“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者の大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さん。男性学の第一人者である田中先生からお話をお伺いしてきたインタビュー最終回は現代社会の結婚についてです。


前回までの記事はこちらから。

インタビュー最終回は、「恋愛と結婚は別」とおっしゃる田中俊之先生に、なぜそう思われるのかお聞きしました。その前提は“近代の日本は社会のつくり方に無理がある”という事なのですが…いったいどういう事なのでしょう。

土台がないところに社会を創っているから変になる

――近代の日本は社会のつくり方に無理やり感があるというのはどういうことなのでしょうか?

日本はとりあえず一定程度、西洋の在り方に真似て社会を創っているわけですけど、土台が無いところに建てているから変なんですよね。例えば、1990年代以降の流行ですが、クリスチャンでもないのにチャペル式をするといったことが典型的かと思います。僕もやったので人のことは言えないんですけど(笑)

――(笑)

まあ、そんなこんなで、何から何まで変なことが多いわけです。なので、家族をどう作るかと言う仕組みも上手くできてないんです。日本人は家父長制のお父さんがすべてを支配するような家族形態以外のものが正直よく分かっていない

――ああ…なるほど。

特に“親がお見合いをさせて結婚”という時代が終わって「恋愛でも何でも好きにしていいよ」となった時にフォーマットがないからどうしたら良いのか分からない。そんななかでとりあえず「恋愛結婚」という言葉があたかも一つの単語であるかのように定着していく。けれど冷静に考えてみると恋愛と結婚が違うって言うのは普通の事なんです。しかし“恋愛の先には結婚がある”というパッケージになっちゃったから区別がつかなくなる

――冷静に考えてみれば恋愛と結婚が別ということは分かると思うんですが、正直“恋愛と結婚は別”という認識で結婚をしている人は少ないと思うんです。なので結婚したら「結婚する前はこうじゃなかった、ああじゃなかった」という話が出てきてしまう…“結婚と恋愛は別”だということが分かって結婚すると無駄な摩擦はなくなると思いますし、現在「こんなはずじゃなかった…」と思っている人たちも楽になると思います。なので、「結婚と恋愛は別」だと言う理由を、ビシッと田中先生から教えていただけますでしょうか(笑)

恋愛は非日常で結婚は日常。つまり恋愛と結婚は別物である

ああ、なるほど。それはですね、恋愛は非日常なんですよ。毎日会わないし、一緒に暮らしていない、週何回か会っても「バイバイ」と別れて別々の場所に帰っていく。そして非日常を演出するためには不平等がスパイスなんです。例えば“女は誘われる側、男は誘う側”とか。女性は「誘ってくれるかな?」ってドキドキするし、男性は「誘いにのってくれるかな?」ってドキドキする。この不平等がドキドキを生むわけです。本当だったら性差関係なくどちらから告白してもいいし、誘ってもいいんですが、そこには落差が生まれないのでドキドキ感が生まれづらい

――なるほど。わかりやすいですね。

サプライズとかもそうですよね。非日常の演出だから恋愛において大切なわけです。そうなると、女性の場合「結婚したら思っていたのと違った」と思うのって当然で、恋愛においては不平等な関係性がドキドキを生むわけですから、自分をグイグイ引っ張ってくれて上に立ってくれる人が魅力的であるように見える構造なわけです。ですが結婚は日常です。同じ家に住んで、同じものを食べて暮らしていかなきゃいけない。なので本来はフェアじゃなきゃやっていけるわけがない。だって、自分が暮らしているスペースで常に相手の思い通りにしなきゃいけないなんてしんどいですよね。男からしてもなんでも自分が決めなきゃいけない、決めてあげなきゃいけない、というのは、しんどい。デートだったからなんとか頑張ってお店を選んだり予約をしたりしていたけど、日常のなかでそれは無理…。お互い疲弊してします。

なので、日々を暮らしていく、日常を共に過ごしていくという視点から、「どのような人と自分は暮らしていきたいんだろう」と考えてパートナーを選ぶということが必要なのだと思います。

“恋愛結婚”というひとつのワードのように思ってしまっているから、恋愛と言う非日常の連続の先に日常である結婚があると夢想してしまうわけです。

――そして日常生活に嫌気がさし、時に非日常を夢想してしまう…

これからは自分なりの“家族”という価値観を持たなければいけない

そうですよね。なので、本来は結婚式で思い知らせるべきなんでしょうね。「君たちここからは日常が始まるんだぞ!」と。なのにいまだに披露宴などでは「私はあなたに美味しいご飯をいつも食べさせますよ」「僕は君を食べるのに困らせないよ」という象徴でファーストバイトなどの演出が行われていますよね。そんな不平等を家庭に持ち込んじゃったら大変なことになるのに。

