TENGAヘルスケア主催『人生100年時代のセクシャルウェルネスを考える』フォーラム開催

TENGAヘルスケア主催『人生100年時代のセクシャルウェルネスを考える』フォーラム開催

TENGAヘルスケア主催『人生100年時代のセクシャルウェルネスを考える』フォーラムが開催されました。人生100年時代を迎え、セクシャルウェルネスに対して真剣に取り組むTENGAヘルスケアの取り組みや『エイジングと性』『男が変われば不妊は変わる』のテーマで医大教授が講演し、最後はラブライフアドバイザーのOliviAさん、週刊現代の記者が4人でパネルディスカッションを行いました。その模様をリポートします。


TENGAヘルスケア “性の悩みのない世界を目指して”

左から:株式会社TENGAヘルスケア 代表取締役 鈴木雅則さん、川崎医科大学 泌尿器科 教授 永井敦さん、順天堂大学医学部付属浦安病院 泌尿器科 教授 辻村晃さん、ラブライフアドバイザー OliviAさん、週刊現代記者 後藤宰人さん

TENGAヘルスケア主催『人生100年時代のセクシャルウェルネスを考える』フォーラムが5月21日(火)開催されました。

当日はTENGAヘルスケアが考える、人生100年時代における“性の悩みのない世界を目指した取り組み”の紹介や、川崎医科大学 泌尿器科 教授 永井敦さん、順天堂大学医学部付属浦安病院 泌尿器科 教授 辻村晃さんによる講演、ラブライフアドバイザーのOliviAさん、週刊現代 記者の後藤宰人さんを交えたパネルディスカッションが行われました。

TENGAヘルスケアの取り組みでは“世界のセクシャルウェルネス市場”について紹介。海外では女性用のプレジャーアイテムが保険適用であったり、障がい者男女の添い寝介助サービスがあるなどという紹介があり、とても驚きました。

さらに現在TENGAヘルスケアでは妊活サポートのための『精育』というサプリメントや自分で簡単に精子を観察できるスマートフォン用精子観察キットが発売されているそう。また、遅漏や早漏の方向けのメンズトレーニングカップシリーズなどもあり、様々な角度から“性”をサポートしているということがよく分かりました。

様々な視点から“性”を隠さずオープンにしていく

川崎医科大学 泌尿器科 教授 永井敦先生は『エイジングと性』についてユーモアを交えながら講演。なかでも印象的だったのが、週に2回以上のセックスで心筋梗塞と脳卒中のリスクが減少し、1か月に21回以上の射精で前立腺癌のリスクが減少するということ。勃起して射精するということが男性にとってこんなにも健康と直結しているのだと驚きました。

順天堂大学医学部付属浦安病院 泌尿器科 教授 辻村晃先生は『男が変われば不妊は変わる』というなんとも興味深い講演。日本は5.5組に1組が不妊治療を行っていて世界でも最多だそう。そして不妊症の半分は男性に原因があるということ。不妊治療と聞くと、女性が行うもののようなイメージがいまだにありますが、そうではないということがよく分かりました。

さらに精子の発育不全や運動機能の障害がWi-Fiによって引き起こされるという発表もあり、かなり衝撃でした。今や日本中どこに行ってもWi-Fiが繋がっています。不妊の原因のひとつにWi-Fiが関係してくるとなるとこれからの人類はどうなってしまうのでしょう…これも人類の進化で解決していくのでしょうか…。

「性」男性の視点、女性の視点 本音で語る大切さ

最後に先生お二人と、OliviAさん、週刊現代記者の後藤さんと『人生100年時代の性~セクシャルウェルネスを考える』パネルディスカッションが行われ、年齢による性欲と性機能のGAPや夫婦間の性行為の価値感、高齢者の性などについて意見が交わされました。

今回のパネリストは女性1名、男性3名。WOMe編集部としてはもっと女性側の視点の意見交換があっても良かったなというのが本音ですが、OliviAさんは女性の性に対する本音を語ってくださいました。こうして女性の視点からの本音をオープンに語る場はこれからの時代もっと増えていくのではないでしょうか。

ともあれ、“性を表通りに”というTENGAの理念の通り、性を隠すものではなく、オープンに意見しあう場を作っていくという素晴らしい取り組みが、これからどんな風に進化していくのかとても楽しみだなと感じました。

商品などについて興味のある方はぜひ、TENGAヘルスケアのサイトをご覧ください。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連するキーワード


セクシャルウェルネス TENGA

関連する投稿


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


【#FocusOn】「夫婦で楽しむセルフプレジャーアイテム&セックスレス問題」iroha広報へインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「夫婦で楽しむセルフプレジャーアイテム&セックスレス問題」iroha広報へインタビュー<第三回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー第三回目は初心者におススメのセルフプレジャーアイテムとパートナーと楽しむのにおススメのアイテム、そして夫婦のセックスレス問題についてお話を伺いました。


【#FocusOn】「日本女性のセルフプレジャー事情」“iroha”広報 工藤まおりさん西野芙美さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】「日本女性のセルフプレジャー事情」“iroha”広報 工藤まおりさん西野芙美さんインタビュー<第二回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー第二回目は日本女性のセルフプレジャー事情やおふたりのセルフプレジャー感についてお伺いしました。


【#FocusOn】セルフプレジャーアイテムブランド“iroha”広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】セルフプレジャーアイテムブランド“iroha”広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<第一回>

国内の百貨店で大丸梅田店が初めて取り扱い、女性誌で特集されるなど、注目を集めている女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”。その広報を務めているのが、若くて美しい工藤まおりさんと西野芙美さん。それぞれ津田塾大学と早稲田大学出身と高学歴なおふたり。なぜセルフプレジャーアイテム“iroha”の広報となったのか? セルフプレジャーアイテムについて、夫婦のカタチ、セックスレス、TENGAが目指す社会とは、などについてお話を伺いました。その第一回目です。


セルフプレジャーアイテム“iroha”新商品発売記念「快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~」イベント開催!

セルフプレジャーアイテム“iroha”新商品発売記念「快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~」イベント開催!

セルフプレジャーアイテムを販売するTENGAの女性向けブランド“iroha”。女性のセルプレジャーアイテムについても徐々にではありますが、認知されつつあります。そんななか、irohaでは新商品発売を記念して記念イベントが開催されました。その模様をリポートします。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター