今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

あなたが何かを言ったり行動したりする時に“周囲の視線”を気にしてはいませんか?私たちはついつい周りにどう思われるか、ということを基準にした言動をしがちです。ですが、“それは本当のあなた”なのでしょうか?アトランタ在住の国際基準マナー講師の大網理紗さんはもっと自由に身軽に解放的に、周囲の視線を気にせず生きてもいいのではないか、と言います。今年の夏のテーマは“ワガママ宣言”。そんな自分になってみませんか?


“周囲の視線”って、いったい何?

アメリカには「4大プロスポーツ」と呼ばれる人気のスポーツがあります。 アメリカンフットボール、野球(メジャーリーグ)、バスケットボール、アイスホッケーです。先日、そのなかの一つ、バスケットボール観戦へ行きました。こちらでは試合と試合の間のちょっとした休憩時間に、観客を巻き込んだパフォーマンスが行われます。

そのひとつに「KISS CAM(キスカム)」というものがあります。これは試合会場の巨大スクリーンに映し出されたカップルはキスをする、というもの。何組ものカップルが数秒間ごとに、ランダムに映し出されていきます。20代くらいのカップルもいれば、ファミリーできているパパとママや老夫婦までさまざまなカップルがいますが、どのカップルも映し出されると、次々とキスをしていきます。スクリーンに映るのは数秒です。「え!え!」なんて戸惑っていたら、すぐにスクリーンアウトしてしまいます。

State Farm ArenaでのAtlanta Hawks 対 Brooklyn Nets の試合での“KISS CAM”。アメリカでは観客を巻き込んださまざまなパフォーマンスが大人気。選手が続けてシュートを外すと、観客全員にハンバーガーをプレゼント! なんていうものもあります。

「キスカム」と言われたら、すぐにキスをする。すぐにそのノリにのれるというのはすごいことです。しかも私が参加した試合では、どちらかというと、女性から積極的にキスをしている様子でした。キスカムは要人にスポットが当てられることもあるそうで、過去には、親善試合に招かれたオバマ前大統領がミシェル夫人とキスしたのだとか。なかなか日本では見られないノリだなと感じました。キスといえば、駐車場で送ってくれた夫にキスして車から降りてくる70代くらいのマダムを見かけたことがあります。映画を見ているような、なんとも自然な雰囲気で素敵でした。日本とアメリカでは、キスやスキンシップの捉え方が少し違うようにも感じるので、日本で同じことを実践してみるのは難しいかもしれません。

それに周囲から向けられる視線も、アメリカとは違う…と思ってしまうのは私だけでしょうか。でもふと、「周囲の視線」とは何なのだろう? と考えてしまいます。

重りに囚われない自由な自分になりませんか

「キスカム」以外に「DANCE CAM(ダンスカム)」というパフォーマンスもあります。これは映し出された人がダンスをするというもの。何人目かでスクリーンに映し出されたのは、50代くらいの眼鏡をかけた学者風の男性。ネクタイこそしていなかったものの、仕事帰りらしいビジネスシャツを着ています。正直あまり踊りそうなタイプには見えません。ところが彼は「ダンスタイム!」と自分が映し出されるなり、なんとノリノリで踊り出しました。正直、決して上手とは言えないダンスですが、彼のダンスは周りを巻き込み、拍手喝采!

その後、彼のダンスは「今日のMVP」に選ばれていました。 驚いたのはそれだけではありません。「ダンスカム」になるなり、「Me! Me!(私! 私!)」と立ち上がってアピールする子どもたちの多いこと。周りを見渡すと、映してほしくてダンスをしたくて「私を映して!」とアピールしている子どもたちがたくさんいるのです。日本の大学や中学高校で講義をすると、私からの質問に対して自ら手を挙げる学生は少数だと感じます。

私から指名すると、みんなきちんとした意見を言える優秀な学生さんたちです。それでも、女性からはなかなか手が挙がりません。まして「私を指して!」というほどの積極的な女性はごくごくごく少数…というのが私の実感です。かくいう私の学生時代は指名されそうになると、目をそらして下をむいて「どうか私を指さないで」と心の中で祈っている、そんな子どもでした。

それはどうしてでしょう? 間違ったら恥ずかしいから、自信がないから、積極的に手を挙げると出しゃばっている風に思われるから…「私が! 私が!」というのはみっともない、はしたないと思われる…。いつからか、そんな無意識の重りが私にまとわりつき、自ら手を挙げることをしなくなっていました。だからでしょうか。「Me! Me!(私! 私!)」と自分の想いに忠実に手を挙げられる子どもたちがとてもまぶしく感じるのです。自己主張が強いと思われても、「何やってるの」と嘲笑を受けてもいい。

「周りの視線」という重りに囚われない自由な自分に、私たちはそろそろなってもいい気がしませんか?

