人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


『NPO法人 更年期と加齢のヘルスケア』が認定するメノポーズカウンセラーとは主に更年期について勉強し、更年期についての正しい知識を学び、更年期に悩む女性たちの相談にのり、更年期に関する情報発信をしたりする人たちのことです。

今回は、メノポーズカウンセラーとして活躍されている、女性誌「クロワッサン」で長年更年期の女性のための情報発信をしてきた越川典子さん、40代からの女性の健康管理を主としたクリニックで看護師として更年期の女性に寄り添ってきた江藤亜矢子さん、ヘアケアを専門とし女性の髪の悩みと対策に詳しい元井里奈さんの3人に集まっていただきお話を伺いました。第一回です。

“メノポーズカウンセラー”とは

――今回は、「メノポーズカウンセラー」のみなさまにお集まりいただきました。更年期にはどんな悩みが発生するのか、更年期の対策方法などについてお話をお伺いしたいと思います。よろしくお願いいたします!

一同 よろしくお願いします!

――まずはご自身の自己紹介をお願いします。

越川さん:私は、25年間クロワッサンという雑誌で女性の健康に関する情報発信をしてきました。定年後は、キャリアコンサルタントの資格もとり、女性が健康に働き続ける支援をしています。

江藤さん:私は40代からの女性の健康管理を主とした婦人科のクリニックで20年以上勤務していまして、今まで多くの更年期女性への健康相談を行ってきました。

元井さん:私はヘアケアを専門としていて、更年期女性のお悩みが多いことからメノポーズカウンセラーの勉強もしました。これまでに抜け毛や薄毛に悩む女性1,000人以上のカウンセリングを行ってきましたので、髪の毛のことならお任せください!

――メノポーズカウンセラーとはどういうことをする人なのでしょうか?

江藤さん:まず「メノポーズ」という言葉をご存知ない方もいらっしゃるかと思うのでご説明しますね。メノポーズ(menopause)とは、日本語で「閉経」のことです。メノポーズカウンセラーとは、閉経前後の更年期と呼ばれる時期に起こる心と体の悩みに関する相談を受けたり、更年期の正しい情報を提供したり、啓発活動を行う人のことです。『更年期と加齢のヘルスケア』という団体が認定をしている資格です。この団体は2002年に設立され、これまでに250名近い方がメノポーズカウンセラーの資格を取得しています。

――なるほど。更年期に関するカウンセラーなんですね。250名もいらっしゃるとは驚きました。どんな方が資格を取られているんでしょうか?

越川さん:医療職の方が多いですね。7割くらいが医師、看護師、助産師、保健師などです。3割が医療関係者以外です。鍼灸師やサロン経営者などの美容関連の仕事をしている方、製薬会社や化粧品会社などメーカーにお勤めの会社員の方もいますよ。

――会社員の方も! みなさんどんなきっかけでメノポーズカウンセラーになられるんですか?

江藤さん:女性同士のネットワークの中で、誰かが資格を持っていて、影響を受けて…という方が多いです。関心があれば、バックグラウンドは関係なく取得できるので、ご自身が更年期を経験し、自分や身近な女性のためにという方もいらっしゃいます。

メノポーズカウンセラーが担うのは更年期だけではなく女性の健康すべて

元井さん:母親の更年期を間近で見たことがきっかけになったという方もいらっしゃいますね。

江藤さん:そうですね。それから認定者のほとんどの方が、既に何らかのお仕事をされています。女性向けのお仕事をされていて、仕事柄、更年期の知識が必要みたいですね。エステサロンや美容院は更年期世代の女性が多くいらっしゃるので、知っていること、相談に乗れることが、来てくださる方へのサービスにつながっているようです。

――身近に更年期に詳しい人がいて相談に乗ってくれたら心強いですよね。メノポーズカウンセラーになるためには具体的にどんな勉強をするんですか?

江藤さん:主に更年期に関する一般的な知識から、更年期障害の治療に関すること、更年期とそれ以降に起こる健康問題などを勉強します。年間8回ほど、研修会が開催されています。この研修会では、私も基礎的なことを教えていますが、情報のアップデートや少しアドバンスなことをお伝えする講座もあります。さらに各地域に支部会があり、勉強会を行っていて、メノポーズカウンセラーの交流の場にもなっています。私たちは銀座部会のメンバーでもありますが、銀座部会も独自に勉強会を開催しています。先ほどもお話しましたが。メノポーズカウンセラーの受験は誰でもチャレンジできるので、どんどん認知され広まってほしいなと思っています。

越川さん:メノポーズカウンセラーの活動は、主に更年期の女性を対象にしていますが、女性の一生の健康支援が最終目的なんです。更年期前の「プレ更年期」、更年期後の「ポスト更年期」までを視野に入れています。女性の健康は、ずっとつながっていますからね。

江藤さん:そうですね。ライフコースを見通してフォローしていくということですよね。

――いまさらなんですが、「更年期」って何歳から何歳までのことを言うのでしょうか? 「プレ更年期」と聞いてドキっとしました笑

元井さん:更年期の定義は、閉経前後の約5年間、つまり約10年のことです。閉経時期は平均で50歳前後といわれています。難しいのは、閉経というのは後からわかることなんです。どういうことかというと“最終月経から1年”経ったら閉経と認定されるんです。その5年前からが更年期ですから、月経がなくなって1年して、「あれが閉経だったから、その前の5年間は更年期だったんだ!」となります。

越川さん:一般的に、45歳から55歳が更年期といわれていますが、早い人は40代で閉経する人もいますし、体調が不安定になってきたら、婦人科で一度チェックしてもいいと思います。

――私もアラフォーなので、人ごとじゃないです…

更年期に起こる症状は一概には言えません

――更年期ときくと、ホットフラッシュくらいしか知らない方も多いと思うのですが、他にはどんなことが起きるのでしょうか?

元井さん:私が相談を受ける際に一番多いと感じるのは“眠れなくなる”という方でしょうか。寝つきが悪くなる、夜中に起きてしまう、という方は多いですね。私はヘアケアの相談を受けている流れから「睡眠はどうですか?」と伺ってみて、45歳を過ぎていて眠れないこと、その他にも更年期症状と思われるお悩みを抱えている方には、更年期外来の受診をおすすめすることがあります。

越川さん:あとはイライラしたり、感情の起伏が激しくなる方もいらっしゃいますね。身体やメンタルの不調は100~200種類あるといわれるので、一概に言うのは本当に難しいんです。私がお話を伺った方で、「会社中の人が私を嫌ってる」と感じて、出社するのがつらいと訴える方もいらっしゃいました。ホルモン補充療法をしたら、「なぜあんなふうに思ったのかしら」と笑っていましたが。

江藤さん:私は、更年期を専門に扱う婦人科クリニックで働いているので、更年期女性の方のお話を聞くことが多いのですが、中には電車に乗れなくなったり、車を運転できなくなった方もいらっしゃいました。不定愁訴自体は自律神経の乱れからくるものなので男女問わず起こりますが、閉経前後の卵巣機能の低下によって引き起こされる不定愁訴を更年期症状というんですね。日常生活が営めなくなるほど酷い症状がでていると“更年期障害”といい、病気として治療が必要です。

――更年期障害は病気なんですか…

江藤さん:他にも関節が痛い、肌が乾燥する、膣も萎縮しますから性交痛の悩み、尿漏れの訴えを持っている方もいらっしゃいます。50歳以降、日々の生活を考えると大きな問題です。

――なぜこんなに様々な症状が起こるんでしょうか?

越川さん:それは女性ホルモンであるエストロゲンのレセプター(※)が全身にあるからなんです。なので、更年期にエストロゲンが減少すると、全身が影響を受けます。骨や筋肉が衰えたり、皮膚や粘膜から潤いがなくなったり、血管の弾力が失われたり、さらには認知機能にも影響するといわれています。

――そんなに女性ホルモンはいろいろな役割を担っているんですか! しかし、「皮膚が乾燥してかゆくなったから更年期かも。婦人科に行こう」と思う人はあまりいないですよね。皮膚科に行ってしまうと思います。

越川さん:その通りです。更年期の症状で鬱っぽくなったり眠れなくなったりして、神経科で処方された薬を飲んでいてもよくならない、という方もいらっしゃいますし、耳鳴りがして耳鼻科に行ったけどよくならない、湿疹がでて皮膚科に行ったけどよくならない、という方もいますよ。さまざまな病院を3~10箇所まわってようやく婦人科にたどりつくことも珍しくありません。

――3~10もの病院を回るんですか? そうならないようにするにはどうしたらいいんでしょう?

越川さん:理想的には、かかりつけの婦人科医をもつことですよね。更年期に起きる症状の原因はエストロゲンが少なくなることによるものですから、他の診療科にかかっても、様子をみましょう、となることが多いようです。根本解決ではないのです。

江藤さん:更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンの変動によるものですが、他にも環境要因やその人の“気質”も原因になります。更年期はちょうど親の介護があったり、仕事が忙しかったり、夫や子供との関係性など、社会的なストレスをたくさん受けることがあって余計に複雑になってしまっているんですね。最近では高齢出産が増えて子育て時期に重なる方もいらっしゃいます。

――他の診療科の先生が更年期について詳しくなってくれればいいですが、なかなかそうもいかないのでしょうね。

越川さん:そうですね。少しずつ理解されている他科の医師も増えてきてはいるようですが、なかなか難しいですよね。

――日本の医療の仕組みの中で、更年期の女性たちが迷子になってしまっている現状がよくわかりました。その窓口を担うのがメノポーズカウンセラーなのだと感じました。第二回では、更年期の代表的な治療であるホルモン補充療法を中心にお届けします。※第二回に続きます。

※レセプター…外界や体内からの何らかの刺激を受け取り、情報として利用できるように変換する仕組みを持った構造のこと。

文/北 奈央子、撮影/鈴木 志江菜



越川 典子(こしかわ のりこ)さん
合同会社ウェルネス&キャリア通信社代表
国家資格キャリアコンサルタント、米国CCE認定キャリアカウンセラー。名古屋工業大学実務型教員。25年所属した女性誌「クロワッサン」では副編集長として医療・美容の編集ディレクションをする。現在は、取材・執筆を続けると同時に、ヘルスケアとキャリアと2つの領域から女性の支援を続け、講演・セミナー活動も行う。日本更年期と加齢のヘルスケア学会幹事。メノポーズカウンセラー、女性の健康とワークライフバランス推進員。



江藤 亜矢子(えとう あやこ)さん
小山嵩夫クリニック看護師長
1997年より現職である40代からの女性の健康管理を主とした婦人科クリニックに勤務。長年にわたり多くの更年期女性への健康相談を行っている。日本女性医学学会代議員、日本更年期と加齢のヘルスケア学会幹事、認定女性ヘルスケア専門看護師 認定シニアメノポーズカウンセラー 聖路加国際大学大学院看護学研究科修士課程修了。2児の母。

元井 里奈(もとい りな)さん
毛髪診断士、メノポーズカウンセラー、サプリメントアドバイザー。髪の毛、女性ホルモン、栄養学に関する幅広い専門知識をもとに抜け毛や薄毛に悩む女性1,000人以上のカウンセリングを行う。女性用・育毛サプリメント「ヘアドルーチェ」をプロデュース。ヘアケアコラムや動画の監修、セミナー等も。慶應義塾大学卒業。1才の娘を育児中のアラフォー。

女性用・育毛サプリメント「ヘアドルーチェ」
ブログ「ワーママ毛髪診断士が教える、35歳から始める育毛・美髪ケア」
ツイッター
インスタグラム



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者の大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さん。男性学の第一人者である田中先生からお話をお伺いしてきたインタビュー最終回は現代社会の結婚についてです。


更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期以降、約50年は続くと言われる人生100年時代。ならば、健康に豊かにイキイキと生きたいものです。そのためには更年期の過ごし方がとても大切だそう。女性の健康と更年期問題に寄り添うメノポーズカウンセラーに女性が人生100年時代を幸せに生きるためのヒントを教えてもらいました。


日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!社会問題を個人の問題に転換する恐ろしさ<第三回>【#FocusOn】

日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!社会問題を個人の問題に転換する恐ろしさ<第三回>【#FocusOn】

日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者の大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さん。男性学の先駆者である田中先生に男性の育児休業率の低さなどについてお話を伺いました。インタビュー第三回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

福田和子さん、山本和奈さんに注目!「女性活躍」が国の政策として掲げられ、働く女性は増加し、男性が育児休業を取ろうという動きがどんどん活発になっている日本。ですが、世界から見れば、ジェンダーギャップ指数が110位など、まだまだ遅れているのが現状です。そんな中ふたりの日本人女性が、世界最大級のジェンダー平等や女性の健康と権利に関する国際会議「ウーマン・デリバー(Women Deliver)2019」に参加しました。そこで得た最も新しい世界の情報や報告も交えつつ、女性のエンパワーメントやセクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関して議論する院内集会が開催されたので取材してきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター