“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)。これを読むと一刻も早く美容院に行きたくなります。佐藤友美さんに本の内容について根掘り葉掘りお伺いしました。第一回です。

髪の毛に油断が表れている妻はセックスレス!?

――今日はお話を伺うのをとても楽しみにしておりました! 『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を拝読してぜひインタビューしたい! と思っていたので、お会いできて嬉しいです。

さとゆみさん:ありがとうございます! こちらこそ嬉しいです。どうして本を知ってくださったんですか?

――編集長が髪の毛にこだわりがあって、佐藤さんの本を紹介してくれたんです。私はまったく髪の毛のコントロールができない人間なんですが(笑)編集長は私と真逆で。

さとゆみさん:そうだったんですか! 嬉しいなあ。

――お伺いしたいことがたくさんあってどうしよう(笑)まず…“パートナーとのセックスレスに悩む女性は、たいてい髪の毛に油断が表れている”という一文がありましたが、これについてお話聞いても良いでしょうか?

さとゆみさん:そこからいきますか(笑)

――WOMe読者に関心の高いワードなので(笑)ぜひお願いします!

さとゆみさん:男性って、洋服やメイクに比べて、髪を記憶に残しやすいんですよね。合コンが終わった後に男性たちが女性の感想を言い合う時って「お前の隣にいた髪の毛が短い子は良い子だった」とか「金髪の子が可愛かった」なんて言ってるんです。つまり、髪の毛の印象がそれほど強い、ということなんです。

――確かにそうかも!

さとゆみさん:女性と比べて洋服やメイクの認識能力が低いんでしょうね。女性って、合コン途中や終わりごろに「ちょっと化粧室へ」ってメイクを直しに行くじゃないですか。でもメイクを直したなんて男性にはほとんど分かりません。それどころか「トイレ長いな。おっきい方か?」なんて思われている可能性が大です。

――なんと…(笑)なんでそんなに髪の毛の印象が残るんでしょう?

髪と顔は区別しない!“髪は顔”

さとゆみさん:これは持論ですが、髪の毛って体にくっついていますよね、つまり体の一部です。そこが潤っていてキレイだということは、“その女性が生まれつきキレイである”と認識されやすいのだと思うんです。男性は生物として良いDNAを残したいと本能的に思っているので、“髪の毛がキレイかどうか”で、その女性が自分の種を良いDNAとして残してくれるかどうか無意識のうちに見分けているんじゃないでしょうか。

――なるほど…本能が作用するからその印象が強く残る、ということですね。

さとゆみさん:ええ。男性って彼女のメイクが薄ければ薄いほど好きっていうじゃないですか。あれも、メイクが薄い方が「素」がわかるからだと感じます。メイクが濃いと、素顔がわからなくて、本能的に不安になるんだと思います。

――たしかに! よく“髪は顔の額縁”っていいますけど、髪は顔の印象を変えるどころか人としての印象を決定してしまうんですね。

さとゆみさん:私ね、“髪は顔の額縁”って言う言葉は好きじゃないんです。だって額縁は丸ごと取り換えられるじゃないですか。でも髪は取り替えられない。髪は顔。分けなくていいと思います。

――本当だ…

さとゆみさん:私たちって基本的には毎日鏡を見てますよね。そして多くの日本人は三面鏡ではなく、一面鏡を使っています。でもね、一日のうちで他人が自分の真正面の顔を長い時間見ることってまずないんです。例えばオフィスで仕事をしている時に人から見えるのは圧倒的に横顔であり後ろ姿です。後ろ姿でその人が誰かを判断しているんです。ということは時間をかけてできるだけキレイに整えなければいけないのは、“顔”ではなくて“髪”だと思いませんか?

――確かに!

さとゆみさん:海外の女性の家には必ずと言って良いほど三面鏡があります。欧米の女性は髪の毛が女性にとってどれだけ大切かよく分かっているんです。

――なるほど…確かに私もメイクやヘアセットした際に正面からしかチェックしていませんでした。これからはサイドとバックも確認するようにします! 話がちょっとそれてしまいましたが、それでセックスレスは髪に油断あり、ということはどう繋がるんでしょうか?

さとゆみさん:そうでした(笑)セックスレスの理由はそれぞれのご夫婦で違うでしょうし一概には言えない難しい問題だと思います。でも、ヘアライターとして一つ思うのは、セックスレス状態になっているということは、至近距離で話をする機会が減っているのではないかと思うんです。

向き合って長時間会話をしているかどうかも怪しい。ということは夫が見ている妻の姿ってやっぱり後ろ姿だったり、横顔だったりするんじゃないかなあと。そうなると髪の毛が顔の役割をしていることになります。だとすれば、もしかしたら顔よりも髪の毛に手をかけたほうがいいのかもしれませんよね。

人は自分が自分を扱うように他人からも扱われる

さとゆみさん:これは、美容師であるモテ髪師大悟さんから聞いた言葉で、私もなるほどと思ったことなのですが、“人って自分が自分を扱うように他人からも扱われる”んです。

――どういうことでしょうか?

さとゆみさん:「私はもうおばちゃんだから」と自分から言う女性っていますよね。そういう人って周りからも“おばちゃん”として扱われていませんか? 逆に自分にきちんと時間をかけてキレイにしている女性は同じ年齢だったとしても周囲は“おばちゃん”として扱っていないと思います。5歳児でさえそうです。お化粧をしてキレイにしている女性には「○○ちゃんのママ」という言い方をして「おばちゃん」とは呼びかけません。

――言われてみれば、確かに。

さとゆみさん:だから毎日生活を共にしている旦那さんも、自分に手をかけている奥さんのことは大切に扱おうって考えるんじゃないかと思うんです。その時に、常にメイクをキッチリしている姿を夫に見せることはできないですよね。お風呂に入ったらスッピンになるし、朝だってお化粧をする前の顔を見せるでしょう。けれど髪の毛が美しいとそれだけで美しく感じるんです。なので、お化粧に時間とお金をかけるのもいいけれど、すぐに変えたり落としたりすることができない“髪の毛”にも時間とお金をかけて欲しいと思います。

――最初から不躾にセックスレス問題についてお伺いしたのにも関わらず、快く楽しくお話しをしてくださった佐藤友美さん。深く納得するお話ばかりでどんどん興奮してしまいました。第二回はさとゆみさんが、なぜ、本を出版しようと思ったのか、日本人は美容師さんを使い倒せてない、などのお話です。お楽しみに。第二回目はこちらから

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

佐藤友美さんプロフィール

日本初のヘアライター&エディター。

1976年、北海道生まれ。15年の間にファッション誌やヘアカタログの「髪を変えて変身する企画」で撮影したスタイル数は4万人ぶん(約200万カット)を超える。
「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在で、セミナーや講演を聞いた美容師はのべ2万人を超え、これは全国の美容師の20人に1人の割合にあたる。

日本最大のヘアスタイルフォトコンテストの審査員をはじめ、40代からのヘアスタイル&ヘアケア情報サイト「ユニークピース」の編集長、美容院へのカウンセリングコーチ、ヘアケア製品やスタイリング剤の商品開発アドバイザーなどもつとめ、美容業界での活動は多岐にわたる。
近年は女性向けのヘアスタイルアドバイス、その人にマッチする美容院の紹介なども手がけ、高い満足度を得ている。

女の運命は髪で変わる

¥ 1,404

信頼されたい、稼ぎたい、結婚したい、若く見せたい、大事にされたい、知的に見せたい、おしゃれなママになりたい、愛されたい…「似合う髪型」ではなく、「なりたい自分」をイメージして、髪型を決めるとうまくいく。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

骨盤底筋の大切さ、役割について骨盤底筋トレーナーの岡橋優子さんにお話をうかがった第三回目は実際に骨盤底筋を鍛える方法についてです。簡単にいつでもできるので、ぜひ実践してください。


ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか? その名の通り、女性の疲労による症状を緩和してくれるクリニック。つまり女性の体調不良を改善してくれる、ということなんです。こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビューしました。最終回です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google