ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


女性のための転職情報誌『とらばーゆ』の編集長を11年間務めたのち、住友商事で消費者向けの新規事業の立ち上げに関わった河野純子さん。現在はライフシフト・ジャパンの執行役員CMOであり大学院生でもあります。笑顔の素敵な河野純子さんにご自身の人生、働くということ、ライフシフトの考え方についてお話をうかがいました。第一回です。

男女雇用均等法施行の前年に就職活動

――今日はお会いできるのをとても楽しみにしておりました! どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。よろしくお願いします。

――さっそくですが、河野さんは新卒でリクルートに入社されていますが、なぜリクルートに入ろうと思ったのでしょうか?

私は水戸の出身なんですが、高校時代はオシャレが大好きでファッション誌をよく読んでいたんですね。それで編集者になりたくて、大学でも社会心理学を学ぶことにしたんです。でも私が就職活動をしたのは男女雇用機会均等法が施行される前年で、ほとんどの出版社は地方出身の四大卒女性の新卒採用を行っていませんでした。そのなかで、リクルートとマガジンハウスが男女差別のないフェアな採用をしていて2社とも応募してマガジンハウスにはご縁がなく(笑)リクルートに入社しました。

――そうだったんですか! 当時はまだ女性が働くということに対して消極的な時代だったかと思うのですが、河野さんは就職をすることに関してどのような意識をお持ちだったのでしょうか? 結婚したら仕事は辞めようと思っていましたか?

いえいえ、私は卒論で「女子学生の性役割意識とライフプラン」について論文を書いたくらいで、まったくそういうことは考えていませんでした。

――なぜそのような論文を書こうと思われたのですか?

私自身は三人姉妹の真ん中で、家族の中で性差を意識することは全くなかったのですが、中学1年生の時に男性教師から「女のくせに忘れ物するな!」と叱られたことがあって。“女のくせに”という言葉にショックをうけました。その時から男女差について考え始めたのかもしれません。

それと、地方都市での生活に窮屈さを感じていたので、東京で自分の意志で自由に生きたい、そのためにはちゃんと稼がなきゃという意識がありました。でも周囲には「仕事は結婚まで」と考える友人もいて、なぜそう思うんだろうと疑問に感じたことも論文のテーマにつながりました

27,8歳で初めて“人生のゆらぎ”を経験

――リクルートの仕事はいかがでしたか?

とても忙しかったです! 夢中で働き続けて27,8歳になった頃にふと、「私の人生このままでいいのかな?」と思いました。

――このままでいいのかな? というのは結婚したり出産したりしなくていいのかな、 ということですか?

それもありますし、このままリクルートで仕事を続けていていいのかな? とも思いました。もともとファッション誌の編集をしたかったわけですし、私にはもっと他に輝ける場所があるんじゃないかな? などと考え始めました

――当時は20代前半で結婚をして出産する女性が多かったと思いますし、その中でバリバリ働いて独身のまま27,8歳になったら今の27,8歳の女性たちよりも「このままでいいのかな?」と思ってしまいそうです。

そうなんですよね…恋愛の末に結婚があるものだと思っていたのに、なかなかうまくいかないし、母からのプレッシャーも激しさを増すし、苦しかったです。でもね、ある日ハタと気が付いたんです。「あれ? 私、結婚したいんだっけ?」って(笑)

――おお!

もしかしたら、“結婚しなきゃいけない”って思っているだけじゃないの? って。そしたらね、「人生にはしなきゃいけないものなんて何にもない。したいことがあるだけだ」って分かったんです。

――素晴らしいです。27,8歳でそこに気が付けるなんて…。

ありがとうございます(笑)それでね、このままリクルートで働き続けていいのかな? っていう思いもね、そう思うんだったら転職活動してみよう! と思って実際に動いてみたんです。

結婚してもしなくても多様な生き方があり自分自身がロールモデルになる

転職活動中、出版社をいくつか受けました。そして色んな人たちにお会いしてお話を聞いた結果、私はリクルートが発行しているようないわゆる“情報誌”の編集に向いているな、って分かったんです。

ファッション誌などの一般雑誌は読者に情報を届けるだけですが、リクルートが発行する情報誌は、読者にも情報を掲載してくれるクライアントにも働きかけて、世の中をより良い方向に動かしていくことができる “マッチングメディア”だったんですよね。

“転職活動”というアクションを起こしたことによって、実はそこに魅力を感じてやりがいをもっている自分に気が付くことができたんです。

――その後は迷いなくリクルートで働き続けたのですか?

ええ、自分の価値軸が定まったのでその後は全く迷いなく働きました。振り返れば、これが私にとって最初の大きなライフシフトでした。両親や世間の価値観ではなく、自分が主人公の人生を歩み始めたんですよね。

その結果、30代はとにかく忙しかったです(笑)33歳で『とらばーゆ』の編集長の打診を受けました。ですが私は入社してからずっと『住宅情報』を作ってきたので編集長になるなら当然、『住宅情報』の編集長だと思っていたので戸惑いました

――なぜオファーを受けることにしたのでしょうか?

当時の上司に、「自分にとらばーゆの編集長ができるか分からない。何を信じて頑張ればいいんでしょう」と相談したら「このポジションはあなたのキャリアにとって大チャンス。あなたの良いところは読者に誠実であること。そこを信じてやれば大丈夫。どうしもうまくいかなかったら、いつでも帰ってきていいから」って言われたんです。それで、「ああ、置かれた場所で今まで通り読者に誠実に頑張っていればいいんだ」と思ってお受けしました。

それから迷いが生じた理由がもうひとつあって、住宅情報誌の仕事が本当にやりがいがあって楽しかったんです。

当時は、バリバリ働くそれなりにキャリアを積んだ独身女性にフィットする賃貸マンションはあまりなかったんですよね。妙齢の独身女性に部屋を貸すのをしぶるオーナーさんも多かったですし。それならば、と不動産会社にも商品開発をしてもらって「シングル女性のためのマンション購入講座」を開催したりもしました

――キャリアを積んで収入もあるのに、独身女性というだけで家を借りられない時代があったんですね。しかし独身でマンションを買ってしまうと結婚が遠のく…なんて言われたりもしますよね(笑)

そうそう(笑)でもね、実際には結婚が決まったらマンションは資産として貸し出せばいいわけだし、まったく損する話ではないんですよね。

そんな風にやりがいのある日々を送る中での『とらばーゆ』編集長の打診だったわけだったんですけど、今思えば大きなチャンスをくれた当時の上司にとても感謝しています。その上司は女性で、新入社員のころから私にたくさんのチャンスをくれて育ててくれた方。良い仲間にも恵まれて、仕事の基礎力を身に着け、働く楽しさを体験することができた20代だったと思います。

――30代はとにかく忙しかった、ということでしたが、結婚や出産に関する迷いなどは生まれませんでしたか? 周りは子持ちの人たちも多かったと思うのですが…。

それが類は友を呼ぶというか(笑)私の周りは独身でバリバリ働いている女性たちが多かったんです。それに、「住宅情報」時代の上司や、「とらばーゆ」に異動してからお世話になった松永真理さん(※)など少し上に尊敬できる女性の先輩たちが多かった。なにより仕事が面白かった。だから迷いなく働き続けられたということもありますね。

――『とらばーゆ』の編集長としてどんなところにやりがいをもたれていましたか? 私はドンピシャで『とらばーゆ』世代なんです! 毎回楽しみに読んでいました。こんな働き方をしている人がいるんだなあ、とか思いながら。

そうなんですか! ありがとうございます。当時はまだまだ“女性だから”という理由で働くチャンスが少なかったり、自分に自信が持てなかったりすることが多かったんですね。“結婚しなきゃいけない”“もう30歳だから新しいことにチャレンジするのは遅すぎる”といった呪縛に苦しんでいた女性たちも多かったと思います。そういう女性たちに、結婚してもしなくても豊かな人生が送れるということや、働き方や生き方の多様性を提示して、自分の人生自体がロールモデルになるんだよ、ということを伝えたいと思っていました。自分たちには無限の可能性があり、働くことは楽しいんだと。

――終始ほがらかにそして楽しそうにお話してくれる河野純子さん。お話すればするほど、どんどんファンになっていきました。次回は、河野純子さんの40代~現在に至るまでのお話です。※第二回はこちらから

※松永真理さん…NTTドコモでiモードの事業開発にたずさわり時の人となった女性。リクルート出身。現在は著作家として活動中。

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

河野純子さんプロフィール

1986年リクルート入社。『週刊住宅情報』副編集長、『とらばーゆ』編集長を経て、2008年に住友商事に転身。ファッション、教育分野の新規事業開発に取り組む。2017年に退職後、海外留学を経て、2018年より慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科に在籍。同時にライフシフト・ジャパンに参加。個人事務所にて事業開発コンサルティング・プロデュース活動を展開する。

実践! 50歳からのライフシフト術―葛藤・挫折・不安を乗り越えた22人

¥ 1,620

一切、きれいごと抜き!5つのステージを通る、旅の仲間と出会う、自分の価値軸に気づく、変身資産を活かす―転身ストーリーからわかる「100年ライフ」の新法則。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


アフタヌーンティーで夫婦や家族のコミュニケーションUP! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

アフタヌーンティーで夫婦や家族のコミュニケーションUP! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

英国紅茶研究家であり、ご自身のティールームとショップを運営し、講座なども開催する斉藤由美さん。インフルエンザ予防効果が科学的に証明された紅茶について、ご著書『紅茶セラピー~世界で愛される自然の万能薬』を基にお話を伺いました。


インフルエンザ対策に紅茶が効果的! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

インフルエンザ対策に紅茶が効果的! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

インフルエンザ対策に紅茶が大注目! インフルエンザが流行する季節はもちろん、日常的に飲むことで嬉しいことがたくさんある紅茶について、『紅茶セラピー~世界で愛される自然の万能薬』の著者 英国紅茶研究家の斉藤由美さんにお話を伺いました。


“ホワイトニング”で女性たちを笑顔に! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

“ホワイトニング”で女性たちを笑顔に! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

歯科医師、口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。新刊『美しい口もと』は外見的な美しさだけではなく、内側から健康的に美しくなるためのメソッドが満載! なぜ、美しい口もとが大切なのか? 改めて石井さとこさんにお話を伺った最終回です。


唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

歯科医師で口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。女優、モデル、アナウンサーたちから絶大な信頼を得、その美しさを支える石井先生の新刊『美しい口もと』は“美しい口もと”になるためのメソッドが満載! 女性なら知っておきたい美の基本や目から鱗のお話まで、たっぷりお話を伺いました。


歯科医師 口もと美容スペシャリスト 石井さとこさんインタビュー『美しい口もと』<第一回>【#FocusOn】

歯科医師 口もと美容スペシャリスト 石井さとこさんインタビュー『美しい口もと』<第一回>【#FocusOn】

恵比寿で20年以上デンタルクリニックを開業する石井さとこさん。多くの著名人を顧客に抱え絶対的な信頼を得る、口もと美容スペシャリストでもあり歯科医師でもある石井さんの新著『美しい口もと』はデンタルケアに関する情報が満載!アラフォー女性が知っておきたい口腔ケアについてお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


糖質を楽しみながら上手に血糖値コントロール美人に♪【10年後のために今何を食べるべき?#2】

糖質を楽しみながら上手に血糖値コントロール美人に♪【10年後のために今何を食べるべき?#2】

Optimal Beauty&Health研究家の宮地祥子です。前回は、食べる順番を工夫することで血糖値を緩やかに上昇させ、太りにくい状況をつくり食事を楽しむ方法をご案内させていただきました。今回は、食べると血糖値が急上昇する糖質たっぷりのメニューを楽しみながら、上手に血糖値をコントロールする方法をご紹介します。


アフタヌーンティーで夫婦や家族のコミュニケーションUP! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

アフタヌーンティーで夫婦や家族のコミュニケーションUP! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

英国紅茶研究家であり、ご自身のティールームとショップを運営し、講座なども開催する斉藤由美さん。インフルエンザ予防効果が科学的に証明された紅茶について、ご著書『紅茶セラピー~世界で愛される自然の万能薬』を基にお話を伺いました。


子供が最優先? シングルマザーが恋愛する時間を作るコツ【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#29】

子供が最優先? シングルマザーが恋愛する時間を作るコツ【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#29】

子どもを育てながら、仕事も家事も頑張るシングルマザー。忙しい毎日では恋愛にかける時間も限られてきます。ですが、ひとりだからこそ時間に柔軟に対応できるのもシングルマザーの強み。仕事や家事、育児と並行して恋愛を楽しむための時間を作るコツをお伝えします。


ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】

ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】

日本では婚活より終活が花盛り⁉ 高齢化社会に伴い、どう人生の終わりを迎えるかが社会問題にもなり日々メディアをにぎわせています。WOMe世代も他人ごとではなく、親の終活もあり関心が高いのではないでしょうか。そんな終活ロシア版ともいえる『私のちいさなお葬式』は、“死”を小難しくシリアスにとらえていない、チャーミングで心温まる優しいロシア映画です。ロシアと日本の意外な共通点も見つかりますよ。


疲れた顔にさよなら! 頭も心もスッキリ整える自分トリートメント術【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #1】

疲れた顔にさよなら! 頭も心もスッキリ整える自分トリートメント術【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #1】

やることだらけの毎日、ついつい表情も険しくなってしまいませんか。でも、待って!その表情、その眉間のシワ、周囲に見られています。いつ会ってもパッと華が咲いたような笑顔でいたいものです。そのために、こっそりできる自分トリートメント術をライフスタイリストの北條久美子がご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google