羨ましい…嫉妬心が芽生えたら【心をうるおす大人の絵本 # 11】 | 大人のワタシを楽しむメディア
羨ましい…嫉妬心が芽生えたら【心をうるおす大人の絵本 # 11】

羨ましい…嫉妬心が芽生えたら【心をうるおす大人の絵本 # 11】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】今まで生きてきて、一度も誰にも嫉妬したことがない、という人はとてもレアだと思います。SNS全盛期の今、特に私たちは日々色々な嫉妬の感情に苛まれ翻弄されているのではないでしょうか。そんな時、絵本コーディネーター東條知美さんのおススメする本を読めば、“自分は自分”思えてくるかもしれません。


「なによイクメンパパぶりアピールする投稿しちゃってさ!」「何今の態度!私の方があの人より下だって言いたいわけ?」「あーこれにおわせねーあざといー」、実生活の中ではリアルでもネット上でも嫉妬の渦はグルグルグルグル私たちの周りを、時に私たちを巻き込んで離しません。そんな嫉妬の渦に呑み込まれたら…呑み込まれそうになったら…ちょっと深呼吸して、絵本コーディネーターの東條知美さんのおススメするこんな絵本を読んでみませんか?

嫉妬の渦は違うところで。ここ圏外です

「嫉妬」という言葉で思い出す場面がいくつかあります。
高校生の頃。毎日彼氏とラブラブだったKさん(女子)が、ある朝机に突っ伏していたので「どうしたの?」と尋ねると、ムクリと上げたその顔はまるで鬼夜叉。一夜にしてスマイリーアイドルから鬼夜叉に変貌したKさんは、他の女子の元へと去って行った元彼Sへの恨みを述べ、その1億万倍の勢いでSを略奪した女子に対する呪いの言葉を吐いていました。エンドレス。罵詈雑言がエンドレス・レイン。

「嫉妬が過ぎる」と陰でみんなが噂していたけれど、私はKさんの生々しい感情に触れ、なんだかうっすらと感動すら覚えました。Kさんは今幸せだろうか。

我が身を振り返りますと、テレビに出させていただいた頃にちょっとだけ意地悪なことを言われたことがありました。友人に「人々は暇か」とこぼしたところ、「それは嫉妬さ」と言われ心底驚いたものです。嫉妬って、なんかもっとずっと違うところで渦巻いてるはずなんでよろしく頼みます、ここ圏外です。
ネットで検索してみると、「入社したときは皆横並びだったのに、ある日気が付いたら出世してた同期の仲間」とか、「お金持ちでエグゼクティブなダンナ+有名校に通う子と港区で暮らすマダム」とか、大人の嫉妬は本当にいろいろ。
そういえばあのグリム童話にも、みなさんが知っている有名な「嫉妬からはじまるお話」がありますね。

『白雪姫』(たかのもも 作/グリム 原作 フレーベル館)

ある国に、紅いくちびると黒い髪、白い肌を持ったお姫さまが生まれました。「白雪姫」と名付けられたお姫さまは大切に育てられますが、まもなくお妃さまが病に倒れ、意地悪な継母(新しいお妃)が城へやってきます。自分より美しい者がいることが許せないこのお妃は、白雪姫を殺して心臓を持ちかえるよう猟師に命じますが…。

* * * * * 

だれもが知っているグリム童話「白雪姫」が、(国際原画展で数々受賞の絵本作家)たかのももの手で美しく幻想的に紡ぎ出された作品。
白雪姫を描く作品は古今東西たくさんありますが、この表紙に描かれた白雪姫の穢れのなさ、儚げな雰囲気にすっかり一目ぼれしてしまいました。


白雪姫が死んだとすっかりおもいこんだお妃はたいへん満足し、ぺろりとそれ(心臓)をたいらげてしまいました。


…うわ、こわ!

グリム童話集は、今から200年以上前にドイツのグリム兄弟が祖国復興を心に掲げ国中の民話を調査・採蒐してお話を集めまわったものです。わりと残酷で恐ろしい内容のお話が多いのです。日本の昔話にも「したきりすずめ」や「つるの恩返し」のように、残酷だったり悲しくて報われないものがたくさんありますね。

「この世は誠におそろしく不条理だが、正しく生きようね」というのが、大昔から世界中で脈々と語り継がれる普遍のメッセージということなのでしょう。

さて、みなさんもご存じの通り白雪姫は死にません。森の中の7人の小人の家でかくまわれ、みんなで家族のように暮らしています。

ですが、お妃にはあの不気味な魔法の鏡、お喋り大鏡がありますから、すぐにばれちゃいます。

白雪姫へのねたみがふたたびよみがえりました。
「こうなったら、わたしの手で白雪姫を亡き者にしてやる!」

本気出しちゃったお妃は声色を変えて変装して、首飾りやら櫛やらリンゴを売りに行きます。私たちはそれに毒が塗られていたり邪悪な魔法がかけられていることを知っていますから、「白雪、開けちゃダメ」「そんなもん食べたらダメ~!」「白雪姫、うしろ、うしろ~!」とやきもきしてしまうのですが、白雪姫は「でも、いい人そうだし…」と思ってしまうのでしょう、毎回毎回騙されます。
毒リンゴの際にはとうとうどうにもならず棺にまでおさめられますが、偶然通りかかった白馬の王子にキスされて蘇生します。

「白雪姫、どうぞわたしと結婚してください」
「はい、喜んで」

「なんでやねん!」というつっこみは“なし”でお願いします。

白雪姫は、持っている。圧倒的に持っている女なんです。この世でいちばん美しい容貌と純粋な心を持ち幸運すらひざまずく女、それが白雪姫です。

嫉妬って、そもそもこういう相手にしちゃいけないんですよね。
それとも・・・お妃が本当に嫉妬していたのは、美しく成長した白雪姫に宿る元妻の面影に、だったのかもしれない。王さまはちゃんと(後妻である)お妃を愛してあげていたのだろうか? お城のみんなは新しいお妃と前のお妃を比べて嫌な態度を取ったりしてなかっただろうか?

おばさんになると、あの邪悪なお妃の心中まで慮ってあげたくなっちゃうんだから、人生って面白いものですね。

『すきっていわなきゃだめ?』(辻村深月 作/今日マチ子 絵/瀧井朝世 編 岩崎書店)


いっしょに いると、あしたも あさっても いっしょに いたくなる。

* * * * * *

本気でだれかに恋している時、嫉妬の辛さは、片想いでもつきあっていても結婚していても、きっと誰もが同じなんだろうな。
好きな人が自分以外の人と仲良くしてるなんて、身がよじれるほどに辛い。嫉妬は、情けなくて弱っちい自分をさらけ出してしまう。

「こうくんも りなちゃんを すきなの?」

この一言を絞り出すことの困難を、おそろしさを…人を好きになったことがある人ならきっとわかるはず。
目が追う。
目で追う。
絵本をめくりながら、いつしかわたしたちはこの子と一緒に「こうくん」を追いかけている。

絵本も恋も、いいものだなあと思いながら、最後にしみじみ泣きました。
恋したことのあるみんなに 読んでほしい絵本です。

『ちいちゃな女の子のうた “わたしは生きてるさくらんぼ”』(デルモア・シュワルツ 文/バーバラ・クーニー 絵/白石かずこ 訳 ほるぷ出版)


わたしは 生きてる さくらんぼ と
ちいちゃな女の子が うたいます。
まいあさ わたしは
あたらしいものになるのよ。

* * * *

「いちばん好きな絵本は?」と聞かれるといつも答えに窮してしまうのですが、こちらは私が「誕生日にかならず読み返す絵本」…つまりとても大切な一冊です。

世界を愛おしい目でみつめ繊細な色彩で紡いだ絵師 バーバラ・クーニー。彼女が描く少女の世界が、デルモア・シュワルツの詩とこの上なく美しいハーモニーを奏でます。

「まいあさ わたしは あたらしいものに なるのよ」
「わたしは あかよ。」
「わたしは 金。」
「わたしは みどりよ。」
「わたしは 青なの。」
「わたしは いつも わたしでしょう。」

自信を失くしてしまいそうな時や落ち込んだとき、一編の詩が、絵本がそっと寄り添ってくれます。呼吸を整えてくれます。

嫉妬? うらやましい? そんなのカンケーないない!
わたしはいつもあたらしくなるのよ。

絵本は、プレゼントにもおすすめです。

絵本コーディネーター 東條 知美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

子どもから高齢者まですべての層に向け“毎日がちょっと豊かになる絵本”をコーディネート。講演・テレビ出演等、活躍の場を広げている。

関連する投稿


今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本   【心をうるおす大人の絵本 # 09】

今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 09】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】しとしと雨が続く、そんな季節は一日中家でまったりしていたい…そんな時、家にいながら旅気分を味合わせてくれる絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ! 世界はどこまでも広がっていくのです。


上手くいかなくて落ち込んだら・・・【心をうるおす大人の絵本 # 08】

上手くいかなくて落ち込んだら・・・【心をうるおす大人の絵本 # 08】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】新しいことがスタートする春。慣れないことばかりで上手くいかなくて落ち込む…なんてことが多いシーズンかもしれません。そんな落ち込んだ心を癒してくれる大人こそ読みたい絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ!


初めてのことにチャレンジするのは怖い!そう感じた時に読みたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 07】

初めてのことにチャレンジするのは怖い!そう感じた時に読みたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 07】

大人になると初めの一歩がなかなか踏み出せない。新しいことにチャレンジするって勇気が必要。どうしたらその勇気が出るのか? 絵本コーディネーターの東條知美さんにそんな大人のための絵本を教えていただきました。


“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

【東條知美の大人の絵本シリーズ】人との別れはいつも寂しいものですよね。そんな時、この絵本を読むと心がほっこりあったかくなるかもしれません。大人に読んで欲しい絵本の紹介です。


やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第五回目はやさしい気持ちになりたい夜に読みたい心がじんわりあたたまる絵本です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

加賀四湯のひとつで開湯1300 年の歴史をもつ温泉、加賀温泉郷「山中温泉」。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016‐2017 年の2-3 位にも選ばれました!そんな山中温泉の「かがり吉祥亭」が今、注目を集めています!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google