知らなきゃ損!今すぐ見直そう お肌の悩み別美容液の選び方と使い方 | 大人のワタシを楽しむメディア
知らなきゃ損!今すぐ見直そう お肌の悩み別美容液の選び方と使い方

知らなきゃ損!今すぐ見直そう お肌の悩み別美容液の選び方と使い方

40代になると女性ホルモンのバランスが変化し、30代と同じお手入れ方法では紫外線の影響やお肌の老化がはっきりと出やすくなります。だからこそ、年齢に合った適切なケアを行っていくことがとても重要。今回は、お肌の悩み別、美容液の選び方をご紹介します。


1本だけじゃダメ?万能な美容液なんてありません

肌が老化する原因は大きく分けると、「加齢」「紫外線」「疲れやストレスなどの生活環境」の3点と言われています。すなわち、これらが原因となって、乾燥肌や、シミ、シワ・たるみなどの肌悩みが引き起こされているのです。

さて、多くの40代女性が、保湿、美白、シワ・たるみ対策を1本の美容液に求めているのではないでしょうか。しかし、残念ながら1本ですべてに効果を得ることは難しいようです。

なぜなら、それぞれのトラブルは原因別に有効な成分をしっかりと濃縮させないと効果が出にくいからです。つまり、万能なものを作ろうとすると、成分がバラついてしまったり、研究費や成分費がかかってしまい、高額になってしまうのです。

少し手間かもしれませんが、数種類の美容液を使うことで、それぞれ原因に効果が発揮され、相乗効果が得られ、結果として美肌につながっていくのです。

加齢による肌の老化を防ぐには、ビタミンA誘導体が必要

加齢に進む肌の老化はどんな人でも避けることはできません。肌の老化とは、いわゆるターンオーバー(新陳代謝)の周期が加齢とともに乱れてしまうことにより、皮膚の水分保持能力が落ち、肌のバリア機能が低下して行くことです。
 
肌の新陳代謝は、20代では約28日間(4週間)で一周期され、新しい肌に生まれ変わると言われています。ところが40代になると、約40日~55日かかると言われています。このように、新陳代謝のサイクルが乱れたり、遅れてくると、健康な角質細胞を作り出す速度が遅くなり、肌の水分が失われ、カサつくようになります。
 
くすみやシミの原因であるメラニン色素は、古くなった角質が剥がれる時に一緒に排出されるのですが、新陳代謝が乱れると、角質層に留まることになり、これがくすみやシミとして残るのです。

この、新陳代謝を促すためには、ビタミンA誘導体であるレチノールやプラセンタエキス、コラーゲンなどが良いと言われています。加齢による肌の老化を防ぎ、肌の新陳代謝を促進して、美肌を手に入れるには、これらの成分が凝縮されたものが美容液を選ぶことが必要です。

紫外線から肌を守るビタミンC誘導体やプラセンタエキス

肌トラブルの大敵である紫外線。シミの原因となるだけではなく、コラーゲンと共に肌の弾力を保持するエラスチンを分解し、肌のハリを失わせてしまいます。

また、この紫外線は、肌を乾燥させ肌のバリア機能を破壊するため、肌荒れを起こしやすくし、ニキビの炎症も悪化させてしまいます。

さらには、活性酸素の増加により、肌の老化を進めてしまう光老化を引き起こします。活性酸素は、皮膚の免疫力さえも低下させてしまうので、肌にとって紫外線予防は非常に大切なことです。
 
紫外線を回避するためには、外出せず徹底的に紫外線を浴びないことが一番なのですが、それはさすがに難しいですよね。なので、日中は室内外問わず日焼け止めクリームを塗りましょう。加えて、外出時にはや日傘、帽子などでしっかりと紫外線対策を行うことが大切です。紫外線は一年中降り注いでいますので、夏だけでなく通念を通して注意しておきましょう。
 
紫外線から肌を守るためにはどのような美容液を選べはよいでしょうか。

紫外線の影響を最小限に抑えるには、メラニンの生成を抑制し、コラーゲンを増やす働きのあるビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどが濃縮された美容液がおススメです。

朝と夜、季節で使い分けるなど工夫をすれば効果アップ

肌の老化を招く原因は1つだけではないので症状によって使い分けられるよう、効果が異なる成分が凝縮された美容液をいくつか用意することが大切です。しかしながら、いくつもの美容液を一度に使用することは得策ではありません。

そこで例えば、朝と夜、季節で使い分けるなど、有効成分を効果的に肌に浸透させること考え、使い方に一工夫することをおすすめします。
 
夜の美容液には、睡眠中は成長ホルモンが促されるので、新陳代謝を促してくれる加齢対策のものを使用すると良いでしょう。また、春や夏など紫外線の強い時には、紫外線のダメージを防ぐために抗酸化作用のあるものをつけるようにしましょう。

そして、忘れてはならないのが、生活習慣です。美容液は、成分を理解し症状によって使い分ければ、一定の効果は期待できますが、根本的に肌質を改善し劇的な効果を期待するなら、生活習慣を見直すことも需要です。
 
睡眠は不足していないか、決まった時間にバランスの良い食事をしているか、適度な運動をしているかなどをしっかりとチェックし改善することで必ず美白は手に入れることができます。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデ?と思わせるような素肌っぽい美肌をキープできている女性っていますよね。ファンデーションを使わないって実際どうなんでしょう。シミやくすみは大丈夫か気になりますよね。でもノーファンデは肌への負担も少なく、化粧直しも簡単というメリットも。“ノーファンデライフ”をあなたも始めてみませんか?


手で年齢がバレる!? アンチエイジング用ハンドクリームでふっくらうるおいのある手肌を手に入れよう

手で年齢がバレる!? アンチエイジング用ハンドクリームでふっくらうるおいのある手肌を手に入れよう

年齢が表れる体のパーツは、顔以外でどこだと思いますか?それは手です。手のハリやシワの感じで年齢はバレますし、意外と人からも見られているんですね。メイクもファッションもバッチリでも、手がカサカサだと台無しです。水仕事の後、お風呂の後、外出時など、手に塗ることができるハンドクリームをご紹介します。


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

子どものことでも世間話でも、話しかけても気のない返事しかしない夫。「どうしてちゃんと聞いてくれないの!?」と不満は積もりますが、「結末のない話を聞くのは苦手」という男性は多いのです。 耳を傾けやすい話し方を心がけることで、スムーズに会話を楽しめるようになります。「ながら聞き」する夫に有効な策についてご紹介します。


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google