夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


夫婦仲相談所所長 三松真由美さんの大人気連載【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】第32回目はズバリ「夫婦の一番の潤滑油は“セックス”」というお話です。

セックスレス問題が日々取りざたされる日本において「夫婦の一番の潤滑油は“セックス”」と言える夫婦はいったいどのくらいいるのでしょうか? そして、なぜセックスが夫婦の一番の潤滑油といえるのでしょうか?

今回もたっぷり三松節で教えていただきました。

喧嘩したあと仲直りするきっかけ

前回『セックスレス亡国論』(朝日新書)の著者鹿島先生の解説をもとに「セックスレスの理由=面倒くさい」について考えました。

私は、あえてその面倒くささを克服すると男女関係がしっくりゆくことを謳い続けていました。この本のテーマと一致しています。夫婦関係の潤滑油がセックスだということです。ちなみに、私の持論は「セックスの定義は“挿入→射精に限らない”」なのですが。
さて潤滑油について考えてみましょう。

食欲と性欲を邪魔されるとストレスを感じる

Getty logo

人間が怒るのは、セックスと食べ物の禁欲を強制されたときです。レストランで、おなかがすいているのにオムライスが30分来なかったら・・確かに怒ります。セックスの禁欲は家庭内で夫に(妻に)断り続けられることによってできるシーンとなります。「だめ、眠い、疲れてる」が3ヶ月続くと禁欲せざるを得ない状態に突入。怒りはしないかもしれませんが相当なストレスです。

そして、怒り、ストレスを解消するのはオーガズムです。

女性はオーガズムを得ることで、ホルモン分泌がよくなって、脳科学者の皆さんが言われるように脳内伝達物質があれやこれやジュワジュワ動く。

「こんないい気分になるなんて女に生まれてよかったわ」的満足感が湧きます。鹿島先生も「オーガズムが確保できれば喧嘩はしない」と書かれています。私が以前行った調査では喧嘩したあとセックスで仲直りできる夫婦は半数以上いました。インタビューもしました。「腹が立っていても、怒りを上塗りするくらい夫とのセックスは気持ちが良い」「こんなことで許してもらおうなんてふざけないで! と思いながらも許してしまう」という、喧嘩リカバリーをセックスが後押しする発言もありました。喧嘩で興奮しているからさらに興奮が高まるかもしれません。

「こんなひどい奴に快楽を与えられるなんて悔しい」という気分は燃える要素のひとつです。“ストレス”と“セックス”はなかなか密接な関係があります。よって、セックスレスは夫婦の緊張感を高め、夫婦喧嘩の仲直りのきっかけを喪失していることになるという鹿島先生の意見は論理的です。

もちろん、オーガズム一点集中ではなく、そこに至るまでのハグやスキンシップで男女とも安らぎを感じます。

「喧嘩しているのにそんなことできない!」というのが一般的な意見でしょうが夫婦仲ラブラブの達人たちはそんな自己主張はしません。ストレスは、なるはやで解消することが円満の要因ということを理解しているのです。寛大になりましょう。今こそ聖母マリアを、マザーテレサを、観音様をめざそうではありませんか。

オーガズム無縁女性への助言

セックスレス相談でよく出てくる「今までオーガズムを感じたことがありません」という発言。これは、マスターベーションで探索、確認、開発するしかありません。

開発に長けているパートナーですと、開発を委ねることができますが、そんなパートナーは数えるほどしかいません。砂場に落ちた1円玉を探すほどむずかしいことです。

「オーガズムがどんな状態かわからない」という女性は年齢に限らずいます。“50代で子どもあり”でもわからない方はいらっしゃいます。痛みしか知らない女性もたくさんいます。

よって、わからないことを自虐ネタにせず、今から開発すればよいのです。オーガズムに関しては「時すでに遅し」ということはありません。私が行った調査ではオバフォー、オバフィフでオーガズム体感率は高い数値が出ています。

オーガズムは膣括約筋と会陰、膣入り口から3分の1の箇所が収縮をし始める感覚です。官能小説、レディコミでは「ビクン、ビクン」と表現されます。言い得て妙なり。これはまず自分で試してみないとツボがわかりません。

ミスユニバースジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんは、オーガズムを伴うセルフプレジャーを勧めています。精神安定をもたらす行為として捉えているのです。パートナーがいない人はひとりでしましょうと。

1日1回のオーガズムで医者いらず。名言です。

オーガズム問題はまだまだ奥深いので今後も書き進めてゆきます。お楽しみに。

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美

ラブダイエット スイーツなしで体と心を満たす美の教科書

肌と肌の触れあいこそ最高のダイエット。愛情が補充されれば、食べすぎない。 人気栄養コンサルタントによる 体にも心にも栄養を与える法。 心のさびしさ、虚しさをスイーツで埋めている女性が多いことに危機感をおぼえたエリカ・アンギャルさん。真面目で優しい日本女性は、自分のことよりも、夫や子供や恋人や仕事のことに一生懸命になりがち。でもそれが女性たちを疲れさせ、甘い食べ物に逃避することにつながっているのではないか、他者へばかり愛情を注いで、自分への愛情は足りてないのではないかと思うに至りました。 愛情と食べ物の関係を、体の機能から解き明かし、そこからハグやキス、セックス、フラートなど肌と肌の触れ合いによって心と体の感受性をあげ、他人も自分も健やかに愛す方法を提案します。エリカさんと一緒に真面目に率直に、自分の体のことを考えましょう!

セックスレス亡国論 (朝日新書)

セックスレスに結婚氷河期と、お寒い限りの日本のカップル事情。それは資本主義の避けられない宿命なのか!?  古今の性風俗に精通する仏文学者の鹿島教授に、性愛文化に憧れ渡仏した熟女ライターが挑み、セックスレスの歴史と真実がひもとかれる。悩める男女に希望をもたらす警世の書!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

アラフォークライシスに苦しむアラフォー女性はセックスレスにも悩んでいる!?数万組の夫婦のセックスのお悩みを聞いてきた、すずね所長こと夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにアラフォーセックスレスの現状について教えてもらいました。


「面倒くさい」がセックスレスの理由ってどういうこと?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#31】

「面倒くさい」がセックスレスの理由ってどういうこと?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#31】

“セックスが面倒くさい”これが理由でセックスレスの夫婦も多いでしょう。いったいなぜ面倒くさいのか、めんどくさくなくなる方法は? ネガティブなセックス観を変える方法は? 人間の歴史は“面倒くさい”を乗り越えた歴史だった!? 夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生に教えていただきました。


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


2019年5月 後半編(5/15~5/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年5月 後半編(5/15~5/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。5月後半の運勢のポイントを要チェックです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター