ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

“髪は女の命”なんて言われていますが、実際、髪の毛に時間とお金をかけている女性はどのくらいいるのでしょう?「日々忙しくて髪の毛に時間なんてかけられない!」という40代女性がほとんどでしょう。ですが…日本で唯一のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むと今日からすぐに髪の毛に時間とお金をかけたくなりますよ。


前回の記事はこちらから

第一回のインタビューで“髪は顔”!と仰ったヘアライター&エディターの佐藤友美さん。多くの女優さんやモデルさんと仕事をしている中で髪の毛の大切さに気が付いたというさとゆみさんに、なぜ『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を出版しようと思ったか、などについてお話を伺いました。

誰も髪の毛の大切さに気が付いてない!

――『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を出版しようと思ったのはなぜなのでしょうか?

さとゆみ:ヘアライター&エディターとしてやってきた経験から、髪の重要性を伝えたいと思って、企画書を作って何人かの編集者さんの前でプレゼンしたんです。そうしたら「誰も髪の毛の本なんて読まないんじゃないかな?」って言われたんです。「え?」と思って本屋さんに行ったら、たしかに髪の毛の本が置いてある棚ってないんですよね。“ダイエット”や“メイク”はあるけど、“髪の毛”の棚はない。かろうじてあるのはヘアカタログくらいで、髪の毛の大切さやお手入れ、スタイリング方法について書いているものはなかった。髪の毛の大切さを痛感してきた私からしたら「おかしいでしょう! キレイに見せたいならメイクじゃなくて髪の毛に手間と時間をかけないといけないのに!」って思って。そこで火がついて、「絶対に本を出すぞ!」と、誓いました(笑)

――本を出してくださってありがとうございます! もの凄く勉強になりますし、目から鱗な情報ばかりです。

さとゆみさん:ありがとうございます(笑)。メイクって毎日落とすし、洋服も着替えるけど、髪の毛って落とせないし、取り替えられないですよね。それこそ寝る時もセックスする時もついている毎日24時間、生きている限りずーっと一緒なんです。だとしたらそこにお金と時間をかけて手入れしてあげるのも、自然のような気がしませんか?

――本を読んだ今は心の底からそう思います(笑)

さとゆみさん:例えば2万円のシャツを買ったとして、毎日そのシャツ着られないですよね。せいぜい週2~3回くらい? でも髪の毛に2万円かけたら毎日24時間一緒なんです。どちらに投資をするかという観点からみても髪の毛はコストパフォーマンスが高いですよね。

――確かに! 本の中に“女性の髪の毛の曲がり角は35歳”とあったのですが、なぜ“35歳”なのでしょうか?

さとゆみさん:ずっと女性誌の編集に携わっていた実感値です。35歳以降をターゲットにした女性誌は、圧倒的にヘアケア企画が増えるんです。

――言われてみれば、確かにそうかも…季節ごとにシャンプーや髪の毛の美容液、頭皮ケアのアイテムなどの特集が良く組まれていますね。やっぱりヘアケアは大切なんですね。

日本女性はヘアケア“だけ”に力を入れすぎ

さとゆみさん:たしかにヘアケアは大事です。でも私は、日本人女性はヘアケアだけを重要視し過ぎだと思います。高いシャンプーを使っていい土台作りにお金と時間をかけていますが、土台だけよくても、髪の印象というのは良くなりません。もちろん、土の状態が良くないと美味しい作物が育たないように、土台の状態が良くないと健康な髪の毛は生えてこないので土台作りは大切なんですよ。でも、日本人女性は土台作りに“だけ”熱心すぎると思います。良い土台だけ作って種を植えていない状態ですね。

――“種を植える”というのは髪の毛だと、どの工程になるんでしょうか?

さとゆみさん:ヘアデザインです。本に書きましたが、素敵な髪は3つの要素でできています。三角形になっていて、一番下のベースの部分が“ヘアケア”です。これは家で自分で行うことがほとんどですね。髪の毛の状態を良くするのは時間がかかりますし、長期戦になります。次に“ヘアデザイン”です。これは美容師さんにカットしてもらったり、カラーしてもらったりするこことで、見た目の変化に即効性があります。さらにその上にあるのが“スタイリング”です。これも家で自分でやることで、見た目がすぐ変わるから、即効性がありますね。たとえば、失恋したときに「キレイになって見返してやる!」と思っても、ダイエットだとそれなりに時間がかかりますよね。それが美容院で似合うヘアデザインを手に入れるのであれば、速攻でキレイが手に入るんです。

――本当だ…でも美容院に行って、「キレイになった!」ってテンションが上がっても翌日になるとまた元通り…というか、私は本当にうまくスタイリングができなくて、美容院でしてもらったようにならないんです。

さとゆみさん:髪の毛はちゃんと乾かしていますか?

――はい! 乾かしてないと傷むと知ってここ一年くらい乾かすようにしています。

さとゆみさん:だとしたら美容師さんに「スタイリングがうまくできません」と伝えてください。そうしたら美容師さんが乾かすだけでスタイリングが決まる髪の毛にカットしてくれます。ちなみに私は朝起きて何にもしないでこの髪型です。スタイリング剤なども使っていませんし、分け目を整えたくらいです。それは、私が「スタイリングが簡単なヘアにしてください」と伝えているからなんですよね。

――ええ! そうなんですか⁉ すごく美しい…。

さとゆみさん:日本人の美容師さんって世界で一番技術力が高いんです。その美容師さんをみなさん使い倒せてない! 本当にもったいないと思います。

美容師さんにはとことん甘えてたくさん頼って!

――それは痛感しています…でもなんだか美容師さんに色々注文するのって「それお前がいうか?」って笑われそうで恥ずかしくてできないです…。

さとゆみさん:ちょっと余談ですが、以前美容学校の先生に聞いたことがあるのですが、「美容師になってなかったら何の職業になっていましたか?」と学生に聞くと、1位が“ウエディングプランナー”で次に“介護職”だったそうなんです。その位、今の若い美容師さんたちは“人のために何かをしてあげたい”と思っている子たちが多いんです。「自分の髪の毛を切ってなかったら、おじいちゃんおばあちゃんのお世話をしていた人かも」と思ったら、自分がどうして欲しいか、気負わず話せるようになりませんか?

――そうなんですか…目から鱗すぎます。しかし、どうやって美容師さんに自分の思いを伝えたらいいか分からない…すごく難しいと思います。

さとゆみさん:そうなんですよね。私の講演会に来てくださる方たちも皆さんそうおっしゃいます。なので11月にそのお悩みが解消される本を出版予定で今、絶賛執筆中です(笑)

――絶対に買います! その時はまた取材させてください。

さとゆみさん:ありがとうございます(笑)

――せっかく土台にお金と時間をかけても、そこに種を植えなくてはしょうがない。ヘアデザインとスタイリングが変われば速攻でキレイになるのだからそこにもきちんとお金と時間を使うべき、というお話は納得しまくり。すぐにでも美容院に行きたくなりました。最終回は美容師さんと上手に付き合って理想の自分を手に入れる方法です。お楽しみに。※9月5日(水)12時公開予定

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

佐藤友美さんプロフィール

日本初のヘアライター&エディター。

1976年、北海道生まれ。15年の間にファッション誌やヘアカタログの「髪を変えて変身する企画」で撮影したスタイル数は4万人ぶん(約200万カット)を超える。
「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在で、セミナーや講演を聞いた美容師はのべ2万人を超え、これは全国の美容師の20人に1人の割合にあたる。

日本最大のヘアスタイルフォトコンテストの審査員をはじめ、40代からのヘアスタイル&ヘアケア情報サイト「ユニークピース」の編集長、美容院へのカウンセリングコーチ、ヘアケア製品やスタイリング剤の商品開発アドバイザーなどもつとめ、美容業界での活動は多岐にわたる。
近年は女性向けのヘアスタイルアドバイス、その人にマッチする美容院の紹介なども手がけ、高い満足度を得ている。

女の運命は髪で変わる

¥ 1,404

信頼されたい、稼ぎたい、結婚したい、若く見せたい、大事にされたい、知的に見せたい、おしゃれなママになりたい、愛されたい…「似合う髪型」ではなく、「なりたい自分」をイメージして、髪型を決めるとうまくいく。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

膣のトラブルは他人ごとではない!現代女性が加齢と共に直面する“腟トラブル”とは。膣が痛くて歩けない、子宮脱だけではない。更年期以降に訪れるあらゆる体の不調は膣が乾燥している等の状態にも現れています。長年、日本人女性の膣を見続け『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんにお話を伺いました。


女性の尿漏れを解決する骨盤底筋トレーニングとは?骨盤底筋トレーナー 岡橋優子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

女性の尿漏れを解決する骨盤底筋トレーニングとは?骨盤底筋トレーナー 岡橋優子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

骨盤底筋トレーニングとはどこをどう鍛えることでしょう。聞いたことはあるけれど、その内容やなぜ鍛えなければいけないのか、などについてきちんと理解している人はいないかもしれません。そこで骨盤底筋トレーナーである岡橋優子さんにお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google