“自分が好きな自分”を基準に服を選ぶ

連日30度を超えるアトランタ。私が暮らすアパートメントにはプールがあるので、仕事の前に泳いだり、子どもを連れていったりとプールは日常生活の一部です。友人同士でカフェでお茶するようにプールで話している人、プールに浸かりながら本を読んでいる人、プールサイドで仕事をしている人、みんなが思い思いにプールを楽しんでいます。「私は夫とプールで知り合ったのよ」という友人もいます。

私たちのアパートメントにあるプール。サマータイムの今は夜9時頃まで明るいので、仕事から帰ってきた後、子どもをプールに連れてくるパパの姿も。

私自身にも、「プールでよく会う友人たち」がいて、こちらには「プール社交」があるようにも感じています。日本では「スタイルが良くないとビキニなんて着られない」というイメージですが、こちらはビキニが主流。先日プールで知り合った50代の女性も、ヒョウ柄の水着を着ていました。そもそもビキニ以外の水着が少なく、「日に焼けないように…」なんて考えていると、なかなか水着を見つけられません。それに日本でよくあるような体を隠せるウェアがとても少ないのです。宗教上、肌を出すのをあまり良しとしないような女性たちは薄手のワンピースのままプールに入っています。

先日、打ち合わせをした雑誌社の女性が「私たち女性は、20代の頃は“これを着たい”と、欲望で服を着る。30代は“こう見られたい”と、見栄や抑制の中で服を着る。じゃあ40代は? というと、ここからが真の分かれ目だそうですよ」と、言っていました。

私の友人でとてもオシャレなアメリカ人女性がいます。4歳の男の子と2歳の女の子、0歳の双子のママです。しかし4人の子どものママとは思えないほど、いつもエレガントにアップヘアにして、ワンピースを着こなしています。 「いつもどうやって洋服を選ぶの?」と彼女に聞いたら、素敵な答えが返ってきました。「好きな人に会いに行ける服よ。大好きな人に会いに行く日の服を着ている自分が一番好きだから、それ以外は着ないわ」と。

誰かにどう見られるかじゃない。自分を隠すためでもない。「自分が好きな自分」を基準に服を選ぶって素敵だと思いませんか?

そこで質問です。

「自分が好きな自分って?」と聞かれた時、すぐに答えられますか? 思いどおりにならない毎日、悩むこともたくさんあります。考えないといけない課題も山積みです。自分が好きなことはついつい後回し…なんてこともあります。大人になると、なにかを我慢したり妥協したり、融通を利かせたりするのが自然とうまくなってきて、子どものために、家族のために、誰かのために、自分が100%好きなものを貫きとおすことは難しいと感じていませんか?

ですが、それを難しくしている原因は、もしかしたら私たちが勝手に感じている「周囲の視線」なのかもしれないなあと思いました。親や親戚の視線、会社の人たちの視線、友人たちの視線、どこかにいる見知らぬ誰かの視線。けれど、そんな周囲の視線に囚われずに好きなように過ごしたほうが、本当は快適なはずです。

もっと自由に! もっと身軽に! もっと解放的に! もっと「私! わたし!」と言ったり思うことがあっても、時にはよいと思うのです。だからこの夏は模範解答にこだわらない。ちょっとした冒険者になって、ほんの少しワガママに生きてみたいなと思っています。“ワガママ宣言”。これが私のこの夏のテーマです。

リサ・コミュニケーションズ代表 大網理紗

大網 理紗

リサ・コミュニケーションズ代表
世界の王室・皇室・政府要人といったVIP接遇業務に従事した後、全国アナウンスコンクール優秀賞、国際優秀賞受賞などの経歴を活かし、話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。
独自のメソッドを開発しコミュニケーションスペシャリストの育成を行なう。大学、教育委員会、企業等で数多く講演。また、宮内庁・王室主催の舞踏会などで社交界の経験を積む。

著書
『人生を変えるエレガントな話し方(講談社刊)』
『大人らしさって何だろう。(文響社刊)』



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。国際基準マナー講師。

関連する投稿


小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

私たちは朝起きてから夜眠るまで、小さな選択を繰り返します。着ていく服は? メイクの色は? 朝ご飯は? 何の仕事から取り掛かる? ランチは? 誰とのアポを優先する? …小さな選択すべてが一日をつくり、自分自身を創り上げます。ですが、その“小さな選択”に私たちは敏感でしょうか? 選択にきちんと向き合っているでしょうか? 国際基準マナー講師の大網理紗さんがアトランタから発信するエッセイ第8回目です。


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第4回目はアメリカは小さな子どもにも自分の意見を求め“I(私は)”発信をする国である、というお話です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アトランタ在住、国際基準マナー講師の大網理紗さん。日本を行き来しながらお仕事を続けている大網理紗さんに、アメリカの暮らしの中で感じたこと、アメリカに住む女性の考え方や暮らしぶりについてエッセイを連載していただきます。今回はその1回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

福田和子さん、山本和奈さんに注目!「女性活躍」が国の政策として掲げられ、働く女性は増加し、男性が育児休業を取ろうという動きがどんどん活発になっている日本。ですが、世界から見れば、ジェンダーギャップ指数が110位など、まだまだ遅れているのが現状です。そんな中ふたりの日本人女性が、世界最大級のジェンダー平等や女性の健康と権利に関する国際会議「ウーマン・デリバー(Women Deliver)2019」に参加しました。そこで得た最も新しい世界の情報や報告も交えつつ、女性のエンパワーメントやセクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関して議論する院内集会が開催されたので取材してきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター