東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】 | 大人のワタシを楽しむメディア
東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


居酒屋の原点でもある酒店の「角打ち」の歴史を伝える店

居酒屋がなかったその昔、日本では酒店の店先で量り売りされた酒を立ちながら酒を飲んでいました。「角打ち」といわれ、名前の由来は「四角い升の角に口を当てて酒を飲むから」「酒店の一角で飲むから」など諸説あります。「角打ち」という呼ばれ方は北九州発祥と言われていますが、今や関東でも定着。関西では「立ち飲み」、東北エリアでは「もっきり」ともいわれているそうです。

そんな歴史を今に伝えるお店が、東神奈川にある昭和9年から続く「三国屋酒店」です。初代は店頭でコップに生焼酎と梅シロップを注いで出していたそうです。現・ご主人である3代目の岩瀬光重さんは、女性でも楽しく飲めるよう、現代風にさまざま改革しました。

店内で販売するお酒を280円~着席形式で飲める

3代目は店のスタイルも店内も大リニューアル。居酒屋のように、誰もが着席スタイルで飲めるよう椅子を置き、厨房を囲むカウンターなど2卓設けました。

店内で販売している酒はもちろんすべて飲むことができます。瓶ビール大瓶はキリン、サッポロなどを揃え464円~、「缶チューハイ類」(280円~)、「日本酒」(600円~)と、酒店ならではのリーズナブルなプライスで、料金の追加もなくそのままOK。種類の多さに、目移りしてしまいますよ。そのほか、「生ビール」(475円)もありますし、缶を避けて居酒屋気分を味わい方には、「チューハイ」、「ウーロンハイ」(各302円)などは店で作ってくれますので、ぜひオーダーしてみてください。

今回は日本酒の「八海山」で有名な新潟・八海醸造が作ったレモンサワー「よろしく千萬あるべし」(280円)、「サツポロ 赤星 大瓶」(464円)、焼酎2杯分が付いた「ホッピーセット 白」(496円)をいただきました。

まぐろ中落ち、ステーキなど手作り料理270円~

酒店なのに、手作り料理を味わえるのも魅力。メニューは日替わりで、さば塩焼き、牛ハラミステーキ、長崎皿うどん、ジンギスカンなど約20種ほどを取りそろえ、オーダーが入ってから作ってくれます。料理に力を入れているのは、毎日足しげく通われている常連さんがいらっしゃるからだそう。しかも1つひとつ、いちから作っているのに、270円代~高いものでも648円とお手頃プライスなのもうれしいですね。

取材時は、ころもをつけて揚げる「大分名物!とり天」(432円)、

常連さんの漁師さんが紹介してくれたマグロ店から毎日仕入れる鮮度抜群の「まぐろ中落ち」(540円)。

さらにとちお揚げに納豆をのせた「納豆とちお揚げ」(432円)、

30年の年季の入ったぬか床で漬ける「お新香」(270円)を注文。どの料理もボリューミーで、食べ応えも満点ですよ。なかでも「お新香」が人気で、売り切れる日もあるそう。
そのほか、店内では、柿ピーといった乾き物、コンビーフやかば焼きなどの缶詰も販売されていて、もちろん、酒のつまみとして楽しむことができます。

昭和のレトロな雰囲気と温かなお客さんも魅力

創業当時のままの昭和レトロな雰囲気を醸す店は、壁などに今や貴重なポスターや調度品が飾られ、目を引きます。それに店内には、ゆるやかな空気が流れていて、居心地がよく、居るだけで疲れが吹き飛び癒されますよ。そこへお酒が入るとパワーチャージできること間違いなしです。

また、ご主人も女将さんも、お客さんも全員やさしく、温かい人柄の方たちばかりなので、所見でもはじかれることなく迎え入れてくれるのはもちろんのこと、女性一人でも安心して飲むことができます。話しかけられたら、会話に入って一緒に盛り上がってもいいですね。

現在、このように手作り料理を味わえる酒店さんが増えています。ぜひ居酒屋の原点となった「角打ち」を感じながら飲んでみてください。日本のよさを改めて実感するかもしれません。

「三国屋酒店」
住所:神奈川県横浜市神奈川区広台太田町5-2
TEL:045-323-3802
営業時間:16:00~22:00(LO21:30)
定休日:第2日曜



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

お酒が大好きなグルメライター。女性が楽しく飲める酒場を発信。

関連する投稿


「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

【TVチャンピオン せんべろ選手権出場!酒場ライター中沢文子】今宵、酒場ライターの中沢文子さんが教えてくれる、女性がひとりで行けるとっておきのお店は田町にある日本ワインにこだわったバル「かくはち」。どんなお酒とつまみが待っているのかな。


野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

中沢文子の女・酒場巡礼第8回は、センベロの聖地「野毛」にある「ぴおシティ」。赤い提灯が目印の立ち飲み店「国民酒場じぃえんとるまん」は、昼12時から営業し、なんとサッポロの赤星大瓶が400円のうえに、料理は100円~楽しめる正真正銘の「せんべろ」店です。しかも女性店長で、女性一人でも安心して立ち寄れるのも魅力です。


銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

中沢文子の女・酒場巡礼第7回は、銀座「バー堀川」。全国に名を馳せる一流のバーが集う東京・銀座。世界大会などで優勝した保志雄一さんが手掛ける「バー保志」の右腕として活躍していた妙手・堀川賀正さんが独立し、2017年8月銀座6丁目に店を開きました。これまで築き上げた技を礎に生み出される美しいカクテルに、今宵、酔いしれませんか?


堀切菖蒲園「のんき」もつ焼きと下町ハイボール 人々に愛されて70年以上【中沢文子の女・酒場巡礼#6】

堀切菖蒲園「のんき」もつ焼きと下町ハイボール 人々に愛されて70年以上【中沢文子の女・酒場巡礼#6】

中沢文子の女・酒場巡礼第6回は、堀切菖蒲園でもつ焼き!全国からのんべえが訪れるほど京成立石をはじめ下町エリアの酒場巡りが流行中ですが、酒好きがひそかに通い、名店が揃い踏みしているのが堀切菖蒲園。なかでも、もつ焼きなら「もつ焼 のんき」です。名物「しろたれ」や下町ハイボールの味わい深さ、アットホームな雰囲気にノックアウトです!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

「不倫は文化」という石田純一の名言がありましたが、ここ数年は「不倫」「婚外恋愛」がある種カテゴリ化されている風潮があります。映画やドラマ、小説などのフィクションならいいですが、現実となると失うものが大きいですよね…。そこで、いろいろな立場、視点から不倫の疑似体験ができる小説を5つ紹介。果たして不倫の恋の結末は…。


人生には時間が必要!自分を見つめなおす旅する映画【オトナキレイになる映画】

人生には時間が必要!自分を見つめなおす旅する映画【オトナキレイになる映画】

「このままでいいのかな...」と今の自分に「?」となることは誰にでもあることです。恋愛、仕事、人間関係etc.、とうまくいかない理由はさまざまです。自分では答えが見つからない、そんなときには映画に教えてもらうというのもひとつの方法です。欲しかった答えが見つかるかもしれないおすすめの映画をご紹介します。


懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

幼かったころ、お母さんやお父さんに読んでもらった絵本、大好きで何度も何度も読み返した絵本――。そんな絵本の思い出って誰にでもあるはず。そこで、忙しすぎて忘れていたあのころの気持ちを思い出させてくれるような絵本をピックアップしてみました。大人になった今だからこそ読み返して、ほっこり癒されてみませんか。


不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

【不倫がバレたらな失うものとは】ドラマに映画に不倫があふれかえっていますね。そして現実世界でも多くの女性が不倫を経験しているようです。不倫を一概に“いい”“悪い”とはいえませんが、これだけは言えます。「不倫がバレたらなにかを失う」。世の昼顔妻の皆様に恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと切り込みます。


~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

時間に日付など、あたりまえのように日々使っている数字。生活のなかに溢れている数は世界共通言語です。人生での様々な儀式も七五三、成人式、還暦、年忌法要と、死後も私たちは数と関わりあっています。数の力を知る事で世界は違った彩りをもち、興味深いものになります。そこで数秘の世界観とはいったいどんなものなのかご紹介します。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google