水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


現在は事実婚でお子さんもいらっしゃるイラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさん。30歳で一度目の結婚をしたさるころさんは3年半で結婚生活に終止符を打ちます。コミックエッセイ『結婚さえできればいいと思っていたけれど』はご自身が「結婚したい!」と強く望み、「こうありたい!」と願う結婚生活に邁進し心折れ離婚する日々が描かれています。


まさにアラフォー女性なら「あるある…」と共感するエピソードが満載。今回さるころさんに『結婚されできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)と現在の事実婚生活を描いた『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえインタビューしました。その前半です。

未来を確定させたかった三十路駆け込み婚

――今日はお話を伺うのを楽しみにしていました! 今朝、テレビをつけたらNHKのあさイチで「いろいろな夫婦のカタチ」特集(※)の事実婚代表で出ていらしてビックリしました(笑)

そうなんですよ(笑)見てくださったんですね! どんな風に編集されているかドキドキしてたんですけど…(笑) 水野さん(女優の水野美紀さん)が、「離婚経験がトラウマなんですね」とおっしゃっていて「そうそう」って思いました(笑)

――数年前に比べたら“事実婚”というワードは世の中に出てきているとは思いますが、まだまだ正しく理解されているとは言えない状況です。今回はさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけど』と『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している』をベースにご自身の経験から考える、結婚や夫婦のカタチなどについてお話を伺えればと思っております。よろしくお願いします。

はい。ありがとうございます。

――まず…女性あるあるだとは思うのですが、30歳を前にして「どうしても結婚したい!」と思うようになったのはなぜなのでしょうか?

私は20歳の頃から一人暮らしをしているのですが、30歳を前にして「誰かと暮らしたいな」と思うようになったんです。それで誰かと暮らすなら結婚しなきゃダメだと思ったんですね。それは両親の影響が大きかったと思います。結婚しない男女が同居するとか許されない感じの家庭だったので。

――ご両親の影響以外に“結婚”というカタチにこだわった理由はありますか?

子どもが欲しいと思っていたので、そうなると結婚だよね、と。当時は色々な結婚のカタチがあるということも知らなかったですし。とにかく人生のパートナーを得て未来を確定させたかった。それが幸せだと思っていたんです。未来を確定された相手と子どもをつくって家族になる。それが私にとって結婚でした。

――パートナーが見つかって、結婚生活をスタートさせるわけですが、その生活に3年半で終止符を打たれます。どうして離婚に至ったのか…という元夫とのコミュニケーションや生活についてはマンガでたっぷり見ていただくとして(笑)いざ「離婚する」と決断するのは勇気のいることだと思いますが、どうして決断できたのでしょうか?

※放送日:2019年4月17日(水)

半年間書き続けた夫への手紙

それがですね、私、半年間くらい、出さない手紙を元夫に向けて書き続けたんです。

――え! 半年間ですか? しかもその手紙は出さない。出さないということは、書くたびに内容が上書きされていく感じですか?

そうです。というのも、なにか上手くいかないことが起こって話し合いをしようとしても元夫とうまく話し合いができなかったんです。

――どういうことでしょうか?

私は気持ちを言葉にするのがうまいんです(笑) 伝えなきゃわからないと思って、不満や要望があればそれを彼に伝えると「そうだね、さるころが正しいね」となって終わる。でも私は、同じことが起きないように問題を解決したいわけで“私が正しい”って終わっちゃうと困るんです。そういうコミュニケーションを続けるうちに、言葉で言ってもその場だけになると感じて、まずは私自身の考えをまとめようと思いました。言って気が済みたいだけなら、手紙に書くだけでいいんです。彼には彼の時間が必要で、すぐ問題の答えが出ないなら、待つ時間を作ろうと。それで“手紙”というカタチで「私が今どんなことを思っているか、どんな家族をつくりたいと思っているか」などを書き始めました。

――なるほど。それが半年間続いたと…

手紙を書いてるうちに、そもそもこの結婚はどういうものだったのか、自分で振り返るんですよね。「仕事も家事も頑張るから結婚して」って私がお願いして結婚したので、いざ家事が大変だとか、仕事がうまくいってないとなってもなかなか向こうに頼れなかった。「自分が言い出したものだし」と。「今こうなっているので、こうしたい」とお願いはしたけど、彼は「うん、わかった」とは言ってくれるものの、特に変化はなくて。彼の変化を待つべきか、それともそもそも無理な設定だったと諦めるか…手紙をアップデートし続けていったある日、迷いなく、完璧に自分の気持ちを書き記した手紙ができあがったんです(笑)


――ついに!

ええ(笑) である夜、「仲良し夫婦のフリしてる。私は世間に嘘をついている」と感じた出来事があって、彼にその手紙を渡したんです。そうしたら、彼がそれを読んで「なるほどね〜」って言ったんですよ(笑)  狼狽するでもなく、悲しそうでもなく。で、翌日「オレは今のままでも幸せだけど、さるころが幸せじゃなきゃしょうがないよね」って言われて、あっさり離婚に至りました。

離婚後の反省の日々のなかで知った“事実婚”

私は「結婚」を甘くみてたんです。まさか結婚したら「養ってもらってるんだからいいでしょう」とギャラを安くされたり、支払いを伸ばされたりするとか想像もしてなくて。結婚したら未来はバラ色だと思っていたのに、突然私のイラストやデザインを「主婦の趣味」みたいに扱う人がいて、衝撃でした。そもそも仕事自体「もうしないんだよね」と勝手に思った人もいたらしくて、年収が3割くらい減ったんです。未来を考えるよりまず、自分の仕事を立て直さなきゃいけなかった。その一貫として“仕事も家事も私が頑張る”結婚を、彼に変えてもらえないかと色々アプローチしたけど難しかった。

――夫婦といっても結局、人間同士のコミュニケーションですもんね…。離婚後は落ち込みましたか?

