォーマンスを悪くするのは愚の骨頂じゃん!」と思いましたね。

――中野さんが「恋愛みたいなオプションのために命を落とさないで」って仰ってたのが、すごい言葉だなあと思いました。

主客が逆転すると、そうなっちゃうんですよね。そういう時って感情が過多になって心が中心になってる。だからバランスが崩れる。ありがたいことに、私の知りたいことについては全部、中野さんがヒントを持ってるんですよ。ポンポン出てくる。

――中野さんが「結論は自分で考えるように本も書いている」って仰ってましたね。

そうです。わかんないことが、「わかんない! わかんない!」から「わかった!」となった時の楽しさを知って欲しいと思います。

――対談の中でスーさんが「“よく生きたい”と思っているけど、なにが“よく生きる”ことになるのかわからない」と仰っていましたが今はどうですか?

“よく生きたい”という理想を追い求める気持ちはありますよ。ただ8人の方との対談を一冊の本にまとめてみて改めて、ロールモデルが明確にないのがこれからの時代なんだろうな、と思いました。

少し前までは、一軒家を買えばいいとか、子どもが何人いればいいとか、そういう決まったゴールがありましたよね。でも、これから先は違うような気がします。なので“よく生きたい”と思ってもそれがパキッとわかんないのは当然だなと。“その都度、自分で考えて自分で決めるしかない”と、今は思ってます。

――スーさんの思う“よく生きたい”っていうのはどういう意味なんでしょうか?

“よく生きる”というのは…“正しく生きる”ではなくて、“後ろめたくなく生きる”ってことかなあ。“自分に後ろめたくなく生きる”。他人や世間にではなくて。“自分に後ろめたい生き方はしたくない”ってことですね。

「自分に過剰な期待をしたり、うぬぼれたり、極端に自己評価を低くしたりしないで、利己的になりすぎず、ちょうどいい塩梅で生きる」とはどういうことか。いまはそれを見極めている感じですね。


[おすすめ]【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

田中俊之さん対談:恋愛と結婚は別。がっぷり四つに組む共同体として考えたら選ぶ相手は変わってくる

私たちが子どもの頃には耳にしなかった「男性学」というものを田中さんは研究されています。ここ数年で耳にする頻度はぐっと上がりました。私は“生きづらさ”は女性だけの問題ではない、と思っていて、そのことを誰かと話したいと思った時には田中さんを呼ぶ(笑)。そうすると、色々教えてくれるんです。

戦い方は人それぞれなので、誰かに自論を強制したり、たったひとつの正解を見つけるつもりはありません。ただ私は「向こうは向こうで何かしら負荷がかかっているから、お互いがそれぞれの問題に取り組んでいかない限り、どちらかの問題だけが解決することはない」という考えなんです。

――スーさんが良く仰っている、「男性も女性も“せーのっ”で変わらないと変わらないよね」っていうお話がいつも本当にそうだなあって思っています。

女性の問題は男性の問題と表裏一体だと思います。

――田中さんが「恋愛と結婚は別」ってサラリと仰っているのが印象的でした(笑) 男性が普通にああいうことを言うのがビックリ! と(笑)

ね(笑) ひと昔前だったらあんなことを言ったら「酷い! 外で浮気するんでしょ」となったと思うんですが、そうじゃなくて、がっぷり四つに組む共同体となると選ぶ相手は変わってくるんじゃないの? っていう誠実なお話ですよね。

――しかしこれも「私がオバさんになったよ」世代だと「なるほど!」っとなりますが、20代とかだとまだ「ん!?」ってなるかもしれませんね(笑)

そうですね。やっぱり『私がオバさんになったよ』と聞いてザワッと来る人が読んだらいいんでしょうね(笑)

海野つなみさん対談:ものすごく普通な人が“天才”であるという救い

海野さんが描かれた『逃げるは恥だが役に立つ』というマンガがありますが、100年くらい経ったら「あれが大きなターニングポイントだった」と言われるんじゃないかと思っています。女性が抱えるイシューをマンガとしてあれだけ鮮やかに日常から切り出した人はいないと思うんです。この時代に生まれて良かったと思いました。この物語がオンタイムで進行しているタイミングに生きてて良かったなあと。

で、どんな天才が描いたマンガかと思ったら、普通の生活を送っていらっしゃる私と同世代の女性なんですよね。私が思う“天才”って破天荒だったり華やかだったり鬼才と呼ばれるような人だったり、人と同じような生活は一切できない、一度描きだしたら止まらない! といったイメージがありました。ですが、海野さんはそうではない。そこが私、嬉しくてしょうがないんです。

何かを犠牲にしないと最高のものは手に入らないとか、悪魔に魂を売らないといけないとか、そういうことじゃないんですよね。酒井順子さんも仰ってましたが、常に120点を求めるんじゃなくて、70点80点を常にとっていくことが大切だと。上にはいくらいってもいいけど下を下げないっていうお話がありましたが、同世代の海野さんと少し上の世代の酒井さんが同じことを仰っていて、同業というとおこがましいんですが、モノを書いて載せてもらうという仕事をしている身としては、「よしよし私これでいいんだ」って思えました。

――海野さんは本当に普通でいらっしゃって…でもあれだけ普通って普通じゃないとも思ったり。

そうですよね。海野さんはドラマツルギー(※)をひねってひねっていたら王道に着地したと仰ってましたが、ああいうプロットを思いつく才能、それを飽きさせないよう展開する力が、天から授けられたものだとか、非常に厳しい環境で生まれ育ったからこその賜物ではない、っていうのはおおよその人間にとって非常に救いだと思うんです。そういうのなくても別に良いんだな、関係ないんだなって(笑)

※ドラマツルギー:戯曲の創作や構成についての技法。作劇法。戯曲作法。(デジタル大辞泉の解説より)

――思います。特別な経験をしていないとすごいものは作れないんじゃないか、とか思いがちですよね。

そう。なにか特別なことを体験してないとって多くの人は思いがちですけど、そんなことはないという。海野さんは本当に飄々としていらっしゃいます。

――中野信子さん、田中俊之さん、海野つなみさんとのお話もスーさんが感じる番外編、のような思いがとても面白く、スーさんだからこそああいった対談になったんだな、と改めて感じました。いよいよ最終回は「ライムスター」のラッパー宇多丸さん、エッセイストの酒井順子さん、文筆業で自称漫画家の能町みね子さんとの対談のお話です。

最終回はこちらから

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

ジェーン・スーさん プロフィール

ジェーン・スー
1973年、東京生まれの日本人。コラムニスト、ラジオパーソナリティ。
現在、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」のMCを務める。
『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』で第31回講談社エッセイ賞を受賞。
著書に『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』、
『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』、『生きるとか死ぬとか父親とか』などがある。

私がオバさんになったよ

¥ 1,512

人生、折り返してからの方が 楽しいってよ。 考えることをやめない。 変わることをおそれない。 間違えたときにふてくされない。 ジェーン・スーと、わが道を歩く8人が語り尽くす「いま」。

関連記事

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

https://wome.jp/articles/2200

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

30代後半から40代前半にかけた、いわゆる「アラフォー」世代では、生理不順や月経前症候群(PMS)が酷くなるなどの症状が起こりがちです。「これって、もしかして更年期?」と心配になる人もいるでしょう。こうした、アラフォー世代が悩んでいる「生理」に関する不調に関してまとめてみました。


生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

日本女性の平均的な閉経年齢と言われている50歳に向けて、40代半ばあたりから体調の変化を少しずつ感じ始める女性が多いようです。生理不順、イライラ、ホットフラッシュなど、更年期障害には心と身体に影響を与える様々な症状があります。いざという時にその症状に悩むことのないよう、今からしっかりと更年期の症状を知っておきましょう。


肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

おふくろの味としてみんなが大好きな肉じゃが。少し残ってしまったときに使える、簡単便利な変身レシピを2品お届けします。


いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

今、高視聴率のドラマが話題になっても、「いやいや、あの頃のドラマの衝撃に比べたら…」と感じているアラフォーは多いはず! 今回はタイプの違うなつかしドラマ3選をピックアップ。いろいろな意味でハラハラドキドキした作品たちです!


「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

化粧品でもすっかりおなじみの言葉になった「ヒアルロン酸」。保湿力に関係あるものだとは思うけれど、いったいどんなもの? と思う人も多いのではないでしょうか。そこで、改めてヒアルロン酸を徹底分析。お肌の中でのヒアルロン酸の役割や、40代のお肌ではヒアルロン酸がどうなっているのかを調べてみました。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google