――そうですね(笑)非日常のパッケージ化された結婚式を、日常である結婚のスタートとして行い、結婚をしたら日常が始まって「フェアじゃなきゃやっていけない!」となっているのにまた非日常を求めてしまう…。

土台がないから、なんとなくみんなが喜びそうな演出や衣装をパッケージにして「結婚式」として売ることができてしまうわけですよね。式を挙げる夫婦も参加する人たちも、そこに違和感を何も感じない。これからは自分なりの“家族”という価値観を持たなければダメでしょう。

世間的に事実婚とか新しい家族の形ができたから自分も、ではなく、「自分がどうしたいか」を考える。人からの評価を気にしている限り上手くいかないと思います。女性が働いて男性が主夫というカタチだっていいですよね。問題はそれぞれの夫婦がどう在りたいか。自分の家族をどう創りたいかということを考えて話し合っていくことが重要なんだと思います。なんにせよ、“流行っているから”などという理由で乗っかるのは全部ダメだと思います。

――講義の予定時間ギリギリまで真摯に向き合い質問に答えてくれた田中俊之先生。“男性とはこういうもの”という固定観念がガラガラと崩されました。パートナーシップや家族をどう捉えていくかということは“すべて自分次第”。男性学の第一人者、田中俊之先生 著『<40男>はなぜ嫌われるか』はイースト出版から発売中です。ぜひご覧ください! 隣のパートナーが愛おしく見えてくるかもしれませんよ。

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

田中俊之さんプロフィール

田中俊之さん 博士(社会学)
1975年、東京都生まれ。大正大学心理社会学部准教授 男性学を主な研究分野とする。著書『男性学の新展開』(青弓社)、『男がつらいよ―絶望の時代の希望の男性学』(KADOKAWA)、『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(イースト新書)、『男が働かない、いいじゃないか!』(講談社プラスα新書)、小島慶子×田中俊之『不自由な男たち――その生きづらさは、どこから来るのか』(祥伝社新書)、田中俊之×山田ルイ53世『中年男ルネッサンス』(イースト新書)
「日本では“男”であることと“働く”ということとの結びつきがあまりにも強すぎる」と警鐘を鳴らしている

<40男>はなぜ嫌われるか (イースト新書)

¥ 930

<40男>はなぜ嫌われるか (イースト新書) 「アラフォー」などと生易しい呼び方はやめよう。<40男>のリアリティと現実のギャップを考える。 2015年時点で30代後半から40代前半までの男性を、本書では「40男」と呼ぶ。この世代は、「昭和的男らしさ」と「平成的男らしさ」の狭間を生きている。「働いてさえいればいい」と開き直ることも難しいし、若い世代のようにさらりと家事・育児もこなせない、自分の両面性に葛藤し続けてきた男たちである。問題は、若い女性への強い興味に象徴される、そのリアリティと現実のギャップにある。40男の勘違いは、他人に迷惑をかけるだけではない。そのギャップは、僕ら自身の「生きづらさ」に直結しているのだ。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

美容師さんと上手くコミュニケーションをとって毎回理想の自分を手に入れていますか?多くは恥ずかしくて要望をうまく美容師さんに伝えられていないのではないでしょうか? しかし!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんによるとそれはものすごくもったいないコトだそう。著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を踏まえ、どういうことかお話を伺いました。


「iroha」×『おしえて!ドクター・ルース』田中俊之先生&西野芙美さん トークショー付き試写会レポート!

「iroha」×『おしえて!ドクター・ルース』田中俊之先生&西野芙美さん トークショー付き試写会レポート!

8月30日(金)から新宿ピカデリー他で公開する『おしえて!ドクター・ルース』の公開を記念して、女性のセルフプレジャーアイテムブランド「iroha」とコラボレーションした試写会付きトークショーが開催されました。トークショーにはWOMeにもご登場いただいた男性学の田中俊之先生とiroha広報の西野芙美さんが登壇されました。


毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

コロンハイドロセラピーを行ったことがある人はどれだけいるでしょうか? 医療機関でしかできないため、まだまだ日本では経験したことがある人は少ないと思います。そんなコロンハイドロセラピーについてコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんに教えていただきました。


ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

“髪は女の命”なんて言われていますが、実際、髪の毛に時間とお金をかけている女性はどのくらいいるのでしょう?「日々忙しくて髪の毛に時間なんてかけられない!」という40代女性がほとんどでしょう。ですが…日本で唯一のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むと今日からすぐに髪の毛に時間とお金をかけたくなりますよ。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

加賀四湯のひとつで開湯1300 年の歴史をもつ温泉、加賀温泉郷「山中温泉」。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016‐2017 年の2-3 位にも選ばれました!そんな山中温泉の「かがり吉祥亭」が今、注目を集めています!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google