すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】 | 大人のワタシを楽しむメディア
すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

結婚はゴールではなく、パートナーとともに人生を歩み始めるスタート地点。自分の問題だけでなく相手のあることだからこそ、あれこれ考え、悩みも生じます。あなたにとっての「結婚」とはなんですか。改めて「結婚」について振り返ってみました。


すれ違い生活で、結婚している意味がわからなくなりました

【お悩み】夫は夜勤がある仕事です。私は公務員なので朝早く出て夕方には帰ります。正直、ほとんど顔を合わせません。休日も土日祝日休みの私に対して、夫は不定休です。不定休なら休みを合わせてくれればいいのに、積極的にしてくれません。子どもはおらず、正直なところ結婚している意味がわからなくなってしまいました。結婚して3年目に入り、私も39歳になりました。子どもは欲しいですが、このままではできる気がしないし、できたとしても絶対に育児は手伝ってくれないと思います。離婚したほうがいいのでしょうか?(Fさん・39歳)

結婚生活がスタートしてわかること

出会いがあり、お付き合いが始まり、結婚することになり、結婚生活がスタートします。
幸せなはずの結婚生活ですが…

「あれ?」「こんなはずじゃなかった」「私が非常識なの?」など、思いもしなかったことで悩んだり考え込んだりすることがあります。

それまで別々に暮らしてきたふたりが一緒に暮らし始めると、細かなことから大きなことまで気になって仕方ない…。おもに妻である女性がそう感じる傾向にあるようです。

結婚生活はとってもスムーズ。一緒に暮らしてもまったく気にならないし問題なし。そんなカップルもいるかもれませんが、それは超ラッキー。相性バッチリで良かったですね。
でも多分それは少数派。大方のカップルが、多少の疑問がありつつも、お互いに歩み寄り、意見をすり合わせながら暮らしています。

ぶつかり合いを避けるため、無意識のうちに防衛本能を働かせ、自然とバランスをとろうとします。
ひとり暮らしとは違って、ワガママや自己中心的な考えは通用しません。他人と暮らすことによって、思いやりや気遣いなど大切なことを学びながら、お互いに成長しあう。それが「結婚」なのです。

“共働き”=“すれ違い”そんな家庭はけっこう多い

日本は以前に比べ、共働き世帯が増えています。ということは、夫婦ともに忙しい日々を送っているということ。

すれ違いの結婚生活を送っているのは、Fさん宅に限りません。

医師や看護師、早朝から働く市場や飲食業など職業によっては、一緒にいる時間がまったくとれない家庭もあります。

そんなすれ違い生活を送る夫婦が、みんな「結婚している意味がない」と思っているかというと、そうではありません。

夫婦が別々の場所で暮らす「別居婚」や「単身赴任」であっても、幸せに暮らしている夫婦は大勢います。私の周りにもそんな事例はたくさんあります。

すれ違い生活が原因だと考えるFさんは、「結婚」とは「夫婦が一緒に過ごすもの」という観念があるのかもしれませんね。

問題は「すれ違い生活」ではなく「心のすれ違い」

Getty logo

さて、Fさんの悩みを整理してみましょう。

○すれ違いで夫とほとんど顔を合わせない
○夫は不定休なのに、積極的に休みを合わせてくれない
○子どもは欲しいけれど、このままではできる気がしない
○子どもができたとしても絶対に育児は手伝ってくれないと思う

つまり、
●二人で一緒に過ごす時間がほしいのに、実現できていない
●子どもがほしいのに、セックスレス気味で不安
●(休日を合わせるなど) 夫が歩み寄ってくれない

ということになるでしょうか。

「子どもは欲しいですが、このままではできる気がしない」

「できたとしても絶対に育児は手伝ってくれない」とありますが、それはFさんの思い込みかもしれません。

夫婦は関係性で変化していくので、将来について「絶対」はありませんよ。
「すれ違い生活」に原因があるのではなく「心のすれ違い」が問題なのです。

将来のことは誰にも予測できませんが、夫婦の関係性がよくなれば、お互いに歩み寄ろうとするものです。
休日を合わせてくれるようになるかもしれませんし、育児も手伝ってくれるかもしれません。

結論を急がず、素直な気持ちを伝えることから

Fさんの相談内容に「離婚したほうがいいでしょうか」とあります。

このような質問をしてくる相談者さんが少なくありません。
一人で悩みを抱え込み、同じことばかりぐるぐる考え続けていると、何が正しくて間違っているのかわからなくなります。

結婚生活に正解や間違いはないのですが、自分の進むべき道がわからなくなり、自分で答えを出すことができず、誰かに導いてほしくなるのでしょう。
その気持ちは理解できますが、カウンセラーが答えを知っているわけでも命令を下すわけでもありません。

これからの人生を歩むのは、他でもない自分自身。
誰かに決められたことに従ったとしても、本当の意味での納得感はありません。

夫婦関係は、やはり「コミュニケーション」につきます。
そしてFさん自身の気持ちにもっと目を向けてみてください。(結婚の意味について考える必要はありません)

Fさん夫妻はまだ本音の会話をしていません。もしFさんが「心のすれ違い」を寂しく感じているなら、その胸の内をご主人に素直に伝えてみることから始めてみてください。
離婚するかしないかを決めるのはそのあとです。

「結婚して幸せになりたい」と願うのは誰も同じ。そして、幸せを作り上げていくのも自分たちです。そのためにどうするかを考え、アクションを起こしてくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

梅雨の季節、朝起きて雨が降っているとつい憂鬱な気分になってしまいますよね。ですが!夫婦仲相談所所長 三松真由美先生は違います。「雨は好き。雨だとわくわくする」と仰るのです!その理由を聞いて納得。雨の日は“濡れる日”、濡れを意識すれば膣は劣化しないのであります。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

子どものことでも世間話でも、話しかけても気のない返事しかしない夫。「どうしてちゃんと聞いてくれないの!?」と不満は積もりますが、「結末のない話を聞くのは苦手」という男性は多いのです。 耳を傾けやすい話し方を心がけることで、スムーズに会話を楽しめるようになります。「ながら聞き」する夫に有効な策についてご紹介します。


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google