映画『ガーンジー島の読書会の秘密』英国版“この世界の片隅に”【沁みる映画#05】 | 大人のワタシを楽しむメディア
映画『ガーンジー島の読書会の秘密』英国版“この世界の片隅に”【沁みる映画#05】

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』英国版“この世界の片隅に”【沁みる映画#05】

映画『この世界の片隅に』をご覧になったでしょうか?第二次世界大戦末期の広島・呉を舞台に主人公すずさんの日常が穏やかに優しく綴られたアニメーションです。映画『ガーンジー島の読書会の秘密』はイギリス海峡に浮かぶガーンジー島を舞台にしたもうひとりの“すずさん”の物語。かつてナチスドイツの占領下にあったこの島で起こった事件は事件ではなく当時の日常。戦争の悲劇が日常の中に潜んでいる恐ろしさを愛やミステリーを織り交ぜて伝えてくれる真実の愛の物語です。


忙しい日常から離れて、映画の世界へトリップしませんか? 心に沁みる上質なストーリーをご紹介。

今回、紹介するのはイギリス海峡に浮かぶガーンジー島を舞台にした第二次世界大戦中のラブミステリー『ガーンジー島の読書会の秘密』です。

※あらすじの紹介と一部“ネタバレ”の部分もありますので、ネタバレがOKな方は是非お読みください。

第二次世界大戦中、世界中に“すずさん”がいた

© 2018 STUDIOCANAL SAS

第二次世界大戦中の広島・呉を舞台にしたアニメーション映画『この世界の片隅に』をご覧になった方も多いと思います。今年はじめて地上波で放映されました。

主人公“すずさん”のごくごくありふれた優しい日常を描きながら、日常に戦争がどんどん浸食し、自由や喜びが奪われ、決定的な日を迎え、その後も人生は続く…物語です。

『ガーンジー島の読書会の秘密』はそのタイトルからミステリーの要素が強い映画なのかと思っていました。しかし観た印象は「ああこれはイギリス版『この世界の片隅に』なんだなあ」ということでした。

主人公は映画『シンデレラ』や『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』で主役を務めたイギリス人女優 リリー・ジェームズ。彼女の知的でキュートな演技がグッと映画の中に引き込んでくれます。

ロンドンで暮らすリリー・ジェームズ演じる作家のジュリエット・アシュトンはかつて、ある本を古書店に売りました。そしてその本を偶然手にしたミキール・ハースマン演じるドーシー・アダムズが本に書かれていたジュリエットの住所へ送った手紙から物語は始まります。

ドーシーが暮らすのは第二次世界大戦中ナチスドイツの占領下にあったガーンジー島。戦争が終わりナチスから解放された今も島の本屋は復活していません。しかし本を手に入れたいドーシーはロンドンの書店の住所を教えて欲しいとジュリエットに手紙で頼みます。

インターネットもテレビもない時代に情報を手に入れることはとても難しく、ドーシーにとってジュリエットへの手紙は切実な頼みの綱だったのでしょう。その文章に惹かれたジュリエットはガーンジー島へ行くことにします。

ありふれた日常は非日常になった

© 2018 STUDIOCANAL SAS

ガーンジー島を訪れたジュリエットは、ドーシーを始めとするメンバーが第二次世界大戦中に結成した読書会へ参加します。しかし、その読書会の成り立ちは決して“読書が好きだから”という単純なものではありませんでした。

ありふれた日常を送りたいのに送れない、そんなもどかしさからカモフラージュのように結成された読書会。それはナチスドイツの支配下にあるガーンジー島においてメンバーたちの大切な拠り所になっていました。

しかしかけがえのない場所も戦争という巨大な力に、どんどん侵されていきます。

メンバーそれぞれが必死に守りたかったもの、今も守り続けているもの、それぞれが抱える大きな後悔。それは決して各々の責任でもなんでもなく、ただただその時代と共に生きるということが引き起こした結果に過ぎませんでした。

読書会のメンバーたちと徐々に打ち解けていくジュリエットは、読書会の秘密を少しづつ明らかにしていく過程の中で、どうしようもなく自分自身に向き合うことになります。表面的な幸せや分かったようなふりをしてごまかしていた現実が、もっと深く意味のあるものであると気が付いた時、ジュリエット自身が大きな決断を下すことになります。

人と人はどんな縁で繋がるか分かりません。その縁に真摯に向き合い、自分から逃げないことで人は真の幸せにたどり着けるのではないでしょうか。たとえそれが傍から見たら悲劇だったとしても、自分を信じて貫いた道ならば、誰に何を言われようが思われようがいい。

そんな人間の強さを感じ、もう二度と戦争なんてしちゃいけない。そう思わせてくれる映画でした。

最後に…ラブミステリーの“ラブ”について触れずじまいでしたが、この映画の要素である“ミステリー”と“人間ドラマ”を貫いているのは“愛”です。秋の夜長に真実の愛を探すラブストーリーを観たい方はぜひ! 大切な人と映画館で楽しんでくださいね。

『ガーンジー島の読書会の秘密』は8月30日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーです。

『ガーンジー島の読書会の秘密』

出演:リリー・ジェームズ、ミキール・ハースマン、グレン・パウエル、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、キャサリン・パーキンソン、
マシュー・グード/トム・コートネイ/ペネロープ・ウィルトン
監督:マイク・ニューウェル
原作:メアリー・アン・シェイファー、アニー・バロウズ
脚本:ドン・ルース、ケヴィン・フッド、トーマス・ベズーチャ
【原題:THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY/2018年/フランス・イギリス/英語/124分/カラー/ビスタ/5.1ch/日本語字幕:牧野琴子/映倫区分:一般】
配給:キノフィルムズ/木下グループ ©2018 STUDIOCANAL SAS
公式サイト:dokushokai-movie.com 公式Twitter@dokushokaimovie

8月30日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

『ガーンジー島の読書会の秘密』公式サイト

http://dokushokai-movie.com

『ガーンジー島の読書会の秘密』公式サイト 8月30日全国ロードショー 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』『スリー・ビルボード』のプロデューサーが贈る〈人生を輝かせる至福の〉ミステリー!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


40代は最後のモテ期?帰ってきたブリジット・ジョーンズ特集【オトナキレイになる映画】

40代は最後のモテ期?帰ってきたブリジット・ジョーンズ特集【オトナキレイになる映画】

世界中の女性たちの心をつかんだ大人気ブリジットジョーンズシリーズが12年ぶりに戻ってきました!心躍らせて最新作の公開を待っているブリジット信者は多いはず!今回も期待を裏切らない、いやいや、期待以上の傑作です。この機会にシリーズを見直して、自分の歩んで来た人生を振り返ってみるのもいいかもしれません。


いつだって手遅れなんてことはない『イーディ、83歳 はじめての山登り』【沁みる映画 #14】

いつだって手遅れなんてことはない『イーディ、83歳 はじめての山登り』【沁みる映画 #14】

年齢や環境を言い訳にして、何かを躊躇する。最近そんなことが増えてきたな、そんな風に感じることはありませんか? 1月24日(金)からシネスイッチ銀座ほかで公開される『イーディ、83歳 はじめての山登り』は実際に83歳の女優がスコットランドのスイルベン山に登る物語。“いつだって手遅れなんてことはない”。新年の抱負に心に刻みたい映画です。


岩井俊二監督最新作『ラストレター』松たか子・福山雅治主演そして“あの”二人も…【沁みる映画 #13】

岩井俊二監督最新作『ラストレター』松たか子・福山雅治主演そして“あの”二人も…【沁みる映画 #13】

“岩井俊二”と聞いて、懐かしさにときめいてしまうならきっと40代以上! 豪華キャストが大集合して撮られた最新作『ラストレター』は名作『ラブレター』のアンサー映画なのかと思いきや、とんでもない展開で新たな“岩井美学”の世界を魅せてくれます。


ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】

ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】

日本では婚活より終活が花盛り⁉ 高齢化社会に伴い、どう人生の終わりを迎えるかが社会問題にもなり日々メディアをにぎわせています。WOMe世代も他人ごとではなく、親の終活もあり関心が高いのではないでしょうか。そんな終活ロシア版ともいえる『私のちいさなお葬式』は、“死”を小難しくシリアスにとらえていない、チャーミングで心温まる優しいロシア映画です。ロシアと日本の意外な共通点も見つかりますよ。


フランス映画『冬時間のパリ』大人の恋の物語【沁みる映画 #11】

フランス映画『冬時間のパリ』大人の恋の物語【沁みる映画 #11】

「恋、してますか?」。大人になり「恋って愛ってなんだろう」なんて思っている今日この頃の皆さま。ぜひ女友達とフランス映画『冬時間のパリ』へ。笑っちゃうくらい身勝手で自分に正直に生きる大人の男女の恋愛模様に、自分がバカバカしくなってしまうかもしれません。もっと自由に人生を楽しみたくなる大人の恋愛映画『冬時間のパリ』。美しい冬のパリの景色と共にぜひどうぞ。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


足がパンパン! そんな辛いむくみをマッサージで改善♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#6】

足がパンパン! そんな辛いむくみをマッサージで改善♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#6】

長時間の座り仕事や立ち仕事で夕方になると靴がきつくなったり、足がだるくなったりしませんか? また冷え性や肩こり、これらはすべて脚のむくみとつながっています。以前は私も脚のむくみに悩むひとりでした。が、この6つの方法で見事に改善したんです。そこでおすすめの改善方法をご紹介します。


インフルエンザ対策に紅茶が効果的! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

インフルエンザ対策に紅茶が効果的! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

インフルエンザ対策に紅茶が大注目! インフルエンザが流行する季節はもちろん、日常的に飲むことで嬉しいことがたくさんある紅茶について、『紅茶セラピー~世界で愛される自然の万能薬』の著者 英国紅茶研究家の斉藤由美さんにお話を伺いました。


「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

子どもの世話をするのは自分だけ。忙しい夫は育児にも私にも無関心……。「ワンオペ育児」で悩む妻は多いですが、諦めていては何も変わりません。恨みや憎しみが重なると、いずれ熟年離婚もありえます。そうならないためにも、もう一度夫を愛することから始めてみませんか? それでは具体的にどう接すれば良いか、お話します。


『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

著書『「指プレス」でシワのばし』がビューティ感度の高い芸能界や美容業界の人たちの間で話題のスピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さん。モデルやタレントさんなど、多くの顧客を抱える田中由佳さんが自宅でできるシワのばしのメソッドをまとめた一冊はシワが気になるアラフォー女性は必読! 田中由佳さんにシワ改善の秘訣をインタビューしました。


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google