自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


…第一回はこちらから
…第二回はこちらから

助産師であり、鍼灸師であり、アーユルヴェーダも勉強されてきた、たつのゆりこさん。自分の膣のお手入れがもっと気軽に出来たら、自分の体が本当に求めている事にも向きあってあげられるはず、といいます。

自分自身を愛おしく思う気持ちも湧き上がってきます。三回に渡ってお送りしてきた膣ケアのお話、いよいよ最終回です。

性交痛に悩む女性たち

私のところには、性交痛の悩みで相談にお越しになる方が意外に多いんです。パートナーがいない方でもいつかその時が来た時に躊躇しなくても大丈夫なように、とお越しになる方もいますよ。性交痛に関しては、実に様々な原因や理由がありますし、意味深いです。多くの方はクリニックに行って医師に相談することではないと思っていたり、医師に相談してみたけど改善されないので、助産師さんなら話を聞いてくれるだろうと私のところに来院されるようです。本当の原因を探すのには時間がかかります。自分の体なのに見えない部分の痛みですから。人によっては内臓に響くような痛みも伴いますから不安ですよね。私の姿勢としては、とにかく寄り添って一緒に原因と対策を考えるということです。何か病気が隠れている場合もありますので、状態によっては、やはり医療機関の受診を勧める時もあります。

――たしかに性交痛の相談場所って思いつかないですね。我慢しているか、あきらめている方が多そうです。ちなみに性交痛を改善する方法は何かあるのでしょうか?

「ちつのトリセツ」(径書房)を読んで、書いてある内容を自分なりに実践していたら、性交痛が良くなりましたと教えてくださる方々がいます。「具体的にどういう実践をしたのですか?」と聞いてみると、「お風呂前後で、乾燥しているところにオイルを塗りこむようにしました」とのこと。私が把握している限りでは、特に下半身が冷えていて、肌の乾燥が強く、筋肉が筋張って、背中が全体的に凝っている方が目立ちます。お風呂の前後でオイルマッサージをすること自体が、自分の体が求めている事に意識を向けることになりますので、いいきっかけになって良いのかと思います。セックスの前にケアすると全然違うからと、せっせとオイルケアしていたらもう諦めていたのにタイミングなのか妊娠出来たという方もいました。特にお風呂前にオイルを塗って入ると、湯船での温まり方やお肌の柔らかさも違いますね。リラックスもできるので、いろいろな相乗効果が得られるのでしょうか。

――たしかに「ちつのトリセツ」でもお風呂でのオイルマッサージが紹介されていましたね。性交痛と一口にいっても人それぞれのように思いますが、効果があると思っていいのでしょうか?

もちろん個人差はあると思いますが、オイルマッサージは、オイルが浸透して細胞レベルで柔らかくなるので、効果があると私は感じています。性交痛の原因は本当に様々ですが、「膣の入口周辺の痛み」は、腎臓が疲れている場合が多いという印象を持っています。東洋医学的な視点ですが、そういうケースだと夜更かしの方が多いです。眠りの質も落ちているからだと思います。慢性疲労状態ですから、性的興奮がなかなかおこらず膣が濡れないのではないでしょうか。そうなってしまうと挿入時にゼリーを塗るだけでは難しいですよね。「膣の内側の痛み」を訴える場合は、膣壁がこっています。そういう場合はお腹も硬い方が多いです。腹部に手術の痕がある場合は尚更です。きれいに縫ってはあるのですが、膣側からの傷跡が年齢も重なり弾力性がなくなっていることがあります。出産時に子宮口周辺を外科的に処置した部分が硬くなっていることもあります。そういう場合はお腹のマッサージも併用します。硬くなった部分に指にオイルをつけて優しく腹壁から温めながら触っていると、ふっと柔らかくなります。

――お腹の手術の痕というと、帝王切開や子宮内膜症、子宮筋腫の手術などをされた女性も多いですよね。私も帝王切開でしたのでお腹に手術の痕があります。それ自体は痛くないですが、たしかに手術の痕のまわりは組織の動きが他の場所と違うことは感じます。

そうなんですよね。でも、このケアは自分ではなかなか難しいですね。膣内に使えるアプリケーター式のジェルを取り扱っているブランドもありますが(YESなど)、日本では知る人ぞ知るブランドでなかなか手に入らないですよね。セルフケアが難しくても、クライアントさんからは、性交痛の一因が分かっただけでも安心した、といわれます。お腹の手術後のセルフケアとして、傷周辺下の組織も常に柔らかくなるように、オイルマッサージしたり、温湿布をしたりして、常に血流を良くすることを日常で心がけておくと、膣の中からマッサージしなくても大丈夫でしょう。

些細な傷跡でも硬くならないように日ごろからお手入れしておきましょう。そうしないと腹部のいろいろな緊張は膣壁の柔軟さにも影響しますので、年齢を重ねた際に厄介ですよ。私もクライアントさんのお腹と膣壁を触って、こんなに関係しているのだと、気がつきました。

――そうなんですね! 私も今日からお腹の傷痕のセルフケアをはじめます!

ぜひやってみてください! そして、セルフケアもですが、パートナーとのコミュニケーションももちろん大切ですよね。セックスは本来お互いのエネルギーの交流ですから、お互いに撫でてさすっているだけでも元気が湧きあがってくるはずです。特に冷えていて乾燥がある時は、気がめぐりません。肌もオイルで潤わしてからの方が、肌の密着度も増し、体温も上がります、性的興奮も起こりやすくなると思います。パートナーの睾丸周辺をマッサージしてあげているという方もいらっしゃいます。そうすると男性器の持続力が違うらしいです。なので、女性に男性器のマッサージのやり方を指導することもあります。「助産師さんから教えてもらった。」というとやりやすいらしいのです。そうでないと誰に教えてもらったのだろうと疑われるそうです。なんだか複雑な気がしますがね。それで女性達の笑顔が増えるのでしたら、社会にとってもいいことですよね。

――そうですね。忙しくてちゃんとコミュニケーションが取れていない方が多そうです。忙しい毎日でも、自分の身体のセルフケア、パートナーとのコミュニケーションのために時間と心の余裕を持ちたいです。

ひとりで悩まないで

女性達が集まって、お茶を飲みながら性の悩みも話し合える場が、もっと増えたらいいな、と感じています。みんなもっと自分の性の悩みを聞いてほしいのです。ただただ語りたいのです。悩みをみんなと共有できる場が出来たら、自分の事も客観視できるようになるでしょうし。以前、講演会が終わった後、ご年配の女性に声をかけていただきました。「日本人はもっと自分の性の悩みを話せる場が必要ですよ。悩みがちょっとでも解放できると、もっと明るい表情になるのにね」仰っていました。海外にお住まいの方でした。落ち着きがあって、姿勢もまっすぐで、堂々と笑顔でお話してくださいました。

――そうですね。みなさん話す場がなくて、ひとりで抱えているんでしょうね。

悩んでいることは、職種関係なくみんな一緒なんです。私でさえ、初めて膣トレの目的で膣内に膣トレ用のグッズを入れた翌朝、ちょっとだけ薄く出血しました。「癌かもしれない」と急に不安になって、同業者に電話しました。「ああ、久しぶりだったんでしょ。使ってないから弱くなっているのよ。」と言われて我に返った始末です(笑) 「そうか、そういう年代になったんだ」と改めて思いました。念のため婦人科検診は早めに行きました。「順調に(年相応に)子宮は委縮していますよ」とにこにこ笑顔で看護師さんに対応していただいたので、なおさら安心。大切に意識して扱いたいと思いました。

――たつのさんにもそんな経験があったとは! なんだかそれを伺って安心しました。

改めて、膣のセルフケアのすすめ

まだまだ日本では、「自分で膣に指を入れるなんてとんでもない。ましてやオイルを入れてマッサージなどしたら、膣内の常在菌のバランスが崩れて、体がおかしくなるからやめなさい」とまじめに言われることがあります。確かに必要以上にやることではないと思います。私も膣口周辺だけ潤わせているだけでも、充分だと思う時もあります。日常が忙しいので。

でも、忙しい方ほど、たまにはゆっくりと自分の膣と向き合ってみてください。忙しくしていた時ほど、ストレスが強かった時期ほど、膣は冷えています。硬くなっています。乾いています。温まった自分の手の平を会陰に当てて、ゆっくり呼吸してみてください。温めたオイルコットンを会陰に当てるのもいいでしょう。「そうするとね。昔のトラウマも和らぐのよ」って、以前レイプされて体調がおかしくなり、今はそれを克服したという体験を持つ方が教えてくださいました。自分の経験を活かしてお仕事をされている方です。

自分を本当に癒せ、成長させられるのは、やっぱり自分自身だとおもいます。来院されるクライアントさんがどんな結果を出されるのか分かりませんが、その過程に助産師として、お供させていただいています。

――膣ケアに現代日本人女性の状況が映し出されているように思えました。たつのさん、とても深くて楽しいお話ありがとうございました! 私もちょっとずつ膣ケアをスタートしたいと思います。

文/北 奈央子、撮影/鈴木 志江菜

たつの ゆりこ
助産師/看護師/鍼灸師

鹿児島県生まれ。
大学病院から助産院、自宅出産と幅広く勤務経験を持つ。鍼灸師としてアロマテラピーと鍼灸を統合した治療室を開設。女性と子供のための治療室「Be born治療室」を開設。全国的にベビーマッサージの普及活動を行い母子支援に従事する。世田谷に「Be born助産院・産後養生院」を開設、院長就任。更年期女性の健康相談室を開設し、現在に至る。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

膣のトラブルは他人ごとではない!現代女性が加齢と共に直面する“腟トラブル”とは。膣が痛くて歩けない、子宮脱だけではない。更年期以降に訪れるあらゆる体の不調は膣が乾燥している等の状態にも現れています。長年、日本人女性の膣を見続け『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんにお話を伺いました。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


2019年5月 後半編(5/15~5/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年5月 後半編(5/15~5/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。5月後半の運勢のポイントを要チェックです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター