映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』家族ってなんですか?【沁みる映画 #02】 | 大人のワタシを楽しむメディア
映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』家族ってなんですか?【沁みる映画 #02】

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』家族ってなんですか?【沁みる映画 #02】

イタリアの名匠ガブリエレ・ムッチーノ監督の最新作『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』。イタリアの名優たちが集い撮影された本作は2018年イタリア本国で最高の話題作となり150万人を動員する大ヒットを記録しました。作品の舞台はアラン・ドロン主演の『太陽がいっぱい』など多くの名作が撮影された美しいイスキア島。イタリアの大家族一人ひとりが抱える本音と建て前が爆発する時いったい何が見えてくる?


忙しい日常から離れて、映画の世界へトリップしませんか? 心に沁みる上質なストーリーをご紹介。

今回ご紹介するのはイタリアの名匠ガブリエレ・ムッチーノ監督の最新作『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』です。

※あらすじの紹介と一部“ネタバレ”の部分もありますので、ネタバレがOKな方は是非お読みください。

紺碧の海、燦燦と輝く太陽、美しいイスキア島に集う19人のイタリア大家族

『家族にサルーテ!』と聞いて、NHKの人気番組『鶴瓶の家族に乾杯』を思い出した人は私だけでしょうか?

碧い海と青い空、満面笑顔の美しいイタリア家族そして美味しそうな食事たち。こんなビジュアルに『家族にサルーテ!』だったら、絶対ほのぼのに少しドタバタのほんわかコメディだと思います。思いました。観るまでは。

しかし違うんですね。イタリアの原題は『A casa tutti bene(家ではみんな良い感じ)』。これは思いっきり、皮肉を込めたタイトル。今、何かと話題に上がる“闇”ワードですが、この映画はズバリ家族の“闇”に次々とスポットが当たっていく物語なのです。

イタリアのイスキア島に暮らす裕福なピエトロ&アルバ夫婦の結婚50周年の金婚式を祝うために、親戚や家族一同19名が島にやってきます。笑顔で食卓を囲み、当たり障りのない和やかな会話を楽しみピアノの周りに集まってワイン片手に陽気に歌をうたう数時間。

そこへ、ちょっぴり辛辣なセリフが交わされるとパーティの主役である一家の長ピエトロが

「さあ! もう船の時間だ、早くしないと乗り遅れてしまうよ」

と客人たちを急かします。皆があたふたと港へ急ぐと、嵐の影響で船は欠航。途端にざわめきだす客人たち。

「明日大事な予定があるのに!帰らなきゃいけないんだ!」

と苛立ちを露わにし、何としても帰ろうとする夫に

「私はあなたとゆっくりする時間ができて嬉しいのよ」

と笑顔で語り掛ける妻。

…徐々に不穏な雰囲気がムンムンと漂い始めます。

闇ケース1:不倫夫&心の支えはブッダの教え妻

登場人物たちがどんな闇を抱えているか、少しご紹介いたしましょう。まずはアラフォー女性あるあるネタのひとつ。夫の不倫問題。

ピエトロ&アルバ夫婦の長女サラは夫の不倫に長年苦しめられています。しかし表向きはそんなことをおくびにも出さず平静を装い夫に優しく接し続けます。ですが実情は酒浸りでワインを手放せず、心の支えはブッダの教え。

「私はブッダの教えがあるから心穏やかでいられるの」

夫が若い女と不倫真っただ中で心はボロボロなのに、仲の良い夫婦のふりを続ける。その目はハッキリいって怖いです。かたや夫は妻が不倫に気が付いているのを分かっているのかいないのか、いつも心ここにあらずで困り顔の表情ばかり。

見ていてかなり切ないです。

闇ケース2:元嫁に嫉妬する愛を乞う妻&女を幸せにできない夫

写真:後ろふたりがカルロ&ジネーヴラ夫婦

次にこれまたあるあるのバツイチ再婚問題。

ピエトロ&アルバ夫婦の長男カルロはバツイチ再婚です。前妻エレットラとの間に16歳の一人娘ルナが、現在の妻ジネーヴラとの間にはまだ幼いアンナという娘がいます。

エレットラはとても知的なシングルマザー。ピエトロ&アルバ夫婦に気に入られていて、金婚式にも招待され、娘と娘のボーイフレンドと3人でやってきます。これがジネーヴラには気に入りません。ちょっとおつむの弱そうなジネーヴラはエレットラに焼きもちを焼いているのか、自分に自信がないのか分かりませんが、「エレットラとは口をきくな」と、カルロに無茶ぶりをします。

しかし、家族の集まりでそんなことができるわけもなく。カルロとエレットラは会話を交わします。年頃の娘のことが父親として気になるカルロにとっては当然です。

写真:左が前妻エレットラ。

ふたりが話している現場を目撃したジネーヴラは激昂! エレットラだけでなく娘のルナについても暴言を吐きカルロを罵倒し激ギレさせます。ついにはカルロに断崖絶壁に追い詰められ

「殺してやる!」

と叫ばれます。情熱の国のイタリア人おそるべし。

その後カルロから「冗談だよ!」と言われましたが、冗談で言っていいことではありません。

かたやエレットラはカルロとふたりで話している時に

「上手く恋愛ができない」

という悩みを話し始めます。「どうやって恋したらいいのか分からない、私は恋に向いていないんだと思う」と。それは元夫への未練があるというより、ひとりの女性として愛されたいのにどう愛されたらいいのか愛せばいいのか分からない、という苦しみのようでした。

けっきょく前妻のエレットラも今妻のジネーヴラも同じことで悩んでいる…つまり…問題は一人の女をきちんと愛せないカルロにあるんじゃないの? と思ってしまいました。

闇ケース3:借金まみれの無職夫&若さ溢れるエネルギッシュ妊婦妻

妊娠したのはいいけれど、夫は無職で借金まみれ。首の回らないがけっぷちの状況なのはピエトロ&アルバ夫婦の甥のリッカルド&ルアナ夫婦。

ピエトロ&アルバ夫婦は複数のレストランを成功させていて、それを引き継いでいる一族はとても裕福です。が、リッカルドは素行が悪く家族の厄介者。何度となく職を家族から紹介されますが長続きせず現在は無職で借金まみれ。今回、本当に切羽詰まって家族に助けを求めるものの、ことごとく断られます。

そんな中、妻ルアナが反撃に出ます。温かい理想的な家族だと思われていた一族に次々と勃発するトラブルをあげつらい

「どん底の気分で来たけど、女王様の気分で帰れるわ!私はあんたたちとは違う、どんな時でもリッカルドを愛し抜く!」

と宣言するのです。

金はないけど、愛はある。…若かりし頃を思い出します。

その他にも、まだまだ色々な闇ケースから引き起こされる感情の爆発は続きます。そして

「ああ…もう本当にどいつもこいつもどうしようもないわ…」と、うんざりしてくるのですが…これが誰一人として感情移入できない人がいないのです…。

あ、2人いました。16歳のカップルのピュアさと美しさは天使レベルで癒されました。

それ以外の、感情をむき出しにして罵り合う大人たちの姿は痛々しく切なく苦しく悲しい…けれど、彼らのもつ闇はどれも自分や自分の近しい人たちが持っていて日々苦しんでいる闇でもあったのです。

いよいよ感情の爆発が最高潮に達した時、一家の長であるピエトロは叫びます。

「俺は孤児だ!家族とかむかつくんだ!」

『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』は、家族とは血肉ある人間の集合体の呼称であり、家族という集合の中に家族として理想の個人が存在しているわけではない、ということをよおーく教えてくれます。

家族って何なのか、各々によって思うところがあると思います。けれど、どこかの誰かの理想の家族に自分たちを当てはめて窮屈になってることがどれだけ無意味でバカバカしいか。

自分の人生を生きたいと思ったら、自分の信じる幸せな家族のカタチを自分で見つけるしかないのだな、と改めて感じさせる素晴らしい群像劇でした。

『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』は現在、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロード―ショー中。美しい映像と共にたっぷり人間を感じられる作品です。

『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロード―ショー中

公式H.P:http://salute-movie.com/

映画「家族にサルーテ!イスキア島は大騒動」

http://salute-movie.com/

乾杯のグラスに注がれたのは、美しき家族19人の甘い嘘と苦い真実。/監督:ガブリエーレ・ムッチーノ 出演:ステファノ・アコルシ、ステファニア・サンドレッリ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/原題:A casa tutti bene



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


いつだって手遅れなんてことはない『イーディ、83歳 はじめての山登り』【沁みる映画 #14】

いつだって手遅れなんてことはない『イーディ、83歳 はじめての山登り』【沁みる映画 #14】

年齢や環境を言い訳にして、何かを躊躇する。最近そんなことが増えてきたな、そんな風に感じることはありませんか? 1月24日(金)からシネスイッチ銀座ほかで公開される『イーディ、83歳 はじめての山登り』は実際に83歳の女優がスコットランドのスイルベン山に登る物語。“いつだって手遅れなんてことはない”。新年の抱負に心に刻みたい映画です。


岩井俊二監督最新作『ラストレター』松たか子・福山雅治主演そして“あの”二人も…【沁みる映画 #13】

岩井俊二監督最新作『ラストレター』松たか子・福山雅治主演そして“あの”二人も…【沁みる映画 #13】

“岩井俊二”と聞いて、懐かしさにときめいてしまうならきっと40代以上! 豪華キャストが大集合して撮られた最新作『ラストレター』は名作『ラブレター』のアンサー映画なのかと思いきや、とんでもない展開で新たな“岩井美学”の世界を魅せてくれます。


ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】

ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】

日本では婚活より終活が花盛り⁉ 高齢化社会に伴い、どう人生の終わりを迎えるかが社会問題にもなり日々メディアをにぎわせています。WOMe世代も他人ごとではなく、親の終活もあり関心が高いのではないでしょうか。そんな終活ロシア版ともいえる『私のちいさなお葬式』は、“死”を小難しくシリアスにとらえていない、チャーミングで心温まる優しいロシア映画です。ロシアと日本の意外な共通点も見つかりますよ。


フランス映画『冬時間のパリ』大人の恋の物語【沁みる映画 #11】

フランス映画『冬時間のパリ』大人の恋の物語【沁みる映画 #11】

「恋、してますか?」。大人になり「恋って愛ってなんだろう」なんて思っている今日この頃の皆さま。ぜひ女友達とフランス映画『冬時間のパリ』へ。笑っちゃうくらい身勝手で自分に正直に生きる大人の男女の恋愛模様に、自分がバカバカしくなってしまうかもしれません。もっと自由に人生を楽しみたくなる大人の恋愛映画『冬時間のパリ』。美しい冬のパリの景色と共にぜひどうぞ。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

体調管理は、乳酸菌たっぷりのぬか漬けで免疫力アップです! 今回はGWということで…みなさんがお困りになっている、旅行に行く際や、長期で家をあける時の、ぬか床の保存方法をこっそり教えちゃいまーす☆


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google