紫外線A波 B波 SPF PA 紫外線の種類についておさらい!

紫外線A波 B波 SPF PA 紫外線の種類についておさらい!

美肌づくりは紫外線対策から!今回は紫外線の種類の違いによる肌への影響と、予防法を紹介します。いつまでも白く健康な美肌を保つため、紫外線の特徴をしっかり理解して対策しましょう。


紫外線A波はじわじわとシワ・たるみを引き起こす

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

紫外線は波長の長さなどによってA波、B波、C波の3つの種類に分けられ、その中で地上まで届き私たちの肌に影響を与えているのがA波とB波の2種類。95%はA波です。
このA波は、数年後に肌トラブルとなって現れるおそろしいタイプ。エネルギーは比較的弱いので、浴びてもすぐに影響が現れず、肌へのダメージをじわじわ…と蓄積していきます。

紫外線によるシワやたるみは、主にこのA波が原因だと考えられています。
肌の深い部分にはコラーゲンなど肌のハリを生み出す大事な細胞があります。波長の長いA波はこの部分まで届くため、大事な細胞にダメージを与えてしまい、結果としてシワやたるみが起きてしまうのです。

A波の困った点は、季節や天気を問わず降り注ぐ上に窓ガラスなどをすり抜ける性質のため、屋内でもダメージを受けてしまうこと。当たっても肌へのダメージがすぐに見えないので、影響が少ないように思われがちで対策を怠ってしまう人が多いのですが、長い目で見ると肌のコンディションを悪化させる大きな要因になっています。面倒だなぁ…と思っても、適切な対策を行いダメージを蓄積させないことが大切ですよ!

美白の大敵 肌を黒くする紫外線B波

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

B波は地上に到達する紫外線の5%程度しかありませんが、少ないからといって侮るなかれ。強力なエネルギーを持ったB波は、肌に対して大きなダメージを与えます。炎天下で皮膚がヒリヒリと赤くなってしまういわゆる「日焼け」の状態は、紫外線B波が原因なのです。

B波が肌に当たると、メラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素が活性化し、メラニンが過剰に作られます。通常、メラニンは肌のターンオーバーによって排出されるものですが、あまりに多く作られてしまうと排出しきれず、肌に長く留まってしまうので、肌の色を黒くしたり、シミが出来たりする原因になってしまうのです。

また、B波の強いエネルギーは表皮細胞を傷つけてしまうので、エネルギー代謝の機能自体を損ねるおそれがあります。そうすると肌のターンオーバーが正常に行われなくなったり、潤い成分の生成量が減りお肌の乾燥の原因にもなってしまうので、日焼け止めは絶対に怠らないようにしましょう。

SPF?PA?この値の意味って?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

紫外線対策に必須の日焼け止めアイテム。みなさんはパッケージに必ず記載されている「SPF」と「PA」とは何のことだか、正しく知っていますか?

「SPF」は、皮膚のヒリヒリや赤みなどすぐに影響が起きるタイプの「紫外線B波」を防ぐ値です。
個人差はありますが、人の肌は大体20分程度日光を浴び続けると、翌日にひりひりと火傷した日焼け状態が起きます。SPF○○と書かれた数値は、この20分を「○倍に増やす数」という意味なのです。
SPF20なら20分×20で7時間弱、SPF30なら20分×30で10時間の間日光を浴び続けると日焼けが起きる、ということになります。効果の強さではなく、効果が続く時間の目安なんですね。数値が高いとそれだけ肌への負担もあるので、状況に応じた使い分けが大切です。

一方PAは、シワやたるみなどを長い時間をかけて引き起こす「紫外線A波」を防ぐ値。
+が多ければ多いほど効果は高くなります。最近ではPA++++という商品も出てきていますが、これは極めて高い効果があるというレベルでしっかりと対策を行うことができますが、PA+++でも充分に効果があるレベルです。

物理的なカットと毎日のケアが重要

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

日焼け止めだけでは完全に紫外線を防ぐことはできないので、日傘やつばの大きな帽子をかぶるなど、物理的なカットも意識しましょう。また、目から入る紫外線はとても怖いものなので、UVカット機能の入ったサングラスを着用すると良いでしょう。

日々の肌ケアではビタミンC誘導体が効果的です。最近では美白の代名詞にもなっていて、効果が高いということで多くの化粧水や美容液に使われていますよね。ビタミンC誘導体はメラニン色素を排出するだけでなく、新たなメラニン色素の生成を防ぐことに優れているのです。シミやくすみを解消しながら、トラブルの元となるメラニンの生成を抑制することで白く透き通るような素肌を実現できますよ。

努力なくして美肌は実現できません!表立ったトラブルが現れていなくても、対策を行っていれば早めに原因を取り除くことができ、数年後も白く健康的な美肌を継続できるはずです。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

食べ飲み・おでかけ・動物・音楽が大すき。

関連する投稿


美肌への一歩はクレンジングにあり!【アラフォーから始める美肌作り#1】

美肌への一歩はクレンジングにあり!【アラフォーから始める美肌作り#1】

新連載、アラフォーから始める美肌作り。第一回目はズバリ“クレンジング”です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに美肌の秘密をたっぷりと語っていただきます。


紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

「日焼け止めは夏だけでいいのよね?」と、誤解してはいませんか? 確かに、夏場の紫外線は凄まじいものがありますが、秋になったからといって、紫外線がゼロになっているわけではありません。紫外線対策に手を抜きたくなる季節ですが、実は対策ゼロはとっても怖い! もしかして、「日焼け止めは夏だけ」なんてこと、ありませんよね?


「最近ハグしてる?」「キスしてる?」「イチャイチャしてる?」スキンシップがもたらす恩恵とは?【神崎桃子の恋愛指南 #15】

「最近ハグしてる?」「キスしてる?」「イチャイチャしてる?」スキンシップがもたらす恩恵とは?【神崎桃子の恋愛指南 #15】

ハグやキス、イチャイチャのスキンシップ最近してますか? どうやら…これをするとしないとでは女度だけじゃなく、健康にも関わってくるみたいなんです…。大人気恋愛コラムニスト神崎桃子さんに、そのあたりを詳しく教えていただきましょう!


秋肌に差がつく! 食べ物&飲み物でできる紫外線ケア

秋肌に差がつく! 食べ物&飲み物でできる紫外線ケア

ギラギラした太陽、夏休みに旅行に海に……と夏を満喫していますか? 季節を問わず行う紫外線対策は今やマスト。日焼け止めはこまめに塗り直して、外出中は日傘や長袖で防御と気を使っていても、実は普段の食事でその効果は半減しているかも⁉ 体の内側から紫外線対策をして、強い日差しに負けない美肌ケアが大切です。


プロが教える! ヘアカラーを美しく長持ちさせる方法【アラフォーからのヘアケアレッスン #5】

プロが教える! ヘアカラーを美しく長持ちさせる方法【アラフォーからのヘアケアレッスン #5】

そろそろ夏も本番!髪色も少し変えてみようかなという方も多いでしょう。「うん♡ 今回のヘアカラーの色いい感じ♡」とルンルンで過ごした数週間。しかし、「アレ? こんな髪色だったかな?」と思うことはないでしょうか。カラーはしてみたもののカラーした後に気になるのはその色持ち。日常のほんの少しのケアでカラーがずっと長持ちします。


最新の投稿


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもが誕生すると、夫婦二人だけの生活から一変します。父親も母親も愛する子どもの成長を見守る気持ちは同じはずなのに、夫婦の意見が違うことで言い争いに発展することもよくあります。今回は、子どもの教育方針を巡って、夫婦で意見が食い違うと悩むアラフォー妻からの相談です。


小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【40代夫婦の寝室事情#1】

40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【40代夫婦の寝室事情#1】

いよいよ恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の新連載がスタートします!夫婦問題で数々のご著書もある三松先生にWOMeで執筆していただくにあたり、やはりここを語っていただくしかない!と、【40代からの夫婦の寝室事情】について踏み込んでもらうことになりました。第一回目は「40代は女ざかり!」という心強い内容です。


ポイントは「インスタ映え」!SNS映えの方法を知って、独立・起業に活かそう【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

ポイントは「インスタ映え」!SNS映えの方法を知って、独立・起業に活かそう【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

世の中は空前の“映え(ばえ)”ブーム! ある分野においては成功のカギは“インスタばえ”にかかっていると言っても過言ではないかもしれません。「ばえが関係ある業種で独立・起業しようと思っていませんよ」という方も、SNSの活用術は知っておくべきです。今や口コミがお店を左右する時代なのです。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター