転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】 | 大人のワタシを楽しむメディア
転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


ひと昔前は「終身雇用」や「年功序列」という言葉が存在していましたが、今はその言葉さえ死語になるほど、仕事環境が不安定な時代になっています。より自分らしい生き方を求め転職を繰り返す人たちもいますが、結婚生活を送る上で、夫が転職を繰り返す状況は不安ですよね。どうしたらいいのか一緒に考えてみましょう。

【お悩み】転職ばかりする夫。これから教育費がかかるのにどうしたら

結婚して13年。夫は4回会社が変わりました。理由は様々で「給料が安い」だったり「上司がパワハラ」だったりします。言われてみればそうなのかなあ…と思いますが、子どもが2人いてこれから教育費もかかるし、ちゃんと一つのところに勤めてお給料を上げる努力をして欲しいと思っています。私は今、保険の外交員をしていますが、アップダウンが激しくてお給料が全然ない時もあります。夫はそうした状況も理解しているのですが、なかなか一つのところに安定してくれません。どうしたらこの状況を改善できるでしょうか。 (Gさん・41歳)

就職事情、仕事環境の変化

以前の日本は、きちんとした会社に勤めていれば、生活が安定し、安心が保障されていました。

正規社員を定年まで雇用する「終身雇用」制度や、勤続年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる「年功序列賃金」という人事制度・慣習のシステムがあり、安定した報酬が約束されていたのです。

これなら、ローン計画やライフプランが立てやすく、将来に夢を持つこともできますよね。

ところが、いまは大手企業でも倒産のリスクがあるほど不安定な時代です。そのため、より成果主義の傾向が強くなっているようです。

朝日生命保険相互会社『「働き方調査アンケート」調査結果』によると、いまは、7割以上の従業員が成果主義、実力主義を重んじる企業を希望しているそうです。(参考:日本の人事部『人事白書2018』)

また、最近は「共働き世帯」が多くを占めています。特に物価の高い都心地域では、一人の収入では生活費を捻出するのが難しく、就労や収入に関しては、夫だけでなく妻についても考えなければならない課題といえそうです。

大切なことを明確化し夫婦で共有する

Getty logo

Gさん夫妻にとって大切にしていることはなんでしょう。

大切なものを守るためにどうしたらいいのか?
家族で最優先したいことは何か?
家族としてこれからどんなことをしたいか?

など、Gさん一家が求めているものを明確にするというスタンスで、長期的に捉え、今後どうしたらいいのか、改めて夫婦の考えを共有してみましょう。

家族の基本を再認識するという感覚です。

たとえば、夫婦にとって、二人のお子さんは、とても大切な存在だと思います。
守るべきものがあるというのは強いものです。我が子のためなら、なんでもできると感じているのではないでしょうか。



話し合いの際は、くれぐれも言い方に気をつけるようにしましょう。
生活するために収入確保は大切なことですが、

「転職ばっかりして、これからどうするの!!」
「一つの会社に落ち着いてよ!!」
「そんなにコロコロ仕事が変わったら不安で仕方ない!!」

といったストレートに相手を責めるような言い方はNGです。

転職=悪ではない。なぜ転職したいのか明白に

ご主人がなぜ転職したいのか、その理由もポイントになりそうです。

今の時代、「転職すること=悪いこと」ではありません。
最初に書いたように、「一つのところに勤めていれば、お給料が上がる」といった保障はありません。

スキルを向上させるためのキャリアアップ、能力アップのための転職なら、今後、待遇や収入アップが望めるかもしれません。

IT業界は転職組が多いなど、仕事の業種によっても考え方が異なる傾向もあります。テレワークや副業をもつなど柔軟な働き方も広まっています。

「上司のパワハラ」や「安い給料」が転職の理由だそうですが、

・過去、何が原因で辞めたのか
・安定しない理由は何か
・仕事を辞めるデメリットについて
・転職によって状況が改善するのか

などについて、もう少しご主人と深く掘り下げてみると、本当の理由が見えてくるかもしれません。

夫婦で考えるキャリアプランに専門家の意見も取り入れて

世帯の収入は、ご主人だけでなく、妻の仕事も大きく影響します。

Gさんは、保険の外交員として働き、不安定ながらも、収入が確保できていることは素晴らしいことだと思います。

「アップダウンが激しくてお給料が全然ない時もある」そうなので、ご自身の将来設計も合わせて、プランしてみるといいかもしれませんね。

夫婦だけで解決できない場合は、プロに相談することをおすすめします。

お金やライフプランについて相談するなら「ファイナンシャルプランナー(FP)」
仕事について相談するなら「キャリアカウンセラー」
メンタルな相談なら「心理カウンセラー」

というように、それぞれの問題を解決してくれる心強い専門家が揃っています。
煮詰まったときは一人で抱え込まずにSOSを出してくださいね。

仕事は、生活のために収入を確保するものではありますが、自分の人生でもあり、家族にとっての夢と目的を達成するための手段であることも忘れずに。

これからも何が起こるかわからないのが人生です。
ですが、夫婦共通の認識を持っていれば、小さなことに揺らがず、予期せぬ出来事があってもその都度話し合い、きっと納得の答えを見つけることができるはずですよ。

(※)『「働き方調査アンケート」調査結果』

日本の人事部『人事白書2018』

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連するキーワード


渡辺里佳 夫婦問題

関連する投稿


すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

結婚はゴールではなく、パートナーとともに人生を歩み始めるスタート地点。自分の問題だけでなく相手のあることだからこそ、あれこれ考え、悩みも生じます。あなたにとっての「結婚」とはなんですか。改めて「結婚」について振り返ってみました。


雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

梅雨の季節、朝起きて雨が降っているとつい憂鬱な気分になってしまいますよね。ですが!夫婦仲相談所所長 三松真由美先生は違います。「雨は好き。雨だとわくわくする」と仰るのです!その理由を聞いて納得。雨の日は“濡れる日”、濡れを意識すれば膣は劣化しないのであります。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

子どものことでも世間話でも、話しかけても気のない返事しかしない夫。「どうしてちゃんと聞いてくれないの!?」と不満は積もりますが、「結末のない話を聞くのは苦手」という男性は多いのです。 耳を傾けやすい話し方を心がけることで、スムーズに会話を楽しめるようになります。「ながら聞き」する夫に有効な策についてご紹介します。


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google