100歳まで自分で排泄!「骨盤底筋」を鍛えよう 骨盤底筋トレーナー 岡橋優子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

100歳まで自分で排泄!「骨盤底筋」を鍛えよう 骨盤底筋トレーナー 岡橋優子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

骨盤底筋が緩むと自分で排泄することができない⁉骨盤底筋の役割と骨盤底筋が衰えるとどんな弊害があるかなど、骨盤底筋トレーナーの岡橋優子さんに教えていただきました。


前回の記事はこちらから

女性のQOL(*)にとても大切な役目を果たす骨盤底筋はどうして弱くなってしまうのでしょうか。骨盤底筋の劣化を少なくしたり、弱くなった骨盤底筋を回復するにはどうしたらいいか、また、対策が進んでいる諸外国ではどういうことが行われているのかなど、骨盤底筋トレーナーの岡橋優子さんにお話を伺いました。インタビュー第二回です。
*QOL:Quality of Life 生活の質や人生の質と訳されることが多く、人生や生活への満足度を表す。

骨盤底筋が衰える理由とは?

――骨盤底筋は、どうして衰えてしまうのでしょうか?

筋肉ですから加齢と共に衰えてしまうのはしょうがありません。ですが特に女性は、妊娠・出産、更年期以降で骨盤底筋の機能が落ちます。その時期は特に女性ホルモンの影響を受けてしまうからです。女性ホルモンにはコラーゲンを増やしたり、皮膚や筋肉の潤いやしなやかさを維持する役割があります。女性は男性ホルモンも持っていて、男性ホルモンは産まれてから死ぬまで比較的一定の量が分泌されています。しかし女性ホルモンは大きく変動します。まず思春期に増えます。この変化により、ニキビができたり、脂肪がつきやすくなったり、肌にハリが出たりします。そして妊娠・出産でまた大きく変動をし、40歳を過ぎたころから閉経に向けて坂道を転げ落ちるように減少していきます。女性ホルモンの減少により筋肉のコラーゲン量が減ります。これは残念ながら避けられないんです。

――加齢が原因なら避けられませんね。

それに加え、睡眠不足や喫煙、栄養のバランスが悪い、運動やトレーニングをしない、といった生活習慣でも衰えます。筋肉ですから使わないと衰えてしまうわけです。

――生活習慣でも劣化が加速するんですね。

そうです。ですがなんといっても妊娠・出産がダメージとしては一番大きいです。経膣分娩ではなかったとしても妊娠することで筋肉や関節を緩めるホルモンがでますので、筋肉が弱まり、骨盤底筋にも影響がでます。それこそ流産や中絶でも影響があるんですよ。女性ホルモンが落ち着いても筋肉に弱まった記憶が残るんですよね。

骨盤底筋は放っておいたらなかなか回復しません。ジムなどで意識して鍛えられる筋肉はまだいいのですが、骨盤底筋は日常的に排尿・排便程度しか使用しないので、トレーニングをしないままでいるとトイレが近くなったり、それ以上強くならず、尿のきれが悪くなったりといったことが起きます。

ちなみに、骨盤底筋が衰えると、女性はくしゃみで尿がもれ、男性は尿が出にくくなるか、くしゃみで便もれします。女性は尿道が短く尿がもれやすく男性は尿道が長いためです。そしてさらに衰えると、女性の場合骨盤底筋の上に乗っている子宮、腸、膀胱が下がってきて、本当に進行すると膣からこういった臓器がでてくることもあります。

――膣から臓器がでてくるんですか!? ということは妊娠した方はもちろんですが、男女問わずすべての人がトレーニングをした方が良いということですか?

人生100年時代と言われるようになり、みなさん長生きになっています。死ぬ直前まで排尿、排便はするわけですから、機能を維持しなければいけませんよね。放っておけば自然に弱まってしまうので、最後まで機能を維持するためにトレートレーニングは必要です。できれば20代前半には始めるといいと思います。そうすると筋力の貯金ができますよね。妊娠・出産、加齢で低下しますから、高い位置に筋力を維持しておきたいのです。本当は学校の保健体育の授業で教えるといいと思います。これは現代女性の問題だと思います。

――現代女性の、というと昔は違ったんですか?

少し状況は違いました。昔は平均寿命が短かくて今のように長生きする人が少なかったということはありますが、生活スタイルや人生設計の変化の影響もあります。ひとつは、トイレが和式から洋式に変わった事。これが意外と影響しているんです。和式トイレを使用することで骨盤底筋がストレッチされていたんです。どんな筋肉でもストレッチとトレーニングが大事です。例えば和式トイレの時代は1日に8回程度ストレッチをしていたと考えられますが、現代は基本的には0回です。ストレッチをされないと筋肉は硬くなっていきます。想像してみてください。肩のストレッチを8回した人と、0回の人、肩こりの度合いは違いますよね。

――最近は洋式と和式があってもついつい洋式を選んでしまいます。

もうひとつは高齢出産です。やはり出産がいちばんダメージが大きいわけですから。年齢を重ねて骨盤底筋が劣化しているところにさらに大きなダメージが加わりますので修復が非常に難しくなります。洋式トイレの普及で筋肉が硬くなっていますのでなおさらです。ですが産後はみなさん余裕がないんですよね。容赦なく子育てが始まりますから、トレーニングも簡単でシンプルなものにしないとできない。

さらに高齢出産の場合、そのまま更年期に突入することもあります。大きなダメージから回復しないまま女性ホルモンが急激に減少して筋肉の劣化が進むと大変なことになります。ですので、産後はみなさんトレーニングを受けて骨盤底筋を回復をさせることが大切なんです。

フランスでは産後みんな受けている骨盤底筋トレーニング

――海外の骨盤底筋トレーニング事情はどうなのでしょうか?

国によりますが、フランスの例をお話しますね。フランスは1990年代に出生率が低迷し、その後、出生率が回復した国です。そのフランスでは骨盤底筋トレーニングが国費で受けられます。クーポンが10枚程度用意され、自宅に理学療法士が来たり、トレーニングを受けに行けるようになっているのです。

――国費でですか! 日本では、産後のお母さんのケアって1ヵ月後の検診くらいじゃないですか? ところで、骨盤底筋トレーニングと出生率ってどんな関係があるんでしょうか?

骨盤底筋は膣のまわりの筋肉なので、骨盤底筋がゆるむと性生活が苦痛になることがあるんです。フランス人のカップルにとっては大問題です。また、産後に尿漏れが続いてQOL(*)が低下していたらどうですか? もうひとり産もうと思えないのではないでしょうか。ただでさえ子育てが大変なのにトイレが近かったり、尿漏れをしていたら、もう産みたくないと潜在的に思う女性は少なくないと思います。なので、産後に骨盤底筋トレーニングを女性が受けることが出生率の向上にも繋がると考えています。

――確かにそうですね。日本ではあまり公に話さない話なので表には出てこないかもしれませんが、潜在的な理由としてありそうです。人生100年時代。骨盤底筋のトレーニングが必要なことがよくわかりました。でも日本ではなかなか機会にめぐまれません。最終回では、実際のトレーニングの方法をお伺いしました。※8月7日(水)12時公開予定

*QOL:Quality of Life 生活の質や人生の質と訳されることが多く、人生や生活への満足度を表す。

文/北 奈央子、撮影/鈴木 志江菜

岡橋優子さんプロフィール

女性医療と提携した運動療法を開発、展開する運動科学・美骨盤トレーナー。主な分野は「予防のための骨盤底筋エクササイズ」「乳がん術後のグループ指導」。パナソニック社JOBAの骨盤底筋エクササイズや、東京大学医学部との産後の骨盤底筋体操共同研究などの運動療法の検証や、スポーツクラブ、病院、大学、各種セミナーなどで運動指導を実施。また、NPOを立ち上げ、乳がん術後のリハビリとして、湘南記念病院乳腺外来専門医、土井卓子医師と「乳がん術後の楽動教室」を実施。女性の健康を支えるための社会貢献にも力を注ぐ。神戸市立外語大学英米語科卒業

有限会社アスカ 代表取締役
NPO法人 スマイルボディネットワーク代表
早稲田大学 スポーツ科学部非常勤講師
パナソニック株式会社アプライアンス社 技術アドバイザー
青梅看護専門学校、広尾看護専門学校、荏原看護専門学校、府中看護専門学校、板橋看護専門学校 非常勤講師
社)日本フィットネス協会 理事
NPO法人 日本Gボール協会 理事
日本コアコンディショニング協会 スーパーバイザー

<資格>
健康運動指導士
日本女性骨盤底筋医学会会員
米国スポーツ医学会 エクササイズフィジオロジスト
マタニティヨーガ協会認定
英国ピラティス・インスティチュート認定

<著書>
監修『見るみるわかる骨盤ナビ』(ラウンドフラット)
『骨盤スイッチ』(NPO法人スマイルボディネットワーク)
『体が硬くてもできる! 安産のための骨盤ストレッチ』(ナツメ社)

体が硬くてもできる! 安産のための骨盤ストレッチ (ハッピーマタニティBOOK)



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピー”という言葉を聞いたことがありますか? 近年注目を集めている腸内環境を整えるセラピーのようです。コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんへお話を伺いました。


その体調不良「必ず良くなります」と信じて言い切る 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

その体調不良「必ず良くなります」と信じて言い切る 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?なかなか耳慣れないこの言葉。その名の通り、女性専門の疲労に関する科のようなのです。こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第一回です。


実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

骨盤底筋の大切さ、役割について骨盤底筋トレーナーの岡橋優子さんにお話をうかがった第三回目は実際に骨盤底筋を鍛える方法についてです。簡単にいつでもできるので、ぜひ実践してください。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピー”という言葉を聞いたことがありますか? 近年注目を集めている腸内環境を整えるセラピーのようです。コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんへお話を伺いました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google