なにか感じたら「とにかくやってみて!」ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
なにか感じたら「とにかくやってみて!」ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

なにか感じたら「とにかくやってみて!」ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「人生、自分が主役で楽しんでいる!」と胸を張って言える人はどのくらいいるでしょう。“ライフシフト”とは“人生の主人公になり100年ライフを楽しむ”ということ。もちろんそうしたいけれど、実際にはしがらみもあったりして難しい…そう思っている方も多いと思います。そこで、ライフシフトジャパン 執行役員CMO 河野純子さんにライフシフトの法則についてインタビューしました。最終回です。


前回の記事はこちらから

ライフシフトジャパン 執行役員 CMO 河野純子さんに四回に渡ってお話を伺ったインタビューの最終回。ライフシフトにとってもしかしたら最も大切なことかもしれない“変身資産”についてお話を伺いました。

内省する時間を作ることが大切

自分自身がどんな価値感を持って生きているか分かっている人ってなかなかいないと思います。内省すること自体あまりしないし、そもそも普段、人とそういう大事な話ってなかなかしない。

――どんな価値基準で生きていますか? と聞かれたら答えられないかもしれません。漠然と「楽しく生きたい」とか言ってしまいそうです(笑)

そうですよね。「楽しく生きる」と答えたとしても、どういう状態だと“楽しい”のか。“楽しい”基準はなんなのか? ということは人それぞれ違うはずです。自分が成長することが楽しい人も、人に役立つことが楽しい人もいますしね。

――なるほど。

ライフシフトジャパンのワークショップで面白いものがあるんです。

自分の価値軸に気づくためのワークで、この図にある18の価値軸がそれぞれバラバラのカードに書かれています。その中から自分がこれまで大事だと思ってきたことと、これから大事にしていきたいと思うことが書いてあるカードをそれぞれ6つずつ選ぶんです。そしてそのカードを選んだ理由を発表してもらいます。そうするとね、「この人がこのカードを選ぶんだ!」という驚きが必ずあります。人は見かけによらないし、自分自身が思ってもみないカードを選んで自分で驚いている人もいます。

――面白いですね。この図を見て、6つ選んでみようかな。

それがね、カードにしてバラバラの状態で選ぶとちょっと違うんです。一枚一枚に向き合って考えられるからでしょうか…でもまあ、自分の価値軸について考え内省する時間を作るということが大切なので、それもライフシフトへの第一歩ですね。

“みんなと同じ”と安心していては人生の主人公にはなれない

それからライフシフトするためにとても大切なことがあります。それは“変身資産を活かす”ということです。

――“変身資産”ってなんでしょうか?

この図に10個あげている「変化に対応する力やマインド」です。例えば40代になると今まで築き上げてきたものが色々あってそこに囚われてしまう、ということがあると思います。ですが、ライフシフトをするにはその囚われは邪魔なものなんです。もちろん経験や知識は役に立つことがたくさんあると思いますが、それに囚わず、学んだことを捨てる勇気を持つことが大切です。

それから先ほども言った“ざわつき”、違和感を大切にしているかどうか。「嫌だ」とか「おかしい」などと思うことに蓋をしてなかったことにしてしまってはライフシフトはできません。それから危険なのは“みんなと同じだから安心”という価値観です。みんなそれぞれ顔も体つきも経験も性格も何もかも違います。同じなんてありえないんです。なのに同じでないと不安になっちゃう。

――そうですね。いい会社に入って、みんなと歩調を合わせて仕事をしていればとりあえず安心、と思っていたり、みんなが結婚する時期に結婚しないと不安、と思っている人は多いと思います。

多くの日本人は会社勤めをしていて、キャリアのオーナーシップを会社に明け渡してしまっています。それじゃあ自分が主役の人生は歩めません。会社の寿命よりも、個人が働く時間のほうが長い時代です。会社に頼らずにもっと主体的に“自分がどうしたいのか”を感じながら生きなくては。

そのためには、ここに上げている10個の変身資産を意識して行動してみることをお勧めします。私自身もいつでも変化に対応できる自分でありたいですし、違和感を大切にできる自分でいたいと思っています。

とにかくやってみて!

――40代になってざわついている女性は多いと思います。でも、そのざわつきがなんなのか分からない人もいるでしょうし、わかっていても行動に起こせない人もいる気がします。

無理していますぐ変わろうとしなくてもいいと思います。ただ、違和感をもったら無視しないこと。人ってすぐに忘れてしまうので、違和感をもったら書きだしてみる。もし一年後も同じ違和感をもっていたとしたら、それはもう何かを始める時なのではないでしょうか。ですがそのやり方もスピードもそれぞれです。瞬発力の高い人もいれば、長期型の人もいる。大切なのは周りに囚われず、自分なりのやり方で、できることから始めることです。

――本当にそうですね…最後に河野さんがご自身の人生で“これをやっていて良かったな”と思うことはありますか?

“自分の意志で人生を決めてきた”ことは良かったと思っています。自分で決めて実行してきたから何があっても誰のせいにもしません。全部自分の選択の結果だと感じることができます。

あとは、ライフシフトジャパンの取材で色々な方にお会いするのですが、年齢を重ねても好奇心が旺盛で新しいことが好きな方は本当に素敵だなあ、チャーミングだなあと思います。私もいつまでも好奇心をもって生きていきたいと思っています。世界最高齢のアプリ開発者として有名になった若宮正子さんに取材した際に座右の銘をうかがったら、「まずやってみる!」と仰っていました。とにかく気になったらアクションを起こしてみる! 枠は決めずに。私自身もそうやって人生の主役でいたいと思っています。

――常に笑顔で楽しそうにお話してくださったチャーミングな河野さん。こういう50代になりたい、こんな風に年齢を重ねたい! と強く感じました。そんな風に思える先輩がいることは本当に幸せなことです。ライフシフトに興味をもった方はライフシフトジャパンのサイトで実際にライフシフトした方々のインタビューを読んでみてください。人間の可能性は無限大! そう感じると思います。

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

河野純子さんプロフィール

1986年リクルート入社。『週刊住宅情報』副編集長、『とらばーゆ』編集長を経て、2008年に住友商事に転身。ファッション、教育分野の新規事業開発に取り組む。2017年に退職後、海外留学を経て、2018年より慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科に在籍。同時にライフシフト・ジャパンに参加。個人事務所にて事業開発コンサルティング・プロデュース活動を展開する。

実践! 50歳からのライフシフト術 葛藤・挫折・不安を乗り越えた22人

一切、きれいごと抜き!5つのステージを通る、旅の仲間と出会う、自分の価値軸に気づく、変身資産を活かす―転身ストーリーからわかる「100年ライフ」の新法則。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn

ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープジャーを使った美味しいスープ弁当の作り方のコツや、ご自身のことについてお話を伺いました。


『こじらせない離婚』著者:“円満”離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』著者:“円満”離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

三度の離婚、一度の事実婚~そして解消、とご自身が結婚・離婚のプロフェッショナル! “円満離婚弁護士”として多くの離婚を円満解決へと導く原口未緒さんにご自身の結婚・離婚のこと、最近増えている離婚案件などについてご著書『こじらせない離婚』を基にお話を伺いました。インタビュー第一回です。


セックスレス解消の糸口はまず“傾聴”すること 恋愛心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

セックスレス解消の糸口はまず“傾聴”すること 恋愛心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

恋愛カウンセラー鹿屋由佳さん。2,000人以上の女性たちのお悩みを解消してきた鹿屋さんは何かを押し付けるのではなく、クライアントの心の奥そこに隠れている苦しみに光を当て、解放し、幸せへと導きます。インタビュー最終回は悩みの根底に隠れている“トラウマ”からの自律、そして鹿屋さんがなぜ恋愛カウンセラーと呼ばれるのかについてです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

こんにちは!大湯みほです。なかなか人には言えない悩み。口臭が気になる…オナラが臭いかも?身体が弱ってる疲れてる、ストレスが多いと、ダイレクトに腸は影響を受けるんです。ガスが溜まってるようなそんな時って、オナラや口臭が気になりしませんか? 腸内に悪玉菌が増えてる証拠です! でも大丈夫! そんな時の強い味方がぬか漬けです♪


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google