年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】 | 大人のワタシを楽しむメディア
年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


加齢と共に薄くなる肌

ある日突然、昨日までは平気だった化粧水がしみてピリピリしてしまう…そんな経験はありませんか?

いつもと同じ基礎化粧品やメイク道具を使っているのに、刺激や痒みを感じる事があります。

化粧品が肌にしみたり、痒くなったりすると、「このまま同じものを使っていて大丈夫なのかな?」と心配になってきますね。

アラフォーのお肌は、実はだんだんと薄くなってきています。これは女性ホルモンやコラーゲンの減少が原因です。

肌が薄くなることで、若い頃よりも確実に刺激を受け易くなっています。さらにこれからの季節は、汗による刺激にも注意が必要です。

汗の塩分は肌に刺激や痒みを与えるだけでなく水分も奪います。“キュウリの塩揉み”をイメージしてください。キュウリに塩をふって放置しておくと、水分がでてきますよね。これと同じように、汗の塩分を放っておくと肌の水分が奪われて乾燥を招きます。

そこで、汗をかいたらこまめに拭き取るようにしましょう。夏に向けて、汗の量もだんだんと増えるので、ただおさえるだけではなく、化粧水ミストなどで潤いを与えながら、軽く押さえて汗を取り去ることで、汗が与える肌ダメージを抑えられます。

ピリピリするときのケア方法

肌がピリピリとしみるのは、肌のバリア機能が弱まっていることを知らせるサインです。こんなときは焦らずシンプルなケアに切り替えて、症状を落ち着かせる事が大切です。いつも使っているスキンケアを変える必要はないですが、角質を剥離するタイプや刺激が強いものを使っている場合は控えましょう。

例えばこんなものは使用をやめた方がいいでしょう。

・スクラブ洗顔
・酵素入り洗顔
・シートクレンジング
・アルコール入り化粧水
・美白ケア(ハイドロキノン)
・シェービング

洗顔方法

肌荒れを起こしている時は、なるべくしっかりメイクは避け、クレンジング不要のB.Bクリームなど、落とす負担の少ないものを選びましょう。
石けんや洗顔料はたっぷりと泡立て、泡をクッションにして指の腹を使いやさしく洗います。メイクをしていなければ、石けんは使わず、ぬるめのお湯で丁寧にすすぐだけにしましょう。

入浴方法

入浴中の肌は意外と乾燥しています。長時間の半身浴や、熱いお湯に浸かることで皮脂が洗い流されて肌のバリア機能が低下します。入浴前にオイルなど肌のバリアとなるものを塗ってから入るようにしましょう。

保湿方法

肌が敏感になっているからといって、何もつけずに放置しておくと、ますます症状が悪化して悪い状態が長引く可能性があります。

ただ、炎症がひどくて化粧水がしみるときは、化粧水はお休みしワセリンやバームを塗るだけのシンプルなケアにとどめましょう。シートマスクなど水分を過剰に与えるものは、痒みを促進させてしまう場合があります。敏感肌に傾いている時は、水分より、油分を与えバリアを作ってあげることが大切です。お肌の状態が良くなってきてから、化粧水などでたっぷり水分も与えて行きましょう。

肌がゴワゴワしていると、水分を与えてあげようと思いがちですが、かぶれてピリピリしている時はまずは油分でケアをして、回復してきてから水分の順番です。

あなたの肌、本当に敏感肌?

約70%の女性が「敏感肌」「やや敏感肌」と感じているそうです。
そう感じている方の中には、アトピー性皮膚炎など、元々皮脂の分泌が極端に少ない肌質ではなく、日頃の間違ったスキンケアによって自ら敏感肌を作り出している方もいらっしゃいます。

ゴシゴシこする洗顔やピーリングを頻繁にすると、まだ剥がれ落ちなくていい角質が剥がれ落ち、育ちきってない未熟な角質が肌を守ることになってしまいます。未熟な角質は外からの刺激に弱く、肌の内側の水分も保てない為、乾燥しやすい敏感肌の状態になってしまうのです。肌には与えることも大切ですが、なにより奪わないようにする事が一番大切なのです。

40歳を過ぎると、シミやシワといったお悩みだけでなく、かぶれや肌荒れなどの肌トラブルも起こしやすくなります。かぶれや痒みを防ぐ事と、シミやシワは直接関係の無いようにも思えますが、結果として繋がっています。

ぜひ毎日きちんとスキンケアをして健康で美しい肌を手に入れてくださいね。

スキンケアアドバイザー 松瀬詩保



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまで自分が実践してきたスキンケアや経験をもとに、正しいスキンケアとは何なのかブログで配信中。

関連する投稿


ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデ?と思わせるような素肌っぽい美肌をキープできている女性っていますよね。ファンデーションを使わないって実際どうなんでしょう。シミやくすみは大丈夫か気になりますよね。でもノーファンデは肌への負担も少なく、化粧直しも簡単というメリットも。“ノーファンデライフ”をあなたも始めてみませんか?


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

40代、フェイスラインのたるみの原因は骨や筋肉の老化!?もはや原因は肌だけではない!その理由と改善方法をスキンケアアドバイザー松瀬詩保さんに聞きました。肌ケアだけでは対策できない40代のフェイスラインのたるみ改善法です。


気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

40代のスキンケアのお悩みを専門家が解決!ブルドックフェイスやほうれい線が気になっている40代女性へ、スキンケアアドバイザー松瀬詩保さんが線撃退法を教えます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

私も夫と同じように仕事しているのに、家事も育児もこちらの負担ばかり大きい…。不平等感は、夫婦の間に溝を生みます。不満をなくすには、簡単なことから夫にやらせるなど、家事にやる気を持たせることが大切。常に思いやりを忘れずに過ごすために、ストレスが爆発する前に夫としっかり向き合いましょう。


将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

年を重ねることに不安を抱いたら、人生の大先輩たちの暮らしや思想を参考にしてみませんか。かつて、さんまさんと共演して人気になった登紀子ばぁば、「ときをためる暮らし」の本で話題になり映画化もされた津端ご夫妻、料理家小林カツ代さん、世界のガーデナーが憧れるターシャ・テューダさんを紹介します。読めばきっと希望が湧きますよ!


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

「セックスしない夫婦。幸せですか?」結婚して、無事に子どもも授かったけど、気がつけば一ヶ月以上セックスしていない…。「月に一回もセックスをしない」夫婦は、年々増えているようです。夫婦がセックスしなくなってしまう理由はどこにあるのでしょうか?実際の統計を元に、夫婦におけるセックスレスについて考えてみます。


宮本真知のタロット占い【11月11日(月)~11月17日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【11月11日(月)~11月17日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google