「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】 | 大人のワタシを楽しむメディア
「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


別居をしていて離婚協議中だというから付き合い始めたのに、子どもが可愛いくなってしまい子どもが成人したら離婚するという。

「この言葉信じていいの?」

というお悩み。アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。

大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。

離婚調停中だと言っていたのに離婚は子どもが成人したらと言われた

【お悩み】6歳年上の彼と付き合い始めて4年が経ちました。不倫なんて考えられないと思っていた私が彼と付き合うことにしたのは彼が既に別居していて離婚協議中だと話をしていたからです。ですが、子供のことがやっぱり可愛いのか、子供が成人するまでは離婚できないと最近言われました。彼のお子さんは今8歳です。成人するまであと12年…私は51歳になっています。彼は57歳…その時、結婚して何になるんだろう?  と思ったりもしますが、彼の「嫁の事は愛していない、愛しているのはお前だけだ」と言う言葉に別れられずにいます。事実、彼は私をとても愛してくれます。半同棲状態でもあります。私はどうすれば良いのでしょうか。

不倫はふたりだけの問題ではない

Aさんは身動きが取れない状況というところでしょうか。

今のAさんは、彼のことが好きで一緒にいたいし、どうなるか先が見えないけれど
彼の言葉に引き留められ、動けないのでしょう。

しかし彼がどう言おうと“妻”という相手があることです。妻が離婚に応じなかった場合、また妻が納得しても子供が納得せずにそのまま婚姻関係が続き、さらに長引く可能性もあります。

不倫中の男性の、「子供が成人したら」「嫁の事は愛していない愛しているのはお前だけだ」などのセリフはほぼ全員同じです。

しかし、その後どうなるかは人それぞれです。

例えば

・結婚する為に女として一番大事な時期を彼に捧げていたけれど煮え切らないので、40歳を前に決意し別れたが新しいお相手も見つからずよりを戻した方。その際に妻と別れるという以前の約束もうやむやになり、今もモヤモヤしたまま関係を続けている。

・28歳で41歳の彼と出会い、彼が出張の度、彼女の元に通うというお付き合い。彼女は子供が欲しいけれど、彼は子供が成人しても離婚せず、そのままの関係で15年。現在彼女は43歳。

・妻にバレて半狂乱になった妻から、嫌がらせメールや職場への電話、待ち伏せなどにより、引っ越しをしたけれど怖くて身を潜め、鬱になり引きこもってしまった方。

・もう愛していないはずの別居中の妻が妊娠したことが分かり、ショックを受けた方。

妻や子供という存在がある事ですので、2人だけの問題ではありません。

まずは、あなたがどうしていきたいのかということです。

どんなことも乗り越えてこの人と一緒にいたいのか? 考えた結果別れようと思うのか。

不倫をしながら良い相手を見つけようと思っても無理

カウンセリングをしていて思うのは、きちんと別れる覚悟をして、その心の整理のためにカウンセリングを受けた方は心がすっきりすると、次にもっと素敵な方に出会います。

不思議なのですが、ご本人が納得すると今までまとっていた暗いオーラのようなものが取り除かれるのを私は感じます。不倫という関係は暗いオーラをまとっているように感じます。

不倫を続けながら「これではいけない」と、新しい相手を探しても良い方は現れません。

人は雰囲気を発するものですから、暗いオーラをまとっている人には、残念ながらそのオーラに見合った人が寄ってきます。

Aさんは彼が離婚してくれるのを待っているのですよね。

でも、このままだと、多分このままです。
私が思うのは、納得しない関係が長く続いている場合、そのままの関係がずるずると続きがちです。

何とかしたい、と強く思う気持ちは長くは続かないので、お互いに本当に何とかしたいと思っている場合のみに変化が起こると思います。

何とかするにはエネルギーが必要です。

「この人と一緒にいたい!」と思う、「この人を離したくない!」と思う時に、動かなければ、そのまま時間ばかり過ぎていきます。

何かアクションを起こしてみる時かもしれません。

「今後ふたりはどうなりたいのか」「私はどうしたいのか」「叶わないならば、関係にけじめをつける」、などと自分の中でしっかりと決めることです。

自分が別れを告げることを脅しのように使い、「きっと彼が引き留めてくれるだろう」という考えはもたず、相手に伝えることです。

喧嘩をしたときに「もう別れましょう!」なんて言うことがあります。これはほとんどの場合、本気ではなく、相手の気を引くためのものですね。

本当に別れる人はそんなに感情的にはなりません。冷静に淡々と別れていくものです。

勢いで別れるとずっと心に残ります。なぜならあなたの心はまだ準備ができておらず、売り言葉に買い言葉の勢いでした行動だからです。

まずは自分の心を見つめていきましょう。そして自分の意思を伝える勇気を持ちましょう。

自分の気持ちを見つめ、自分で決断する

Getty logo

その答えがAさんの願いと違うもの、話しあっても納得のいかない関係を求められるのであれば、けじめをつける時ではないでしょうか。

自分で決心し起こした行動でうけた傷は時間とともに癒えるようになっています。

しかし、友達に言われたから、占いで別れた方が良いと言われたから…などと
人に頼って本意でないことをしてしまった傷は後悔として残ります。

決めるのは自分です。

また不倫をする人の例として、家庭は家庭で、とてもうまくやっている人もいます。不倫している満たされた余裕から奥さんや子供にも優しくなれるのです。

仕事も順調、家でも恵まれていて、そしてさらに欲が出て、うまくいっている時ほど他に目が向く余裕があるのです。

今の状態だと彼が言うことのみを信じるしかありませんが、夫婦の問題でお悩みをそれぞれに個別に聞いてみると、言い分が全く違います。

本当に全く違うのです!

Aさんは「不倫なんて考えられない」と思っていた方。

本当に彼が破局していていつかあなたのところに来るならばよいでしょうが、Aさんが破局の原因になった場合、罪の意識で悩みませんか?

実際、夫に不倫された妻たちの悲しみ、怒り、苦悩は計り知れません。

あまり幸せそうでない例ばかり上げましたが

ひとつ友人の良い例も上げましょう。

別れた彼が彼の以前の行動を反省しやり直したい、と、プロポーズしてきたという友人がいます。自分も40歳を前に他に好きな人もいないし結婚なんてそんなものかな、と婚約しました。

その後、ひょんなことから知り合った男性から猛アプローチを受けます。彼女は心から彼に恋をするのですが、ここで彼から3年間別居している妻がいる事、子供が可愛くて離婚はしていないことを聞きます。彼女は、不倫する男のよくあるセリフだとは思うのですが、彼を好きだという気持ちは確かなものだと気づきます。

そこで、彼女は婚約を破棄するという大変な手配(式場キャンセルや相手方へのお詫び)を淡々と一人でこなします。そして、妻とのことは彼から聞いているだけではわからないけれどお子さんに悪いと思い彼にも別れを告げます。

きっぱり別れを告げてきた彼女に1年だけ待っていて欲しいと彼は言いました。

彼女は自分の辛さや幸せよりも彼が大事にしているお子さん、そして妻に悪いと身を引きました。しかも、こんな気持ちで結婚するのは婚約者に申し訳ない、と、自分の婚約も破談にし、すっぱりと一人になったのです。

そして、約束の1年後、彼は妻と子供のことも十分話し合いお互いに納得する形で離婚を成立させ、友人にプロポーズしました。結婚して6年。二人は今もお互いを大事にしているのが分かります。

自分が寂しくないよう、傷つかないようにという自分本位な考えではなく相手の立場に立てる女性は魅力的です。そしてその潔い行動が彼に、「この人を離したくない!」という気持ちにさせたのではないでしょうか。

彼とのことを真剣に思うのならば、彼の背景も冷静に考え、行動してみては如何でしょう。

心理カウンセラー 鹿屋由佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

東京・福岡を拠点に講座や面談カウンセリングを行う。ボイスマルシェ電話カウンセラー、テレビ番組のコメンテーターなど幅広く活動中。

関連する投稿


“再決断療法”で心の奥底に隠されている“想い”を解放する 心理カウンセラー鹿屋由佳さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“再決断療法”で心の奥底に隠されている“想い”を解放する 心理カウンセラー鹿屋由佳さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

恋愛心理カウンセラーとして2,000人以上カウンセリングを行い、女性に圧倒的な支持を得る鹿屋由佳さん。その慈愛に満ちた優しい眼差しと絶対にクライアントをサポートするという強い意志で多くの人の心を救ってきました。日本ではまだまだ一般的ではない、心理カウンセリングの世界についてお話を伺いました。第一回です。


『こじらせない離婚』著者:“円満”離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』著者:“円満”離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

三度の離婚、一度の事実婚~そして解消、とご自身が結婚・離婚のプロフェッショナル! “円満離婚弁護士”として多くの離婚を円満解決へと導く原口未緒さんにご自身の結婚・離婚のこと、最近増えている離婚案件などについてご著書『こじらせない離婚』を基にお話を伺いました。インタビュー第一回です。


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


バツイチの3人に1人が○○!「再結婚式」で注意すべきこと【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#3】

バツイチの3人に1人が○○!「再結婚式」で注意すべきこと【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#3】

なんと離婚した3人に1人が再婚しているそう! 再結婚式に出席する確率もこれからますます多くなりそうですが、そんな時に注意すべきポイントってあるのでしょうか? 世界で活躍するトップウエディングプランナー葉山泰子さんに教えていただきましょう♪


なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

どんな夫婦でも、望んで仮面夫婦になるわけではありません。 仮面夫婦とは「互いの無関心」が長い間積もってでき上がってしまった形。それは、すれ違いから始まります。 具体的にどんな原因で仮面夫婦になってしまうのか、また予防するにはどんな策が有効なのか、見てみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google