ものすごい挫折感で反省の日々でした。投稿サイトとかで色んな結婚のカタチや離婚のケースを見まくって他人のトラブルを見ては「自分は甘かった!」って思いました(笑) 世間知らずを痛感しました。私は就職したことがなくて、男女の賃金格差とかも知らなかったんです。でもね、そういう色々な結婚のスタイルを見まくったおかげで日本の結婚制度や結婚というカタチについて勉強することができたんです。その時に“事実婚”についても知りました。今から10年ほど前なので、まだまだ事実婚がメディアに取り上げられることもなかった頃です。

――30歳を前にして結婚したい願望を見事に叶え、3年半で離婚を経験した水谷さるころさん。そこまではよくある話…かもしれませんが、ここからさるころさんは一度目の反省を踏まえ、自分はどういう結婚がしたいのか、どういう人生を送りたいのか、真剣に考えます。インタビュー後半に続きます。※5月17日(金)12時公開予定

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜



水谷さるころさん
1976年1月31日、千葉県柏市生まれ。女子美術短期大学卒業。イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナー。1999年「コミック・キュー」にてマンガ家デビュー。2008年に旅チャンネルの番組「行くぞ!30日間世界一周」に出演、のちにその道中の顛末が『30日間世界一周!』(全3巻)(イースト・プレス)としてマンガ化される。その他の著作に旅マンガ『35日間世界一周!!』(全5巻)『世界ボンクラ2人旅!』(全2巻)などがある。2016年に自身の結婚、離婚、事実婚で再婚したアラサーの10年を描いた『結婚さえできればいいと思っていたけど』(幻冬舎)を出版。趣味は空手。好きな食べ物は「鶏肉+ゴハン」。

結婚さえできればいいと思っていたけど

¥ 1,080

人生に、「結婚」は必ずしも必要じゃないのかも! ? 結婚→離婚→事実婚を経験した著者による、「結婚とは何か」を考える自意識系コミックエッセイ。 「30歳までにぜったい結婚したい! しないと! 」と思って駆け込み三十路婚をした水谷さるころ。 しかし、結婚後の生活は想像していたような素敵ライフには程遠く、そもそも相手が違っていたのでは……と気づき始め、離婚に踏み切ることに。 ただ結婚しただけじゃダメなんだ…自分がどういう人生を送りたいのか考えないと…と離婚反省会を繰り返した後、自分なりの幸せ(=子どもがいるバツ一男性との事実婚)に至るまでの道のりを赤裸々に描いた実録漫画です。

目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで

¥ 1,080

良好な夫婦関係は、産前産後で9割決まる!夫といがみ合わずに暮らしたい!フェアな子育てのための20のルールとは?共働き夫婦のエッセイ漫画。

どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。

¥ 1,080

バツイチ同士の事実婚で再婚したさるころ&ノダD。辛い離婚経験を経て、「女ばかりが家事育児を背負いすぎない」&「男だからって大黒柱にならなくていい」、そんな結婚生活を送るために試行錯誤を続ける日々を描いた実験的コミックエッセイ。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者の大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さん。男性学の第一人者である田中先生からお話をお伺いしてきたインタビュー最終回は現代社会の結婚についてです。


更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期以降、約50年は続くと言われる人生100年時代。ならば、健康に豊かにイキイキと生きたいものです。そのためには更年期の過ごし方がとても大切だそう。女性の健康と更年期問題に寄り添うメノポーズカウンセラーに女性が人生100年時代を幸せに生きるためのヒントを教えてもらいました。


日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!社会問題を個人の問題に転換する恐ろしさ<第三回>【#FocusOn】

日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!社会問題を個人の問題に転換する恐ろしさ<第三回>【#FocusOn】

日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者の大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さん。男性学の先駆者である田中先生に男性の育児休業率の低さなどについてお話を伺いました。インタビュー第三回目です。


更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期は髪の毛にも大きな影響を与えます。女性ホルモンが減少することによって起こる更年期症状のひとつに薄毛などの悩みも含まれるのです。そこで、更年期による髪の毛の悩みを解消する対策法について、更年期の専門家であり毛髪診断士でもあるメノポーズカウンセラーの元井里奈さんに教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

福田和子さん、山本和奈さんに注目!「女性活躍」が国の政策として掲げられ、働く女性は増加し、男性が育児休業を取ろうという動きがどんどん活発になっている日本。ですが、世界から見れば、ジェンダーギャップ指数が110位など、まだまだ遅れているのが現状です。そんな中ふたりの日本人女性が、世界最大級のジェンダー平等や女性の健康と権利に関する国際会議「ウーマン・デリバー(Women Deliver)2019」に参加しました。そこで得た最も新しい世界の情報や報告も交えつつ、女性のエンパワーメントやセクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関して議論する院内集会が開催されたので取材してきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター